現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 高額買取されるマツダ中古車「ロードスター/RX-8/CXシリーズ」を徹底検証!

買取ガイド

高額買取されるマツダ中古車「ロードスター/RX-8/CXシリーズ」を徹底検証!

高額買取されるマツダ中古車「ロードスター/RX-8/CXシリーズ」を徹底検証!

マツダは国内外問わず安定した人気を誇る自動車メーカーです。スポーツカーの代表格であるロードスターや、販売終了後も根強いファンを持つRX-8、現行モデルにも定評のあるCXシリーズなど、他社にはない魅力ある車が多くあります。
そのようなマツダ車の中古車市場の価値について気になっている方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、車種ごとの概要や傾向などを含めてマツダ車の中古車市場についてご紹介します。マツダ車は中古車市場でも高額買取されているため、傾向を理解することでより高値を目指せるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

マツダの中古車が高額買取される理由とは

マツダの中古車が高額買取される理由とは

車を手放そうと思ったときに愛車が一体いくらで買取されるのか、気になる方もいるのではないでしょうか。マツダの中古車は、中古車市場において高額買取される場合が多いといわれています。マツダ車自体の人気の高さだけではなく、海外での需要やマツダ車愛好家が多いことなどが理由です。以下で詳しくご説明します。

中古車市場でマツダ車は人気の的

中古車市場において、数ある自動車メーカーのなかでもとくに高い人気を誇るのがマツダ車です。理由としては、他メーカーの同等車種と比較した際に、購入しやすい価格であること、価格に対して機能や装備が充実していることなどが挙げられます。

とくに中古車市場ではRX-8やロードスターなどが人気です。それ以外の車種でも、きびきびとした動きと小回りのよさ、高いデザイン性などが人気の理由といえます。

海外での需要が高い

機能性や安全性、デザイン性などからマツダ車は人気が高く、日本ではごく一般的な車が高級車の位置づけになる場合もあるほどです。そのようなマツダ車の海外需要にともない、中古車市場でも高値を維持しています。

マツダ愛に支えられる中古車市場

「マツダ愛」という言葉をご存知でしょうか。マツダ愛を貫くユーザーは、マツダ車からマツダ車へと乗り換えるのが一般的です。マツダは固定の根強いファンを持つ自動車メーカーともいえます。

自分が乗らなくなったマツダ車でも、常に欲しがっている人がいるということです。車種の人気によって中古車の買取価格も上下しますが、マツダ車の場合は中古車市場において安定した人気を保っています。そのため比較的相場が安定しているのが特徴です。

マツダ中古車の買取人気は主に4タイプ

マツダ中古車の買取市場でとくに人気が高い4タイプを紹介します。ひとつ目は、純粋に走りを楽しみたい方や車好きな方にぴったりなスポーツタイプです。マツダのロードスターやRX-8などがこれにあたります。スタイリッシュなデザインと美しい走りで多くのファンに愛され続ける名車です。

SUVタイプは趣味でスポーツやレジャーを楽しむ方に人気があります。CX-8、CX-5、CX-30、CX-3などがあり、居住空間や荷室も広いのでドライブ好きな方にもおすすめです。

ファミリータイプは子育て世代に人気があります。マツダの現行車種ではCX-8などがありますが、販売を終了したプレマシーやビアンテなどのミニバンも中古車市場においては人気です。

独身の方や街乗りが多い方に人気のコンパクトタイプではMAZDA2があります。MAZDA2に車名が変わる前のデミオも中古車市場に多く出回っており、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

マツダ中古車の高額買取ブランド①「ロードスター」

マツダ中古車の高額買取ブランド①「ロードスター」

ロードスターはマツダ車のなかでも特に人気があります。国内だけではなく海外にも根強いファンを持つ、スポーツカーの代名詞的な存在です。中古車市場でも人気が高く、高額買取されやすいブランドといえます。ロードスターの概要と買取相場の特徴や傾向をご紹介するので、ぜひご覧ください。

マツダ「ロードスター」概要

1989年の初代ロードスターの発売以来、高い人気を誇っているロードスターは「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネス世界記録にも認定されました。外国市場でも高い人気を誇っています。

中古車市場では初代から現行モデルまで数多くの車が買取、販売されています。初代ロードスターは当初、1.6L直径4気筒DOHCのエンジン搭載MT車でした。その後AT車が追加、さらにエンジンが1.8Lにマイナーチェンジされました。30年以上たった今も古さを感じさせないデザインが魅力です。

さらに初代をフルモデルチェンジする形で登場した2代目ロードスター、新世代の2Lエンジンを搭載した3代目ロードスターと、どの車種にもそれぞれの魅力があります。

中古「ロードスター」買取相場の特徴や傾向

ロードスターは中古市場でも安定した買取価格を維持しています。2020年2月現在のロードスターの買取相場は、平均使用年数12年、平均走行距離7万1km~7万5,000kmで査定価格75.5万円です。ただし、中古車の買取価格については年式や走行距離、グレードで異なります。

carview!車買取独自の調査に基づくロードスターの年式・グレード・走行距離別の買取価格相場(2020年2月25日現在)は、NR-A(2WD/2015年10月~)の場合、走行距離5万kmで142万円、10万kmで107万円です。

RS(2WD/2015年10月~)の場合、5万kmで164万円、10万kmで123万円、S(2WD /2015年5月~)の場合、5万kmで130万円、10万kmで98万円となっています。

参考:『carview!車買取 マツダ ロードスターの買取価格・査定相場』

マツダ中古車の高額買取ブランド②「RX-8」

マツダ中古車の高額買取ブランド②「RX-8」

マツダRX-8はロータリーエンジン搭載のスポーツカーです。2003年~2012年に生産されていました。走りを愛するユーザーたちからの支持が厚く、中古車市場においてはMT車の人気が高いのもRX-8の特徴といえるでしょう。RX-8の概要と、買取相場の特徴や傾向についてご紹介します。

マツダ「RX-8」概要

RX-7の生産終了にともない登場したRX-8は、2003年~2012年に渡って生産されたロータリーエンジン搭載のスポーツカーです。センターピラーのない観音開きの4ドアクーペで、ファミリーでも使える4人乗りのFRスポーツカーという新ジャンルを開拓しました。

エンジンは自然吸気ロータリーのRENESIS(レネシス)で、燃費・排ガス対策のためにサイド排気ポートを採用しています。

当初は人気を誇ったRX-8ですが、スポーツカー需要の減退やロータリーエンジン特有の燃費性能の低さから、徐々に販売台数が伸び悩み一代で終了することになります。しかしスポーツカー特有のデザイン性や、走行性能の高さを好むユーザーからはいまだに高い人気を得ているのも事実です。

中古「RX-8」買取相場の特徴や傾向

2020年2月現在のRX-8買取相場は、平均使用年数13年、平均走行距離8万5,001km~9万kmで50.3万円です。

実際にcarview!車買取を利用した方の情報では、2005年式の走行距離8万5,001km~9万kmのグレードSで40万円(2017年5月査定)の査定額がついています。査定時の最高額と最低額の差は5万円で、複数社へ査定を依頼することが重要であることが分かるでしょう。

参考:『carview!車買取 マツダ RX-8の買取価格・査定相場』

マツダ中古車「スポーツタイプ」の高額査定ポイントについて

買取の際には、
・傷やへこみ
・内装の傷み
・装備品が純正部品であるかないか
・事故歴や修復歴の有無
などを確認し、問題があった場合は減点ポイントとなります。スポーツタイプの場合は比較的どのようなカラーでも人気があるので、カラーによる価格差は少ないといえるでしょう。

高額査定のポイントとしてはロードスターの場合はRHT(電動開閉式ハードトップ)モデルや、期間限定モデルであれば高額買取されるでしょう。その他オプションやチューニングによっても査定ポイントが高くなります。RX-8の場合は、走りを求める人が多くMT車も人気です。特別仕様車なども出回っている台数が少ないため、高額買取の期待ができます。

マツダ中古車の高額買取ブランド③「CX-3」

マツダ中古車の高額買取ブランド③「CX-3」

2015年に発売されたCX-3は、街乗りにジャストなサイズ感と上質な室内空間で、幅広い年代に愛されています。ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのモデルがあり、ガソリンエンジンの燃費性能の高さも魅力です。発売から年数が経っていないこともあり、中古車市場でも高額買取されることが多い車種となっています。

マツダ「CX-3」概要

マツダのSUV、CXシリーズのなかでももっともコンパクトなサイズのモデルがCX-3です。「次の時代のスタンダードを創造する」をコンセプトに2015年2月から発売されています。マイナーチェンジを重ねることにより安全技術が進化し、サポカーS・ワイドにも該当しているのが特徴です。

CX-3は車高が1,550mmであり、立体駐車場にも不自由なく入れるようになっています。SUVでありながらも、普段使いにも乗りやすい車といえるでしょう。新型CX-3のガソリンエンジンは燃費性能が高く、マツダのコンセプト「人馬一体」を体現したような力強いエンジンも特徴です。

老若男女問わず乗りやすいサイズ感と安全性から、中古車市場においても人気の車種となっています。

マツダ「CX-3」買取相場の特徴や傾向

2020年2月現在のマツダ CX-3買取相場は、平均使用年数3年、平均走行距離4万1km~4万5,000kmで147.6,万円です。中古CX-3の買取価格は年式や走行距離、グレードによっても変わってきますが、比較的年式が新しいものが多いため高額で買取される可能性が高いといえます。

たとえば、XD(2WD/2015年2月~2018年5月)の場合、走行距離5万kmで113万円、10万kmで82万円です。XD(4WD/2015年2月~2018年5月)の場合、5万kmで125万円、10万kmで93万円となっています。いずれも2020年2月25日現在の情報です。

参考:『carview!車買取 マツダ RX-3の買取価格・査定相場』

マツダ中古車の高額買取ブランド④「CX-5」

マツダ中古車の高額買取ブランド④「CX-5」

SUVもなかでもトップクラスの人気を誇るマツダのCX-5ですが、中古車市場でも人気の車種となっています。スタイリッシュなデザインとパワフルな走行、高い安全性が選ばれるポイントといえるでしょう。

初代モデルが発売されたのが2012年ですが、新しい年式のCX-5以外でも走行距離や状態によっては高額買取されています。CX-5の概要と買取相場の特徴をまとめました。

マツダ「CX-5」概要

CX-5は2012年の発売当初から人気が高く、2017年のフルモデルチェンジ後も人気は衰えることを知りません。

人気の理由は多岐にわたりますが、無駄な装飾を省いた洗練されたスタイリッシュなデザインが特徴です。SKYACTIV TECHNOLOGY全車標準装備によるパワフルで安定した走行、進化した衝突回避システムによる高い安全性などもCX-5が選ばれる主な理由といえるでしょう。海や山などへ出かけるアウトドア派のユーザーからも高い評価を得ています。

発売されて年数が経っていないことから、中古車市場でも高値で買取されることが期待できるでしょう。中古車市場での需要も高いため、買取店も競合して高額査定を行うとみられます。

マツダ「CX-5」買取相場の特徴や傾向

2020年2月現在のマツダ CX-5買取相場は、平均使用年数4年、平均走行距離5万5,001~6万kmで136.2万円です。中古CX-5の買取価格は年式や走行距離、グレードによっても変わってきますが、とくに走行距離の差が価格の差に直結するといえるでしょう。

たとえば20Sプロアクティブ(2WD/2015年1月~2017年2月)の場合、走行距離5万kmで130万円、10万kmで97万円が相場です。25S(4WD/2013年10月~2017年2月)の場合、5万kmで96万円、10万kmで69万円となっています。

参考:『carview!車買取 マツダ CX-5の買取価格・査定相場』

マツダ中古車の高額買取ブランド⑤「CX-8」

マツダ中古車の高額買取ブランド⑤「CX-8」

CX-5よりさらにゆったりとした多人数乗用車として発売されたのがCX-8です。2018年、2019年と日本国内SUV市場における販売台数トップを誇るほどの人気車となっています。

まだ発売から間もないこと、需要の高さも相まって中古車市場でも200万円~300万円という高額買取が期待できるでしょう。CX-8の概要と買取相場の特徴と傾向をご紹介します。

マツダ「CX-8」概要

2017年12月に発売されたCX-8は、同じCXシリーズのCX-5よりもさらに大きくなったモデルです。3列シートのマツダ最高級SUVとなっています。2019年には国内で2万3,288台が販売され、2018年に続き、2019年国内3列シートSUV市場における販売台数第一位を記録しました。

多人数乗用車でありながら、洗練されたデザインと上質な空間で大人を満足させてくれる仕様が人気のポイントです。ガソリン、ガソリンターボ、クリーンディーゼルと個性の異なる3つのエンジンが設定されており、街中から山道までシーンを選ばず快適な走りが叶うでしょう。

まだ発売されてから年数が経っていないため、中古車市場でも台数が少ないのが現状です。需要の高さからも高額買取されています。

マツダ「CX-8」買取相場の特徴や傾向

2017年12月に発売されたCX-8は、中古車市場において出回っているもののほとんどが2018年式、2019年式です。査定に出される車も走行距離も3万km未満のものが多く、高額で取引がされるでしょう。一般的な買取相場としては200万円~300万円あたりが想定されます。(2020年2月現在)

売却を考えている場合は、中古車市場に出回る台数が少ない今のうちに査定に申し込むことがポイントです。場合によっては予想以上に高額な査定結果が期待できるかもしれません。

マツダ中古車「SUVタイプ」の高額査定ポイントについて

年式や走行距離によって買取金額に差が出るだけではなく、純正部品がそろっているか、修復歴はあるかなども査定額に影響する項目です。他にも車体の状態や内装の傷みなども査定額に影響します。

高額査定のポイントとしては、エクステリア、外装を傷めないことです。また、オプションや装着品によっては査定額アップにつながります。

カラーでいうと、マツダのSUVでとくに人気のカラーは、ソウルレッドクリスタルメタリックとマシーングレープレミアムメタリックでしょう。オプション料金がかかるカラーではありますが、マツダならではの光沢が生きた美しい色といえます。

マツダ中古車の高額買取ならcarview!車買取にお任せください!

マツダ中古車を手放そうと思ったときに、まず考えるのがどこで売るかということでしょう。買取価格は買取店によっても差があるのが一般的です。なるべく高値で買取してくれる業者を探すためには、一括査定サービスがおすすめです。自宅にいながらパソコンやスマートフォンを使った簡単な依頼で複数社の査定が受けられます。

提携業者が300社以上の全国買取ネットワークを誇るcarview!中古車一括査定サービスを使い、複数社の買取店のなかからベストな買取店をぜひお選びください。

マツダからマツダに乗り換えるオーナー

マツダからマツダに乗り換えるオーナー

マツダにしかない走りとスタイリッシュなデザインに惹かれるマツダ愛好家は、国内のみならず海外にも多くいるといえるでしょう。マツダ車のファンは、ライフステージにあわせてマツダ車からマツダ車へ乗り換えるスタイルが多いといわれています。

中古車市場でもマツダ車が安定して人気を誇っているのもポイントです。マツダ車の価値を知って、手放すタイミングを逃さないようにしましょう。

マツダ車の売却を検討している方は、carview!車買取の愛車無料一括査定をぜひご利用ください。carview!中古車一括査定サービスは、最大10社へ査定依頼ができ、無料エリアなどの希望条件から業者を絞り込めるため、スムーズな取引を実現できるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ