現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車の買取ではクーリングオフが適用不可!契約の取り消し方法はある?

買取ガイド

車の買取ではクーリングオフが適用不可!契約の取り消し方法はある?

車の買取ではクーリングオフが適用不可!契約の取り消し方法はある?

車の買取に関する契約を結んだ後、やむを得ない理由でキャンセルを希望する方もいるでしょう。しかし、車の買取契約に対してクーリングオフ制度は適用されないため、基本的にキャンセルはできません。車の買取ではなぜクーリングオフが適用不可なのでしょうか。また、キャンセルできることはあるのでしょうか。
この記事では、車の買取の際にクーリングオフができない理由や、キャンセルについての基礎知識、お得に車を売る方法を解説します。車買取時のトラブルを防ぎつつ、満足のいく買取ができるよう事前にチェックしておきましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の買取でクーリングオフはできない

車の買取でクーリングオフはできない

一度、申し込みや契約をしてしまった際に、契約を再考できるよう一定期間であれば、無条件で契約の見直しができる期間がクーリングオフです。

車買取の契約ではこのクーリングオフは適用されません。ここでは、車買取の契約でクーリングオフが適用されない理由について見ていきましょう。

そもそもクーリングオフ制度とは?

消費者が訪問販売などで商品やサービスを契約後、考え直して「契約をやめたい」と思うことがあるでしょう。定められた期間中であれば、無条件で契約の解除または申込の撤回ができる制度をクーリングオフと言います。

街で呼びかけられたり、突然来訪したセールスマンに勧められたりすると、消費者は冷静な判断ができず不利な契約を行ってしまうケースがあります。クーリングオフは、そういった悪徳な売買契約から消費者を守るために、契約後でも一定期間検討する期間を特定の取引に限り与えるという制度です。

車の買取ではクーリングオフ制度は適用外

自動車は、契約後8日間以内であっても原則クーリングオフはできません。中古車や新車などの自動車に関係する契約はクーリングオフの適用外と法律上で定められているため、車の売買契約は十分考えた上でする必要があります。

査定額と見積書を確認し、本当に車を売っても良いのか、契約前にしっかりと考えてみることが重要です。

なぜクーリングオフ制度が適応されないの?

中古車の売買契約は、ユーザー側が十分に検討し、納得した上での取引だと考えられています。よって、クーリングオフの適用外となります。

車買取についての契約は、ユーザーがあらゆる手続きを行わなければ契約が完了しないため、強引に契約を進められるものでもありません。また、契約するまでに考える時間を取ることもできるため、クーリングオフは適用されないのです。

契約を取り消す方法は「契約キャンセル」

買取業者によっては、契約後のキャンセルに承諾してくれることがあります。クーリングオフが適用されなくても、契約をキャンセルできる可能性はゼロではありません。しかし、基本的には契約した後のキャンセルは不可です。買取業者が提示した契約書をよく確認してから承諾するようにしましょう。

車の買取でキャンセルができるケース

車の買取でキャンセルができるケース

車の買取でキャンセルが可能な場合はどのようなケースなのでしょうか。クーリングオフが適用されなくても、タイミングによってはキャンセルできる場合もあります。

以下に主なケースを3つ紹介しますので、確認していきましょう。

口頭での契約

買取についての契約書をまだ交わしていない状態であれば、決定的な理由がなくともキャンセル可能となるケースが多い傾向にあります。契約が完了していない以上、車はまだユーザーのものであり、買取業者側はキャンセルの申し出を受け入れざるを得ないでしょう。

ただし、口頭の場合でも契約は成立するため、注意が必要です。未然にキャンセルに関するトラブルを防ぐには、契約書に記載されている取引内容をよく読んだ上で承諾する必要があります。

契約後の猶予期間内

契約書に猶予期間が記載されている場合は、期間内であればキャンセルが可能です。また、契約締結後の猶予期間を設けていない業者は、キャンセルが不可能であると考えられます。猶予期間の有無についても確認しておくことも大切です。

契約後に車と書類が手元にある場合

売却する予定の車と契約書類がユーザー側にある場合、売買契約後であってもキャンセルできる可能性があります。書類とは、車検証をはじめとする契約に必要な書類を指します。

ただし、細かな取り決めは買取業者によってさまざまです。キャンセルによって買取業者側に何らかの損が発生してしまう場合は、キャンセルができなかったり、キャンセル料を請求されたりする場合もあるので注意しましょう。

車の買取でキャンセルができないケース

車の買取でキャンセルができないケース

車の買取契約でクーリングオフは適用されませんが、契約のキャンセルは一部可能です。では、キャンセルを希望しても承諾されないケースはどのようなときなのでしょうか。以下にキャンセルが難しいとされる4つのタイミングをピックアップしました。

猶予期間が過ぎた場合

契約完了後の猶予期間を定めている買取業者の場合、猶予期間超過後のキャンセルは基本的に不可です。猶予期間は、ユーザー側と買取業者側の間でキャンセルに関する手続きにトラブルがないようにするためのものです。猶予期間の取り決めは契約書に記載されているため、買取業者側がキャンセルを拒否したら諦めざるを得ないでしょう。

猶予期間の終了日が迫っている時にキャンセルするかどうか迷った場合は、早めに連絡するよう心がけましょう。

契約後、車と書類を引き渡した場合

車検証などの必要書類と車を引き渡す前か後によって、キャンセルが可能なのか否かが異なります。引き渡す前の状態であればキャンセルできる場合もありますが、引き渡し後であればキャンセルは難しいでしょう。

中には、引き渡し後でも買取業者がキャンセルを承諾してくれる場合もありますが、キャンセル料を請求される可能性があります。いずれの場合も、早めに買取業者に相談することをおすすめします。

次のユーザーが見つかった場合

買取業者は車に次の買い手が決まると、その買い手と契約を交わします。この状態でキャンセルするのは、ほぼ不可能と考えた方が良いでしょう。

すでに次の買い手が決まっている状態でのキャンセルは、買取業者だけでなく、新しい買い手にも影響が及びます。キャンセル料など金銭的な問題だけで解決できるものではなく、買取業者の存続・信用に関わる部分ですので、新しい買い手が見つかった後のキャンセルは避けるべきでしょう。

オークションに出品された場合

買取業者が買い取った車をすでにオークションに出品している場合、キャンセルするのは難しいでしょう。契約のキャンセルにより車を元所有者の手元に戻す場合は、オークションの出品自体を取り消す必要があります。

買取業者が行うオークションでは出品する際、出品手数料がかかります。出品を取り消す際にも手数料が発生するケースもあるので、業者側の金銭的負担は大きくなります。

一度オークションに出品した車両の出品を取り消す行為は、運営側や他の買取業者からの評価を下げる要因にもなりかねないので、買取業者は出品の取り消しは避けたいものです。そのため、オークション出品後のキャンセルも好ましくないでしょう。

車の買取でキャンセルするときの費用の目安

車の買取でキャンセルするときの費用の目安

キャンセルができたとしても、無料で済むケースもあればキャンセル料を請求されるケースもあります。極端に高額など不当なキャンセル料を請求されるケースを除き、キャンセルの手続きは買取業者側の規定に従う必要があります。

キャンセル料がかかる場合、一般的にはどの程度の金額になるのでしょうか。また、キャンセル料を請求される理由についても解説します。

キャンセル料は一般的に数万円程度

買取業者によりキャンセル料は異なりますが、平均で少なくとも数万円は請求されると考えられます。キャンセル料は、キャンセルを依頼されたタイミングで、どの程度販売に向けた作業が進んでいるのかによって、買取業者が受ける損失額も変わってきます。

なお、買取業者の中には法外なキャンセル料を要求する業者が存在するので注意が必要です。たとえば、10万円で買取予定の契約が、キャンセルしたら倍の20万円が請求されるようなケースです。その場合は、キャンセル料の内訳が記された請求書の提示を求めましょう。解決が難しい場合は、弁護士や国民生活センターに相談するのも一つの方法です。

キャンセル料がかかる理由は?

買取業者は車を買い取った後、引き渡しがされるとすぐに次の買い手に販売するための準備を行います。点検・修理や車内クリーニングなどを整備工場や外注業者に依頼するため、諸費用がキャンセル料として設定されることがあるのです。

その他にも、車の引き取り費用・名義変更などの書類手続きにかかる手数料や人件費・車の輸送費や保管費用などが含まれる場合もあります。

車の買取でキャンセルトラブルを防ぐために

車の買取でキャンセルトラブルを防ぐために

車の売買契約はクーリングオフが適用されないため、キャンセルする場合は契約の解除を申し出なくてはいけません。しかし、買取業者によってはキャンセル不可のケースがあり、キャンセルトラブルにつながる恐れがあります。

ここでは、キャンセルトラブルを防ぐためにできる4つのポイントをご紹介します。

契約書をよく確認する

取引を行う上で重要なことは契約書に数多く明記されており、キャンセルに関する事項を見るだけでは確認が足りません。契約書の内容は法的な力を持つため、「読んでいなかった」「謝った理解をしていた」ということがないよう隅々まで確認し、疑問があれば質問しましょう。

キャンセルを可能としている買取業者の場合、キャンセル料やキャンセルができる猶予期間について契約書に記載しているケースがほとんどです。読んで確認するだけでなく、不明な点は買取業者に直接確認しておくとより安心です。

信頼できる買取業者を選ぶ

車を売却する際のトラブルを防ぐためには、安心して取引ができる買取業者を選ぶことが大切です。事前にインターネットのクチコミなどで買取業者の評判を調べておくことをおすすめします。また、実際に買取業者を訪れて接客対応を見ておくと良いでしょう。

買取業者を選択する場合、一社だけでは比較ができず良い業者なのか判断しにくいため、複数の買取業者に査定をしてもらってから、比較検討し契約を結ぶことをおすすめします。

車を売る意思を固めること

車の売買取引では大きな金額が動きます。車を売ることに少しでも迷いがある段階で取引を進めるのではなく、意思が固まるまで検討をすることでトラブルを避けられます。

車を取り戻すまでの手続きに日数を要する場合もあるため、時間的にも金銭的にも負担がかかります。さらにタイミングが悪ければ、キャンセル料を請求されることにもなりかねません。キャンセルの希望を受けた買取業者側にも、迷惑がかかることを忘れないようにしましょう。

契約の取り消しはユーザー・買取業者の双方にとってマイナス要素の多い手続きのため、原則的には売却するという気持ちをしっかり決断してから契約をすべきでしょう。

キャンセルの連絡は早めに

「必ず車を売る」と決意してからの契約であっても、やむを得ない事情により取り消したくなるケースもあることでしょう。このような場合は、なるべく早い段階で業者側に連絡・相談するよう心がけることをおすすめします。

連絡が1日遅れるだけでキャンセルができないこともあるでしょう次の買い手が見つかるタイミングは買取業者にも予測ができません。早めの対応をすることにより、トラブルを未然に防げるでしょう。

納得する査定額ならキャンセルなし!

納得する査定額ならキャンセルなし!

車の買取ではクーリングオフやキャンセルが原則適用されません。やむを得ない理由でも、キャンセルトラブルは避けたいものです。

納得できる査定額を目指すことは、キャンセルトラブルを防ぐ工夫の一つでもあります。ここでは、高額査定を目指すためにおすすめの方法をご紹介します。

高値査定を狙うなら一括査定がおすすめ

せっかく愛車を売るならば、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。一括査定では、短時間で複数買取業者の見積もりが集まります。買取提示条件を比較しやすい点も一括査定のおすすめポイントです。相見積もりを取ると複数の買取業者で価格競争も起きるため、高額査定が狙えます。

このように一括査定サービスを上手に利用して、納得できる金額で車を売りましょう。

一括査定を利用するメリット

一括査定におけるメリットは、一度の入力で複数買取業者に査定依頼ができることです。提携登録している買取業者が豊富なサイトであれば、地域によっては需要が高く、比例して買取価格も高くなる可能性があります。

また、店舗に足を運ばなくても査定依頼が可能なので、大幅に手間が省ける点も大きなメリットでしょう。

carview!車買取で信頼できる買取店を探そう!

carview!車買取で信頼できる買取店を探そう!

一括査定サイトは数多く存在しているため、安心して利用できるサイトを選ぶことが大切です。

carview!車買取は、多くの実績がある信頼できる一括査定サイトです。最後に、carview!中古車一括査定サービスについてご紹介します。

実績は業界トップクラス!信頼と安心のcarview!車買取

carview!車買取は、2000年5月に中古車査定仲介サービスを開始し、累計500万人以上に利用されています。実績は業界でもトップクラスです。

また、carview!車買取はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、協会と連携し安全・安心なサービスをユーザーに提供することに努めています。

carview!車買取なら提携買取業者が300社以上と豊富!

carview!中古車一括査定サービスは、提携する300社以上の豊富な優良買取業者の中から、あなたの条件に合った買取業者を選べます。

SUV専門店などの車種に特化した店舗や、地域密着型店舗など幅広く対応しているため、お住まいの地域や車種に合ったお店を探すことが可能です。

carview!車買取の一括査定申し込みは簡単!

基本的に、査定するお店の数は多い方が高額査定を目指せます。ただ、多すぎても査定後の対応が手間になってしまうことがあるため、選びやすい数をピックアップすることが大切です。carview!車買取では、一度に最大10社まで一括査定を依頼できます。

carview!車買取での査定申込はとても簡単で、パソコン・スマートフォンから愛車の「メーカー」「モデル」「年式」「走行距離」を入力するだけで査定依頼が約45秒で完了します。

まとめ

まとめ

車の買取にはクーリングオフは適用されません。また、基本的にキャンセルはできませんが、契約後の猶予期間内だったり、車と書類が手元にあったりする場合にはキャンセルが承諾されるケースもあるようです。

キャンセルトラブルを防ぐためには、契約書を事前にしっかりと確認し、信頼のできる買取店を選ぶことが大切です。納得のいく査定額ならキャンセルすることも少ないでしょう。

安心して取引ができる買取業者を選ぶには、carview!中古車一括査定サービスをぜひご利用ください。あなたの希望の条件に合った買取業者がきっと見つかるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ