買取ガイド

中古車買取に適した時期やタイミングは?高く売るためのコツを解説

中古車買取に適した時期やタイミングは?高く売るためのコツを解説

車のリセールバリューはさまざまな要素で変動します。車の種類や走行距離といった情報だけではなく、売却するタイミングも重要なポイントです。具体的にどのタイミングが適しているのか気になっている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、中古車買取に適したタイミングとコツを徹底的に解説します。複数の観点からピックアップしているため、少しでも高い金額が出る時期をねらえるでしょう。契約時に必要な書類もご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車買取でおすすめの時期は?

中古車買取でおすすめの時期は?

中古車の買取を依頼する際に狙いたい時期は、1月~2月と7月~8月の2パターンです。生活環境の変化が起きやすく、業者が決算を迎える直前の時期でもあります。1年のうち2回チャンスがまわってくるため、時期の狙い目を定めておきましょう。中古車買取でおすすめの時期について詳しく解説します。

1月~2月ごろ

1月~2月は、1年のなかでもとくに高価買取が期待できるタイミングです。主に2つの理由があげられます。

・生活環境が変化する4月前の時期であること
・業者が3月に決算期を控えている

進学や就職など、これまでの住居を離れて新しい生活をはじめる方も多く見られる時期です。本格的な引越し作業をはじめる前に中古車を購入し、移住に備えておきたいと考える方もいるでしょう。

また、中古車買取業者の多くは3月を決算の時期としています。決算期までに売上向上を目指すのが一般的です。買い取った車が新しいユーザーの手に渡ってはじめて売上となるため、決算より数か月早い1月~2月のタイミングで買取を強化する傾向にあります。

7月~8月ごろ

1月~2月の時期を逃した方におすすめのタイミングが7月~8月です。生活環境の変化・決算期と同様の理由で高価買取が期待できます。9月を決算期とする買取業者であれば、1月~2月と同じくらいの高価買取につながるといえるでしょう。

生活環境の変化といえば4月をイメージする方も多いかもしれませんが、転勤・転職は9月~10月の時期に増加する傾向にあります。9月末を半期末とする企業も多くあるためです。引越しに備えて中古車購入を希望するユーザーが増え、需要が高まることで査定額のアップも実現しやすくなります。

中古車買取を考えるには、このタイミング

中古車買取を考えるには、このタイミング

中古車の高価買取を望んでいる方は、需要の高さや決算の関係だけではなく車検・税金といった観点にも注目しなければなりません。メーカーの情報がリサーチできる状況であれば、モデルチェンジの時期を把握しておくのも有益な方法です。走行距離の長さで査定額が変わる点も理解しておきましょう。売却に適したタイミングを4つご紹介します。

車検に通す前

数週間・数か月後に車検が迫っている方は、車検の有効期限が切れる前に売却するのがおすすめです。ぎりぎりのタイミングでも車検に通さず引き渡したほうが良いでしょう。車検に必要な点検・整備費用や法定費用は、すべて含めると10万円以上の出費になることもあります。

車検に通した直後の買取ではプラス査定も期待できますが、車検費用をすべてまかなえるほどではありません。買取金額自体は高額になるものの、全体的な収支を考慮するとお得になる可能性は低いといえます。

自動車税がかかる前

自動車税は、車を所有するすべてのユーザーに義務付けられている税金です。車検のように登録を行った時期にかかわらず、4月1日付けで課税されます。4月1日から翌年3月31日までの自動車税をあらかじめ納める仕組みです。

税金を節約するためには、課税される直前のタイミングがおすすめです。「1円でも多く節約したい」という方は3月中の売却をねらいましょう。残存期間は買取金額に上乗せされるケースがほとんどですが、時期を見極めることで支払う必要がなくなります。

走行距離が多くなり過ぎる前

これまで長距離の運転をしていない方は、走行距離が短いうちに売却するのもひとつの方法です。5万km・10万kmなど、キリの良い数字を上回ると査定額に影響するといわれています。10万kmを超えると大幅な減額につながると考えたほうが良いでしょう。

年式が古い車でも、走行距離が短ければマイナス査定を避けられるかもしれません。日本で平均的とされているのは、1年間で1万kmの走行距離です。10年以上所有している車が10万kmを超えていない場合は、大台に乗る前のタイミングをねらうのも賢明といえます。

愛車のモデルチェンジ前

中古車のコンディション以外に価格を変動させるポイントは、「現行モデルであるかどうか」です。フルモデルチェンジが行われると、これまでのモデルのリセールバリューは低くなります。

人気モデルであれば大幅な下落を回避できる可能性もありますが、ほとんどのケースで価値が下がることを理解しておきましょう。フルモデルチェンジの時期を明確に把握するのは困難ですが、前回のモデルチェンジから5年以上経過している車は売却の狙い目といえます。

車の売却価格が下がってしまう原因

車の売却価格が下がってしまう原因

愛車を買取に出す際は、車の人気度や修復歴など複数の要因が価格に影響する点を理解しなければなりません。同じモデル・コンディションでも、場合によっては10万円以上の価格差が出るケースもあります。相場を大幅に下回る可能性も考慮しておきましょう。車を売却したときに価格が下がる原因を3つご紹介します。

車の人気の低下

車に対する需要は均一ではありません。新モデルが発売されてから、時間が経過するほど人気が低下するリスクも高まります。人気が低下すると中古車の購入を希望するユーザーも減るため、市場での価値が下がり買取価格も安くなっていくでしょう。

同等のスペックで新モデルが発表されると、これまでの人気モデルに人気が集まらなくなる傾向にあります。フルモデルチェンジ後は旧モデルの需要が低くなりますが、別メーカー・別モデルにも同様のことがいえるでしょう。

年式・走行距離による影響

年式と走行距離は、中古車を求めるユーザーの購買意欲を左右する要因でもあります。年式のみを条件にするのであれば、古い車よりも新しいものを希望する可能性が高いためです。古い車ほど故障のリスクが高まり、買取価格も下がりやすくなります。

走行距離も同様に、数字が大きいほどリセールバリューが下落するケースがほとんどです。中古車の走行性能や快適性に影響する部分でもあるため、査定時に重視されやすい点として認識しておきましょう。

修復歴

事故などで骨格部分を修復した車は、買取価格が大幅に下がります。状態が悪ければ「値段がつけられない」と判断されるかもしれません。中古車として販売しても故障のリスクが高く、すぐに廃車となる可能性があるためです。

ただし、0円査定を避けるために申告を怠るのは好ましくありません。ユーザーには修復歴を申告する義務があるため、大幅な減額が見込まれる状況であっても業者に伝えましょう。軽い修復と判断された場合や、走行に問題がない場合は、相場に近い値段での売却も期待できます。

中古車買取で車を高く売るためのコツは?

中古車買取で車を高く売るためのコツは?

愛車を少しでも高い金額で売るためには、中古車市場の動向を把握することが大切です。定期的に相場の変動をチェックすると、高く売りやすいタイミングを見極めるためにも役立ちます。丁寧なメンテナンスを心がけ、業者に良い印象を与えられるよう備えておきましょう。中古車買取で高額な取引を実現するためのコツを6つご紹介します。

市場の動向をチェックしておく

インターネットの利用に慣れている方は、ウェブサイトを調べて中古車市場での動向を定期的にチェックしましょう。売りたい車が決まっているのであれば、車種・年式・走行距離など細かい条件を照らし合わせながら買取価格や相場をリサーチするのもおすすめです。

日ごろから市場の動向を把握することで、高価買取を実現しやすいタイミングが判断しやすくなります。業者の決算期・セールといった情報もリサーチできると、さらに有益な材料となるでしょう。より具体的な動向を知りたいときは、SNSを活用するのもひとつの方法です。

小さな傷や汚れは補修しておく

走行中に飛んできた石によってついた傷や、すぐに取り除けるような汚れはあらかじめ補修しておきましょう。コンパウンドなどを使うことをおすすめします。

すべての傷や汚れを無理に対応する必要はありません。むやみに手を加えると、かえって状態を悪くするリスクがあるためです。自分でできる作業かどうかを判断して、手順を把握したうえで作業を進めましょう。

業者に依頼して修理をしてもらう方法もありますが、費用が高額になる場合はそのまま査定に出したほうが賢明です。

車内清掃や洗車をしておく

中古車を査定する際に、買取業者は車の隅々まで目を通します。荷物が置いたままになっていたり、ゴミが目立ったりする状態では悪い印象を与えかねません。査定前のタイミングで時間を確保し、少しでもきれいな状態にできるよう車内の清掃と洗車を済ませておきましょう。

きれいな外観・内観がプラス査定に直接影響するわけではありませんが、ユーザーに対する信頼性をアップさせるきっかけになります。「普段から丁寧に扱われている」という印象が与えられると、他の魅力ポイントを重視してプラス査定に反映できるかもしれません。見た目のよさは印象に影響するため、時間をかけて清掃しましょう。

純正品パーツや付属品を揃える

メーカーの純正品パーツや新車購入時の付属品はプラス査定に有利な要素です。可能な限り新品に近い状態で提出できるよう、車内清掃と同時にメンテナンスしておきましょう。カーナビやスペアキー、車の説明書もプラス査定に有力といえます。

購入後に社外品に取り替えた方は、車から外したまま提出しても問題ありません。自分で再度取り替えてから査定に出すのもおすすめですが、時間に余裕がない場合や故障が不安な方は単体で提出しましょう。純正品パーツは業者が受ける印象もよく、市場での需要も高いためプラス査定が期待できます。

下取りよりも買取にする

車を売却する方法として選択できるのは下取り・買取の主に2パターンです。下取りは正規ディーラーで実施されるケースが多い方法で、次に購入する車の手続きも同時に進められるメリットがあります。買い替えを予定している方にとっては便利な選択肢ですが、高く売りたいのであれば買取を選ぶのがおすすめです。

下取りと買取の2つを比較すると、売却して得られる金額は下取りのほうが低くなりやすいといわれています。具体的な金額は業者によって異なりますが、下取りにこだわる理由がない方は買取のほうが満足な取引を実現できるでしょう。

一括査定サービスを利用する

高価買取が期待できる業者を選ぶには、複数の候補をピックアップしてから選択肢を絞ることが大切です。はじめからひとつに決めると比較対象もなくなるため、一括査定サービスから複数の業者に申し込んでみましょう。

一括査定サービスは、ウェブサイトから一度に複数社へ査定を依頼できる点がメリットです。業者に共有する情報を何度も入力する手間が省け、短時間で希望の店舗へ申し込みができます。

「どのウェブサイトを利用すれば良いかわからない」という方は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスにお任せください。全国各地の業者と提携し、希望のエリアに構える店舗から好みの場所へ依頼できます。

買取に備えて準備しておくべき必要書類

円滑な取引を実現するためには、必要な書類を揃えなければなりません。不備があると手続きが滞る可能性もあるため、売却を考えはじめたタイミングで準備を進めておきましょう。手続きの際に提出する書類は以下のとおりです。

    車の買取手続きに必要な書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • 実印と印鑑証明書(軽自動車は不要)
  • リサイクル券

軽自動車の売却であれば、実印と印鑑証明書は必要ありません。所有者名が記載された認印を持参しましょう。手続き時には委任状・譲渡証明書も使用しますが、いずれも業者が事前に揃えてくれます。

車を購入してから住所を変更した方は、上記5つに加えて住民票の提出も必要です。発行には日数を要するものもあるため、余裕をもって早い段階から備えておきましょう。不安な方は業者に直接聞いてから準備するのもおすすめです。

まとめ

まとめ

車が高く売れやすい時期は1月~2月・7月~8月のタイミングといわれています。車検の時期やフルモデルチェンジなど、複数の要素をふまえたうえで適切な時期を見極めましょう。査定に影響する項目を把握しておくと業者との交渉にも役立ちます。

少しでも高い買取を実現するためには、一括査定サービスの活用が有益です。価格面だけではなく時間の節約にもつながるため、未経験の方もぜひ使ってみてください。買取カービューの愛車無料一括査定では、230社以上の提携業者から最大8社へ査定申し込みが可能です。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP