現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > ローン中の車は買取可能?正しい売却方法や流れを知ろう!

買取ガイド

ローン中の車は買取可能?正しい売却方法や流れを知ろう!

ローン中の車は買取可能?正しい売却方法や流れを知ろう!

引っ越しや転勤で車のローン支払い中に車が必要でなくなった方や、違う車が欲しくなったという方もいるのではないでしょうか。
今の車を売却して新しい車の購入資金にできれば効率的に車を買い換えられます。このときに気になるのが、ローンを完済できていない状態で車の売却はできるのかという点です。そこで、この記事では、ローン支払い中の車を買取してもらえるのかどうか、売却の際にどのような方法や手続きの流れになるのかについて解説します。スムーズに車の売却ができるよう、ぜひ参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ローン中の車は買取してもらえる?

ローン中の車は買取してもらえる?

結論から言えば、ローン中の車でも売却は可能です。しかし、売却にあたってチェックしなければならないことがあります。それは車の所有権が誰になっているのかということです。所有権が誰であるかよく分からない方は車検証に記載されている「所有者の氏名又は名称」をチェックしましょう。

所有者が自分の場合

車の所有権が自分の場合、車を売却する手順は通常と変わりません。車を売却した経験のある方はスムーズに売却できるでしょう。買取業者を選んだら査定をしてもらい、契約内容に納得した場合はそこで売買契約完了です。

所有者がローン会社やディーラーの場合

所有者がローン会社やディーラーの場合、基本的にはローンを完済するまで名義変更はできません。車を売却したい場合には、ローンを全て完済する必要があります。

ローン中の車を買取してもらう手順

ローン中の車を買取してもらう手順

所有者が自分の場合とローン会社やディーラーの場合では、ローン中の車を買取してもらう手順が、それぞれ異なります。ここではローン返済中の車の買取手順や必要書類について解説いたします。

所有者が自分の場合

売却に必要な書類は以下の通りです。

    <必要書類>
  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書(普通自動車売却時)
  • 軽自動車納税証明書(軽自動車売却時)
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書

名義変更の手続き自体は通常の車を売却する方法と変わりはありません。しかし、車を売却したからといってローン返済義務がなくなったわけではありません。新しく車を買うとなれば、二重ローンとなり支払いが苦しくなることも考えられます。また、無駄な金利を支払わないためにも、まとまった金額が手元に入ってきたら、ローンを返済しましょう。

所有者がローン会社やディーラーの場合

所有者がローン会社やディーラーの場合は、自分自身が所有権を持っている場合よりも手続きが多くなるため手間がかかります。まずは、車のローンをどのように返済するのかの決定が先決です。

・売却金額がローン額よりも上回っている場合
売却金額がローン金額を上回っている場合、そのお金をローンの返済に充てて完済しましょう。売却を買取業者に依頼した場合は、名義変更の手続きも一緒に行ってくれることもあるため、売却の際には手続きについても確認してみると良いでしょう。

・売却金額がローン額よりも下回っている場合
売却金額がローン金額を下回っている場合、足りない金額は自分で補填しなければいけません。さまざまな方法がありますが、一括で支払う方法以外だと、ローンを返すためのローンを新しく組んだり、新車購入時のローンに組み込んだりする方法が挙げられます。

ローン返済サービスを利用する方法も

ローン返済サービスを利用する方法も

買取業者の中には、所有者がローン会社やディーラーのローン中の車を買取してくれるところがあります。このサービスをローン返済サービスと言い、ローン中の車を買取できる仕組みになります。ここでは、ローン返済サービスについて詳しく見ていきましょう。

ローン返済サービスの仕組み

ローン返済サービスとは、ローン残債があり車の所有権がローン会社やディーラーの場合でも買取を行ってくれるサービスです。買取を行う車のローン残債を買取業者が一度立て替えてくれることで買取ができる仕組みとなっています。買取業者側でローン会社やディーラーに対して行わなければいけない所有権留保の解除や名義変更までを行ってくれるため、スムーズに手続きを進めることが可能です。

ローン返済サービスを利用する時の注意点

ローン返済サービスを利用する際は、ローンを新規で組むときに受ける審査の年収に対する借入額の比率が返済可能な範疇かどうかという点に注意しましょう。車の買取価格によっては売却した車のローンが残るため、二重ローンになってしまい、支払いの負担が大きくなってしまいます。

ローン中の車を買取してもらう時の注意点

ローン中の車を買取してもらう時の注意点

ローン中の車の買取は可能ですが、注意すべきポイントもいくつかあります。ローンを完済できるなら問題はありませんが、完済できない場合は確実な返済計画を立てる必要があるでしょう。

二重ローンになる場合

二重ローンになった場合は月々の返済額が大きくなるため、生活に支障をきたす恐れがあります。また、年収によってはローンを組むこと自体難しいでしょう。連帯保証人が必要となることも考えられるため、審査申し込み前に条件の確認をしておくことをおすすめします。

ローンの種類によっては買取できないことも

ローンの種類によっては信販会社が所有権を留保していることもあり、買取ができない場合もあります。気になる方は事前にローン会社に確認すると良いでしょう。

ローン中の車をなるべく高く買取してもらう方法

ローン中の車をなるべく高く買取してもらう方法

二重ローンによる支払いの負担を無くすためには、車をなるべく高く買取業者に買い取ってもらうことが必要となります。ここからは、車を高く買い取ってもらうためのポイントについて解説します。

車の相場を調べる

まずは車の相場を調べることから始めましょう。相場を理解することで、買取業者が提示する査定額が高いのか安いのかが分かるようになります。納得がいかない金額の場合は、その理由を聞くことで納得できることもあります。またその際に、他の買取業者に査定依頼をするなど、選択肢が広がるでしょう。

洗車と掃除をする

査定を受ける前に洗車と掃除をすることも大切です。洗車と掃除をすることで査定額が大きく変わるということはありませんが、査定士への印象がアップします。また、犬や猫などの動物を飼っている方や喫煙者の方は、車内に匂いが染みついていることも考えられるため、消臭に力を入れましょう。シートに掃除機をかけるのはもちろん、シートの隙間も丁寧に掃除することをおすすめします。

パーツやオプションについて把握する

査定前に車に付けられているオプション装備等の確認すると良いでしょう。車の購入時にオプションをつけている方は高価買取を期待できることもあります。オプションにはメーカーオプションやディーラーオプションがあり、2つの違いは以下の通りです。

・メーカーオプション
メーカーオプションは車の組み立て時に取り付けられるオプションのことです。例として、安全運転支援システムやサンルーフなどが挙げられます。組み立てと同時に組み込まれるため、後で着脱が出来ないのが大きな特徴です。そのため、後に査定ポイントとして評価されやすい項目となっています。特に最近は、安全運転支援システムの需要が高まっています。

・ディーラーオプション
ディーラーオプションは納車前にディーラーによって取り付けられるオプションのことです。例として、エアロパーツやカーナビなどが挙げられます。メーカーオプションとは異なり、後で着脱ができることが特徴です。そのため、メーカーオプションと比べると評価は低くなる傾向にあります。カーナビはディーラーオプションの中でも評価されやすいでしょう。

高値で売却できる時期を狙う

車を高値で売却するためには、車の状態だけではなく買取業者の状況を把握することも大切です。買取会社が車を買い取りたいと思っている需要期に売却することで、車の状態は一緒でも高値で売却しやすくなります。

買取業者の需要期は一般的に1〜2月と7〜8月になります。また、3月と9月は決算月や新生活の準備が多いことから在庫を確保する傾向にあります。そのため、この時期を狙って買取をするのもひとつの手です。

複数業者に相見積りを取る

より高い査定額を引き出すために、複数の買取業者から相見積もりを取ることも有効です。車の相場を理解していても、一つの買取業者とだけやり取りをすると価格の上げ幅が限られます。複数の買取業者の査定額を比較することで、効率よく高額査定が狙えるでしょう。

メンテナンスノートを用意する

メンテナンスノートとは、メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったものです。メンテナンスノートを査定時に買取業者に提出することで車の状態がどのようになっているか理解してもらえます。買取業者からも車の状態について隠し事をされていないと認識してもらえるため、信頼関係も築けます。

一括査定サービスを利用する

一括査定サービスの利用もおすすめです。一括査定サービスは複数の買取業者の見積もりが手間なく取れます。自分で業者を探して、一件一件査定を依頼し比較する時間を省けるため、効率良く高額査定を引き出せるでしょう。

ローン中の車を買取してもらうならcarview!車買取がおすすめ

ローン中の車を買取してもらうならcarview!車買取がおすすめ

ローン中の車を買取してもらうならcarview!車買取がおすすめです。

提携する買取店や300社以上!

carview!車買取が提携している買取店は300社以上です。買取店には一つひとつに得意分野があり、海外車の買取が得意な買取店もあれば、廃車寸前の車の買取が得意な買取店もあります。carview!車買取には、あらゆる分野のプロフェッショナルがそろっており、愛車の価値を正しく評価してくれる業者が見つかるでしょう。

「愛車無料一括査定サービス」のご利用の流れ

carview!中古車一括査定サービスの申し込み方法は簡単で、ネット申し込みなら約45秒で査定依頼が完了します。それからは買取業者の連絡を待つだけなので利用者の負担が少なくて済みます。査定の申し込みや車の売却に不慣れな方にもおすすめです。

一度の10社に査定依頼で高額査定が狙える

carview!中古車一括査定サービスなら一度の申し込みで最大10社に査定依頼を申し込めます。たった一度、約45秒で10社に査定依頼ができるので忙しい方でも愛車の高価買取を狙うことが可能です。愛車無料一括査定サービスの利用は無料なので、売却を検討している方はぜひご利用ください。

まとめ

まとめ

ローン中の車を買い取ってもらうためには、所有権を誰が持っているのかがとても重要になります。所有権が自分の場合は、車の売却はスムーズに進みますが、ローン会社やディーラーに所有権がある場合は、少々手続きに手間がかかってしまうでしょう。

買取業者によってはローン返済サービスの利用が可能なこともあります。利用の際は、二重ローンなどによる返済の負担に注意しましょう。

ローンの返済費用を少しでも軽くするためには、車をより高く買取してもらうことが重要です。効率良く高額査定を引き出せるcarview!中古車一括査定サービスをぜひご利用ください。約45秒で10社に査定依頼ができるので忙しい方でも愛車の高価買取を狙うことが可能です。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ