現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 愛車の買取相場は個人情報なしでも調べられる!デメリットも紹介

買取ガイド

愛車の買取相場は個人情報なしでも調べられる!デメリットも紹介

愛車の買取相場は個人情報なしでも調べられる!デメリットも紹介

車の売却を検討し始めた時、「まだ売却することは確定ではないけれど愛車の買取相場を知っておきたい」という方は多いのではないでしょうか。しかし、「査定依頼をするためだけに個人情報を公開するのは避けたい」という声も少なくありません。
愛車の買取相場を、個人情報の公開をせずに調べることは可能なのでしょうか。この記事では、個人情報なしでも買取相場が調べられるサイトや、調べる際に気を付けるポイントについてご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

個人情報なしでも車の買取相場は確認できる?

個人情報なしでも車の買取相場は確認できる?

正確な査定額を知るためには、査定士が車の状態や個人情報を確認する必要があります。しかし、「おおよその買取相場を知りたい」という場合であれば、必ずしも個人情報は必要ありません。

匿名でも買取相場を確認できる場合と、個人情報が必要な場合に分けて解説します。

「買取相場」なら匿名でも調べられる

大手の車買取業者の一部では、自社の買取実績等に基づいた買取相場を提供するサービスを展開しています。展開するサービスの使い勝手は買取業者により異なりますが、完全・一部匿名で買取相場を調べられるのでおすすめです。

また、トヨタと日産の公式サイトでは、「下取り価格相場」を確認できるサービスを提供しており、こちらも匿名での調査が可能です。しかし、大体は下取り価格は買取価格よりも低く設定されているため、買取が目的の場合は、その点に注意しましょう。

「査定」では個人情報が必要

個人情報なしで調べられるのは、あくまでも買取相場に限られます。実際に査定をする段階では、買い取りしてもらう車の詳細な状態を確認する工程が必須です。そのためには、買取業者が売り手の連絡先や所在地を把握しなければなりません。

また、実際に車を売却するかどうかは売り手次第ですが、査定をしてもらう上で買取契約を結ぶことを前提として話を進めます。そのような側面から、査定の段階では個人情報の提供が必須となっているのです。

インターネット上での個人情報入力が不安なら実店舗で査定

インターネット上で個人情報を入力するということは、どれほどセキュリティが強固でも、何らかの要因によって流出するリスクが伴います。

その反面、実店舗で完結する査定であれば、車検証等に記載されている個人情報は当該店舗のみに留まるでしょう。個人情報保護法の観点からも、買取業者は提供された個人情報を徹底的に管理しています。

よほど管理が行き届いていない買取業者でない限りは、提供した個人情報が外部に漏れる可能性は非常に低いと言えます。それでも不安が残る場合は、取引を行う買取業者の実績などを確認し、信頼に足る業者かどうかを見極めておきましょう。

加えて、個人情報保護に関する書類にサインをする際に、提供する個人情報の利用目的が納得できる内容であるかどうか確認しておくとより安心です。

車の買取相場を個人情報なしで調べられるサイトを紹介

車の買取相場を個人情報なしで調べられるサイトを紹介

前述の通り、個人情報なしでは目安となる買取相場しか調べられません。地域によっても需要のある中古車の種類が異なるため、郵便番号や電話番号、メールアドレスなどの最低限の情報は必要になるケースがほとんどです。

しかし、細かい個人情報を公開せずに、おおよその相場を調べられるサイトはいくつか存在します。ここではどのようなサイトで相場を調べられるのか、サイトごとの利用方法と併せて紹介します。

自動車メーカーの公式サイト

トヨタ・日産では、公式サイトで下取りシミュレーションを公開しています。トヨタはウェブサイト上で「メーカー」「車種」「年式」などを入力するだけで相場を調べることができ、日産はLINEを使用して参考価格が分かるというサービスを展開しています。

あくまで参考価格のため、走行距離など実際の査定に大きく影響する点が不足しているのは難点です。またディーラーの下取りは、新車購入の促進のための施策であり、中古車買取業者より査定が低くなる傾向があります。新車購入の予定がない方は別のウェブサイトを利用してみると良いでしょう。

Gulliverのウェブサイト

Gulliverの公式サイトでは、過去6か月間で実際に買取をした車の価格を公開しています。メーカーと車種を選択するだけで調べられるので、手軽に利用できるのが魅力です。しかし、サイトにも記載してある通り「ざっくりな買取相場」しか分かりません。

正確に知りたいという場合は、個人情報を入力する必要があります。そこから査定の申し込みへ誘導されるので、まだ検討中という方は慎重に進めましょう。

ネクステージのLINEで車査定

ネクステージでは、LINEを利用した査定サービスを実施しています。選択式ではなく、メーカーや車種をはじめ、走行距離・お住まいのエリア・アピールポイントなどを手動でメッセージ入力するシステムです。

そのため、他の方法より入力の手間はかかるでしょう。しかし、ネクステージはLINEで入力した情報を基にスタッフが確認して査定額を出すため、内外装の写真を添付することで比較的高い精度で査定額を調べられることが魅力です。

一括査定サイト

一括査定サイトでも買取相場を調べることが可能です。例えば買取カービューは、国内外の車種の基本的な買取相場を掲載しています。メーカーや車種、グレード・年式、走行距離を入力すると大体の買取相場が分かるので、売却前の買取相場を把握するための参考になるでしょう。

また、同じページにクチコミが載っているため、実際に一括査定サービスを利用した方の感想をチェックできます。クチコミにも、その方が売却した車のグレードや年式、走行距離が載っているため、より具体的な参考にできるでしょう。

個人情報なしで車の買取相場を調べるデメリット

個人情報なしで車の買取相場を調べるデメリット

個人情報なしで車の買取相場を調べる方法について紹介してきましたが、個人情報を公開しないことのデメリットはあるのでしょうか。ここでは、個人情報なしで相場を調べる際に気を付ける必要がある3つのポイントについて紹介します。

以下を踏まえた上で匿名調査が可能なサービスを利用するようにしましょう。

買取相場=実際の買取価格ではない

買取相場はおおよその価格のため、実際にその値段で買取ってもらえるわけではありません。どの手段でもおおよそのデータしか入力していない上に、実際に売却する予定の車を見てもらっていないためです。

売却予定の車の傷やへこみ、走行距離などの状況を見てから実際の査定結果が出されるので、金額が大幅に変動する可能性もあります。買取相場は参考程度に調べておき、査定時に買取業者と交渉する材料として利用するのがおすすめです。

ウェブサイトによって相場に差がある

車の買取相場は、その買取業者の需要や取引実績を基に平均値を出して、それぞれのウェブサイトに掲載されています。そのため、利用するウェブサイトによって相場が異なるでしょう。

匿名で相場を調べようとした場合、自分でいくつかのサイトを探して総合的に判断することをおすすめします。マイナーな車や古い車など、買取業者によって差が大きく出やすい車であれば、自ら比較検討するのは難しいでしょう。

オプションや地域に合った金額が出せない

車の査定額は、付いているオプションや地域ごとの特色によっても変動します。しかし、匿名で調べられるのはあくまで「全体的な相場」です。どのオプションが付いているとプラス査定になるのかまでは分かりませんし、気候の違いや人口差によって車の需要が異なるため、お住まいの地域で実際に売れる額ではない場合もあります。

より愛車の状況・状態に合った査定を希望するのであれば、個人情報を提示して査定額を出してもらう必要があるでしょう。

個人情報を伝えて正式に査定を受けるメリット

個人情報を伝えて正式に査定を受けるメリット

ここまでは個人情報なしでの査定について紹介しました。では、個人情報を公開して査定を受けると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。デメリットと比較して、どちらが自身の状況に合うのか、ぜひ検討してみてください。

車の状態を全て価格に反映してもらえる

車の査定額は、査定士に実際の車の状態を見てもらうことで確定します。相場には反映されない傷やへこみなどのマイナス査定はもちろん、オプションをはじめその土地や買取業者の需要にあっているなどのプラス査定まで詳細に判断してもらえます。

そのため、売却を検討している車の正確な査定を知るためには、査定士を含め業者に対しての個人情報の開示が必要なのです。

売買契約につなげやすい

車を売却する際は個人情報の提供が必須です。査定を申し込む時点で個人情報を伝えておけば、そのまますぐ契約に進めることもできるので、取引がスムーズに行えます。

また、買取業者としても査定をする時点でコストがかかるため、売却前提で査定依頼をしてほしいというのが本音です。もちろん、満足できる査定額でなければ売却を断れますが、始めから査定額が知りたいだけで売却する気がない場合は、買取業者に利益が出ないのであまり歓迎されません。

個人情報を開示して依頼をすれば、売却意思を示すことにもなるため、買取業者との信頼関係も構築しやすいでしょう。

地域の特色に合わせた査定が可能

先に述べたように、車の需要は地域の特色によっても変動します。例えば4WDの車を売却する場合、雪が降る地域であれば走行性が評価されており需要が高いため、査定額も高くなりやすい傾向にあります。反面、雪の降らない地域では、燃費が悪い車として需要が低くなり、査定額も低くなりやすいでしょう。

ファミリー層が多く住む地域であればファミリーカー、富裕層が多い地域ではセダンなど高級感のある車種が人気です。その地域の売れ筋車種であれば高額買取も期待できるため、地域の特色に合わせた査定をしてもらうのは重要なポイントと言えます。

車の買取相場は変化が激しいので注意しよう

車の買取相場は変化が激しいので注意しよう

車の相場を調べると言っても、相場は常に変動していることに注意が必要です。車自体が古くなれば査定も下がっていく上に、買取業者にも繁忙期があるため、時期によっても相場は変動します。

したがって、売却のタイミングによっては通常より高値で売れる場合があるのです。少しでも高く売りたいのであれば、売却時期も把握しておくと良いでしょう。

需要が高まる時期に売却するのがおすすめ

車の相場は常に変動しているため、同じ車でも常に同じ査定額になるとは限りません。1年の間で車を高く売却できる時期は、新生活スタートを目前とした1月~3月です。就職や引越しを前に中古車の需要が高まるため、査定額がアップする可能性があります。

春ほどではないものの、7月~9月も査定が高くなりやすい時期です。学期の変わり目や下半期スタート、ボーナス支給の時期にあたり、中古車を求める方が増えるためです。査定額が上がりやすい時期を選んで売却を進めましょう。

車の価値は日々下がる

車は購入から時間が経つにつれて価値が下がります。具体的には、年式が1年古くなると価値は約30%も落ちるのです。さらに走行距離に関しても、JAAI(日本自動車査定協会)により定められている「走行キロの評価」を基準として判断されるため、走行距離が長くなるほどマイナス査定になります。

それ以外にも、出費がかさむ年末年始や自動車税の納税が必要な4月は中古車の需要が低くなるため、高価買取はあまり期待できません。車の売却タイミングには注意が必要です。

車の買取査定の方法は?自分に合った依頼先を見つけよう

車の買取査定の方法は?自分に合った依頼先を見つけよう

売却をする場合、査定方法にはどのようなものがあるのでしょうか。新車に乗り換えるのか、車を手放すだけなのか、場合によっておすすめの方法は異なります。

ここでは主な3つの査定方法について紹介します。自身の状況に合った査定方法を見つけるための参考にしてください。

車の買取業者に査定依頼を出す

新車に乗り換える予定がなく、少しでも高く車を売却したいと考えるのであれば、中古車買取業者に査定依頼を出すのがおすすめです。

買取店は中古車の販売が主な収入源のため中古車の買取に積極的で、下取りより高く買取をしてくれることが期待できます。ただ、中古車市場での人気と買取価格は比例するため、マイナーな車種やあまり人気のない車種などはあまり期待ができません。

買取業者も無数にあるため、どこを選ぶか迷ってしまう場合は全国展開している大手を選ぶことをおすすめします。大手の中古車買取業者であれば、全国に支店を持っていることが多いため、地域によって変化する査定の基準に柔軟に対応してくれるでしょう。

ディーラーに査定依頼を出す

売却後新車に乗り換えるのであれば、ディーラーの下取りがおすすめだと言えます。下取りは、ディーラーが新車の販売促進のため行っているものです。なお、車を売った代金は手元に現金が入るわけではなく、新しい車の購入金額の一部に充てられます。

下取りのメリットは、契約に関するさまざまな手続きを手間なくスムーズにできるという点です。車の手続きには必要な書類が多く、売却と購入を別の店舗で行うとその分手続きが煩雑になります。しかしディーラーの下取りであれば、一つのお店で手続きを完了できるため手間がかかりません。

時間や手間をかけたくない方におすすめの方法ですが、買取業者などで売却するよりも提示される金額が低くなる傾向があります。

一括査定サービスを利用する

自分で買取業者を選んだり、複数社に査定依頼したりするのは億劫だという方には、一括査定サービスがおすすめです。ウェブサイトから簡単に申込ができ、一度に何社かにまとめて査定依頼が出せるので、忙しい方でも価格交渉がしやすいでしょう。

買取業者の得意分野はそれぞれ異なるため、自分の車とのニーズがマッチする買取業者はどこか、見極めるのも容易ではありません。一括査定を利用すれば、一つひとつの買取業者に査定を依頼する必要もなく、自分の車に合った買取業者を探せます。さらに複数社で査定額を競合させることで、査定額のアップも目指せるでしょう。

車の買取相場を調べるなら買取カービューを利用しよう!

車の買取相場を調べるなら買取カービューを利用しよう!

車の買取相場を調べたいと思っている方におすすめなのが、買取カービューの愛車無料一括査定サービスです。売却された方の利用実績もあるため、より具体的な参考にしやすく、満足のいく取引が期待できます。相場を調べる際は、掲載されているクチコミを参考にすることで、実際の査定についてのイメージが付けられます。

高価買取が期待できる愛車無料一括査定サービス

買取カービューの愛車無料一括査定サービスでは、一度に最大10社まで依頼できます。複数社の査定を同時にチェックできるので、価格を比較検討するのにぴったりのサービスです。

また大手の買取店や車の販売会社、専門店まで幅広く提携しており全国の依頼に応えられるため、その地域の特色にも合った買取業者を探せます。どこの買取業者を選べば良いか悩んでしまう方も、一括査定サービスを利用することで、より高く満足した取引のできる買取業者が見つかるでしょう。

提携事業者数が300社以上!実績も豊富で信頼できる

買取カービューは2000年5月のサービス開始以来、450万人以上の利用実績があり、クチコミも多数寄せられています。また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しているため、信頼度も高い点が魅力です。JPUCが認定する適正買取店であれば、協会の定める行動基準を遵守し違反もないので、初めて車を売る方も安心して取引ができるでしょう。

提携事業社数も300社以上あるため、自分の車に合った買取業者を探せます。ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスで査定依頼をしてみてください。

まとめ

まとめ

今回の記事では、個人情報なしで車の相場を調べられるのかについて解説しました。結論から言えば、個人情報なしでは正確な相場を調べることはできません。しかし、実際に査定をしてもらうための下準備や査定額の交渉材料として、おおよその相場を調べることは可能です。

その金額を基に個人情報を開示の上、きちんと車の状態や地域の特色などに合わせた正確な査定をしてもらいましょう。買取カービューではクチコミと併せて相場をチェックすることができるので、車の売却が初心者の方にもおすすめです。

売却の意志が固まったら、ぜひ、買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」を利用して高価買取を目指してみてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ