現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 中古車の買取方法と流れって?高値買取のコツや注意点も解説!

買取ガイド

中古車の買取方法と流れって?高値買取のコツや注意点も解説!

中古車の買取方法と流れって?高値買取のコツや注意点も解説!

愛車を手放すのに、どのような方法で買取ってもらうのが良いか、お悩みの方もいるでしょう。また、しっかり中古車の買取方法を理解して、自分に合った売り方を選びたいという方も多いかもしれません。
そこでこの記事では、中古車を売る方法や売却の流れについてご紹介します。中古車をできるだけ高く買い取ってもらうポイントについても解説するので、車を納得できる価格で売却できるよう、ぜひ参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車の買取方法は3つ

中古車の買取方法は3つ

中古車を手放す場合、ディーラーの下取りに出す、買取店に売却するなどの方法があります。最近では、オークションなどの個人間取引も増えていますが、どの方法を利用すると高く車を売却できるのでしょうか。車を高価買取してもらうについて詳しくご紹介しますので、自分に合った中古車を売る方法はどれか、検討してみてください。

ディーラーへの下取り

下取りとは、今乗っている車を売却して新しい車の購入金額の一部に充てることです。車を売ったからといって実際に手元に現金が入るわけではなく、新車の購入金額から引かれます。

車を下取りに出すと、契約に関するさまざまな手続きをスムーズにできるのがメリットです。車は購入する際も売却する際も必要な書類が多くあるため、売却と購入を別の店舗で行うと、手続きが煩雑になります。下取りに出して新車を購入すると、ひとつのお店で手続きを完了できるため手間がかかりません。

しかし、下取りだと高値で売れない可能性があります。中古車業者などで売却するよりも、買取額が低くなる場合が多いことを覚えておきましょう。

中古車買取店へ売却する

自身で好きな中古車買取業者へ車を持っていき、直接査定を依頼するというのも方法の一つです。ディーラーと違って、買取った車を売却することで利益を得るため、中古車への需要は高く、下取りより高値での買取を期待できます。

近年では海外へ販路を持つ買取業者もいるため、今までは値段が付きにくかった古い車種に予想より高値が付くこともあります。ただ、中古車市場の人気と買取価格は比例するため、マイナーな車種やあまり人気のない車種などは高価買取されにくいでしょう。

デメリットは少々ありますが、それでも下取りより高く売れる可能性が高く、手続きも買取業者が行ってくれるため、安心かつスムーズに売却を行えるのが利点です。

オークションや個人間売買をする

できるだけ高く車を売るために、オークションなどの個人間売買を検討する方もいるでしょう。オークションでは中間マージンが発生しないため、高額で売却できる可能性があります。ただし、車の売買にはさまざまな手続きが必要なので、書類の不備や料金未払いなどのトラブルに巻き込まれるリスクも考慮する必要があります。

知り合いに車を売却するような形であれば、信頼のおける相手なので、金銭トラブルなどは起こりにくいかもしれません。しかしどちらにせよ書類手続きを自分たちで行うのは難しいため、車の売買にくわしい方でなければ、やめておいた方が賢明です。以上から、個人間売買はあまりおすすめできません。

中古車買取で高値を狙う方法って?価格がつかない車は?

中古車買取で高値を狙う方法って?価格がつかない車は?

中古車を売却するにはいくつか方法があると紹介しましたが、高値を狙おうとした場合、どの方法が良いのでしょうか。また、どこにも売却できそうにない不動車などはどうすべきでしょうか。

ここでは、それぞれのケースに合わせたおすすめの方法を紹介します。しっかりとチェックして、満足のいく取引ができるようにしてください。

高値を狙うなら中古車買取店がおすすめ

車の売却にはさまざまな方法がありますが、少しでも高く安全に売りたいのであれば買取業者へ売却しましょう。買取店であれば、下取りよりも高額で買い取ってもらえる可能性が高く、オークションのような個人売買よりも安全でスムーズな取引ができます。

また一括査定を利用することで査定額を競合させれば、手間をかけずにより高額での買取が実現できるでしょう。車を納得できる価格でスムーズに売るには、買取店を利用するのがおすすめです。

価格がつかない中古車は廃車専門買取業者へ

買取業者に査定を依頼しようにも、廃車に近い車では価格を付けてもらえないこともあります。一般の中古車買取業者に買い取ってもらえない車は、廃車専門の買取業者に依頼しましょう。廃車買取業者は買い取った車を分解しパーツとして売ったり、海外に専用の販売ルートを持っていたりするため、廃車同然の車でも価値を付け買い取ってくれます。

自分で廃車の手続きを行うのは手間や時間がかかりますが、廃車買取業者に依頼すればそれらもすべて代行してもらえるためスムーズに売却が完了するでしょう。

中古車買取方法の流れを知ろう

中古車買取方法の流れを知ろう

ここまで、中古車の買取方法についてご紹介してきました。いざ中古車を売却しようとするなら、まず始めは査定からと思う方も多いでしょう。しかしそれでは、より高い査定をしてもらう機会を逃す可能性もあります。

高価買取を目指すなら、査定を受ける前に準備をしておくことが大切です。以下にご紹介する流れで中古車の売却を進めてみてください。

相場をチェックし買取業者を選ぶ

まず始めに行っておきたいのが、売却予定の車種の買取相場チェックです。買取相場は、メーカーのウェブサイトにある下取りシミュレーションを使用したり、買取業者のウェブサイトや一括査定サイトなどを確認したりすると調べられます。事前に調べておくことで、万が一提示された査定額が適正ではなかったとしても、買取業者に買い叩かれる心配が減るでしょう。

また、買取相場を理解することで、満足いく売却先を選ぶことも可能です。買取業者によっても得意分野が異なり査定額も変わってきます。相場価格を交渉材料に、納得できる買取業者を探すことが大切です。

ただ、買取業者を選ぶといっても、無数にある中から自身で何件も店舗を回って比較するのは、時間も手間もかかり容易ではありません。そこで、一括査定の利用を検討してみてください。ウェブフォームに情報を入力するだけで、複数の買取業者を比較検討できるため、ぐっと負担が減ることが魅力です。

査定を受ける際は、現物の車を見てもらう必要があります。買取店に車を持ち込む、もしくは出張買取サービスなどを利用しましょう。買取業者によっては無料で出張査定に来てくれるところもあります。一括査定で買取業者を選ぶ際には、出張買取サービスの対応エリアも考慮すると良いでしょう。

必要な書類を用意する

車を売却する際にはさまざまな書類が必要です。車だけがあればすぐに契約できるわけではないので注意しましょう。一般的に、買取の際には以下の書類を用意します。

    車を売却する際に必要な書類

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書(普通車の場合)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券

契約までに用意すれば問題ありませんが、中古車は時間がたつにつれて価値が下がります。手放すと決めたら1日でも早く売るのが賢明です。上記の書類は取り寄せるのに時間がかかるものもあるので、事前に紛失をしていないかを確認して準備しておきましょう。

売却手続きをして入金を待つ

満足できる価格で車を手放せると納得できたら、売却手続きを行います。必要書類を揃えていた場合は、ここでの署名や捺印などの手続きがスムーズに進められるでしょう。

個人情報の漏えいを防ぐため、カーナビに登録している住所などは削除します。車内に忘れ物をしていないか、ドライブレコーダーにSDカードを入れたままにしていないかなどもきちんと確認しましょう。

一連の手続きが完了して車を引き渡したら、あとは入金を待つだけです。入金日は買取業者によって異なるため、手続きの際に確認してください。

中古車買取時の注意点

中古車買取時の注意点

中古車の買取の流れについてご紹介しましたが、注意したい点も存在します。高く売れるように工夫するのも大切ですが、トラブルに巻き込まれたり損をしたりしないためにも、以下の3点に気を付けるようにしてみてください。

ローン残債はないか

車の買取をしてもらう場合、その車は本人名義のものでなければいけません。銀行系ローンを除き、車の名義人はローン会社やディーラーになっています。そのためローンが残っていないか確認し、残っていた場合は売却ができるよう「所有権の解除」を行う必要があります。「所有権の解除」を行うにはローンの完済が条件です。

ただし、ローンが残っていると絶対に売却ができないということではありません。買取店にローンを立て替えてもらうか、改めてローンを組みなおすことで、ローンが残っていても車の売却が可能です。

買取店に立て替えてもらう場合は、最終的な査定額からローンの残額が引かれ、売却額がローンの残額に満たない場合は、その残りのローンを組みなおすか現金で支払う流れになります。

いずれにしてもローンを完済している、もしくは完済できる状態の方が売却の手続きはスムーズに進みます。もしローンが残っているのであれば、残額を支払える分は確保しておくと良いでしょう。

事故歴や修復歴は隠さない

高値で売りたいがために、事故歴や修復歴があっても「無申告のまま車を売ってしまおう」と考える方がいるかもしれません。何かものを売買する時は、売る側に「契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)」が生じます。この車は具体的にどこがどのように故障しているのかを、売る側が買い手に伝える必要があるということです。

もし事故歴・修復歴を意図的に伝えていないことが発覚したならば、買い手側が契約解除や修理にかかった費用を損害賠償として請求できます。高値で売るどころか、こちら側が不利な立場に立たされ、のちに大きなトラブルに発展するかもしれません。売却の際に事故歴や修復歴は必ず申告するようにしましょう。

契約後のキャンセルは避ける

売却契約後にキャンセルをするのはなるべくやめましょう。買取業者によって異なりますがキャンセル可能な期間があり、そうでなくとも、キャンセルをすること自体が不可能なわけではありません。

しかし車を引き渡した後だと、すでにオークションにかけられていたり、次の買い手が決まっていたりする可能性があります。その段階でキャンセルを申し出ると買取業者に損失を与えることになってしまうので、キャンセル料や違約金が必要になるケースがほとんどです。

トラブルに発展させないためにも、念のため売却前に買取業者のウェブサイトなどで、無料でキャンセルできる条件を確認しておき、契約後にキャンセルすることは極力避けるようにしてください。売買契約書を締結させる際に、詳しい条件を確認することも大切です。

中古車を高値で買取する時のコツって?

中古車を高値で買取する時のコツって?

できるだけ高く車を買い取ってもらうために、他にも査定額を上げるコツはあります。以下の方法を実践してみてください。査定方法や売却時期を選んだり、査定前に車をきれいにしたりすることでも査定額は上がります。売却を決めたら早く行動するのも大切です。

より高く買取してくれる時期に売る

車はいつ売っても同じではありません。1年の間で車を高く売却できる時期があるため、同じ車でも売却のタイミングによって査定額は異なります。

新生活が始まる3月や4月は、中古車業者では買取強化が始まる時期です。就職や引越しを前に中古車のニーズが高まるため、査定額がアップする可能性があります。購入検討者に1台でも多く中古車を用意するために、査定額を上げてでも買取を強化する時期です。

9月や10月も学期の変わり目や下半期スタートの時期にあたるため、査定額が上がりやすいでしょう。春ほどではありませんが、中古車を求める方が増えるためです。査定額が上がりやすい時期を選んで売却を進めましょう。

車の状態が一定基準を超える前に売る

車を売るタイミングは、年式や走行距離を意識して決めるのも大切です。一般的に走行距離は1年で1万kmが目安といわれています。また、5万km、8万km、10万kmがボーダーとされ、そのボーダーを超えると車の価値は下がり、買取価格も下がります。

年式については、新しい年式のものほど人気があります。発売から3年後、5年後を基準に車の価値が下がり、10年後には大きく査定額が下がるので注意しましょう。走行距離や年式が一定基準を超える前に査定に出し、売却を進めることをおすすめします。

車をきれいにしておく

査定を受ける前の準備として、車をきれいに掃除しましょう。車内のゴミを取り除いたり、ボディを洗ったり、できるだけ匂いを消したりしておくのがおすすめです。車の清掃自体は査定額に大きな影響を与えませんが、査定士からの印象を上げられます。

査定士に「よく手入れの行き届いた車だな」という印象を与えられると、しっかりメンテナンスされているだろうというプラス評価につながるでしょう。

しかし、車をきれいに見せるために、傷やへこみを修理に出す必要はありません。修理費用と査定で減額される費用を比べた場合、査定の減額の方が少ない可能性もあるので注意しましょう。

純正オプションは残しておく

さまざまなパーツを付け替えたりオプションを追加したりして、車を自分好みにカスタマイズしている方もいるでしょう。しかし中古車は、純正品が付いているものに人気があります。純正品の方が見た目に統一感があり、故障のリスクも少ないと考えられるためです。

車をきれいに見せるために、傷やへこみを修理に出す必要はありません。修理費用と査定で減額される費用を比べた場合、査定の減額のほうが少ない可能性があります。

純正オプションは残しておく

車はさまざまなパーツを付け替えたりオプションを追加したりして、自分好みにカスタマイズして楽しむ方もいるでしょう。しかし中古車は、純正品が付いているものに人気があります。純正品のほうが見た目に統一感があり、故障のリスクも少ないと考えられるためです。

社外品のパーツを取り付けている場合は、査定額が下がるかもしれません。査定を受ける前に純正品に戻したり、用意したりしましょう。スペアキーなどもあれば用意しておくことが大切です。

一括査定に出す

中古車を売却するなら、一括査定を利用することをおすすめします。買取業者が多い分ユーザーの選択肢は広くなりますが、かえって自分の車をどこで売れば良いのか、決めるのが難しくなる方もいるでしょう。それぞれの買取業者に良さはありますが、得意分野が異なるため、自分の車とのニーズがマッチしていることが重要です。

一括査定を利用すれば、自分の車に合った買取業者を探せます。一つひとつの買取業者に査定を依頼する必要もなく、複数社で査定額を競合させることで査定額のアップを目指せるでしょう。

中古車買取方法にお悩みの際はcarview!車買取がおすすめ!

最後に、中古車の買取方法で悩んでいる方におすすめしたいのが、carview!中古車一括査定サービスです。carview!車買取では、一度に最大10社まで査定依頼でき、より良い条件の買取業者を選べます。

carview!車買取は、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟していて、JPUCでは買取業者に対して不当にキャンセル料を請求できないようにしています。JPUCが認定する適正買取店であれば、このような行動基準を遵守し、違反もないので安心できます。

トラブルなく満足のいく取引をするなら、まずはcarview!中古車一括査定サービスで査定依頼をしてみましょう。

まとめ

まとめ

中古車をできるだけ高く安全に売るには、中古車買取店がおすすめです。事前に相場を調べたり、一括査定を利用して複数の買取業者を競合させたりすると、査定額アップにつながります。

carview!車買取では300社以上の業者と提携をしているため、高価買取が実現できる業者を見つけられます。全国の買取店からあなたの愛車にぴったりの買取業者を探すことが可能です。車の売却を考えている方は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ