現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車の買取は入金までどれくらいかかる?車の買取店選びのコツも紹介

買取ガイド

車の買取は入金までどれくらいかかる?車の買取店選びのコツも紹介

車の買取は入金までどれくらいかかる?車の買取店選びのコツも紹介

「新しい車を買う購入資金にしたい」「もう乗らないのでお金にしたい」など、車を売却する理由はさまざまです。車を売却した後、買取価格が入金されるのにどのくらいの時間がかかるのか気になる方もいるでしょう。
この記事では、車買取の際に行われる一般的な入金までの期間と入金に関わる注意点、よくある入金トラブルをご紹介します。さらに、買取店選びから入金までの流れも解説しますので、買取価格の入金に不安がある方や車の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の買取は入金までにどれくらいかかる?

車の買取は査定や値段交渉、書類の準備など必要な手続きがいくつかあり、買取価格の入金は取引の最後に行われます。実際、入金にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。入金に日数がかかる理由や入金方法も含め、平均的な入金までの期間を解説します。

入金までは平均して2~7日かかる

車の買取における入金までの期間は、車両の引き渡し日からおおよそ数日~1週間が目安です。最短では2日~3日後の入金となる場合もありますが、土日や祝日などといった金融機関の休業日を視野に入れる必要もあります。もちろん買取業者によって入金の期間は異なりますが、自身の都合や予定を立てるなら入金は1週間前後と考えた方が良いでしょう。

買取を依頼する業者には、売却手続きに入る前に入金日や入金にかかる日数を確認しておくと安心です。

入金まで時間がかかる理由

買取額の入金は基本的に車の引き渡しが済んだ後に行われます。即日入金が行われない理由として、買取業者は、車の引き渡し後に査定時よりも詳しい検査を行います。その検査で別の損傷や不具合がないかを改めて確認されるため、一定の時間がかかってしまうのも入金に時間がかかる理由の一つです。

他にも、名義変更といった事務手続きが発生する場合も同様に時間がかかってしまいます。

入金方法は銀行振込が多数

入金方法は金額にかかわらず、銀行振込による入金がほとんどです。銀行営業日の関係上、入金までに多少の時間がかかります。なお、買取業者によっては銀行振込とは別に、即日手渡しでの現金払いを行っている業者も存在します。

ほとんどの買取業者はしっかり代金を支払いますが、中には悪徳業者が混じっているケースもありますので、即日入金という言葉だけに惹かれないよう注意しましょう。トラブルに巻き込まれないためにも、入金の手順について買取業者にあらかじめ確認することが大切です。

入金を早めるコツ2つ

即日入金とまではいかなくても、入金はなるべく早い方が安心できるものです。できるだけ早めに入金してもらうためには、必要書類を手早く準備し提出することが大切です。車の買取時に必要となる書類をチェックして、査定前に書類をそろえておくようにしましょう。書類に不備があると手続きが滞ってしまうので、間違いがないよう確認することも大切です。

さらに、査定時の所要時間を減らすことも重要です。査定の際に車をきれいにしていれば、査定がやりやすくなります。車体の洗車と車内の掃除は、査定に出す前に行いましょう。また、車がきれいだと査定士に対して良い印象を与えられる可能性もあります。

【車買取】買取店選びから入金までの流れ

【車買取】買取店選びから入金までの流れ

では、実際に車の買取では入金まではどのような流れで進むのか、買取店選びから入金までを順番に解説します。買取の進め方だけでなく、必要となる書類についても明記しますので、準備が心配な方は参考にしてください。トラブル回避や手続きを滞りなく進めるためにも、事前に流れを把握しておきましょう。

1.買取店を選ぶ

始めに、車の売却先を決めましょう。売却方法は大きく分けると、ディーラーでの下取りと、中古車買取業者に買い取ってもらう方法があります。一般的に車の売却では下取りよりも買取の方が高く売れる場合がほとんどであるため、高値で売るなら中古車買取業者での買取がおすすめです。

他には、店舗数や会社の規模や業績で判断したり、買取業者が提供するサービスやキャンペーンなどで選んだりしても良いでしょう。

2.査定依頼をする

売却先が決まったら、買取業者に査定を申し込みます。査定の種類は「持ち込み査定」と「出張査定」2パターンがあるため、前もってどちらにするのか考えておきましょう。仕事などで時間の都合がつきにくい場合は、出張査定を利用すると空いている時間に調整できるためおすすめです。

3.必要な書類を揃えて査定する

事前に必要書類を準備しておくことで、査定や売却手続きをスムーズに行えます。車の売却手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書(軽自動車であれば軽自動車税納税証明書)
  • 印鑑登録証明書(普通車の場合)
  • 実印(軽自動車は認印でも可)
  • リサイクル券

買取業者からこの他にも提出を求められる書類もあります。事前に確認しながら準備を進めましょう。なお、実際の査定は30分~1時間ほどで完了することがほとんどです。

4.金額に納得したら売買契約を結ぶ

納得いく査定額が提示されたら売買契約を結びましょう。査定額の基準を考える上で、愛車の買取価格の相場を事前に確認しておくと良いでしょう。相場価格は、中古車買取業者のホームページでも調べられます。

また、査定完了後に見積書が発行されます。見積書は内訳などもしっかり確認して、プラス査定になる要素がないかもう一度確認をしましょう。査定額に納得いかなければ、見積書を参考にして価格交渉を行うことも可能です。

5.車両の引き渡しを行う

売却契約が完了したら、買取業者に車を引き渡します。引き渡しの前に、車内に忘れ物がないか、カーナビ内の個人情報や自宅住所の削除をしたかどうか確認しましょう。

また、新車に乗り換える場合は新車の納車日が、売却する車の引き渡し日より遅くなる可能性もあるため、代車を手配してもらえるか事前に確認することをおすすめします。大手の買取業者は代車サービスを行っているケースが多い傾向にあります。車の引き渡しは、自身の仕事や生活などの予定に合わせて調整するようにしましょう。

6.入金を確認する

車両の引き渡し後は、指定した口座に入金されるのを待ちます。契約の際、担当者にはあらかじめ入金日を確認しておきましょう。入金日にきちんと全額振り込まれたかを確認し、入金されていなかったり、入金額が契約書の金額と相違があったりした場合は、すぐ担当者に連絡し対応してもらいましょう。

【車買取】よくある入金トラブルと対策

【車買取】よくある入金トラブルと対策

車の売却契約を結び、入金についてもしっかり確認したとしても、「お金がちゃんと振り込まれるのか」と不安になってしまう方もいるかと思います。ほとんどの中古車買取業者は問題なく入金まで行ってくれますが、金額が振り込まれないなどのトラブルを起こす買取業者も存在します。

このようなトラブルに巻き込まれないためにも、注意したい入金トラブルについて事前に確認しておくことが大切です。

入金が指定日までにされない

金融機関の営業日の関係上、土日や祝日は振り込まれません。このような状況以外で、予定している振り込み日が1週間以上過ぎても入金されない場合は、必ず買取業者に直接連絡しましょう。

入金が指定日までにされないことを避ける対策として、信頼できる大手の買取店を選ぶか、「前払い」システムを使う方法があります。前払いシステムとは車の引き渡し前に入金するシステムで、トラブル回避のために導入している買取業者もあります。

買取業者が倒産した・架空の場合

買取業者に不正がなくても、ごくまれに買取業者そのものが倒産してしまうケースがあります。大手買取業者の倒産はほとんど起こりませんが、中小規模の会社や個人経営の店舗では起こりえます。万が一契約している買取業者が倒産してしまった場合は、債権として回収を試みましょう。

また、買取業者が存在しない場合は詐欺行為に当たるので、警察や弁護士に相談する必要があります。これらの対策として有効なのは、小規模の買取業者を避けて信頼できる大手の買取店を選ぶことです。

査定額を減額すると言われたら

買取業者は車両を引き取った後で、再査定として他に損傷や故障がないかチェックします。この再査定で物理的な瑕疵が見つかった場合、減額や返金を要求されるケースがあります。悪徳業者の中にはこのような手口を使い査定額を減額してくるところもあるため、トラブルに発展しそうな場合は消費者生活センターなどの専門機関に相談し、アドバイスに従って対応しましょう。

入金トラブルを回避する車買取店選びのコツ

入金トラブルを回避する車買取店選びのコツ

入金トラブルを避けるためには、信頼できる買取業者を選ぶことが大切です。信頼できる買取業者を選ぶためには、何を基準に考えれば良いのでしょうか。ここでは、トラブルが起きにくい買取業者を選ぶためのコツを4つご紹介します。

会社の規模が大きいか

車の売買は大きな金額を扱うことになるので、実績多数の大手買取店を選ぶことでトラブルを防ぎやすくなります。小規模の買取業者でも愛車に合う条件の買取業者は存在しますが、大手の買取業者はトラブル防止のために、サービス内容や接客に力を入れている所も多く、より安心感があります。

大手でも規模の違いはありますが、CMや宣伝を積極的に行っている代表的な買取業者は信頼できるでしょう。

安心して取引ができるか

中古車業界には、中古車売買に関する規定を設けるための団体がいくつか存在します。その中に、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)という団体があり、安全な中古車の流通ができるようにルールを設け啓発を行っています。

再査定を原則禁止しているのが特徴の一つで、車の売却先としてJPUCに加盟している買取店を選ぶと、査定後に不明確な減額をされることもないでしょう。

即金対応の買取業者は要注意

買取額をすぐに現金を受け取りたいからといって、即金対応の買取業者を利用するのはおすすめしません。車を早く現金にしたいということを伝えると、査定額を重視していないと判断されてしまいがちです。それに伴い、買取査定額が低くなってしまうリスクがあります。

さらに、即金に対応している買取業者も限られており、複数の業者の査定額を比較できません。また、悪徳業者に引っかかるリスクも高まってしまうため、即金対応可能な買取業者は特別な理由がない限り避けた方が良いでしょう。

高価買取が実現できるか

時間や手間をかけたくないあまり、スピーディーに車の売却を行うと査定額が下がってしまう場合があります。高価買取を目指すためにはある程度の時間をかけ、複数社の査定額を比較することが重要です。査定額を比較できれば、その中から一番高額なものを選ぶことで、高価買取が実現できます。

複数の買取業者を選んで申し込むのが手間だと感じる方には、中古車買取業者が提供している一括査定サービスの利用がおすすめです。

車の買取で高値を狙う方法をおさらい

車の買取で高値を狙う方法をおさらい

車を売るなら高値で買い取ってもらいたいと考える方がほとんどでしょう。中古車は年式や走行距離などの車の状態によって価格が決まるだけでなく、季節や地域などでの需要も考慮され価格が変動します。そのため、高値で買い取ってもらうためには少しのコツが必要です。ここからは、高価買取を狙うために気をつけたいポイントを4つ解説します。

車の買取も「時期」を考慮する

車を売却する時は、売る時期やタイミングを考慮しましょう。時期としては1月~3月、7月~9月の期間に、買取業者の繁忙期と車の需要が高まるタイミングが重なるため売却がおすすめです。また、年式や走行距離を考え、売却する車種がモデルチェンジする前には売却できるようにしましょう。

このようなタイミングを見極めることも必要ですが、年数が経つと価値が下がるのも事実なので、車の売却を決めた時点で早めに売ることも重要です。

愛車をきれいにしてから引き渡す

車をきれいにすることが直接的に査定額アップに直接つながるわけではありませんが、査定士の印象を良くするために、最低限の洗車や掃除は行いましょう。また車内の臭いもできるだけ無臭に近づけてから愛車を引き渡すのがおすすめです。

たばこを吸う環境であれば、ヤニの付着も注意して確認するようにしましょう。また、洗車して外装をきれいにしておくことで、塗装の状態などをより正確に判断できる利点があります。

純正オプションを揃える

あとから取り付けられない「純正オプション」はプラス査定につながります。純正オプションとは、自動スライドドアやスマートキー、衝突回避ブレーキといった安全装備の搭載、純正ナビなどを指します。

さらに、メンテナンスノートやスペアキーといった車購入時の付属品も買取額をアップできる可能性があるため、これらも所持しているならば、査定時に用意しておきましょう。

「一括査定」の利用を忘れずに!

車を高く売る方法として有効なのは、複数の買取業者に査定依頼を行い見積額を比較して、その中で高価買取をしてくれる買取業者を選ぶことです。複数の買取業者に査定依頼をするのは手間や時間がかかりますが、一括査定サービスを利用することで時短かつ簡単に査定を申し込めるので、スムーズに査定額の比較ができます。

一度の依頼で相見積もりが手軽にできる一括査定は、高価買取を狙うなら利用した方がお得です。

入金トラブルのない信頼ある車買取店ならcarview!車買取!

安心して車を売却できる買取業者を探すなら、carview!中古車一括査定サービスの利用がおすすめです。carview!中古車一括査定サービスは、一度に最大で10社の買取業者に見積もりを依頼できます。

carview!車買取は、2000年にサービスを開始してからこれまでに500万人以上の方にご利用いただいており、確かな実績があります。さらに、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しているので、協会と連携して安心で安全なサービスをユーザーに提供できます。

提携する買取業者は大手買取業者から地域密着型の買取業者まで多種多様のため、あなたの愛車にピッタリの買取業者がきっと見つかるでしょう。

まとめ

まとめ

買取の際の入金期間は、買取業者や金融機関を考慮して、1週間前後と見て予定を立てた方が良いでしょう。車の買取の流れで重要な点は、信頼できる買取店を選ぶことです。入金が指定日までにされなかったり、査定後に不明確な減額を要求されたりする入金トラブルを防ぐためには、事前に買取業者の規模や実績などをチェックしましょう。

安心して車を売却できる買取業者を探すなら、carview!中古車一括査定サービスの利用がおすすめです。一度に10社の見積もりを依頼できるので、査定額を比較することで高価買取が期待できるでしょう。車の買取の際にはぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ