現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車を買取に出すなら13年目がねらい目!その理由と価値を解説

買取ガイド

車を買取に出すなら13年目がねらい目!その理由と価値を解説

車を買取に出すなら13年目がねらい目!その理由と価値を解説

多くの場合、車は所有年数が長いほど価値が下がっていきます。10年以上乗り続けるユーザーも見られますが、どのタイミングで売ればよいかわからないという方もいるのではないでしょうか。実は、税金の観点から考えると、13年目を迎える前に売るのがおすすめです。
そこでこの記事では、13年目に車を売ることで得られるメリットと、その裏付けとなる重量税に関して詳しく解説します。それ以外の売却に適したタイミングもご紹介しているため、愛車の売却や買い替えを検討している方の参考になるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車は13年目が買い替え時である理由

車は13年目が買い替え時である理由

車を所有すると、さまざまな税金を支払う必要があります。自動車重量税もそのうちのひとつです。税金は維持費にも大きくかかわります。重量税の額は経過年数により異なるため、買い替えのタイミングを見計らう重要な要素にもなるでしょう。まずは、経過年数に応じた重量税の重課について詳しく説明していきます。
※記載している情報は、2020年2月4日時点のものです。

13年目から重量税があがる

13年目がひとつの買い替え時とされるのは、このタイミングで自動車重量税があがるためです。軽自動車はそれほど負担に感じない金額差ですが、普通自動車は車両重量が重いほど税額があがるため、車種によっては大きな負担となるでしょう。

重量税は新車登録から13年目と18年目の2段階で税額がアップします。つまり、13年目に税額があがってから5年後のタイミングでさらに高くなるということです。自家用車であれば、通常は車検の際に2年分をまとめて支払うため、税額があがると大きな負担増を感じる方もいるでしょう。

したがって、13年目で税額がアップした重量税の納税義務が発生する前に売却するのがお得なタイミングといえます。すでに13年を過ぎている方は、18年目のタイミングをねらってもよいでしょう。

なぜ重量税があがるの?

重量税の金額は環境問題と深い関係にあります。ガソリンやLPガスを使用した車から排出されるガスが、地球環境に悪影響を及ぼすためです。

新しく作られた車ほど最新技術の採用により環境性能が優れており、現行の厳しい燃費基準も満たしている傾向にあります。一定の経過年数に応じた重量税の重課措置は、環境性能の低い古い車の買い替えを促すための取り組みといえるでしょう。

一方、環境に悪影響を与えるリスクが少ない車はエコカー減税により優遇されます。たとえば、ガソリンを使用しない電気自動車(EV)や、モーター併用で稼働するハイブリッド車は減税・免税の対象です。燃費基準をクリアしたガソリン車も減税対象となり、節税につながります。

2020年1月現在では、エコカー減税対象車については経過年数に応じた重課措置も適用されないため、13年以上乗り続けたいのであれば、環境に優しい車を選ぶのもひとつの方法です。

重量税の概要

重量税の概要

お得な時期に車を買い替えたい方は、税額があがる13年目の直前をねらうのがおすすめです。重量税は、車を所有するユーザーすべてに課される義務でもあるため、基本的なルールも理解しておきましょう。

次の車検で支払う重量税額の計算方法を把握しておくことも大切です。ここからは、自動車重量税の税額表と調べ方をご紹介します。

重量税とは

重量税は新車登録時(購入時)と車検時に納税が発生します。次の車検までの期間分をまとめて納めるため、自家用車の場合は新車登録時に3年分、以降は車検ごとに2年分を納めるのが一般的です。

    エコカー減税対象外の自家用普通車の車両重量ごとの税額(新車購入時、3年分)

  • 500kg以下…1万2,300円
  • 500kg1,000kg…2万4,600円
  • 1,000kg~1,500kg……3万6,900円
  • 1,500kg~2,000kg……4万9,200円
  • 2,000kg~2,500kg……6万1,500円
  • 2,500kg~3,000kg……7万3,800円

参考:『2019年5月1日からの自動車重量税の税額表 国土交通省』

重量税の調べ方

「自分が所有している車の重量税額を知りたい」という方は、国土交通省の公式ホームページから検索できます。車台番号の入力が必要なため、手元に車検証を用意しておきましょう。車検を受ける日程が決まっている方は検査予定日も入力します。

これから購入する予定の車について調べたい場合は、車両重量が分かれば、税額表をもとに計算可能です。エコカー減税対象車の場合は、本則税率に該当の減税率を当てはめて算出しましょう。

参考:『次回自動車重量税額照会サービス』

車を買取に出すおすすめのタイミング

車を買取に出すおすすめのタイミング

車の売却に適したタイミングは、重量税以外の観点からも考えられます。13年目・18年目という基準のみにとらわれず、走行距離やライフスタイルの変化など、視野を広げて総合的に検討してみましょう。複数のポイントを組み合わせることで、自分に合った売却時期を知る手がかりになります。

車を買ってから13年目

新車登録から10年以上経過した車を所有している方は、13年目を迎えるタイミングがひとつの売り時です。普通自動車は重課によって2年分で数万円負担が増えるケースもあります。重量税に加え、自動車税も重課の対象となる点に注意しましょう。

車本体の劣化で故障リスクが高まり、車検時に費やす修理費用も高額になるかもしれません。税金・修理費用どちらも負担が増すのであれば、思いきって買い替えを決断したほうがお得かもしれません。

3回目の車検の前

中古車の価値は、年数とともに下落するのが一般的です。珍しい車種は価値があがることもありますが、ほとんどの場合、経過年数が多いほど買取金額は低くなると考えたほうがよいでしょう。とくに新車登録から8年目のタイミングが下落しやすいといわれています。

新車登録から3年目にはじめての車検を受け、2回目に受けるのは登録から5年後、3回目は7年後です。3回目の車検を受ける頃には価値が下がる傾向にあるため、8年目の車検を受ける前のタイミングがねらい目といえるでしょう。

走行距離10万km直前

日本メーカーから販売されている車は、走行距離が10万kmを超えると故障リスクが高まるといわれています。現代の技術発展によって長期間乗り続けられるケースも増えていますが、中古車市場では10万kmを目安に買取金額が下がりやすい点を理解しておきましょう。

ライフスタイルが変わったとき

車の所有年数や劣化具合以外では、ライフスタイルが変わる時期も売却におすすめのタイミングといえます。結婚が決まったり、出産が近づいたりといった人生の節目には、新しい生活に適した車に買い替える必要も出てくるでしょう。

「転勤で遠方へ引っ越す」「子どもが家を出て大きな車を使わなくなった」といった生活環境の変化も、買い替えを検討するきっかけのひとつです。ライフスタイルに合わせて車を買い替えると、税金やガソリン代といった維持費の節約にも効果が期待できます。

13年落ちでも高値がつきやすい車の特徴

13年落ちでも高値がつきやすい車の特徴

新車登録から13年が経過した車でも高価買取につなげることは可能です。車の状態にもよりますが、再販売できるコンディションであれば価値を見いだせます。査定結果は年式だけでなく、市場での人気度やスペックに左右される点も理解しておきましょう。ここからは、高値がつきやすい車の特徴を5つご紹介します。

人気車種

所有している車が人気車種であれば、高値で買い取ってもらえる可能性が高まります。人気車種は購入を希望するユーザーも多く、使用年数が長くても需要が見込めるためです。

人気の高さに反して中古車市場で出回る数が少ない場合は、販売店が在庫を確保したいために、高い値段がつく可能性もあります。数が少ないものは再販する際にも高額を提示しやすく、買取業者側の利益にもつながりやすいからです。人気車種すべてが高額で売れるわけではありませんが、リセールバリューを決める要素としては重要でしょう。

状態が良い

「13年落ち」と聞くと、あまり良い印象を受けないかもしれませんが、車の状態がきれいであれば相応の価値はあります。査定で満足のいく金額を提示してもらうためには「一般的な13年落ちに比べると状態が良い」と印象づけることが大切です。

状態の良さをアピールするには、普段の扱い方が重要なポイントになるでしょう。丁寧に運転し、定期的に点検とメンテナンスを心がけることで良好なコンディションを維持できます。長年乗り続けたのちに売却する予定の方は、丁寧なメンテナンスを心がけましょう。

モデルチェンジ前

メーカーがフルモデルチェンジを発表して販売を開始すると、それまでの旧モデルはリセールバリューが下がる傾向にあります。13年落ちでも、フルモデルチェンジが行われていない場合は、現行モデルであることを理由に高値がつくかもしれません。

ただし実際には、13年以上フルモデルチェンジを行わない車種は少ないといえます。5年前後でモデルチェンジを発表するメーカーが多いため、現行モデルを所有している方は動向をチェックしておきましょう。

需要が高い

中古車市場で需要が高い車は、高値がつきやすいといえます。維持費が節約できるハイブリッド車や、上級グレードモデルが代表的な例です。新車での人気度は低くても、使いやすさや汎用性の高さから中古車としてはよく売れる車種もあります。

海外に販路をもつ買取業者であれば、販売先の国で需要のある車にも高価買取が期待できるでしょう。日本の車は海外で需要が高いため、古い車の査定額に不安がある方は、販路の豊富さに注目して業者を選ぶのもおすすめです。

走行距離が短い

日本では、1年間で1万km走行が一般的な数字といわれています。13年落ちの車の走行距離は、13万kmが目安です。これよりも走行距離が短い場合は、プラス査定となる可能性もあります。

車は動かさない間も劣化が進むため、「走行距離が短ければ年式が古くても問題ない」というわけではありません。また、走行距離が極端に短い車は、「定期的なメンテナンスがされていない恐れがある」という理由で、かえって悪い印象を与える可能性もあるので注意しましょう。

13年落ちの車でも買取需要がある理由

13年落ちの車でも買取需要がある理由

10年以上所有されていた車でも、状態が良好であれば十分に価値があります。愛車に値段がつくのはうれしいものですが「古い車になぜ需要があるのか」と気になっている方もいるでしょう。中古車が売れる理由を明確にするには、買取価格を決める要素に注目することが大切です。13年落ちの車に需要がある3つの理由をご紹介します。

修繕して販売するため

中古車を買い取ったあとは、必要な整備や修繕を行って再販売するケースがほとんどです。自社での販売からオークション出品まで方法はさまざまですが、車として使用可能であれば販売先はあります。

売却時には不備が多い中古車も、必要な部品と技術がそろえば回復が可能です。一見価値がないように見える車でも業者の手によって修繕されるため、13年落ちでも十分に値段をつけられる車は多くあります。

海外への輸出

日本国内では需要のない車でも、海外で販売すると人気が集まることがあります。たとえば、走行距離が10万km以上の車は国内ではリスクが高いといわれていますが、海外では比較的高いリセールバリューを維持できます。日本車の高い性能も理由のひとつでしょう。

日本国内と海外では中古車市場の動向も異なります。求められるボディタイプや排気量など、中古車に対する考え方に差があるためです。したがって、日本国内外に豊富な販路をもつ買取業者は、13年落ちの車を買い取ってくれる可能性が高まるといえます。

部品やパーツの販売

中古車買取業者が車本体以外に求めるのは、車を構成するパーツや小さな部品です。部品単体で再販売したり、ほかのユーザーから買い取った車の修理部品として活用したりします。13年落ちの車に需要があるのは、車両本体だけでなく、個々の部品にも価値を見いだせるためです。

廃車の買取を行う業者も、パーツや部材を活用して利益を出しています。つまり、走行に支障のあるような中古車であっても値段がつく可能があるということです。状態の悪さが気になる方は、部品やパーツ単位でも評価してくれる買取業者を探してみましょう。

carview!車買取なら13年落ちの車を買い取ってくれる業者が見つかる!

10年以上使用した車を売却したい方は、carview!中古車一括査定サービスをご活用ください。2020年2月現在、大手から地元密着型まで、200社以上の中古車買取業者と提携しています。13年落ちの車を買い取ってくれる業者もいるでしょう。

売りたい車の情報など、必要項目を入力するだけで簡単に査定が申し込めます。希望のエリアに合わせて最大10社へ依頼できるため、時間の節約にも効果的です。複数の査定額を比較して満足できる業者を見つけましょう。

まとめ

まとめ

自動車を所有するうえで納税が必要な重量税は、新車登録後13年目に税額があがります。重課が適用される前のタイミングで買い替えるのがおすすめです。

今すぐには買い替えを検討していない方も、直前になって焦らないよう適切なタイミングを把握しておきましょう。13年落ちの車でも高値をつけてくれる業者は多数存在します。少しでも高く売るために、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ