現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 故障した車でも買取してもらえる?少しでも高く売るコツをご紹介!

買取ガイド

故障した車でも買取してもらえる?少しでも高く売るコツをご紹介!

故障した車でも買取してもらえる?少しでも高く売るコツをご紹介!

車が事故やトラブルで使えなくなると、廃車にするしかないと思う方がほとんどでしょう。しかし、実際は故障車でも中古車買取業者に売れることがあり、高額で取引できる可能性も秘めています。
そこでこの記事では、故障車を買取してもらう方法についてご紹介します。できるだけ高く売るコツも解説するので、壊れた車をお得に処分するヒントが学べます。ぜひ参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

故障車でも買取可能な場合がある!

故障車でも買取可能な場合がある!

壊れた車の価値はないのでは?と思う方は少なくありません。しかし、事故を起こしたりエンジンやバッテリーといった部品が壊れたりして車が動かなくなっても、状態によっては買い取ってもらうことが可能です。

部品の故障であれば交換すれば良いので、中古買取業者にとっては大きな問題ではないでしょう。ただし、その修理費用を考慮した上での価格で買取されるため、希望価格で買い取ってもらうことは難しいこともあります。また、車は部品にも価値があります。ブランド車であればエンブレムだけでも売却できる場合がありますので、故障車であっても諦めずに業者に相談してみましょう。

ここが故障した車は要注意!買取できない車ってどんな状態?

故障車の場合、少額であっても買取として値段が付くのか、値段が付かず廃車をする他ないのか判断しかねることもあるでしょう。以下に、買取できない状態の可能性が高い故障の目安をピックアップしました。

    買取できない可能性が高い故障
  • エンジンがかからず動かない車(不動車)
  • 水害などで水没した車(水没車)
  • フロントガラスに大きな損傷ある車
  • オーバーヒートしている
  • オイル漏れ・クーラント漏れがある
  • 事故でフレームにゆがみがあり、真っすぐに走行できない車
  • ボンネットや屋根に大きなへこみがある車

廃車専門業者は、上記に当てはまるような重度な故障車でも修理して海外に輸出したり、部品取り車として解体して販売したりするルートなどを持っています。たとえ日本では再販が難しい故障車でも、日本車は海外で人気があり一定の需要があるためです。

また、人気のない車や修復が不可能な故障車も、スクラップにしてリユースも可能です。中古車買取店で値段が付かず買取できないと判断されても、諦めずに廃車買取専門業者に相談しましょう。

【故障車の買取】主な3つの方法

【故障車の買取】主な3つの方法

故障車でも業者に買い取ってもらえる方法があります。故障車を扱う業者のタイプは主に3つです。状態の優れた中古車とともに壊れた車も買い取る業者から故障車に特化した業者まで、特徴はそれぞれ異なります。ここでは、故障車を買い取ってくれる業者を3タイプご紹介します。廃車を考える前に以下の業者に買取を相談してみるとよいでしょう。

中古車買取業者に売却

タイヤのパンクやボディの傷のようにダメージが限定的なら、多くの場合、中古車買取業者に売却できます。中古車買取業者に相談する前に、故障の度合いを確かめておきましょう。バッテリー上がりやタイヤのパンクで車を動かせないなら、出張査定が利用できます。

中古車買取業者の中には故障車に強い業者もあり、高額査定の可能性もあります。ただし、エンジンブローや事故による骨組みに大きなゆがみがあると、値段が付かないことがあるので注意しましょう。

故障車専門買取業者に売却

中古車買取業者では査定してもらえないほどダメージが大きい場合、故障車専門買取業者に依頼するという方法があります。一般的な買取業者よりも故障車の扱いに慣れており、高額査定も期待できます。故障車に特化した買取業者には、部品の再利用や海外販売ルートといった独自の活用法があるためです。

車を動かせなくなり中古車買取業者による査定も期待できないなら、故障車専門の業者に相談すると良いでしょう。

廃車買取業者に売却

事故や故障で修復が期待できないほどのダメージを負ってしまったら、廃車買取業者に相談しましょう。廃車にするには手続きの手間やコストがかかりますが、鉄くずも価値ある資材です。

廃車買取業者なら、中古車買取業者や下取りの査定が受けられない車でも買い取ってもらえる可能性があります。廃車手続きの前に、一度廃車専門の買取業者に相談してみるとよいでしょう。

【故障車の買取】故障のケースによって査定額はどうなる?

【故障車の買取】故障のケースによって査定額はどうなる?

故障車と言っても、故障の原因はさまざまなです。具体的にどのような故障が、査定額に影響するのでしょうか。ここでは、それぞれの故障によって、どの程度減額されるかの目安を見ていきましょう。

オーディオやエアコンなどの故障

オーディオやカーナビ、エアコンなど車両の走行に影響しない部分の故障は、すぐに交換でき査定額が少し下がるだけで済みます。

    JAAI(日本自動車査定協会)による査定減額の目安
  • オーディオの故障:1万円
  • カーナビの故障:3万円
  • エアコンの故障:1~4万円

これらの装備は、そもそも装備されていなくても大きな減額になりません。交換に伴う修理費以上に査定額がアップすることは見込めません。よって、そのままの状態で査定を受けて良いでしょう。

バッテリー上がり

バッテリー上がりで自走不可の状態は、一般的には軽微な故障にあたります。そのため、査定前に修理する必要はありません。自走不可の場合は、出張査定を利用しましょう。査定を申し込む時点で、バッテリー上がりの状態にあることを買取業者に申告すれば、査定時にその場で修理してくれます。

バッテリーが上がっていてもジャンプ(ブースターケーブルで他の車から電力を得ること)してエンジンがかかるなら問題ありません。ただし通常のバッテリー上がりではなく、バッテリーを交換しても直らない電気系統の故障などの場合、レッカー代(10kmまでで5000円程度、20kmまでで1万円程度)などがかかるため、査定価格に影響します。

チェックランプの点灯

メーター内のインジケーターにチェックランプが点灯している場合、原因によって対処法が異なります。エンジンやブレーキ関係のチェックランプが点灯している状態では、車検に通りません。査定を受ける前に、あらかじめ修理工場でどこか壊れているかを特定しましょう。

ランプ点灯の状態では、車両のどこに不具合が生じているわからず買取業者も高い金額をつけられません。修理の見積書を出してもらい、修理費用が安価なら修理して売却、高額ならそのまま売却と、状況に応じて判断するのがおすすめです。

故障車を買い取ってくれる理由って?

故障車専門店が壊れた車を買い取る理由には、「日本車の海外における需要」「無事なパーツの再活用」「鉄としての再利用価値」といった3つがあります。日本車はメーカーの信頼性の高さから、海外で高い需要を誇ります。中古車として販売可能な程度のダメージなら、輸出を見越して買い取るケースがあります。

また、車自体が致命的なダメージを受けたとしても、パーツは再活用できます。たとえば、エンジンが完全に壊れていて中古車として販売するのは難しくても、他のパーツは独自の販売ルートに回して販売が可能です。さらにダメージが深刻な場合でも、分解して鉄くずにすれば、それ自体が価値のあるものとして取引できます。

以上のような理由から、故障車を専門に買い取るというビジネスは近年の自動車業界で注目を集めています。

【故障車の買取】買取業者選びの4つのポイント

【故障車の買取】買取業者選びの4つのポイント

故障車の買取を依頼する際、買取業者選びにはポイントがあります。慎重に業者を選ばないと、売却どころか処分費用が発生することもあります。ここでは、買取業者を選ぶ際にチェックしたい4つのポイントを解説します。

①手数料、レッカー代が無料

車を廃車にするとなれば、廃車費用として1~8万円ほどの費用がかかります。業者によっては手数料やレッカー代を無料にしているところもあり、費用をかけずに車を買取(処分)してもらえます。手数料やレッカー代を無料としている業者は全国展開している大手という傾向があります。買取業者選びの際、一つのチェックポイントにすると良いでしょう。

②還付金の説明をしてくれる

車を廃車にすると自動車税、自動車重量税、自賠責保険料の3つの還付金が受けられます。受け取るにはそれぞれ申請が必要で、申請を忘れると還付金は戻ってきません。査定時にこの還付金について説明をしてくれる買取業者は、良心的な買取業者と言えます。また一部の買取業者は、還付金の手続きを代行してくれる業者もあります。その一方で、買取業者が提示する買取価格に還付金が含まれていることもあるため、必ず確認しましょう。

③査定額が高すぎない

査定額が高いとつい契約を進めたくなりますが、明らかに他社より査定額が高い場合は悪徳業者の可能性もあります。査定額を高く見積もることで顧客を集め、後に買取価格を査定額よりも大幅な減額をしたり、契約後に「新しく別の故障箇所が見つかった」など査定額を下げたりするケースも存在します。

このような業者を防ぐ策として、あらかじめインターネットなどで自分の車の年式・メーカー・車種・車の状態と似た条件の買取実績を確認し、故障車の大まかな買取額の相場を把握しておくと良いでしょう。

④国が認可しているリサイクル工場を持っている

廃車買取業者を選ぶ際に、その業者が国が認可するリサイクル工場を持っているかどうかを確認しましょう。廃車の最終解体とリサイクル処分は、正規の国認定解体業の免許とリサイクル工場を持っている業者しか行えません。それ以外の業者が買取する場合、最終的にリサイクル業者に持ち込むため、結果としてその費用分査定額が下がります。

買取業者のホームページ内での「運営会社」「会社概要」欄などを必ず確認し、自動車リサイクル法による許認可や解体業認可を取得している会社かどうかを確かめましょう。

自動車リサイクル法の詳細はこちら
http://www.jars.gr.jp/

【故障車の買取】事前に確認しておきたい注意点

【故障車の買取】事前に確認しておきたい注意点

故障車を処分する際には、さまざまな注意点があります。正しく処分しないと、取引で不利になったり車の価値に悪影響を与えたりします。ここでは、故障車の扱いで気をつけるべき注意点を3つご紹介します。壊れた車は慎重に扱うことが大切です。価値を落とさないように注意しましょう。

ディーラーで買取はしてもらえない

基本的に故障車はディーラーでの買取は期待できません。ディーラーが扱うのは新車や認定中古車といった状態が優れた車です。ディーラーの場合、下取りであれば自社ブランドの車を買ってもらえるチャンスなので引き取ります。しかし、買取ではディーラー側のメリットがないので、故障車を引き取ってもらう見込みはほとんどありません。

故障していることを必ず申告する

車の買取を依頼するときには、認識している故障を必ず買取業者に申告することが必要です。売る側であるユーザーには「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」が生じます。瑕疵担保責任とは、車の売却後に売り主が未申告の不具合の見つかった場合に、その責任を売り主が負うことです。この場合、買取業者など買い手側から、不具合や故障の修理費として損害賠償請求がされます。

瑕疵担保責任においては「修理費だけを負担すればいい」という話ではありません。売買契約書に「損害賠償金や契約の解約料も請求される」と明記されている場合、修理費にプラスして費用が請求されます。売買契約はお互いの信頼関係の下に成立することを改めて認識し、虚偽の申告をしないよう気をつけてください。万が一申告漏れに気づいた場合、速やかに買取業者へ連絡をしましょう。

自分で修理するのはおすすめできない

故障車を自分で修理するのは避けましょう。多くのユーザーは専門知識があまりなく、間違った修理方法で車の価値を下げる恐れがあるためです。たとえば、ボディについた小さな傷のようなダメージならコンパウンドやボディクリーナーで直せますが、エンジンの故障やボディのゆがみは素人が自力で直すのは難しいでしょう。

修理業車に持っていけば実費の負担もかかります。故障車を売るなら自分で修理するのは諦めて、買取業者に状況を正確に報告することをおすすめします。

【故障車の買取】できるだけ高く売るコツは?

【故障車の買取】できるだけ高く売るコツは?

事故やトラブルで動かなくなった車でも、1円でも高く売りたいと考える方がほとんどでしょう。ここでは、故障車をなるべく高く売る方法をご紹介します。車の状態を見極めながら、一括査定のような便利なシステムを使い、良質な業者を選びましょう。

車の状態に見合った買取業者を選ぶ

故障車を買い取ってくれる業者にはさまざまなタイプがあります。ダメージの度合いから対応可能な業者を見極めましょう。

たとえば、ダメージのあるパーツがタイヤやバッテリーといった特定の消耗品だけなら、中古車買取業者でも査定をしてもらえます。ただし、交通事故やエンジンブローで車が動かなくなったときは、廃車専門の業者しか対応できない場合があります。

できる範囲で車内をきれいにしておく

たとえ故障車でもできる限り状態を良く見せる努力をしましょう。たとえば、エンジンやギアボックスのようなメカニカル系のトラブルで車を動かせない場合、車内を掃除して好印象を与えることが大切です。

また、事故でボディがゆがんでいてもドアを開けられて車内に入れるなら、可能な範囲の掃除はしたほうが良いでしょう。査定士の印象が良ければ、事故車でも買取価格が上がる可能性があります。

複数の業者で見積もりを取る

故障車の買取を依頼する前に見積もりを取るなら、複数の業者を比べるのがおすすめです。少なくとも3社以上が望ましいでしょう。査定額の平均で愛車の相場がわかるのはもちろん、サービス内容の違いも比較できます。

買取業者によって得意な車種や故障車への知識や活用方法は異なります。タイプの違う業者に触れることで、どこに売るのが理想か見極められるでしょう。

一括査定を利用する

故障車の見積もりには一括査定がおすすめです。壊れた車はバッテリーやエンジン、タイヤのダメージで動かせない場合があります。そのような車は店舗に持ち込めないので、自宅から一括査定サイトにアクセスして出張査定を依頼すると良いでしょう。

故障車ならcarview!車買取の事故車一括査定サービスがおすすめ

何らかの故障が生じている車は、買取依頼に不安を伴うこともあるでしょう。carview!車買取の事故車一括査定サービスならば、条件に合った買取業者を効率的に探せます。

    carview!車買取の事故車一括査定サービスがおすすめの理由
  • 自動車一括査定サービスで一番の老舗であり、利用実績500万人以上
  • 故障車専門の買取業者を含めた300社以上の中古車買取業者と提携
  • 手間なく条件に合った複数の買取業者に査定を依頼できる
  • 一度で最大10社へ査定を依頼できる
  • 入力フォームは最短45秒で入力完了

まとめ

まとめ

車が壊れても廃車にするしかないと諦めることはありません。故障車でも状態や業者によっては高額で買い取ってもらえる場合があります。ダメージの度合いが小さければ中古車買取業者で買取が可能です。また、廃車レベルのダメージがある場合には廃車専門の買取業者に相談すると良いでしょう。

carview!車買取では、多くの車を次のオーナーへ導くために一括査定を扱っています。故障車専門の買取業者とも提携しており、壊れた車でも対応できます。車が壊れて処分にお困りの方はcarview!車買取の事故車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ