現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車の引き取りは「買取」がおすすめ!流れや高価買取のコツは?

買取ガイド

車の引き取りは「買取」がおすすめ!流れや高価買取のコツは?

車の引き取りは「買取」がおすすめ!流れや高価買取のコツは?

車の買取を依頼する際、引き取り先を選ぶのに迷ってしまう方もいるでしょう。中古車の引き取り先にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴があります。引き取り先選びでは、次の車の予定や、引き取りを希望する車の状態に合ったところを選ぶのがポイントです。
この記事では、買取を含めた車の引き取り先の種類、それぞれの特徴や選び方、少しでも高価買取を狙うコツを解説します。車を買取に出される方はぜひご一読ください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の引き取りは「買取」がおすすめ!

車の引き取りは「買取」がおすすめ!

中古車を引き取ってもらう方法はいくつかあります。もし金額を重視するのであれば、ディーラーで下取りに出し引き取ってもらうよりも、買取業者を利用した「買取」がおすすめです。

中古車買取業者に引き取ってもらうことには、複数の買取業者から査定を受けて買取金額を比較する相見積もりによって金額アップを狙えること、オプション品の査定や、各種手続きまで代行してくれることなど、多くのメリットがあります。

買取業者には、会社の規模や買取強化車種、サービスにさまざまな違いがあります。通常の買取業者だけでなく、軽自動車やSUV、輸入車専門の買取業者、事故車など廃車専門の買取業者などもあります。

車の引き取り先には買取以外に何がある?

車の引き取り先には買取以外に何がある?

車を引き取ってもらう方法は、買取業者への買取だけではありません。それぞれの引き取り方法の特徴をよく理解して、自分の目的に合った方法を選ぶと良いでしょう。ここでは引き取り先の種類と、選ぶ際のポイントを紹介します。

車の引き取りは「依頼する順番」が重要

車の引き取り先を探す前に、引き取りに出す目的を明確にすることが先決です。その後、買取業者の特徴を確認し、引き取り目的と一致する買取業者を選択しましょう。

車の状態が悪くて中古車買取業者に引き取ってもらえなくても、廃車専門店などに依頼してみると0円以上の値が付き、廃車費用を支払わないですむこともあります。

ディーラーの「下取り」がおすすめの場合

新車購入を前提に引き取りを依頼する場合、ディーラーに下取りしてもらう選択肢があります。ディーラーへの下取りには以下のような特徴があります。

  • 今の車を下取りしてもらい、通常は値引きが難しい新車価格を値引きしてもらえる
  • 乗り換えに伴う手続きも任せられて手間や時間を省ける
  • 代車などを手配する必要もない

下取りのデメリットとしては、中古車買取店の買取額よりも下取り価格は安い傾向にある点です。また、新車価格の値引きとなり、下取り金額を現金として受け取ることはできません。ディーラーの下取りは、価格を重視せずスムーズに新車へ乗り換えたい方に向いています。

「廃車専門店」がおすすめの場合

中古車買取業者で値段がつかない車でも、廃車専門店の多くは0円以上の価値をつけてくれます。自分で廃車手続きを行う場合、廃車工場探しや運送費や廃車費用に加え、さまざまな手続きを自分で行う必要があるので非常に手間です。自分で廃車手続きを行うことにはデメリットが少なくありません。

廃車専門店に依頼すると、たとえ査定額が0円で廃車と判断されても無料で引き取りをしてくれます。このような専門店が利益を出せるのは、車の引き取りと解体を行い、解体で得られるパーツや資材を独自ルートで販売・活用する手段を持っているためです。車の引き取りの最終手段として、廃車専門店を覚えておくと良いでしょう。

車の買取には「持ち込み査定」と「出張査定」がある

車の買取には「持ち込み査定」と「出張査定」がある

車買取は、買取業者の査定員から車の査定を受けることになります。査定の方法は、買取業者の店舗に出向く「持ち込み査定」と、自宅などへ査定員に来てもらう「出張査定」に大別されます。ここではそれぞれの査定のメリットを紹介します。基本的にどちらを選んだとしても査定額には影響しません。自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

持ち込み査定のメリット

持ち込み査定には以下のようなメリットがあります。

  • 自宅に知らない人が来るのを防げる
  • 査定金額や条件に納得できる場合、買取手続きまでスムーズに行える
  • 買取業者によっては思い立ったその日に予約なしで査定を受けられる

売買契約に進むことも想定して、売却に必要な書類もそろえて持参するのをおすすめします。出張査定の場合は査定と売買契約が別日になることもあります。持ち込み査定は手間や時間をおさえて車を速やかに買取してほしい方に向いています。

出張査定のメリット

出張査定には以下のようなメリットがあります。

  • 買取業者の店舗に出向く手間が省ける
  • 限られた時間内でも効率的に査定を受けられる
  • 動かない車(不動車)の査定が受けられる

いくつもの買取業者の店舗を回るのは大きな手間です。出張査定ならば、買取業者の店舗に出向く手間や時間がかかりません。複数の買取業者との約束の時間をずらしておけば、限られた時間で効率的に相見積もりを取ることも可能です。

【車の出張買取】車引き取りまでの流れ

【車の出張買取】車引き取りまでの流れ

車買取を依頼するうえで、便利な中古車の出張買取の利用を検討されている方も少なくないでしょう。ここでは車の出張買取の流れを、ポイントと共に紹介します。一連の流れをつかんでおけば、実際に行う際に慌てることも少なくなるでしょう。出張買取を利用される前にぜひチェックしてください。

1.出張買取の依頼を行う

出張買取を依頼する方法としては「ウェブサイト」や「電話」が一般的です。それぞれに特徴があるので、自分に合った方法で申し込むことをおすすめします。ウェブサイトからなら、時間や場所を問わず手軽に依頼が可能です。その後、査定日時や車の情報確認のため、買取業者から折返しの連絡を待つ流れになります。

電話の場合、査定希望を伝えればその場で査定日時を調整できます。査定を希望する車の車種、モデル、年式、走行距離などをメモしておくと慌てずに済むでしょう。

2.買取業者と査定の詳細を決める

出張査定の申込みでは「査定場所」と「日時」を決める必要があります。査定場所は自宅が一般的ですが、ある程度の時間車を停められる場所で行うことも可能です。

査定場所が自宅であれば、住所という明確な情報があり査定員との待ち合わせもスムーズです。自宅以外の場合、待ち合わせ場所を明確に伝えるのが難しいこともあるでしょう。待ち合わせに手間取ってしまうとお互いの心証にも影響し、満足のいく査定を受けられないおそれがあります。

3.必要書類を用意して実際の査定に臨む

普通自動車と軽自動車で若干異なりますが、売却に必要な主な書類は以下のようなものがあります。スムーズに契約を進めるためにも、必要書類を用意しておくと良いでしょう。

  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券

これに加え、普通自動車の場合印鑑登録証明書(発行から3か月以内)と実印、譲渡証明書、委任状が必要ですが、軽自動車の場合認印で構いません。

必要書類を紛失している場合は再発行が必要です。車検証記載住所から転居している場合や、結婚などで苗字を変更している場合は追加で必要な書類もあります。

4.問題がなければ売買契約に進む

査定額や買取契約の内容に納得できる場合、売買契約を結ぶ流れになります。一度契約を交わした後にキャンセルすると、トラブルに発展してしまうことも少なくありません。些細なことでも、契約前にきちんと確認しておきましょう。契約や車の引き取りを急かすような買取業者や、質問や疑問点の対応に不安が残るような買取業者はおすすめできません。

買取の場合は、つい査定金額にばかり注目してしまいますが、各種手数料や買取業者の対応なども含め総合的に判断しましょう。契約後の車を引き渡すタイミングは買取業者によってさまざまですが、契約当日から1週間程度での引き渡しが一般的です。契約を交わす前に、契約後の流れを確認しておくと安心です。

5.車の引き渡しと入金確認

車の引き渡し前に、「忘れ物チェックする」「最低限の燃料を入れる」ことは行っておきましょう。一度引き渡した後は、私物の回収が難しくなることもあります。ダッシュボードなど、車内をすみずみまで確認してください。

車を引き渡した後は、契約書で交わした買取金額の入金を待ちます。引き渡す前に入金予定日を確認しておきましょう。予定日には、入金の有無だけでなく、金額に相違がないかどうかもチェックする必要があります。予定日を過ぎても入金がない場合は、速やかに買取業者に問い合わせてください。

【車の出張買取】車引き取りまでの注意点

【車の出張買取】車引き取りまでの注意点

出張買取は、買取業者の店舗へ出向く手間を省ける便利なサービスです。しかし、利用する上でいくつか注意しておきたい点もあります。トラブルを避けるためにも、注意点を把握しておくと良いでしょう。

即日の買取が希望なら高額査定は見込めない

一般的な中古車買取では、買取金額が売買契約の数日後に、指定した口座に振り込まれる仕組みです。車買取を希望する際、少しでも早く手元に現金が必要な方もいるでしょう。

しかし、買取金額の査定即日での現金化は、一部の買取業者しか対応していません。即日の現金化が可能でも、契約したうちの全額ではなく一部の場合もあります。また、即日買取には買取金額が低くなりやすい傾向です。即日買取を希望するならば高額査定を見込むのは難しいでしょう。

車の情報は隠さずに伝える

車買取の際、車の事故歴や修復歴、原因が分からない箇所の不具合も含めて漏れなく申告する義務があります。これらは査定額がマイナスになる情報であり、申告したくないかもしれません。

しかし事実を伝えずに契約できたとしても、後々発覚してしまうだけでなく、売買契約の破棄や損害賠償請求などに発展することもあります。安心して車買取を行うためにも、車の情報は正しく伝えてください。万が一事実と異なる申告をしたことに気づいた場合、速やかに買取業者へ連絡しましょう。

参考:債務不履行(契約不適合責任(旧法:瑕疵担保責任))
https://www.jucda.or.jp/soudan/kisochishiki/05.html

査定額に納得できない場合は「断る」

車の査定を受けたとしても、必ず車を売らなければならない訳ではありません。提示された査定額に納得できない場合は、はっきりと断る意思を伝えましょう。

また、出張査定の費用は買取業者によって無料としている買取業者とそうでないところがあります。査定自体は無料であっても「出張料」などの名目で費用を請求されることや、査定後に契約に結び付かなかった場合に費用を請求されることがあるでしょう。出張査定を利用する際は、あらかじめ費用をしっかりと確認しておくと安心です。

車の買取で高く引き取ってもらうコツ

車の買取で高く引き取ってもらうコツ

車を買取に出す場合、買取額アップを狙えるコツがあります。ちょっとしたコツを意識すれば、査定額が想定を上回るかもしれません。知っておいて損はないので、ぜひチェックしておきましょう。ここでは、おすすめの買取時期や、プラス査定に繋がるものなど4つのポイントを解説します。

車の買取も「時期」を考慮する

中古車買取相場は、中古車の購入需要に応じて波があります。買取価格を重視する場合、買取の時期を考慮すると良いでしょう。例年1~3月、7~9月は新生活や買取業者の決算、ボーナス支給のタイミングと重なるため、需要と共に中古車買取相場も上がる傾向があります。

一方で、他のイベントが重なる年末や、自動車税課税直後の4月は買取相場が下がる傾向にあります。

ただし、基本的に中古車の価値は、日に日に下がるものです。買取を依頼するなら早い程良いですが、相場に波がある点を覚えておくと良いでしょう。

車をきれいにしてから手放す

車を高く買取してもらうには、査定員からの印象も大切なポイントです。傷やへこみがあるような車でも、できる範囲で清掃しておけば「車を丁寧に使っていた」という良い印象を与えられます。

車内は、私物を回収して掃除をしておき、換気や脱臭剤を用いて臭いまで取っておきましょう。車内が散らかっていると、車の状態を正しく判断できないためです。車をきれいな状態にして好印象を与えると、マイナス評価の可能性を少しでも潰すことに繋がります。

「プラス査定」に必要なものを揃える

中古車査定は、購入後に後付けできない純正パーツが評価され、値段も付きやすいです。純正パーツのなかでも「三種の神器」と呼ばれナビやレザーシート、サンルーフがあると、プラス査定を得やすくなります。

オプション品でも査定に有利となるものとそうでないものがあります。査定をしてくれるのがベテランの査定員とは限らないので、プラス査定につながる箇所はしっかりアピールすることをおすすめします。

また、購入後に純正パーツから別のパーツに交換している場合、査定のために純正パーツに戻す必要はありません。元々の純正パーツも用意しておくだけで良いでしょう。

高く売るなら「一括査定」を利用する

買取を依頼する上でさらに買取金額アップを狙うならば、中古車一括査定サービスの利用をおすすめします。買取を希望する車の条件に合った買取業者を1か所ずつ探すのは、多くの手間と時間がかかってしまうからです。一括査定サービスには、以下のメリットがあります。

  • 複数の買取業者から査定を受ける(相見積もり)ことで買取金額のアップを狙える
  • 条件に合った複数の買取業者を効率的に探せる
  • 一度の申込で複数の買取業者に査定を申し込める

車の引き取りで高価買取を狙うならcarview!車買取!

車の引き取りで高価買取を狙うためには、まず安心して取引できる買取業者選びが重要です。さまざまな中古車一括査定サービスのなかでも、carview!中古車一括査定サービスには以下の強みがあります。

  • 安心のJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)加盟業者を含む300社以上と提携
  • 中古車一括査定サービスで一番の老舗、累計500万人以上の利用実績
  • 一括査定の申込は1度で最大10社へ依頼可能
  • 申し込みフォームは45秒程で入力完了

まとめ

まとめ

車買取の引き取り先として、高額査定を狙うなら買取業者への「買取」がおすすめです。新車への買い替えで手間をなるべく省きたい方には、ディーラーへ出すほうが良いでしょう。また、値がほとんど付かない場合は、廃車買取業者への依頼をおすすめします。ちょっとしたコツを意識することで、査定結果が大きく変わってくるかもしれません。

carview!中古車一括査定サービスを利用すれば、安心して取引が行える優良買取業者を効率的に探せます。比較が簡単にできるので、ラクして高額査定を期待できる点もメリットです。この記事のコツを参考に、ピッタリの買取業者を探してみてはいかがでしょうか。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ