現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 中古の低年式車は買取してもらえる?その理由と条件を解説

買取ガイド

中古の低年式車は買取してもらえる?その理由と条件を解説

中古の低年式車は買取してもらえる?その理由と条件を解説

製造から年数が長く経過している車は「低年式車」と呼ばれますが、具体的に何年経過しているのが低年式車と呼ばれるのかは買取業者によって異なります。
低年式車は中古買取されにくいと認識されている方も多いかもしれません。しかし、実は低年式車であっても条件次第では買取してくれる可能性があるのです。
この記事では低年式車でも買い取ってもらえる理由や、より高額で買い取ってもらうためのポイントなどについて解説します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

低年式車を買取ってくれるのはなぜ?

低年式車を買取ってくれるのはなぜ?

現状として、低年式の車であっても買取してもらえる可能性は大いにあります。では、なぜ低年式車でも買取してもらえるのでしょうか。ここでは、低年式車が買取される理由についていくつかご紹介します。

査定額がほとんどつかないと思っていても意外な高値になる場合があります。これからご自身の車を売却しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外で需要がある

低年式の車両は日本では不人気ですが、海外での需要が高く、買い取った後に海外へ輸出して販売することができます。日本車に対する海外の評価は非常に高く、低年式であっても高値での売買が成立することもありえます。

日本車が人気なのは、性能や品質が高いからという理由だけではありません。海外では日本ほど年式を重要視していないことが背景にあります。海外では「走ってくれる車なら、古い車種でも問題ない」と考えている人が多いのです。そのため、低年式車であってもある程度の買い手は見込め、場合によっては高値で買い取ってもらえることが考えられます。

海外への輸出を取り扱っている買取業者なら、低年式の車両であっても十分に買い取ってくれる可能性があります。

自動車リサイクル法が適用される

低年式の車を買取してくれる理由のひとつに、「自動車リサイクル法」というものがあります。リサイクル券は、車両購入時などに前払いによってリサイクル料を先に納めておくことで発券してもらえます。リサイクル券があるということは、リサイクル料をすでに支払っていることになるため、費用をかけずに廃車として処分できます。

後述しますが、車両は分解することでパーツとしての価値が生まれる可能性があります。低年式の車両であっても買取後に分解してパーツを入手することを目的に、積極的に買取を行う業者が多くあります。パーツを入手した後はリサイクル券を利用して費用をかけずに廃車処分できるため、買取業者にとって損はありません。

パーツとしての価値がある

低年式の車両は見た目では古く、劣化が目立つように感じるかもしれません。しかし車全体のすべてのパーツが故障しているわけではないのです。車としての価値がなくてもパーツに分解することで、使えるところはどんどん売りに出すことができます。

このことを見越して、低年式の車両を買い取ってもらう際には、パーツとして買い取ってもらうことも念頭に置いておきましょう。低年式の車両には、なかなか手に入らない珍しい部品が残っているケースも見受けられます。買取業者によっては、予想外の高値で買取ってもらえることもあります。

また、先述したリサイクル券もそろっていると業者からも好印象を持たれ、買い取ってもらえる可能性はさらに高くなるでしょう。

希少車としての人気がある

低年式の車両は生産が終了していることが多く、モデルによっては珍しい希少車として人気があるものもあります。すべての低年式の車両が希少車として扱われるわけではありませんが、マニアの間で人気なのはスポーツカーやビンテージカー、人気モデル、台数限定モデル、手に入りにくいパーツを含む車種などが挙げられます。

希少性が高ければ高いほど高値で取引されます。たとえ故障によって自走できなくてもそれほど問題はありません。マニアの間で人気の車両は、鑑賞用や展示用、コレクション用として需要があることが多いからです。低年式であってもレアなビンテージとしての価値があれば、自走できなくても買い取ってもらえるでしょう。

低年式車を高く買取ってもらえる条件は?

低年式車を高く買取ってもらえる条件は?

低年式車の査定額は都合上どうしても安くなってしまう傾向にありますが、条件や工夫次第で高額で買い取ってくれる可能性があります。どのような低年式車が高額で買い取ってもらえるのでしょうか。

さきほどご紹介した内容もふまえて、いくつかご紹介します。少しでも車を売却したいと考えの方は、必ずチェックしておきましょう。

人気が高い車種

数多く市場に出回っている車の中でも、やはり人気の車種の需要は非常に高いです。年式や走行距離が同じであっても、人気車種の方がより高額な査定額になるケースも珍しくありません。人気の車種は中古車市場でも価値が下がりにくいため、10年落ちの年式でも高値で買い取ってくれるでしょう。

また人気車種だという理由だけではなく、車体カラーも査定の際は重要なポイントとなります。白や黒といった定番カラーのものやその車種に合ったカラーの車は、高い需要が見込めるため査定額が高くなる傾向にあります。

フルモデルチェンジ前の車種

車がモデルチェンジする際には、「フルモデルチェンジ」と「マイナーチェンジ」の2通りがあります。メーカーや車種によっては多少前後しますが、およそ2〜6年の周期でモデルチェンジを行うのが一般的です。

特にフルモデルチェンジの場合、新型モデルに乗りたいというドライバーが増えることから、旧モデルが売れにくくなってしまいます。フルモデルチェンジを控えているなら、それが行われるより前、旧モデルの価値が下がってしまう前に買取査定してもらった方がより高額になるでしょう。

走行距離が短い車

低年式の車両であっても、走行距離が短ければ査定する際にプラスに働くことが多いでしょう。低年式が避けられる理由のひとつに、部品やパーツの劣化が挙げられます。低年式であればあるほど走行距離が長くなるのが一般的であるため、購入後に消耗部品を交換する必要があることが懸念されて、低年式の車は価値を低く見積もられます。

しかし8~10万kmを超えていない低走行車なら、低年式というデメリットをカバーできるので、査定額が高額になる可能性があります。

メンテナンスが徹底されている車

低年式であっても定期的なメンテナンスがしっかりと行われているような車両は、高額な査定額を提示してくれる可能性が高くなります。車両を査定する際にはたとえ修復歴がなかったとしても、低年式の車両は故障するリスクが高いと判断されるのです。

定期的なメンテナンスを怠らず徹底的に手入れが行き届いている車両であれば、故障のリスクは最小限である判断されプラス査定につながります。今後買取査定してもらうことを頭に入れている方なら、日ごろのメンテナンスが非常に重要となります。

低年式車を買取査定に出す際の注意点

低年式車を買取査定に出す際の注意点

高額査定の可能性を少なからず見込める低年式車ですが、買取査定に出す際にはどのような点に注意すればいいのでしょうか。何も準備せずに査定依頼を出してしまうと満足な査定額が出ないだけでなく、売却手続きもスムーズに進みません。

ここで紹介する点に気をつけて買取査定に出せば、お得でスムーズに買取してもらえるでしょう。

税金の還付を忘れない

買取のタイミングで、自動車税の還付金を受け取れる可能性があります。一見、高額な査定額のように思えても、見積金額の中に還付金が含まれているかもしれません。

基本的に税金は買取業車ではなく売り手がもらうものですので、還付金を除いた査定額を提示してもらうようにしましょう。査定額に還付金が計上されていないか業者に確認するか、あらかじめ別で計算してチェックしておくことをおすすめします。

低年式車に強い業者に依頼する

買取業車には多種多様な種類があり、それぞれの業者で得意・不得意は異なってきます。低年式の車を売りたいのなら、低年式の車に強い業者に依頼するのが好ましいでしょう。低年式の車の取り扱いに長けている業者であれば、しっかりとした査定によって値段をつけてもらえます。

また低年式に強い業者が見つからない場合は、海外輸出を取り扱っている業者に依頼するといいでしょう。販路が複数ある業者の場合、断られる確率はかなり低くなります。

値段がつかなくても諦めない

あらゆる業者に依頼したものの、それでも値段がつけられないと判断された車両も中にはあるでしょう。そのような場合でもまだ諦めるのは早いといえます。

車両自体に価値がなくても、解体業者に依頼すれば鉄クズとして買い取ってもらえるケースがあります。廃車専門業者や鉄クズの買取を行っている業者であれば、車両自体の状態に関係なく鉄として買い取ってもらえます。数万円ほどの値段になることも見受けられます。

買取査定で価値がないと判断されても鉄としての価値はありますので、諦めてすぐに処分せずに解体業者に依頼してみるのもおすすめです。

車をきれいにしておく

メンテナンスが行き届いていることと同じように、外装や内装がきれいな状態の車両は査定において良い印象を与えることができます。少しでも査定額を高くしてもらうためにも、査定の前は車両内をしっかりと掃除しておくといいでしょう。

故障箇所を修理するといった大掛かりなことをする必要はなく、洗車や車内掃除だけでも丁寧に扱っていることが伝わって査定士に良い印象を与えることができるでしょう。買取してもらう際には車内の私物はすべて整理しないといけませんので、そのタイミングに合わせて掃除もしておけば査定額アップにつながるでしょう。

低年式車の高価買取を狙うなら一括査定サービスがおすすめ!

低年式であってもせっかく買取に出すのであれば、できるだけ高く売りたいものです。低年式の車を高く買い取ってもらいたいのなら、一括査定サービスを利用することをおすすめします。

一括査定サービスでは複数の業者に一括で査定の申し込みをすることができるため、査定結果を吟味してより高い金額で買取してくれる業者を選ぶことができます。多くの業者に見てもらえれば、高値をつけてくれる業者が見つかる確率は上がります。

carview!中古車一括査定サービスでは、インターネットによる一度のお申し込みで最大10社に査定依頼することができます。低年式が得意な業者や外車に強い業者など、300社以上の買取業者と提携しています。それぞれ比較して、査定額に差が出ることをぜひ体感してみてください。

まとめ

まとめ

低年式の車であっても、さまざまなジャンルの業者で需要があります。買取を諦めて処分する前に、一度買取査定に出してみることをおすすめします。

carview!中古車一括査定サービスを利用すれば、わずか約45秒の入力で最大10社に一気に査定を依頼することができます。テレビCMなどでおなじみの大手買取業社から買取専門店、販売会社まであらゆるジャンルの業者と提携しています。

申し込みの際に入力する内容は、「メーカー・モデル・年式・走行距離」の4つと個人情報のみです。もちろんパソコン・スマートフォンの両方からご利用いただけます。

低年式車の高価買取を実現するなら、carview!中古車一括査定サービスをぜひご活用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ