買取ガイド

傷だらけの車でも買取してもらえる?減額される要因や高価買取のコツ

傷だらけの車でも買取してもらえる?減額される要因や高価買取のコツ

「車庫入れで壁に擦ってしまった」「砂利がついたまま洗車してしまった」など、普段の生活の中には、車に傷をつけてしまうリスクが潜んでいます。どんなに気をつけていても、カーライフが長いほど傷がつく可能性も増えていきます。
そんな傷だらけの車を売却したいと思っても、「傷だらけの車だから高く買取してもらえない」と思い込んでいる方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、傷だらけの車が買取査定に与える影響について解説します。より高値で売却するためのコツも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

傷だらけの車も買取してもらえる3つの理由

傷だらけの車も買取してもらえる3つの理由

傷やへこみの度合いにもよりますが、傷だらけの車は買取査定で減額対象になりやすく、買取価格が付かないこともあります。

しかし、買取業者によっては車のパーツや資源に価値を見出したり、海外への販路を持っていたりするため、それなりの価格で買い取ってもらえることもあるのです。その理由を3つに分けて紹介します。

車にはさまざまな価値が残っている

買取査定に影響するような傷だらけの車をはじめ、事故や災害に遭って動かなくなってしまった車でも無価値とは限りません。使えるパーツが残っていれば再販することができ、スクラップにするしかない状態であっても鉄資源としての価値が残っています。そのため、廃車買取専門業者や解体業者に依頼すれば、買値を付けてもらうことが期待できるのです。

修理で再販できる車は値が付く

買取業者側に車の傷やへこみを修復するノウハウが整っていれば、傷だらけの車でも買い取ってもらえる場合があります。エンジンや骨格に問題がなければ、外装を修復して中古車として再販できるためです。

ただ、買取価格は修理費用を差し引いた価格になるため、通常の中古車買取に比べて高値は期待できません。とはいえ、買取拒否や0円買取になることはほぼないでしょう。

海外では日本車への評価が高い

中古車でも、日本車の海外人気はいまだに根強いものがあります。年式が古くて走行距離の多い車でも、丈夫で品質の良い車が多いからです。

海外ではエンジンに問題があったり修復歴があったりなど、安全な走行に悪影響を及ぼす恐れがなければ、傷やへこみが多くてもあまり気にしない傾向にあります。

日本車需要の高い地域に販路を持つ買取業者は、そのような地域で中古車が高く再販できることを知っているため、たとえ傷だらけの車であっても買い取ってくれるのです。

傷だらけの車でも買取に影響しない傷もある?

傷だらけの車でも買取に影響しない傷もある?

傷だらけだからといって、必ずしも減額されるわけではありません。中古車査定には一定の基準があり、傷やへこみの度合いに明確な基準が設けられています。ここでは、中古車査定の基準と、査定に影響しない傷やへこみの基準について解説します。

車買取の基準はJAAIで決まっている

中古車買取に際しては、買取業者によって査定が行われます。この査定は、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が定めている基準を基に、各々の買取業者が設けている査定基準と照らし合わせて行われます。

JAAIのホームページで開示している「査定の流れ」に沿って、買取業者は中古車を1台ずつ実際に確認する「個別査定」を行います。その際、JAAIが定める「加減点基準」と所定様式の「個別査定書(カーチェックシート)」を使うのです。

査定額に影響しない傷

JAAIが定めている査定基準の中では、傷やへこみについても明確に言及されています。それによれば“1cm未満の傷、凹みは無減点とする”と明記されているため、傷やへこみの度合いが1cm未満の軽微なものであれば、査定額に影響しません。

なお、すべての傷が1cm未満の基準を満たしていても、あまりにもたくさんの傷がついている場合は、査定額の減額につながるケースがあります。

傷だらけの車が買取で減額される要因と程度

傷だらけの車が買取で減額される要因と程度

傷だらけの車は、買取査定額にはどのような影響を与えるのでしょうか。ここでは、「再塗装すれば修復できる傷」「板金が必要な傷やへこみ」「修復歴ありの場合」の3つの状態を解説します。傷の具合によって、買取査定額が大幅に変わることがあるため、愛車の状態を当てはめてチェックしてみましょう。

影響「小」:再塗装すれば修復できる傷

再塗装して修復できる傷であれば、それほど大きな減額にはならない傾向にあります。ボディは、「ボディ鋼板」の上に何層もの塗装がされている状態です。再塗装で修復できるのであれば、ボディ鋼板自体には傷が付いていません。塗装のみが剥がれている状態です。

10mmに満たない大きさであれば、ほとんど買取査定額には影響を与えません。100mm程度の傷であると、1万円~2万円の減額となります。300mm以上の傷である場合、3万円~4万円の減額です。

再塗装で修復可能な傷は、減額の影響は比較的小さいといえます。査定に出す際は、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

影響「大」:板金が必要となる傷や凹みがある

板金が必要なほどの傷やへこみがあると、大きな減額となる恐れがあります。板金修理が必要な傷は、ボディ鋼板そのものが傷ついている状態です。そのままにしておくと錆びの原因ともなるため、ボディが劣化する恐れがあります。仮に板金修理が必要となると、買取業者は余計な費用がかかるため、その分買取額から減額されてしまうでしょう。

300mm未満の傷であれば4万円ほど、300mm以上の傷となると7万円ほどの減額になります。ドアやリアゲートなど、パーツの交換が必要になると、さらに大きな減額となるでしょう。

修復歴がある場合は特に注意

修復歴がある場合、事故によって車の骨格部分が損傷していたり、修理や部品交換をしていたりするため、大幅な減額になるのは仕方がありません。

具体的には、「フレーム(サイドメンバー)」「クロスメンバー」「フロア」「ルーフパネル」などに損傷を受けた車を指します。車の内側にある部品の損傷であるため、たとえボディに傷が見えなくても、修復歴があれば減額対象になります。

骨格部分に損傷を受けて修理をしても、完全に元の状態に戻すのは困難です。歪みやズレなどが生じていると、「真っすぐ走らない」「カーブでフラフラする」などの症状が出ることもあり、中古車市場では需要が低くなります。買い手が付きにくいため、買取査定額も大幅に下がるという仕組みです。

傷だらけの車は買取前の修理は不要?

傷だらけの車は買取前の修理は不要?

傷が大きく深いほど減額も大きくなるため、「査定前に自分で修理に出した方が良いのでは」と思う方もいるのではないでしょうか。確かに査定前に修理に出せば、きれいな状態で査定を受けられるため、減額も少なく済むことがあります。しかし、修理費用と査定額とのバランスを考えると、必ずしも査定前に修理に出した方が良いとはいえません。

修理業者に依頼しなくても良い

車の査定を受ける前に修理業者へ依頼するのは、避けた方が良いでしょう。300mm前後の傷を板金修理した場合、4万円~5万円ほどの高額な修理費が必要です。傷をそのままにして査定に出した場合の減額よりも、修理した場合の修理費用の方が高く付き、結果的に損になってしまう場合があります。

修理に出してから査定に出すと見た目はきれいになるため、査定士の印象は良くなるかもしれません。しかし、査定前に修理に出したことを伝えても、それがプラス査定につながることはないので覚えておきましょう。

自力での修理はなるべく避ける

「自分で修理できそう」と思っても、自力で修理をするのは避けましょう。軽微な傷なら「タッチアップペン」や「タッチアップスプレー」などで修理ができますが、修理経験がなかったり、専門知識がなかったりすると、修理に失敗して逆に査定額が下がってしまう可能性もあります。

タッチアップペンやタッチアップスプレーは、気軽に使える修理用具ですが、正しい方法で施工しないと、修理跡が逆に目立ってしまいます。付け過ぎでムラができたり、修理部分だけ盛り上がって段差ができたりするかもしれません。自信がない場合は、修理をせずにそのまま査定に出しましょう。

無償で修理依頼ができるなら頼もう

基本的に、査定前に板金修理を依頼するのは避けた方が良いでしょう。しかし、無償で板金修理を受けられるのであれば、ためらわず依頼をしましょう。

板金修理に費用が発生しないケースは、「もらい事故で自己負担の必要がない」「メーカーの保証範囲内」などです。板金修理に費用がかからず、査定時にも減額されないため、お得な売却につながります。

ただし、車の骨格部分にまで損傷が発生した場合は注意しましょう。骨格部分への損傷が発生すると「修復歴あり」の車と定義されてしまいます。もらい事故で相手の全額負担で修理をしたとしても、査定時には大きな減額を受けてしまう可能性があるのは忘れないようにしましょう。

傷だらけの車でも大丈夫!高価買取を狙うためのポイント

傷だらけの車でも大丈夫!高価買取を狙うためのポイント

傷だらけの車は、傷がついていない車よりも査定時には不利になります。傷が多いと見栄えが悪くなり、次の買い手が見つかりにくくなるためです。より高値を付けてもらうために、対策を立てることが重要となります。傷だらけの車を高く買取してもらうための対策は主に4つです。

洗車や清掃でアピールポイントを伝える

査定を受ける前に洗車や清掃をしておくと、より高額査定が期待できます。車がきれいであると、査定士は車に対して良い印象を抱いてくれるのがポイントです。

大切に乗ってきた車であるという印象から、「メンテナンスもしっかりと行ってきただろう」と思ってくれるかもしれません。その結果、車の品質についても安心感を持つようになり、プラス査定になりやすいでしょう。

車内のシートやフロアマットは、結構汚れているので念入りに掃除しましょう。忘れがちなのが、車内のにおいです。特にペットを車内に乗せたり、たばこを吸ったりしていた場合は、車用の消臭剤を使ってにおいを除去しておきましょう。

修復歴は隠さず正直に伝える

修復歴がある場合は、査定時に正直に申告しましょう。修復歴があると大幅な減額にはなりますが、正直に申告しておくことでトラブルになるのを未然に防げます。

また修復歴があるのに査定時に申告をしなかった場合、ユーザーは「瑕疵担保責任」を問われるのを忘れてはいけません。瑕疵担保責任とは、買取後に売主から申告のない部分で不具合が発生した場合、修理費などの損害賠償請求を売主に対して行えることを指します。

特に、次の買い手が見つかっている状態で修復歴が発見された場合、エンドユーザーを巻き込んだ大きなトラブルへと発展するので注意しましょう。

売却は時期やタイミングも重要

タイミングを考慮し売却をすれば、より高値が期待できます。車の査定額は、年間を通じて同じではありません。特に、買取業者の決算期前のタイミングである1月~2月、7月~8月は高値がつきやすい時期です。

決算期になると、1台でも多く車を売って売上を増やそうと「決算セール」が行われます。決算セールで安くなる時期を狙って購入するユーザーが多いためです。

一気に高まる需要に対応するため、買取業者は決算期前に多くの車の買取をします。普段より割高な買取額でも買取ってくれるようになり、高値がつきやすくなります。1円でも高く売却したいなら、このタイミングを狙って売却するのがおすすめです。

複数の業者に査定依頼をする

1社だけでなく、複数の買取業者に査定をしてもらうと、より高額査定が期待できます。日本全国には数多くの買取業者がありますが、査定する項目は、基本的にどの買取業者でも同じです。しかし算出される査定額は、買取業者で大きく異なる場合があります。

複数の買取業者から査定を受けると、比較しながら検討でき、最も高値をつけてくれる買取業者が見つかります。他の買取業者でもらった査定を利用すれば、価格競争が起こり、さらに高値を付けてくれるかもしれません。

傷だらけの車は本当に買取で良い?売却方法を比較しよう

傷だらけの車は本当に買取で良い?売却方法を比較しよう

買取をしてくれる買取業者は、中古車買取業者だけではありません。主な買取業者として、「中古車買取業者」と「廃車専門買取業者」が挙げられます。また、「一括査定を利用する」という選択肢もあります。

同じ買取業者でも、特徴が大きく異なります。それぞれの特徴を把握して、どの買取業者が最もお得になるのかを見極めることが大切です。では、各買取業者の特徴を詳しく見ていきましょう。

不動車は廃車専門買取業者へ

廃車専門買取業者は、その名の通り廃車を専門に扱う買取業者です。廃車専門買取業者は、車そのものの価値を求めている買取業者ではありません。買取した車を「ホイール」「ラジエーター」「オルタネーター」などのパーツに分解し、再利用するために買取を行っています。

廃車以外にも、中古車買取業者では査定額が極端に低い、「傷の状態が深刻な車」「修復歴ありの車」なども買取してくれます。もし中古車買取業者で値段が付かなかった場合、廃車専門買取業者に査定の依頼をしてみましょう。

傷だらけの車は中古車買取業者へ

一般的に「買取業者」と呼ばれるのが、「中古車買取業者」です。買取業者はユーザーから車を買取し、「オークション」「自社販売」「海外輸出」など、さまざまな流通経路で販売を行っています。

傷はあるものの、廃車専門買取業者を利用するほど状態が悪くないなら、中古車買取業者での売却を検討しましょう。

買取業務がメインであるため、中古車市場や査定を熟知した査定士が常駐しており、中古車市場を最大限に反映して価格をつけてくれるのが魅力です。さらに、自社修理工場を備えているところもあり、ディーラーの下取りよりも高く査定してくれる傾向にあります。

高く売りたいなら一括査定サービスがおすすめ

一括査定は、多くの買取業者に一括で査定依頼ができ、複数の買取業者に査定してもらえる効率的な方法です。より高値をつけてくれる買取業者を見つけるためには、多くの店舗を回る必要があります。時間や手間がかかり、多忙であるとなかなか売却できないかもしれません。

一括査定なら、車の情報を一度登録するだけで、複数の買取業者へ査定依頼ができます。高値を付けてくれる買取業者が簡単に見つかり、手間がかからないのが魅力です。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、全国300社以上もの買取業者と提携をしており、お住まいのエリア内にある最大8社の業者へ一括で査定依頼ができます。

車両情報の登録も45秒でできる簡単さです。高値を付けてくれる買取業者を手間なく見つけられるとして多くのお客様にご利用いただいております。高値での売却がご希望なら買取カービューの愛車無料一括査定サービスのご利用をおすすめします。

傷だらけの車も買取カービュー愛車無料一括査定サービスにお任せ!

買取カービューのサービスが開始されたのは2000年5月、これまでに450万人を超える利用実績を誇ります。

一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)の加盟事業者として、協会が掲げている「自動車買取業界の健全化」に則り、安心・安全なサービスの提供に尽力している点も魅力です。

買取カービューでは「事故車一括査定サービス」も提供しており、状態に不安がある車でも高価買取に期待できます。この機会に無料見積もりサービスを活用してみませんか。

まとめ

まとめ

傷だらけの車の場合、傷の度合いが査定額に影響をおよぼします。微細な傷であれば、あまり査定額には影響を与えませんが、大きな傷であれば大幅な減額となるかもしれません。「車をきれいにする」「1月~2月や7月~8月に売る」「複数の買取業者に査定依頼をする」などの対策を行い、より高値をつけてもらえるようにしましょう。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用すれば、居住エリアに合った最大8社へ査定依頼が送れます。手間なく高額査定してくれる買取業者が見つかり、お得で満足のいく売却が可能です。愛車の売却には、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP