現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 年末年始に車買取を検討している方へ!買取で後悔しないために覚えておきたいポイントについて

買取ガイド

年末年始に車買取を検討している方へ!買取で後悔しないために覚えておきたいポイントについて

年末年始に車買取を検討している方へ!買取で後悔しないために覚えておきたいポイントについて

「年が変わるまでに売却したい」「年越し後に心機一転売却したい」など、年末年始に車を買取してもらいたいと考える方もいるでしょう。年末年始という1年でも特殊といえる時期に売却をするため、「通常の時期と比べて気をつけることはあるのか」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、年末年始に車買取を検討している方に対して、買取で後悔しないために覚えておきたいポイントをご紹介します。ポイントを把握すれば、より高く買取してもらえる確率が上がるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

年末年始は車の買取価格が安くなる傾向が強い

年末年始は車の買取価格が安くなる傾向が強い

年末年始は、車の買取価格が安くなる傾向にあります。詳しくは後述しますが、年末年始は1年のうちでも特殊な時期にあたるので、通常の時期と同じように買取ができません。

1年のうちで最も高額買取が期待できるのは、3月、9月です。両方の時期は会社の決算期にあたるため、決算キャンペーンで車が安くなり、新車中古車を問わず需要が一気に高まります。高まった需要に対応するため、多少割高でも多くの在庫を確保しようとする結果、買取価格も高くなりやすいのが特徴です。

決算期と比較すると、年末年始は高額査定が期待できません。年末年始に売却を考えている場合は、あらかじめ把握をしておきましょう。

年末年始の車の買取価格が下がる理由

年末年始の車の買取価格が下がる理由

年末年始の車の買取額が下がる理由は、年末年始が通常の時期とは異なる性質をもっていることにあります。具体的な理由としては、「新車登録からの経過年数が増える可能性があるため」「車以外の出費が多くなるため」「業者に足元を見られやすいため」の3つです。それぞれの理由を詳しく解説するのでチェックしてみましょう。

年式が変わる可能性があるため

年末に買取したとしても、諸手続きや整備をすると、販売できるようになるのは年明けになるかもしれません。登録月が12月の場合などは、翌年の販売になることで新車登録からの経過年数が1年増えてしまいます。

一般的に高年式の車のほうが需要は高く、買取価格も高くなるのが特徴です。そのため新車登録からの経過年数増加の可能性がある時期を避けて売却することが、高額買取へつながります。

車以外の出費が多くなるため

年末年始は車以外の出費が多くなるため、車の需要が低くなる時期というのも買取価格を下げる要因といえます。

年末年始は、1年のうちで特にイベントが多い時期です。「クリスマス」「大晦日」「お正月」などのイベントが続きます。クリスマスプレゼントやケーキの用意、実家への帰省、お年玉の配布などの出費がかさみがちでしょう。

出費が多いとほかのことにはお金を使わないようにと、財布の紐を固く縛る傾向にあります。車の購入需要が低くなるため、買取額も低くなるという仕組みです。

業者に足元を見られやすいため

年末年始に車を売ろうとすると、買取業者に足元を見られてしまうケースもあります。買取業者から、「年末年始にお金に困って車を売却するのでは」と思われると、高額査定は期待できません。

「お金に困っていれば安くても売却してくれるだろう」と足元を見られてしまい、安い価格でも強気に交渉を進めてくる可能性があります。「お金が欲しいから」という理由で売却する場合でも、お金に困っているという話はしないようにしましょう。その場ですぐに売却の意思を示さないのも効果的です。

年末年始に突入する前に余裕をもって車買取を行うことが大事

年末年始の買取額は安い傾向にあります。そのため年末年始に突入する前に、余裕をもって車買取を済ませるのが重要です。買取業者は車を買取したあとに整備や諸手続きをするため、販売までには時間がかかります。年末に近づくほど年越し後の販売となる可能性が高まるため、早めの売却が重要です。

買取価格相場は、11月を過ぎたころから12月にかけて急激に落ちていきます。そのため、11月までには売りに出すのがおすすめです。

年末年始までに車を少しでも高く売るために必要な行動

年末年始までに車を少しでも高く売るために必要な行動

年末年始は車の買取価格が低下傾向にあるので、少しでも高値で売るために年末年始までにさまざまな行動を起こしましょう。

起こしたほうがよい行動は、「年末年始から逆算してスケジュールを立てる」「愛車の相場をチェックする」「買取業者のキャンペーン情報の把握」「ボーナス時期を狙う」の4つです。

年末年始から逆算してスケジュールを立てること

年末年始に売却しないためには、年末年始から逆算してのスケジュール立てが重要です。スケジュールを立てていない場合、車の売却が後回しになるかもしれません。特に多忙な方であると、「また今度にしよう」が積み重なり、結果的に年末年始に突入する恐れもあるでしょう。

逆算してスケジュールを立てることで、「いつまでに何をしなければいけないか」が明確になります。「行動を起こさないと年末年始に突入する」という危機感が生まれることで、精力的に動けるようになるのがメリットです。

所有している車の相場を日々チェックして下がりそうなタイミングで売却

所有している車の相場を日々チェックしておき、買取価格相場が高いタイミングで売ることがおすすめです。

買取価格相場が下がるタイミングは、年末年始の車の需要が低い時期といえます。買取価格相場が下がりそうにもかかわらず買取に出さないでいると、低価格で売却することになりかねません。下がりそうになったら、早めに買取査定に出すのが重要です。そのためにも、アンテナを張って常に相場をチェックしましょう。

業者のキャンペーンについての情報を把握

年末年始付近で車を売る場合、買取業者のキャンペーンについて情報を把握しておくと高く売れる場合もあります。そのためにも、買取業者のホームページをチェックしておきましょう。

買取業者によっては年明けに「新春の販売キャンペーン」を実施するため、在庫の確保を目的として年末にかけて高く買取している場合があります。「年末年始は需要が低いから」と諦めず、買取業者のキャンペーン情報があれば利用をして、少しでも高く売れるようにしましょう。

ボーナスの時期を狙うこと

冬のボーナス時期に車の買取を依頼するのも選択肢のひとつです。年末年始は出費が多いため、基本的に車の需要は低い傾向にあります。しかし12月上旬の冬のボーナス時期は、車にお金を使う方もいるでしょう。

ボーナスはまとまったお金が入ってくるので、車の購入資金としやすいのがポイントです。ボーナスをあてにして、事前に車の購入計画を立てる方もいます。そのため年末の時期の中でも、ボーナスが出た直後は狙い目です。一時的に需要が高まり、買取価格も上がる可能性があります。

年末年始に買取に出す前にチェックしておきたい車買取の価格を左右するポイント

年末年始に買取に出す前にチェックしておきたい車買取の価格を左右するポイント

年末年始に買取に出す前に、車買取の価格を左右するポイントを把握しておきましょう。買取価格を左右するポイントは、「車種自体の人気」「何年落ちか」「純正パーツの有無」「清掃が行き届いているかどうか」「修理歴」の5つです。ポイントを把握しておけば、買取価格を少しでも上げられる可能性があります。

車種自体の人気

車種自体の人気は、買取価格を大きく左右する要素です。基本的に新車で人気のある車種は、中古車市場においても人気があります。新車では手が届きにくくても、中古車であれば手が届きやすい価格になるためです。

中古車市場で需要が高い車であれば、比較的すぐに売れてしまうため、少し割高であっても買取業者は在庫を確保しようとします。車種の人気が高ければ、高額買取につながりやすくなることを覚えておきましょう。

何年落ちか

初年度登録から何年経過しているかによって、買取価格は変動するので注意しましょう。基本的に初年度登録からの経過年数が多いほど買取価格は下がり、経過年数が少ないほど買取価格は上がります。

名義変更までどのくらいかかるか

車の売買契約を交わしたあとは、売り手から買取業者へと車の名義変更を行います。名義変更が完了するまで、どのくらいの期間を要するのかの確認が重要です。車を売却したあとに名義が自分のままである期間が長いと、不利益を生じる恐れがあります。名義変更がされない場合、車検証上の所有者と実際の所有者が異なるためです。

初年度登録から3年以内の売却であれば、初回車検まで車検の残りがあるため、高額査定が期待できるでしょう。5年程度であると新車の保証期間が切れるころですが、しっかりとメンテナンスされていれば極端に査定額が低下することはありません。10年を超えた場合は、故障リスクが高まり需要が少なくなるため、査定額も下がる傾向にあります。

純正パーツの有無

純正パーツの有無も車の買取価格が変動する理由のひとつです。中古車市場においては、社外パーツがついている車よりも、純正パーツがついた車のほうが需要は高い傾向にあります。

社外品がついている場合、多くのケースで査定がプラスになることはありません。しかし社外品がついていても、純正パーツがあれば取り換えることでプラス査定になります。自分で取り換えるのが難しい場合は、査定時に純正品を持参してアピールしましょう。

清掃が行き届いているかどうか

清掃が行き届いているかどうかによっても、買取価格は変動します。清掃をして車をきれいにすることで、査定士の車に対する印象がよくなるでしょう。

「大切に乗ってきたから、整備もしっかりとしているだろう」と考え、車の状態についてもよい印象をもちやすくなるのがポイントです。最終的に査定額を算出する際、車に対するイメージのよさが査定額をあと一押しする可能性があります。洗車をして、内装はフロアマットやシートの清掃、さらには消臭剤を使用して消臭まで行いましょう。

修理歴

修理歴は、買取価格に大きく影響を与える要素です。特に事故を起こして特定のパーツに損傷が発生し、「修復歴あり」となった車は大きくマイナス査定となります。

修復歴ありの車とは、車の骨格部分にあたる「フレーム」に損傷を受けたことのある車のことです。フレームに損傷を受けた場合、完璧に工場出荷時の状態へと修復するのは困難でしょう。

フレームに歪みが生じていると、「真っすぐ走れない」「カーブでフラフラする」といった症状が起こる可能性があります。購入後の安心感が低いことから、修復歴ありの車は需要が低いため、買取価格も大きく下がりがちです。

一方でフレームを修復したのではなく、ほかの場所を修理したことのある車は程度にもよりますが「修復歴あり」の車ほどは査定額が下がらないことも多くあります。

年末年始になる前にチェックしたい!車買取業者の選び方

年末年始になる前にチェックしたい!車買取業者の選び方

基本的に、どの買取業者でも査定時のチェック項目は同じです。しかし最終的に提示される査定額は、買取業者によって大きく異なる場合があります。雰囲気や対応なども異なるため、信頼して任せられる買取業者選びが重要です。

「買取業者の評判」「対応エリア」「納得のいく買取価格の提示」「店舗内の雰囲気」の4つのポイントをご説明します。

業者の評判

買取業者の評判は、重要なチェックポイントです。評判がよければ信頼して任せやすいため、ユーザーからの評判をしっかりと確認しておきましょう。

評判を確認する方法として、「クチコミのチェック」や「SNSのチェック」が挙げられます。クチコミは、実際に査定を依頼したユーザーの声が記載されており、買取業者選びの参考になるものです。「スタッフの対応のよさ」「買取までにかかった時間」「買取価格」などについて言及しているクチコミを参考にしてみましょう。

SNSは、自分の思いを直に伝えられるツールです。サイトに登録されたクチコミ情報よりも、より深い内容が記載されていることもあります。買取業者の評判を調べるために、クチコミやSNSを活用してもよいでしょう。

対応エリア

対応エリアのチェックは、早めにしておくことが望ましい要素です。買取業者によっては、特定の地域にしか対応していないことがあります。

「ここで買取をしてもらいたい」という買取業者を見つけたとしても、自分の居住エリアが対応エリア外であると、買取してもらえません。店舗に直接出向けば買取してもらえるかもしれませんが、遠方であれば多くの燃料代を要します。その場合は、効率のよい買取方法とはいえません。

よい買取業者を見つけても、対応エリア外であることが分かると時間を無駄にしてしまう可能性があります。対応エリアのチェックは、早めに行いましょう。

納得のいく買取価格を提示するかどうか

買取業者に買取を依頼する際の最終的な目標は、高値で買取してもらうことでしょう。そのため納得できる買取価格を提示してくれる買取業者選びは、重要な要素といえます。

1店舗だけをチェックした場合、ほかの買取業者と買取価格の比較ができません。ほかにもっと高額で買取してくれる買取業者がいることも考えられます。

多くの買取業者の査定額を知るためには、「一括査定」サービスを利用するのがおすすめです。インターネットで車両情報や簡単な個人情報を登録するだけで、多くの買取業者にまとめて査定依頼ができます。買取金額を比較して、納得のいく金額を提示してくれる買取業者を見つけましょう。

店舗内の雰囲気

店舗内の雰囲気がよければ、より信頼して任せやすくなるのがポイントです。店舗内の雰囲気がよければスタッフの対応がよいことも多く、気持ちのよい取引ができるでしょう。

スタッフ同士のコミュニケーションも取れていることが考えられるため、トラブル発生のリスクも低いといえます。雰囲気がよければ、人手が足りてスタッフに余裕があることも考えられ、買取までの流れもスムーズに進みやすいのも魅力です。クチコミやSNSだけではなく、できれば実際に店舗へ足を運びチェックしましょう。

まとめ

まとめ

年末年始は「車以外の出費が多い」「業者に足元を見られやすい」などが影響して、買取価格が安くなる傾向にあります。より高値で買取してもらうためには、年末年始から逆算してのスケジュールを立て、愛車の相場を常に把握して下がりそうなときに売るなどの行動が重要です。

少しでも買取価格を上げるために買取業者を選ぶ際は、より高値を付けてくれる業者を選びましょう。carview!中古車一括査定サービスは、300社以上の提携買取業者から、居住エリアに合った最大10社への査定依頼が可能です。

一度で複数社に査定依頼ができるため、簡単に高額査定をしてくれる買取業者が見つかります。愛車の売却は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ