買取ガイド

愛車の査定額0円でも諦めない!査定額がつかない原因と対処方法を解説

愛車の査定額0円でも諦めない!査定額がつかない原因と対処方法を解説

廃車にするしか選択肢がない車は存在しますが、「廃車に相当する=査定額が0円」ではありません。愛車が0円と査定された場合でも、正しい対処法を知っていれば諦めずに済みます。
この記事では、車の査定額が0円になってしまう原因、値段がつけられないと言われたときの対処法、車の査定前に確認したいポイント、そしておすすめの買取・査定の方法についてご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の査定額が0円になってしまう原因

車の査定額が0円になってしまう原因

車は売れば必ずお金になると考えている人も多いかもしれません。しかし、車を売却してもお金にならないケースもいくつかあります。

例えば故障車では、買い取った後に中古車として販売する場合でも販売できる状態にするための修理費用がかかってしまうので、価値の高い車でなければ0円査定になってしまいます。ここでは、0円査定になってしまう代表的なケースをご紹介します。

年式が古い

一般的には、「中古車は10年落ちになると価値がつかない」と言われています。年式が古いと部品の古さや耐性、部品の流通などが問題になるでしょう。ただし、人気車種などでは例外も一部あり、希少価値のあるものは高騰し続けるので、「古い=不人気」とは限らない点にも注意が必要です。まずは買取専門店などで査定依頼をしてみることをおすすめします。

走行距離が長い

車は長く走れば走るほど、各所の部品が摩耗していくため、定期的にパーツ交換などの必要性があります。走行距離が長い車は、購入した後のランニングコストが高くなることを理由に、買取を避けられてしまいがちです。

また車のエンジン等の心臓部にあたる部品の負担や消耗が大きいと、長く乗れない車と判断され、価格がつかないこともあるでしょう。

走行不可の車

車は「走ること」に価値があり、たとえ見た目がきれいな車でも、走れない車は価値が下がります。不動車には「故障によって走れない車」と、「車検が切れて法律上走れない車」があり、それぞれ価値が異なります。

大きく価値が下がってしまうのは、故障して走れない車の場合です。「物理的に走れない=大きな修理が必要」と判断され、見た目がきれいでも選ぶ人は少なくなってしまいます。

事故車

事故や水没などのトラブルで破損した車は、「リスクがある車」と判断されるため、価値が大きく下がってしまいます。例として、以下のようなケースが考えられます。

  • 事故で損害を受けた事故車
  • エンジントラブルなどで動かない故障車
  • 室内フロア以上に浸水した水没車

特に事故で車の骨格部分の損傷を修理した車は「修復歴あり」とされ、買取価格がかなり下がってしまいます。また、雪害車・塩害車・修理車・改造車なども査定にマイナスに影響する可能性があるでしょう。

査定を行う業者によっては買い取ってもらえるケースも

査定を行う業者によっては買い取ってもらえるケースも

一度査定結果が0円と言われてしまうと、どこに査定依頼しても同じ結果だと思うかもしれません。しかし、査定業者によっては値段がつく場合もあります。ここでは値段がつく車に共通する特徴について解説します。

パーツや素材の売却

不動車や故障車、20年以上の低年式車は、車としての査定が難しいとされています。ただし、パーツや素材別での査定であれば買取が可能なケースもあります。たとえ動かない車でも、部分的にまだまだ使えるパーツが残っていることもあるでしょう。

また、それらを再利用して新しい車の一部として販売することも可能です。特に日本車は質が高いことで有名なので、事故車でもそのパーツ自体は海外で非常に重宝されます。

海外需要のある車

日本での需要は少なくとも、海外での需要が高まっている場合もあります。特に新興国を中心に日本車の人気は高いものがあり、思わぬ高値で買い取ってくれるケースもあるでしょう。新興国でも各社日本車のディーラーが営業を行っていますが、新車は日本で購入するよりもはるかに高額となっています。

たとえ不動車であっても、少し修理すれば動くようになれば、意外な値段がつくこともあるので、海外にルートを持つ業者に相談しましょう。

値段がつけられない(車の査定額が0円)と言われたとき時の対処方法

値段がつけられない(車の査定額が0円)と言われたとき時の対処方法

車の査定額が0円になる原因がいくつかあることと、一方で業者によっては買い取ってくれることもわかりました。しかし、実際に査定額が0円だと言われてしまうと、その後の対応に困ってしまう人もいるはずです。

ここでは、査定額0円と言われたときの対策として3つの方法をご紹介しますので、是非参考にしてください。

ディーラーの下取りを検討する

下取りとは、新しい車に乗り換えるときに、今まで乗っていた車をディーラーに売却することをいいます。新しい車の購入価格から下取り分の価格を下げてくれる方法です。 下取りの利点は、新しい車の購入から古い車の売却までの一連の流れを、ディーラーに任せられることです。

また、手続きの手間が省けることに加えて、新車の値引き交渉を同時にできることも魅力的です。車の納車日に合わせて引き取り日を調整してもらえたり、空車期間がないよう代車対応をしてくれたりといった対応もしっかりしてくれます。しかし、廃車手続き代行費を新車購入費に上乗せさるケースもあるので注意しましょう。

中堅買取業者に買取依頼を出す

大手買取店よりも手堅い経営をしている中堅業者の中には、人件費や広告費などの費用をうまく削減しているケースがあります。そのため、少しでも利益につながるようであれば、需要が少ない車でも査定額をつけて買い取ってくれる可能性もあります。車買取業者によって買取価格に差があるため、高く買い取ってくれる業者を見極めましょう。同時に、悪徳業者も残念ながら存在するので注意が必要です。

中古車一括査定サイトに申し込むことで、複数業者に査定依頼でき、より良い業者が見つかるかもしれません。是非一度試してみてはいかがでしょうか。

廃車専門業者に依頼する

廃車買取業者は車を商品としてではなく、資源として買い取ってくれます。 そのため、自動車としての価値がないと判断された場合でも、資源的な価値を考慮して査定してくれます。解体を依頼すると費用がかかると思われがちですが、費用がかからない場合も多くあります。

また廃車買取を専門に行っているため、廃車手続きなどの書類手続きの代行を任せられる業者が多いのもポイントです。車検が残っている車や自動車税を支払っている車は、廃車手続きを行うことで還付金を受け取れます。

車の査定前に確認したいポイント

車の査定前に確認したいポイント

車の査定依頼をする際には、いくつか必要となるものがあります。ここでは買取に関する手数料、税金、必要な書類など、車の査定前に確認したいポイントを解説します。事前に知っておくと役立つことをまとめましたので、是非査定前に参考にしてみてください。

買取に関する手数料を確認する

車売却時には、以下の手数料が必要となる場合があります。

  • 査定料
  • 車の運送料
  • 名義変更の手数料
  • その他の手数料

査定は無料で受け付けている買取業者が多い傾向ですが、自宅や職場などに出張してもらう際に費用がかかるケースもあります。レッカー車で、自宅まで車を引き取りに来てもらう場合は、引き取り料が発生するケースがあります。車売却時には、名義変更の手続きが必要になります。買取店に依頼して代行してもらう場合には、その手数料が発生します。

また、名義変更や抹消手続きには、住民票や印鑑証明書などの公的な書類が必要です。証明書の発行にも手数料がかかり、金額も市区町村によって異なるので事前に確認しましょう。

自動車にかかる税金の確認

各種自動車にかかる税に関する注意点は、以下の通りです。

・自動車税の未納は売却できない
自動車税を支払うと「納税証明書」が発行されます。この「納税証明書」がないと買取を断られることもあるので注意しましょう。

・軽自動車の場合は還付がない
普通車の場合、売却時に自動車税が月割りで還付されます。一方、軽自動車の場合は、年の途中で売却した場合も1年分の税金は全て4月1日時点の所有者が負担します。

・車の売却で所得税がかかるケースもある
用途がレジャーや業務の車は、売却時に利益が出た場合のみ所得税が課せられます。ただし、仮に売却益が出ても、譲渡所得には50万円の特別控除があるので負担するケースは稀です。

早めに必要な書類を用意する

スムーズな売却を行うためにも必要な書類は早めに用意しておきましょう。売却時に必要となる書類は普通車と軽自動車で異なります。具体的な書類は以下の通りです。

普通車の場合

・車検証
・自賠責保険証
・自動車税納税証明書
・リサイクル券
・実印
・譲渡証明書
・委任状
・印鑑登録証明書

軽自動車の場合

・車検証
・自賠責保険証
・自動車税納税証明書
・リサイクル券
・認め印

この中でも車検証には、車台番号や型番を始め、車の所有者などの重要な情報が記載されています。万が一車検証が紛失した場合は、車のナンバーを登録している地域を管轄する陸運局で再発行の手続きが必要です。数百円の費用がかかる点と、手続きは平日のみである点に注意しましょう。

また、軽自動車の場合は軽自動車検査協会に行く必要があります。

車内の清掃を行う

査定直前には、洗車や車内清掃をしてなるべくきれいな状態にしておくことが大切です。外内装の清潔感は少なからず査定に影響します。あまりに汚れた車では、「日々のメンテナンスを怠っている」と感じさせてしまい、マイナス査定にもつながる可能性があります。

ボディや窓の指紋、手垢といった汚れはもちろん、内部のホコリや小さなゴミもできるだけ取り除いて置くと印象も良くなるでしょう。

愛車の買取・査定はcarview!車買取にご相談ください!

WEB無料査定で申し込みが可能で、条件に合った会社を最大10社まで紹介してもらえて、その中から複数選択での査定も受けられるが特徴です。JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、利用実績500万人の確かな実績で業界トップクラスといえます。

ここでは、carview!車買取を利用されたユーザーから寄せられた口コミの一例をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

60代 男性
査定時期 2019年9月
ユーザーコメント
担当の方の対応は親切で丁寧であったと妻は好感を持ち、その後私本人が電話での応答をしました。これもにも親切丁寧に対応していただきました。評価など失礼ですがた最良の対応状況です。ありがとうございました。

※サイトより引用

30代 女性
査定時期 2021年3月
ユーザーコメント
輸入車専門というだけあって知識もありますし車に関してとても話しやすかったです。出張査定に来ていただいたのですが、隅々まできちんと見てくださいました。安心感がありました。

※サイトより引用

まとめ

まとめ

一度0円の査定を受けた車でも、業者によっては買い取ってくれるケースがあります。ひとつの業者に値段がつけられないと言われた際も、落ち着いて「下取り」、「中堅買取業者」、「廃車専門業者」などその他の手段を探りましょう。

良い業者を見つけるためには、一括査定サービスを活用することを推奨します。carview!中古車一括査定サービスの利用であれば、インターネット上から簡単に査定依頼ができます。一度に最大10社へ一括査定依頼ができ、その中で最高額で買い取ってくれるお店を選べます。この記事を参考にして、是非一度carview!中古車一括査定サービスをお試しください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営するLINEヤフー株式会社が提供しています。LINEヤフー株式会社のカービューサービスは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP