買取ガイド

車の買取り前には洗車しておいたほうがよい?査定額アップのためにできるコト

車の買取り前には洗車しておいたほうがよい?査定額アップのためにできるコト

車を売却する際の、多くのユーザーの願いは「より高く売ること」でしょう。より高く売却するために、さまざまな対策を考えている方もいるかもしれません。高額査定の対策として、「査定を受ける前の洗車」が挙げられます。しかし、査定前の洗車には本当に意味があるのか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車の買取前の洗車や査定額アップのためにできる対策について解説します。より高く売りたいと望んでいる方はぜひチェックしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

洗車は車買取りの査定に影響するのか

洗車は車買取りの査定に影響するのか

車を査定に出そうと考えているユーザーにとって「洗車は査定に影響するのか」ということは気になるポイントです。洗車や車内の清掃は、手間がかかります。しかし、査定額が少しでもアップする可能性が高まるのであれば、その手間も苦ではなくなるでしょう。実際に、洗車が車買取の査定にどの程度影響するのかを詳しく見ていきます。

洗車は査定基準には含まれていない

車の査定額はさまざまなパーツを査定して算出しますが、「査定前に洗車をしているか」といった査定基準はありません。査定額は、「年式」「走行距離」「事故歴」「外装の傷やへこみ」など車の状態から算出しています。査定には、「外見のきれいさ」は考慮されません。

しかし、内装の汚れは査定基準に含まれます。シートやフロアマットなどの汚れは、査定額に影響するため査定前の清掃はしておきましょう。洗車よりも車内清掃に重きを置くことが、査定アップのポイントです。

査定額アップにつながる可能性はある

洗車の査定基準はありませんが、洗車をしておけば査定額アップにつながる可能性があります。

査定前に洗車をしておくことで、これまで大事に乗ってきた車であること、そして適切なメンテナンスをしてきたことをアピールできます。査定士からの印象も良くなるでしょう。

洗車は直接的には査定額に影響しなくとも、車の品質や保管状態の良さから最終的には査定額アップを狙えます。

ただし、洗車をすれば査定額が大幅にアップするわけではなく、あくまでも「査定額アップにつながる可能性がある」というスタンスで考えておきましょう。

査定のために洗車をするメリットとデメリット

査定のために洗車をするメリットとデメリット

洗車は、車の見栄えを良くするためには重要なアクションです。普段のカーライフで行えば、愛車の魅力がよりいっそうアップしたり、清々しい気分でドライブができたりします。

しかし、査定を受ける前の洗車となると話は別です。査定の前に洗車をすると、メリットだけでなくデメリットも生じます。では、どのようなメリットやデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

【メリット】車をきれいに使っているという好印象

査定を受ける前に洗車をする大きなメリットは、査定士への印象がよくなることです。印象がよくなれば、車の品質についても安心でき、車に対する評価は上がります。その結果、査定額を算出する際、心理的に金額をアップさせることは可能です。

もし車が泥だらけであったり、汚れが付着したままであったりした場合、車やオーナーに対しての印象は悪くなるかもしれません。しっかりとメンテナンスをしてきたのか不安に思い、内燃機関の不具合を疑われ、査定額を低くされる可能性もあります。洗車をして車をきれいにしておけば、そのような疑念は回避できるでしょう。

【デメリット】洗車による細かい傷などが目立ってしまうかも

洗車をして車をきれいにすると、逆に細かい傷が目立ってしまい、査定に悪い影響を与える可能性もあります。

洗車をしないでいると、空気中を舞うホコリや砂などによって、ボディの表面が覆われている状態です。輝きがなくて見栄えは悪い状態ですが、ボディ表面についた小さな傷を隠す効果があります。洗車をするとボディを覆っていたホコリや砂が取れ、傷があらわになることを把握しておきましょう。

また、ホコリや砂がついたままスポンジで擦ると、ヤスリで削っているような状態になります。いわゆる「洗車傷」がついてしまい、査定がマイナスになる可能性もあるので注意しましょう。

査定額アップのための洗車や車内清掃のポイント

査定額アップのための洗車や車内清掃のポイント

洗車や車内清掃によって査定額をアップさせるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。やみくもに清掃するよりも、ポイントをおさえてしたほうが効率よく査定額アップを狙えます。

間違った方法で清掃をした場合、査定額の低下につながる恐れがあります。正しい清掃方法と、抑えるべきポイントを理解して査定額アップを目指しましょう。

ボンネットの内側をきれいにする

ボンネットの内側は、普段あまり清掃をしないという方も多いのではないでしょうか。査定時にはボンネットを開けるため、ボンネットの内側がきれいであれば、日ごろのメンテナンスが十分行き届いているというよい印象を与えられます。

ボンネットは空気の入り口があるため、密閉されてはおらず想像以上にホコリや枯れ葉などのゴミが溜まっています。

大きいゴミは手で拾い、細かい部分のゴミは使用済みの歯ブラシでかき出しましょう。ゴミを取り除いたら、ボンネットの内側をシャワーで洗い流します。水流を強くすると電装系パーツが破損する恐れもあるため、水流の弱いシャワーで上から優しくかけるのがコツです。

下回りをきれいにする

下回りの清掃も忘れずに行いましょう。下回りは普通にしていれば見えない部分なので、普段はそこまで洗車を行いません。しかし、査定時には下回りのチェックも行うため、しっかりと清掃しておきましょう。

最初にシャワーで泥や砂などの汚れを洗い流します。その後、ブラシを使用してホイールやタイヤ、タイヤハウスなどを清掃しましょう。汚れがひどい場合は、市販のタイヤクリーナーを使用するのがおすすめです。ブラシで清掃後は、再度水で洗い流しましょう。

水で流す際は、水流を強くしすぎないように注意が必要です。水流が強くて奥のブレーキ類に大量の水がかかると、錆びの原因になってしまいます。なるべくブレーキ類に水をかけないようにしましょう。

ボディをきれいにする

ボディを洗車する際は、上から順番に洗うのが鉄則です。下部から洗った場合、上部を洗車すると汚れが下に流れていくため、下部を再度洗わなければいけません。

まずは、ルーフからたっぷり水を流しましょう。たっぷりの水をかけることで、ボディに蓄積したホコリや砂などが流せます。ホコリや砂が落ちると、洗車傷がつきにくいでしょう。

水を流したら、カーシャンプーで上部から洗っていきます。洗う際は、力強く擦りつけると洗車傷の原因となるため、力を入れずに軽く洗いましょう。下部まで洗ったら、たっぷり水をかけてすすぎ、全体を専用のウエスなどで優しく拭き上げます。水滴が付いたままだと、水垢汚れの原因になるので水滴が残らないようにしましょう。

車内は足元から清掃する

洗車をする場合は上から洗っていきますが、車内の清掃は足元から行います。車内で汚れがひどい部分は、「フロアマット」です。靴に付いた砂やホコリ、泥などが蓄積しているので、取り外して中性洗剤で洗いましょう。洗ったあとは、風通しのよい場所で干し、しっかりと乾燥させます。

マットを取り外すと、砂や小石が溜まっているかもしれません。掃除機をかけて清掃しましょう。シートの汚れは、市販のシートクリーナーを使うと簡単に落とせて便利です。

窓の内側をきれいにする

意外に忘れがちなのが、窓の内側です。一見するときれいに見えますが、手の脂が付いて結構汚れています。

清掃する際は、2枚の雑巾を用意しましょう。1枚は水拭き、もう1枚は乾拭きとして使用するのがポイントです。

清掃の際は、全部の窓を一気に拭くのではなく、一か所ずつ拭いていきましょう。まずは、水拭きで窓を拭き、すぐに乾拭きをします。水拭き後に放置をすると、拭いた跡が残ってしまうので、すぐに乾拭きをしましょう。

ホコリやニオイを取り除く

ホコリやニオイは、換気を行って取り除きます。車内は思った以上にホコリが溜まっているため、気がつかないうちに多くのホコリを吸い込んでいるかもしれません。

すべての窓やドアを開けて、ホコリを外へと逃がしましょう。ダッシュボード上はホコリ取りを使用し、シートは軽く叩くのが効果的です。

換気をすれば、ニオイの除去もできます。換気で除去できない強いニオイは、車用の消臭剤の使用がおすすめです。タバコを吸っている方やペットを乗せる方は、とくにニオイの除去を重点的に行いましょう。

傷やへこみの修理はしたほうがよい?

傷やへこみがあると、「査定前に修理をすれば、より高値で売却できる」と思うかもしれませんが、修理には出さないほうが無難です。修理に出さないまま査定を受けてマイナスとなる額よりも、傷やへこみの修理にかかった費用のほうが、高く付く恐れがあります。

たとえば、ドアに50mmの擦り傷がある場合、査定時の減額は2万円~3万円です。板金修理でドアの交換となった場合は、10万円ほどの修理費用がかかります。基本的に、修理費用のほうが高くつく傾向にあるため、そのままの状態で査定に出すのがおすすめです。

自分で修理ができそうな傷であっても、自信や経験がない方は、そのままの状態で査定に出しましょう。自分で修理をした結果、余計に傷が目立ってしまい、さらに減額を受ける可能性があります。

洗車や清掃以外にやっておくべき対策

洗車や清掃以外にやっておくべき対策

より高額査定を目指すために、洗車や清掃以外にもできる対策があります。のちの査定額に影響するので、査定までにできることは徹底してやっておいたほうがよいでしょう。

点検記録簿を用意する

査定を受ける前には、車の中に点検記録簿があるか確認し用意しておきましょう。点検記録簿は、今までどのような整備を行ってきたかが記されています。

今までの整備状況を正確に確認できるのが、点検記録簿です。しっかりと整備を行ってきたことの証明にもなるので、車の品質が良いことをアピールできるでしょう。

次の買い手にとっても安心材料となるため、査定額のアップが期待でき、満足度の高い売却に近づけます。

取り外した純正パーツを元に戻す

純正パーツを取り外して社外パーツを装着している場合、再度純正パーツへと戻しておきましょう。

社外パーツは、ユーザーの個性が出やすい部分です。とくにエアロパーツやアルミホイールなどは、人によってデザインの好みが異なります。社外パーツが付いていると、万人受けしにくくなり、買い手も付きにくくなるのが特徴です。その結果、査定額も低くなる傾向にあります。

自分で純正パーツに戻せる場合は、自分で行いましょう。経験や自信がない場合は、自分で行うと失敗する恐れがあるため、純正パーツがある旨を査定士に伝え、査定までにパーツを準備しておきます。

一括査定を利用する

一括査定であれば、高値を付けてくれる買取業者を効率良く見つけられます。全国に数多くの買取業者がありますが、各買取業者の査定額は一緒ではありません。そのため、より高値を目指すには、複数の買取業者に査定をしてもらうことが重要です。しかし、複数の店舗を回ると時間がかかり、大きな手間が発生します。

一括査定を利用すれば、車両情報を登録するだけで、複数の買取業者へ手間なく査定依頼が可能です。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用すれば、全国230の提携業者の中から、居住エリアに合った最大8社へと一括で査定依頼ができます。簡単な車両情報を登録するだけで、手間なく高値を付けてくれる買取業者を見つけられるのが魅力です。

まとめ

まとめ

「洗車をしている」「外観がきれい」などといった査定項目はありませんが、洗車によって車に対する印象が良くなり、査定額アップにつながる可能性は十分にあります。洗車の他にもボンネットの内側や下回りの清掃、車内の清掃などを行って、査定額のアップを目指しましょう。

さらに、一括査定を行って、効率的に高値を付けてくれる買取業者を見つけるのも重要です。効率よく買取業者を見つけたい方は、買取カービューの愛車無料一括査定をぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP