現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > ローンが残っている車は買取可能?ローン返済サービスを利用しよう

買取ガイド

ローンが残っている車は買取可能?ローン返済サービスを利用しよう

ローンが残っている車は買取可能?ローン返済サービスを利用しよう

ローン返済サービスというサービスを耳にしたことはあるでしょうか。ローン返済サービスとは、ローンが残っている車を買い取ってもらうときに利用可能なサービスです。このサービスを提供している買取業者を選ぶことで、ローンが残っている車でも買取可能になります。
この記事では、ローンが残っている車を買取する際に便利なローン返済サービスについて詳しく解説します。利用する際の注意点なども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ローン返済中の車は売れるのか?

ローン返済中の車は売れるのか?

ローン返済中でも車の買取は可能です。まず、車検証に記載されている所有者の氏名、または名称のところを確認します。所有者が自分の名前になっていれば買取可能です。

所有者の他に使用者という欄もありますが、使用者と所有者は違います。たとえば、所有者がディーラーで使用者が自分になっている場合は売却できません。所有者が自分かそれ以外かで車の買取方法が変化するので、最初に車検証のチェックをすると良いでしょう。

ローン返済中の車を買取してもらう方法

ローン返済中の車を買取してもらう方法

ローンのある車を買取してもらうには、車の所有者を確認し所有者が自分になっていればそのまま買取可能です。しかし、ローンのある車だと所有者が自分以外になっていることもあります。そこで、ここからは所有者が自分以外になっている場合、どのように手続きをしたら良いかについて解説します。

1.車の所有権を確認

ローンを組んで車を購入した場合、所有者の欄が自分以外になっていることがほとんどですが、これを「所有権留保」と言います。

所有権留保とは、売買契約の際に代金を完済するまでは、担保として売主に所有権を残すことで、所有者が自分以外だと買取できない仕組みです。また、車検証の所有者が自分の名前になっていても、ローンの契約によっては勝手に買取できない場合もあるので一度約款を確認してみましょう。

車の所有者が自分以外になっている状態で車の買取を進めるためには、所有者の名義を変更する必要があります。名義変更をするには、ローンを完済し所有権留保の解除をすると名義変更が可能になります。

2.所有権留保の解除し名義変更をする

所有権留保を解除する流れは以下の通りです。

  1. 1.所有者の名義人に各種書類(車検証の写しやローン完済証明書など)を送る
  2. 2.名義人が手続きをしたのちに別の各種書類(譲渡証明書や委任状など)が送られてくる
  3. 3.送られてきた各種書類を持って運輸支局もしくは軽自動車検査協会で名義変更手続きを行う
  4. 4.所有者の名義人が自分になって買取可能になる(所有権留保の解除)

ローン返済サービスを利用する方法も

ローン返済サービスは買取業者が扱うサービスで、所有権留保の解除手続きを代行してくれます。このサービスを利用すると、名義変更を代行してもらったときに名義人が直接買取業者に変更されるので買取手続きがスムーズに進みます。

所有権留保の解除で使用する書類の準備は必要となりますが、他の手続きは買取業者に任せておけば問題ありません。買取業者は、依頼人の代わりにローンを一時的に立て替え、売却金額を得ることでサービスを提供しています。

ここで注意するポイントは、売却金額よりローンの残債が多かった場合です。不足した分は現金で支払う、または新たにキャッシングなどでローンを組む方法で不足分を支払わなければいけません。前もって買取金額がいくらになるか確認してから、サービスを利用するかを決めましょう。

車の買取でローン返済サービスを利用する方法

車の買取を依頼する際にローン返済サービスを利用する方法は以下の通りです。

  1. 1.どこの買取業者に買取を依頼するか決める
    このとき、事前にローン返済サービスを行っていることを確認しておきましょう。所有権留保の解除などの手間のかかる手続きは買取店が行ってくれます。
  2. 2.所有権留保の解除申請に必要な書類を準備する
    買取業者によって違いますが、基本的に用意する書類は車検証や自賠責保険証明書などです。
  3. 3.車を引き渡し、後日入金を確認する
    車を買取店に引き渡した段階で依頼者側の作業は終了です。後日、ローンの残債より売却金額が高ければお金が振り込まれます。

車買取時に必要な書類一覧

普通車・軽自動車を買い取ってもらうときに必要な書類は以下の通りです。

    普通車
  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 戸籍謄本(氏名が違う場合や車検証の住所が違う場合)
  • 住民票(車検証の住所が違う場合)
  • 戸籍の附票(車検証の住所が違う場合)
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 委任状
    軽自動車
  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 戸籍謄本(氏名が違う場合や車検証の住所が違う場合)
  • 住民票(車検証の住所が違う場合)
  • 戸籍の附票(車検証の住所が違う場合)
  • 認印
  • 自動車検査証記入申請書

上記書類は車買取に必要な書類ですが、他にローンを組むのであれば、源泉徴収票や納税証明書などの所得を証明する書類、運転免許証など身分を証明する書類が必要になります。なお、上記で紹介した必要書類は一例ですので、詳しい説明は査定を依頼した中古車買取店に相談をするようにしましょう。

ローン返済サービスを利用するときの注意点

ローン返済サービスを利用するときの注意点

ローン返済サービスは便利ですが、使い方を間違えてしまうとローンの負担が大きくなりすぎてしまうので注意が必要です。ここからは、ローン返済サービスを利用する際に、ローンの審査やローンの上乗せが難しいと言われる理由について解説します。

ローンを組む時に審査がある

ローンを組むときに信販会社や金融機関が審査を行います。問題なく返済できると判断されれば新しくローンを組むことが可能ですが、既に年収の3分の1程度ローンを組んでいる場合はそれ以上借りられません。

これを総量規制といい、年収の3分の1を超えるローンは個人の返済能力では完済できないとされ、貸金業者はお金を貸してくれません。なお、銀行は貸金業者ではないので総量規制の対象になりません。しかし、他にローンを組んでいる状態で新たにローンを組もうとすると、JICCやCICのような機関に登録されている信用情報を見られ、審査に落ちる確率が高くなります。

ローンの上乗せは危険

車の買取の際に、同時に新しい車を購入する場合、ローン残積を新しい車のローンに上乗せできることもあります。当然のことですが、ローンの上乗せをした上で車を購入してしまうと返済の負担が今までよりも大きくなります。目安として、収入の20%以上をローンの返済に充てることはおすすめできません。収入を考え、無理な返済プランは立てないようにしましょう。

ローン返済中の車の買取に悩んだときは?

ローン返済中の車の買取に悩んだときは?

ローンが残っている車を売るべきか悩む場合、買取金額とローン残高のどちらが高いかで判断すると良いでしょう。ここからはそれぞれのケースを想定して解説します。

ローン残高の方が高い場合

ローン残高の方が高い場合、車を買取してもらうには、自分で残りのローン残高を支払う、または買取店が扱っているローン返済サービスを利用するという2つの方法があります。

自分で残りのローンを支払い、所有権留保の解除をして名義変更をすれば中古車買取店に売却可能です。また、中古車買取店のローン返済サービスを利用する場合、ローンの返済先が中古車買取店になり、残りのローンは自分で支払うかキャッシングなどでローンを組んで支払う必要があります。

ただし、車のローンよりも金利のほうが高くなる可能性も考えられるので、可能ならば残りのローンは全て支払うことをおすすめします。

買取金額の方が高い場合

買取金額の方が高い場合、売却したお金でローンの返済ができるため、手続きは比較的簡単に済みます。買取店が扱っているローン返済サービスを利用すれば、必要書類を準備するだけで前述した所有権留保の解除や名義変更といった手間のかかる作業を代行してくれます。また、買取金額の方が高い場合は、口座に差額が振り込まれているか確認をするようにしましょう。

ローン返済中の車をお得に買取するポイントは?

ローン返済中の車をお得に買取するポイントは?

ローン返済中の車が高く査定されれば、ローンを完済できる可能性がありますが、仮にローンが残ったとしても高く査定された方がローンの返済が楽になります。ここからは、ローン返済中の車を高く売るポイントについて見ていきましょう。

車をきれいにする

査定士への印象を良くするためにも、査定を受ける前に車の内装や外装をきれいにしておきましょう。また、修復歴がある場合は必ず伝えるようにしましょう。修復歴があるのにもかかわらず、そのことを隠してしまうと交渉がフリになったり、損害賠償を請求されたりすることもあるので注意が必要です。

売るタイミングを意識する

車の買取では、1~2月、もしくは7~8月に査定額が高くなる傾向にあります。新生活が始まったり買取業者が在庫を確保したりとさまざまな理由から車の需要が高まるのが理由です。この時期を意識して買取すると査定額アップが期待できることもあるでしょう。しかし、車の価値は時間とともにどんどん下がってしまうので、時期を意識しつつも、なるべく早く売却に向けて行動することが大切です。

車の取扱説明書や純正部品などをそろえておく

車の取扱説明書や純正部品などをそろえておくと高額査定につながります。車をカスタムしている場合、カスタムパーツはあまり評価されないことが多く、純正部品の方が高く評価されます。この他にも、購入時に付いていたスペアキーなどの日頃使っていないパーツ・付属品も用意しておきましょう。修復歴のある車なら、車のどの部分を破損・修理したのかが分かる書類があるとなお良いでしょう。

全国展開している買取業者へ依頼する

中古車買取業者によって車の販売ルートが異なるため、中間マージンの額に差が出ます。車の中間マージンが少ないと経費を削減できるので、その分を査定額に上乗せできます。車の査定額は全国展開している買取業者であれば、販売する店舗もたくさんあるため買い手が付きやすかったり、あまり需要がない車種でも比較的高値で買取してくれたりと利点があります。

車の販売価格は買取金額、中間マージン、利益、経費込みの価格設定になっています。そのため、中間マージンが高ければ安く車を仕入れる(買い取る)ことで調整する買取業者も存在するでしょう。そのような買取業者を選ばないように、中間マージンが少ない全国展開している買取業者に査定を依頼することをおすすめします。

一括査定サービスを利用する

車を高く売るなら複数の中古車買取店に査定を依頼することが大切ですが、実際に複数の買取店に出向いて査定を依頼するのはかなり手間のかかる作業です。一括査定サービスであれば一度車の情報を入力するだけで複数の中古車買取店に査定の申し込みができます。また、提携している事業者数が多ければ多いほど、自分の車の買取が得意な買取店も存在するでしょう。

全国展開している買取業者へ依頼する

一括査定サービスを利用する際のポイントは、「一度に何社査定申し込みができるか」「提携している事業者数はどのくらいか」という点です。この2つを重視して一括査定サービスを選ぶと良いでしょう。

carview!車買取ならローン返済サービスを提供する買取店も多数!

ローン返済サービスを提供する買取業者は、ローンの立て替えと手続きの代行をしてくれます。仮に買取価格がローン残債より低かったとしても、このサービスを利用して新しい車のローンに上乗せもできます。

carview!中古車一括査定サービスは、一度の査定申し込みで最大10社に査定申し込みができます。また、提携している事業者数は300社以上あり、その中にローン返済サービスを提供している買取店も多数存在します。

そのため、ローン返済中の車でも安心して査定申し込みができるでしょう。ローン返済中の車を買い取ってもらうなら、carview!中古車一括査定サービスをぜひご利用ください。

まとめ

まとめ

ローン返済サービスは、ローン返済中の車を買取する際に便利なサービスです。ローン返済中の車を売るときは、所有権留保の解除をして名義変更をしてから売るようにしましょう。

ローン返済サービスを利用することで、面倒な手続きも買取業者が代行してくれるため、スムーズな買取が可能となります。ローン返済サービスを利用する際は、ローン残積をなるべく自分で支払うことで、無理のない返済計画が立てられます。車の買取業車をお探しの際は、ローン返済サービスを提供している買取店との提携も多数あるcarview!車買取をぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ