現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > スペアキーなしでも車買取はできる?減額されるけど大丈夫!

買取ガイド

スペアキーなしでも車買取はできる?減額されるけど大丈夫!

スペアキーなしでも車買取はできる?減額されるけど大丈夫!

新車を購入する際には、メインで利用するマスターキーの他にスペアキーが手渡されます。中古車として買い取ってもらう際は2つとも引き渡すのが一般的ですが、紛失などが理由で用意できない方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、中古車査定におけるスペアキーの取り扱いを詳しく解説します。実際にどのくらい減額されるのか、作り直したほうが良いのかといった疑問を解消していきましょう。売却時に、スペアキー以外に提出するものもご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

スペアキーなしでの車買取は問題なくできるのか

スペアキーなしでの車買取は問題なくできるのか

車を買い取ってもらうとき、スペアキーがなくとも売却手続き自体は可能です。マスターキーがあれば問題なく動くため、「スペアキーがない」といった理由で断られるケースは、ほとんどないでしょう。

ただし、スペアキーがないことで査定額に差が出る点も理解しなければなりません。減額の度合いは業者により異なります。キーの仕組みによっても変動する場合があるため、想像より査定額が低くなる可能性を考慮しておきましょう。

スペアキーがないとどれくらい減額されるのか

スペアキーがないとどれくらい減額されるのか

マスターキーのみで車の買取査定に出す場合、JAAI(日本自動車査定協会)の基準に則って減額されるケースが多く見られます。スペアキーなしで売却を予定している方は、どのくらい減額されるのか把握しておきましょう。JAAIの基準による減額の他、イモビライザーやスマートキーについても解説します。

マスターキーのみで車の買取査定に出す場合、JAAI(日本自動車査定協会)の基準に則って減額されるケースが多く見られます。スペアキーなしで売却を予定している方は、どのくらい減額されるのか把握しておきましょう。JAAIの基準による減額の他、イモビライザーやスマートキーについても解説します。

中古車の査定基準だと20点の減点となる

JAAIが定める査定基準を反映すると、スペアキー1個に対する減点は20点です。この減点数は、一般的な乗用車やワゴンなどいずれにも対応するものといえます。スペアキーを紛失して提出できない方は、20点の減点を予想しておくと良いでしょう。

1点に相当する金額は1,000円とされています。具体的な金額は業者の考え方によって異なりますが、スペアキーに関してマイナスされる金額は2万円前後が目安です。査定後は項目を一つひとつチェックし、2万円以上減額されている場合は交渉に踏み込んでも良いでしょう。JAAIの基準に則って負担を軽減してくれる可能性もあります。

参考:『中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕』

イモビライザー付きやスマートキーは減額幅が大きい

スペアキーのマイナス査定について覚えておきたいのは、キーレスシステムを搭載している場合に減額幅が大きくなる可能性です。鍵穴に差し込んで施錠・開錠する動作が必要なく、遠隔操作が可能なものを意味します。「スマートキー」や、イモビライザー付きのキーが代表的な例です。

近年販売されている車の多くが、キーレスシステムを採用しています。通常のスペアキーよりも作成コストが高い傾向にあるため、査定額の減額度合いも大きいと考えたほうが良いでしょう。一般的な基準を上回る、2万円以上のマイナス査定となる可能性もあります。

スペアキーを紛失した場合の車買取に関するQ&A

スペアキーを紛失した場合の車買取に関するQ&A

現在スペアキーが手元にない場合は、「作り直してから売却したほうが良い」と考える方もいるでしょう。マイナス査定を避ける対策には有効ですが、賢明とはいえません。スペアキーだけでなく、マスターキーの重要性を理解することも大切です。スペアキーに関する質問と回答をご紹介します。

Q.買取のためにスペアキーを作り直したほうが良い?

マスターキー・スペアキーをそろえて売却することにこだわりがないのであれば、マスターキーのみで売却したほうがお得です。スペアキーを作り直すにはコストがかかり、本来減額の基準となっている2万円を上回るかもしれません。

具体的な金額はキーの種類によっても異なりますが、査定でマイナスになった金額を取り戻せる可能性は低いでしょう。自分でスペアキーを利用する機会がない場合は、節約のためにも作り直さないほうが賢明です。

Q.スペアキーを紛失したら防犯上の問題を指摘されない?

「スペアキーが他人の手に渡ったら危険……」と考える方もいるかもしれません。自宅のキーを落とした場合には防犯上のリスクも高まりますが、中古車業界ではそれほど重視されない問題です。防犯上の危険を理由に減額された場合は、他の業者にも相談したほうが良いでしょう。

ただし、特殊なシステムを搭載している場合は考え方が異なることもあります。防犯に関して指摘されるケースは少ないものの、減額の度合いが異なる点は理解しておきましょう。

Q.買取後に紛失したスペアキーが見つかった場合はどうすれば良い?

買取取引を終えたあとにスペアキーが提出できる状況になった場合は、そのまま処分しても問題ありません。直後であれば一報入れるのも得策といえますが、スペアキー単体で買い取ってもらえる可能性は低いといえるでしょう。

取引から日数が経過している場合は、すでに次のユーザーへ渡っているかもしれません。「買い取りたくても受け取れない」という状況になるため、処分しても問題ないでしょう。

Q.マスターキーも紛失したら買取はできない?

マスターキー・スペアキーともに紛失して見つからない場合、そのままでは買取してもらえません。キーがなければ車のドアを開けられないだけでなく、エンジンも始動しないためです。走行できない車を売る方法もありますが、動く車に比べて大幅なマイナス査定になります。

査定後に紛失した場合は、買取業者に相談して適切な対応をアドバイスしてもらうと良いでしょう。ディーラーなど、対応できる業者に作ってもらってからであれば売却が可能です。出張サービスを実施する業者も増えているため、早い段階で相談しましょう。

買取の際にスペアキー以外で必要なもの

買取の際にスペアキー以外で必要なもの

車の買取で必要なものは、マスターキー・スペアキーのみではありません。車検証やリサイクル券といった書類を多数提出する必要があるため、手続きに進む前の段階でそろえておきましょう。「普通自動車」と「軽自動車」の違いも理解できると安心です。ここからは、買取の際に必要な書類や部品について解説します。

1.車検証

車に関する手続きのほとんどで必要になるものが「車検証」です。所有者や使用車をはじめ、車を識別するための細かい情報が記載されています。買取の際も提出を求められるため、車とともに備えておきましょう。

車検証を紛失した場合は、管轄の運輸支局で再発行手続きを行わなければなりません。土日祝日は休日となっているため、平日の受付時間内に足を運べるよう予定を組みましょう。車検証なしでは公道を走行できないため、業者に代行してもらう方法もあります。

2.自賠責保険証明書

自賠責保険は、車を所有するユーザーが加入する保険です。本人の希望に関係なく加入する必要があるため「強制保険」とも呼ばれています。買取手続きの際は、有効期限内の自賠責保険証明書を業者に提出しましょう。

自賠責保険証明書は、車検証と同じく運転中に携帯しなければなりません。保険に加入しないまま運転すると、罰金の対象となります。被害が大きいほど金銭的負担も増幅するため、買取以外の時期もこまめに期限を確認しておくと安心です。

3.リサイクル券

新車を購入する際には、すべてのユーザーがリサイクル料金を支払います。車を廃車にする際、解体処分にかかる費用をユーザー自身が負担するためのシステムです。リサイクル料金を支払うと、その事実を証明するために「リサイクル券」が発行されます。買取手続きの際に求められるケースも多いため、他の書類と一緒に備えておきましょう。

リサイクル券には再発行の仕組みがありません。失くした場合には、「自動車リサイクルシステム」のサイトから支払い状況の確認が可能です。業者が確認できればリサイクル券と同じ役割を果たすため、紛失してもマイナス査定には影響しません。

参考:『自動車リサイクルシステム』

4.自動車納税証明書

自動車税(種別割)は、4月1日にユーザーへ課税される税金です。納税が確認できた段階で証明書が送付されるため、最新の書類を業者に提出しましょう。納税が済んでいない場合は買取手続きも進められません。

「支払いを忘れていた」という方は、なるべく早く納税することが大切です。証明書を紛失した場合は、各都道府県の税務署で再発行手続きを行いましょう。電子確認が可能な自治体であれば、足を運ばなくともインターネットから納税状況が確認できます。

5.印鑑証明・実印

車を売却する際、複数の書類に所有者の印鑑を押印しなければなりません。普通自動車の売却では実印を用いると定められているため、シャチハタや認印ではなく実印を用意しておきましょう。軽自動車は認印でも手続きが可能です。

実印が適切かどうか判断するために、印鑑証明書もあわせて提出します。市区町村役所で申請できるため、受付時間を調べたうえで手続きを進めましょう。印鑑証明書自体は当日中に入手できます。すでに入手している方は、発行日が3か月以内であるか確認しましょう。

6.譲渡証明書

ユーザーが「業者に車を引き渡す」という意思を証明するために、譲渡証明書に押印します。以下の記入項目を把握しておきましょう。

    車の譲渡証明書の記入事項

  • 車名
  • 型式
  • 車台番号
  • 譲渡年月日
  • ユーザーと業者の名前・住所
  • ユーザーの実印

これら複数項目のほとんどが、車検証に記載されています。住所や名前は誤りがないよう確認を重ねましょう。譲渡証明書は重要な書類ですが、業者が事前に準備するケースも多く見られます。求められた場合は、ウェブサイトから印刷することも可能です。

7.委任状

買取手続きの時点で、車の所有者はユーザーの名前となっています。業者の名前に変更する、名義変更手続きを済ませなければなりません。本来ユーザーが行う手続きを業者に代行してもらうための書類が、「委任状」です。

ほとんどの場合、委任状は業者が用意します。記入項目も自分の名前・住所といった基本的な情報です。特別備える必要はありませんが、重要な書類のひとつとして把握しておきましょう。

8.整備記録簿

定期メンテナンスや車検で行った整備内容は「整備記録簿(メンテナンスノート)」と呼ばれるノートに記録されます。査定時の状況を把握するためにも役立つため、車とともに業者へ提出しましょう。

整備記録簿の提出は必須ではありませんが、査定額を左右する要因です。メンテナンスの頻度が高ければ、「大切に扱ってきた」という事実を証明する材料になるでしょう。交渉成立の期待も込めて、用意しておくのがおすすめです。

9.純正パーツ

メーカーの純正パーツを取り外している方は、査定時に買取業者に提出しましょう。カスタマイズを目的に社外品へ付け替えるユーザーも見られますが、純正品は中古車市場でも高い価値を持つ傾向にあります。

カーナビやホイールといったパーツが代表的な例です。購入時の状態に復元しなくとも、パーツ単体で提出する方法で問題ありません。購入後の装備は業者が対応できるため、なるべくきれいな状態にしたあとで査定してもらいましょう。高価なパーツであれば、値上げ交渉にも有利です。

スペアキーのない車を高額買取してもらうなら一括査定で!

「スペアキーがないから減額されるかもしれない……」と不安に感じている方は、少しでも高く買い取ってもらえる方法を実践しましょう。高額買取におすすめのサービスが、一括査定です。複数の業者に一括で申し込むことで、時間の節約の面でも効果が期待できます。

ひとつの業者に絞ると比較対象がないまま売却することになるため、契約後に後悔するかもしれません。一括査定であれば、安く買い叩かれるリスクも軽減できます。

サービスの選び方がわからない方は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスからお申し込みください。300社を超える提携先のなかから、最良の買取業者を見つけられるでしょう。

まとめ

まとめ

スペアキーは車の重要な要素ですが、マスターキーのみでも買い取ってもらえます。作り直すと損をする可能性もあるため、使わないのであればそのまま査定に出したほうが良いでしょう。マスターキーも紛失した場合は、作り直したり業者に相談したりといった対応が必要です。

ちかい将来売却を考えている方は、スペアキー以外に必要な書類も把握しておきましょう。業者選びに不安を感じたときは、carview!中古車一括査定サービスを有効にご活用ください。優良な買取業者が多数そろっています。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ