買取ガイド

中古車買取額に影響する走行距離の目安は?過走行車をより高く売る方法を紹介

中古車買取額に影響する走行距離の目安は?過走行車をより高く売る方法を紹介

中古車の売却にあたっては、走行距離も査定額確定の重要な要素になります。走行距離が長い車は、一般的には減点、減額されてしまう可能性が高くなります。
しかし、走行距離が長いからといって必ずしも高値で売れないというわけではありません。今回は、査定額を決める際の走行距離の基準や、走行距離以外の査定項目についても詳しく解説します。自身の車を少しでも高く買い取ってもらいたい方は、ぜひ参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

走行距離が査定額を大きく左右する理由

走行距離が査定額を大きく左右する理由

日本では中古車の価値を判断するときに、走行距離が重視される傾向にあります。一般の人が中古車を買う際に、真っ先に確認するのが走行距離ではないでしょうか。理由は、車の寿命がわかるからです。

走行距離が長ければ長いほど車の各部品は消耗していき、寿命が短くなります。寿命が短い車は売れにくいため、結果として売却額も低くなるのです。実際には、ディーラーや買取業者は走行距離だけでなく、さまざまな面から総合的に車を査定するわけですが、走行距離が大きな判断基準となるのも確かです。

昔は走行距離によって価値が大きく左右されたことから、メーターを改ざんして売る悪徳業者もいたほどです。近年は車の耐久力が上がっており、走行距離が長い車でも消耗や故障は減ってきているようです。

走行距離の基準は?

走行距離の基準は?

実際に走行距離がどのように査定額に影響するかを知っておきましょう。

一般社団法人日本自動車査定協会は、走行距離と査定の加減点に一定の基準を定めており、ほとんどの買取業者はその基準に則って査定しています。そのため、自分でも目安を知っておけば、業者の提示額を冷静に判断できるでしょう。

走行距離の目安

車の走行距離は1年間で1万kmが基準となっており、これより多いか少ないかがひとつの判断ポイントとなります。車の査定においては走行距離だけでなく、使用年数も重要といえます。

たとえば累計の走行距離が5万kmの場合、使用年数10年の車であれば年間走行距離が5,000kmであるため「少ない」と判断されます。逆に使用年数2年の車であれば、同じ5万kmであっても年間に換算すると2万5,000kmとなり「多い」と判断されます。

年間走行距離が多いほど車の消耗が激しいため、査定においては「使用年数のわりに走行距離が多い」とされ、減点ポイントとなります。

走行距離が長いと売れにくくなる?

走行距離の累計も査定額に影響を及ぼします。走行距離の累計が5万kmを超えていると「多走行車」、10万kmを超えていると「過走行車」と呼ばれます。

昔は10万kmを超えた過走行車は劣化が激しく査定額に大きく影響しましたが、近年ではエンジン性能が良くなってきているため、以前ほどの影響はありません。特に日本車は海外、特に東南アジアで「性能がいい」と人気であり、少々走行距離が長くてもよく売れているという実情もあります。

もちろん、走行距離が短い車に比べれば高値はつきにくい傾向はありますが、海外へ販売を行っている業者であれば、過走行車でもそれなりの値段で買い取ってくれるでしょう。ただし、10万km超えの車については各種部品の寿命の関係から、やはり安くなってしまうことは否めません。これについては後の章で詳しく解説します。

短いほど良いというわけでもない

走行距離が短いほうが査定には良い影響がありますが、かといって短ければ短いほど良いというわけでもありません。車はある程度エンジンを動かしたほうが良いコンディションを維持できます。買ってからずっと放置されている車だと部品がさび付いたり、劣化したりしてしまいます。

たとえば、使用年数5年で走行距離4万kmと走行距離1万kmの車の場合、走行距離4万kmのほうが状態が良いとみられることもあります。このように、適度に動かしている車のほうが査定時には有利であることを覚えておきましょう。

走行距離が長くても高く売れる車の例

走行距離が長くても高く売れる車の例

走行距離が長いからといって、高額査定をあきらめる必要はありません。条件を満たしていれば、走行距離の長さで多少減額はされても、高値で買い取ってもらえる可能性があります。具体的に以下のような車は、走行距離が長くても高く売れる可能性があるのです。

四駆などライフサイクルが長い車

トヨタのランドクルーザーシリーズ、スズキのジムニーシリーズ、ダイハツのロッキーなど、本格的な四駆で悪路走行を前提とした車は頑丈に作られており、林道やオフロード、雪道などの走破性が高い車です。

これらのオフロード型四輪駆動車は、普通の車に比べてライフサイクルが長いため、価値が落ちにくい傾向があります。中古車査定においても、走行距離が長かったとしても比較的高額で買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

希少な車

台数限定販売や期間限定販売であった希少な車は特別です。多少状態が悪くなっていたとしても、ファンとしては喉から手が出るほど欲しいため高値がつきやすくなります。

ただし、希少であっても人気のない車では高値がつきにくいので注意しましょう。

走行距離以外の査定ポイント5つ

走行距離以外の査定ポイント5つ

車を高く売るためには、走行距離以外の査定ポイントも知る必要があります。走行距離以外で押さえておくべき車の査定ポイントは、下記の5つです。

・車の年式
・事故歴や修復歴があるか
・外装の状態
・内装の状態
・オプションの有無

それぞれ詳しく解説していきますので、確認しておきましょう。

車の年式

車の年式が新しいほど査定額は高くなります。車の寿命は10年ほどといわれており、それよりも年式が古いと減点対象となります。

ただし前述したように、年式が古く走行距離が長くても、希少性の高い車であれば高値で売れる可能性があります。

事故歴や修復歴があるか

一度大きな事故を起こすと車の耐久性は著しく低下します。事故歴や修復歴があると、査定に大きく影響します。特に修復歴は、車としての機能が低下しているとみられ査定額が0円になったり、買取拒否されたりする可能性もあります。

ただし、事故を起こしたすべての車に修復歴がつくというわけではありません。修復歴は車の骨格(フレーム)を交換、あるいは修復した場合につくもので、骨格までダメージが至らなかった軽微な事故の場合は該当しません。

また、査定に不利だからといって、過去の事故や修復を偽って申告することはやめましょう。プロの業者が修復歴を見逃す可能性は非常に低く、偽りの申告がばれると詐欺行為だとして大きな減額の原因となることがあります。事故歴や修復歴がある場合は、正直に伝えましょう。

外装の状態

「外装がきれい」「塗装状態が良い」なども高く売れる要素のひとつです。人気のボディカラーであれば、その分高値がつきます。国内では白・黒・シルバーなどが人気です。

傷や凹みは査定額に影響しますが、程度によります。長く乗っていればどうしても傷や凹みがつくのは避けられません。現在では車の修復技術が向上していて、ちょっとした傷や凹みであれば業者が簡単に直してしまいます。わずかなものであれば査定には影響しないとみて良いでしょう。

カー用品店には自分で修復するためのさまざまなアイテムが販売されていますが、自分で車の傷や凹みを修復するのはおすすめしません。どんなに丁寧に修復したとしても、素人の腕には限界があります。結局業者が再度手直ししなければならないだけでなく、最悪の場合は状態を悪くしてしまうこともありえます。そのままにしておくほうが無難です。

大きな傷や凹みに関しても、そのままにしておくのがおすすめです。これらの傷や凹みは減点ポイントではありますが、事前に修理に出したとしても、修理代よりも査定額が上乗せされることは期待できないからです。

内装の状態

内装でポイントとなるのは臭いやシートの破損、劣化です。特にタバコやペットの独特の臭いは、破損などと違い業者であっても除去が困難であり、大きな減点対象となります。

長年の使用によって染みついた臭いはなかなか消えず、人によっては大きな不快感を抱く原因となります。その他、ダッシュボードやシートの破損や劣化は修理・交換が必要になるため、マイナスの対象です。

高く売るためには普段からきれいに使い、ペットを乗せる際、タバコを吸う際にはこまめに換気するなどの工夫が必要です。査定前には掃除をしてきれいにしましょう。

オプションの有無

オプションを追加している車は、場合によっては査定額が上がります。特に人気なのが、「カーナビ」「レザーシート」「サンルーフ」「電動スライドドア」などです。

オプションの種類によっても査定額が変わります。メーカーの「純正オプション」は特に高く評価されるでしょう。納車した後に取り付けられず、希少価値が高いからです。しかし、カー用品店などで購入した社外品のオプションに関しては、あまり高く評価されないことを理解しておきましょう。

走行距離の長い車を少しでも高く売る方法

走行距離の長い車を少しでも高く売る方法

走行距離の長い車であっても、高価買取をあきらめてはいけません。ここからは、走行距離の長い車を高く売るためのいくつかの工夫を紹介します。前項でご紹介した査定ポイント5つと合わせて、ぜひ意識しておきましょう。

消耗品のメンテナンスをする

タイミングベルトは10万kmが交換の目安といわれています。また、その他のゴム製の部品も、10年程度での交換を推奨されています。これらの消耗品が未交換だと、売却額が大幅に下がってしまいます。

10万km超えの車を売るためには、タイミングベルトの交換は必須といえるでしょう。ただし、交換済みのほうが高く売れる可能性が高いものの、諸々の整備費が査定額と見合うかどうか、不明な点があるときは事前に確認しておきましょう。

下取りではなく買取に出す

過走行車は、下取りではほとんど価格がつかないためおすすめできません。ディーラーは走行距離の長い車を高く評価しないため、売れるものも売れなくなってしまいます。

買取業者を検討したほうが、わずかでも高く売れる可能性が高まります。特におすすめなのは、日本車の人気がある海外への販売ルートがある業者です。

一括査定を利用する

査定の基準は、業者によって異なるのが現状です。わずかでも高く売るためには一括査定を利用して、多くの業者に見積もりを取るのが一番です。

一括査定のメリットは、多様な基準で車を査定してもらえることです。本記事で紹介した条件に当てはまらない車であっても、驚くほどの高値で売れることもありえます。中古車を高く売りたければ、一括査定の利用は必須ともいえるでしょう。

まとめ

まとめ

年間走行距離1万kmを目安として、それよりも多い車は減点対象となります。さらに、走行距離が5万km、10万kmを超える車を高く売るためには、消耗品の交換や下取りに出さず買取業者に出すなどの工夫が必要になってきます。

買取カービューでは、中古車の一括査定を行うことが可能です。2000年から20年近く中古車査定の仲介を行っており、利用実績は業界トップクラスの450万人にものぼります。最大8社を同時査定できるため、手間もかかりません。多走行車をできるだけ高く売りたいなら、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP