買取ガイド

走行距離10万キロ超えの車は中古車買取できる?査定額アップのポイントも紹介

走行距離10万キロ超えの車は中古車買取できる?査定額アップのポイントも紹介

走行距離が10万kmを超えている車は買取してもらうことが難しく、価格がつかないのかと心配されている方も多いかもしれません。確かに少し前まではそのような認識がなされていましたが、最近は違います。
この記事では、実際のところ走行距離が10万kmを超えていても中古車買取で買い取ってもらえるのか、高値で買い取ってもらうためのおすすめの方法はあるのかについて解説します。これから車の売却を検討している方は、ぜひご参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

走行距離10万km超えの車は買取ってもらえる?

走行距離10万km超えの車は買取ってもらえる?

走行距離が10万kmを超えた車両は買取してもらえず、本当に価値がないのでしょうか。価値があるのだとすれば、どのような条件を満たしていれば10万kmを超えた車両でも買取してもらえるのでしょうか。ここでは、10万kmを超えている車であっても買取してもらえる現状やその理由、どんな車が買い取ってもらいやすいかについてご紹介します。

10万km超えでも車としての価値はある!

現在製造技術が大きく進歩し、車両性能自体がかなり進化しています。仮に10万kmを超えた走行距離の車両でも、致命的な不具合がなければ走行性能は十分にあると判断され、ほとんどの場合は買取してもらえます。

しかし従来の中古車業界では、10万kmを超えたら売り物にならず、廃車にしてしまうのが一般的でした。とくに家庭向けのファミリーカーでは10万km以上走行したものは、その性能が著しく低下してしまうと考えられてもいたのです。

走行距離が10万kmを超えた車両は、それだけで車両としての価値がなくなるというのは過去の話です。たとえ10万kmを超えた車両でも、現代の高い技術革新による性能面を考慮して査定してもらえるでしょう。

走行距離が長くても海外での需要は高い

かつて中古車業界で人気があったのは、工事用作業車両などの頑丈な構造をしている車両でした。しかし、最近ではファミリーカーでも、海外に販路がある買取業者では人気があります。

「ジャパンブランド」として日本車の性能の高さは世界的に認められていることに加えて、外国では車両の走行距離に重点を置いていません。たしかに長く乗り続けた車両ほど、部品や性能は劣っていると認識されるのですが、日本ほど走行距離を重要視することはありません。

自国産の新車を売却して、日本産の中古車を購入するケースも見られるほど、日本車は外国では人気があるのです。

また、故障した際に修理部品の入手しやすいことも理由のひとつとなっています。日本車は市場に出回っている車両台数が多いので廃車処分されることも多く、修理部品の入手が簡単出あることも人気に拍車をかけています。

人気車種は買い取ってもらいやすい

走行距離が10万kmを超えている車であったとしても、最近の中古車業界では積極的に買取査定をしています。高級車やスポーツカーといった人気車種や、生産台数が限定されているような人気モデルは、特に買い取ってもらいやすくなるでしょう。

人気車種や人気モデルの車なら、たとえ走行距離が長くても買取してもらえる可能性が高くなります。走行用ではなくコレクション用や展示用として手に入れたいと考える買い手が存在しているからです。

この場合は走行距離が長いからといって買取査定を拒否されるケースは非常に稀だといえます。事前に想定していた金額よりも高値で買い取ってもらえることも十分に考えられるのです。

10万kmを超えた車を買取ってもらう際の注意点

10万kmを超えた車両を買取ってもらう際には、押さえておきたいポイントがあります。それは、従来と比べ買い取ってもらえないということはなくても、査定額が下がる可能性は否めないという点です。

中古車買取された車両は、まず整備工場にて整備された後で販売に回されます。走行距離が長いほどさまざまなパーツの交換や修理が必要となる可能性が高く、整備費用が高額になることが想定されます。

買取査定の際には、この整備費用を考慮した値段で査定されるので、走行距離が長いほどどうしても査定額は低くなってしまうのです。買い取ってもらえないということは少ないものの、価値はあまりつかないということを念頭に置いて査定を行いましょう。

買取不可といわれたら?

買取査定はできたものの、査定の結果「値段がつかない」「買取できない」といわれてしまった場合、次に検討すべき手段のひとつとしては、廃車買取専門業者を利用する方法があります。

廃車買取専門業者は、中古車買取査定で買取不可となった車両を買い取ってくれる業者です。車種によっては、中古車の買取査定で値段がつかなかった車両でも、数十万円の値段がつくケースも見受けられるようです。

さらに、廃車買取専門業者では「引き取り無料」や「廃車手続き費用無料」などをサービスしてくれるところも多いようです。買取不可といわれて廃車をするには費用がかかるため、このような業者で買取してもらえると次に買い換える車両の購入費用として補填できるでしょう。

走行距離以外に車の価値に影響するポイント

走行距離以外に車の価値に影響するポイント

走行距離は査定において非常に重要なチェックポイントですが、走行距離以外にどのようなところがチェックされるのでしょうか。ここでは、査定金額を大きく左右する「車の価値」を決めるうえでのチェックポイントや、プラス査定になる条件などについて解説します。

車を査定に出す前にそれぞれ入念に確認しておきましょう。

年式

走行距離と同様に、年式は大きな基準として捉えられています。走行距離が10万kmを超えていたとしても年式が新しければ査定額は下がりにくくなるケースもあるのです。

走行距離がマイナスポイントとして査定額を低く見積もられてしまった場合、年式が新しいことを主張すればプラスポイントと判断され、査定額が上がるかもしれません。逆に、年式が古い車両でも走行距離が短いことで査定額が上昇するケースもあります。年式と走行距離は車両の経年劣化を見極める重要な基準となるのです。

外装や内装の状態

車両の外装や内装の状態の良し悪しもまた、査定する際にチェックされる重要なポイントになります。外装に関しては、特に白や黒などの人気カラーの査定額が高くなることが多いようです。他にも事故などによる修復歴やキズ、凹みといった箇所が少なく、きれいな状態であるほど高く買い取ってもらえる傾向にあります。

内装に関しては、シート・フロアマットの汚れやスレ具合、タバコの焦げ跡、キズ、色あせ、においなどといった項目がチェックされます。こちらも汚れなどが少なくきれいな状態であるほど、査定金額は高くなる傾向にあります。

タイヤの状態

タイヤの状態も査定金額を決定する大きなポイントです。タイヤは消耗品ですので、査定時点でどれほどタイヤがすり減っているのかチェックされます。タイヤの溝の深さが1.6mm未満になると「スリップサイン」が現れます。このスリップサインが見られるタイヤではタイヤ交換が必要となり追加費用がかかるため、査定においてマイナスになります。

また側面のひび割れも、消耗による劣化を示すサインです。査定前には溝のすり減り具合や側面のひび割れなどを事前に確認しておくようにしましょう。

車検の残存期間

買取の際には、車検の残り期間がどれくらいあるのかも査定に影響します。車検期間が多く残っていればいるほどプラス査定されることが多いでしょう。特に車検の残り期間が1年以上ある場合、大きなプラス査定になるケースが見られます。

逆に、車検期間が最低でも3か月程度ないと、査定ではプラス要素になりませんので注意しましょう。車検の残り期間は4か月以上、できれば1年以上の余裕を持たせて高めに買い取ってもらうことを狙うのが、高値で買い取ってもらうための手段です。

なお、車検切れ間近の車を査定前に急いで車検に出しても、車検にかかる費用を考えた場合あまりメリットは大きくなりません。

純正オプションの有無

車両を購入した際に純正オプションを追加している場合、査定においてプラスに働くことが多くあります。製造時点で設置されたメーカーの純正オプション、特にサンルーフや安全機能といった純正オプションは非常に需要が高い傾向にあります。もちろんカーオーディオといったディーラーオプションでも査定時に有利になることもあります。

一方、購入後に社外品に付け替えた場合は、査定までに純正品に戻しておくか、現物を提出してアピールポイントとしてみてください。純正のようなインパクトはありませんが、査定において印象を高めることができるでしょう。

10万km超えの車を高値で買取ってもらう方法

10万km超えの車を高値で買取ってもらう方法

買取に出すからには、少しでも高額で買い取って欲しいものです。ここでは、10km超えの車両を高額で買取してもらうための方法についてご紹介します。先ほどご紹介した走行距離以外のチェックポイントとあわせて、ぜひ意識しておきましょう。

下取りではなく買取業者に売る

新しく車を買い換える際に、買取ではなく下取りに出そうと考えている方もいるでしょう。どちらも古い車両を扱うことは同じですが、違いを理解しておく必要があります。

下取りでは、依頼した業者で別の車を購入することを前提としており、新しい車の購入費用に下取り価格を充てるといった形式です。ただ単に現金が欲しいという場合は、下取りではなく買取を選ぶべきであるといえます。

また、下取り価格は買取と比べると低くなる傾向にあります。下取りの場合は車の年式やメーカーなどの制限が買取に比べて多いため、査定額は必然的に下がってしまいます。下取りのメリットとしては、買取よりも手続きの手間が少ないといった程度です。特別な事情がないのなら、下取りよりも買取に出す方がいいでしょう。

一括査定サービスに申し込む

買取に出すことを選んだ場合、一括査定サービスを利用することをおすすめします。一括査定サービスでは各店舗にそれぞれ足を運ぶことなく、複数の業者を比較しながら査定を受けることができるからです。

比較対象の中には、思いの他高額な査定額を提示してくれる業者があることも少なくありません。その中で、最も高額な査定額を提示してくれた業者を選ぶことができます。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスでは、一度のお申し込みで最大8社へ査定依頼することが可能です。対象となる提携査定業者数は、実に230社です。メディアでも有名な大手買取店から販売会社、買取専門店と幅広い業者へ査定依頼をすることができます。

もちろんサービスはすべて無料です。10万km超えの車を売るなら、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをぜひご利用ください。

まとめ

まとめ

走行距離が長く10万kmを超えていたとしても、中古車買取を諦める必要はありません。今回ご紹介したポイントを参考にしながら、複数の買取業者に依頼してみてください。

買取カービューは利用総数450万以上と業界トップクラスの実績で、安心の査定サービスを提供しております。パソコンやスマホ、タブレットからでも約45秒の簡単入力で査定のお申し込みが完了します。一度のお申し込みで最大8社まで査定依頼をすることができ、最高査定額を提示した業者を選んで買取に出すことが可能です。

過走行車の買取を検討中の方は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP