現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車買取業者に外車を売ると査定額が安いの?国産車との違いや価格を上げるコツ

買取ガイド

車買取業者に外車を売ると査定額が安いの?国産車との違いや価格を上げるコツ

車買取業者に外車を売ると査定額が安いの?国産車との違いや価格を上げるコツ

外車でも国産車でも、大切に乗っていた車を買取ってもらうなら、高く買取ってほしいと思うのは当然ですよね。特に外車の場合は、一般的に「新車で購入したときは高くても、売るときは安くなる」と言われており、買取価格が下がる原因について知りたい方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、外車の買取に注目し、なぜ国産車に比べて安くなってしまうのか、また高く買取ってもらうためのポイントや外車と国産車の査定基準の違いなどを紹介します。外車の売却を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

なぜ外車は買取価格が安い傾向にあるの?

なぜ外車は買取価格が安い傾向にあるの?

外車と聞くと高額査定が期待できそうなイメージがありますが、実はその逆で、国産車よりも査定基準が厳しく買取価格は安いのが現実です。ここではまず、なぜ外車の買取価格が安いのかを解説します。

国産車に比べて需要が少ない

外車を購入する方は新車で買いたい場合が多く、あえて中古車を選ぶ方は少ない傾向にあります。そのため中古車としての需要が低く、買取価格が安くなってしまう点が理由のひとつにあります。

また、日本国内の新車販売における外車の比率はとても少なく、そのうち約6割を「メルセデス・ベンツ」や「フォルクスワーゲン」、「アウディ」、「BMW」などのドイツ車が占めています。それ以外の珍しい外車は買取相場自体が存在していない場合もあります。

さらに、外車が故障した際には、海外からパーツを取り寄せる必要があるため、修理費や維持費が高くなりがちです。加えて「外車は故障が多い」というイメージを持つ方も多く、敬遠されやすいのでしょう。

外車の査定基準は国産車とは少し違う

国産車の場合、高級車であればたとえ長距離を走っていても価値があるとされ、高額査定されやすい傾向があります。

一方、外車は国産車よりも査定基準が厳しく、走行距離はもちろん、多少の傷やへこみに対しても大きく減点されます。そのため外車は、価格が同程度の国産車よりも約1.2~2倍の減額となるケースも少なくありません。

また、外車において特に「超高級外車」は特別扱いです。たとえば「フェラーリ」や「マセラッティ」などの超高級車は、年間1万km程の走行距離でも大幅なマイナス査定になります。中古で外車または超高級外車を購入する方が少なく、需要を反映した結果と言えます。

外車を買取に出すときの選択肢とは?

続いて、外車を売却する際にはどのような方法があるのかを紹介します。外車の売却方法は主に「下取り」または「買取」で、それぞれに2つずつ異なる方法があります。それぞれの特徴を知った上で、自身にあった売却方法を選びましょう。

下取りに出す場合

外車を下取りに出す場合は、以下の方法があります。

・輸入車(外車)ディーラーに下取りに出す
次もまた外車を購入する場合、現在の車を購入したディーラーで下取りに出せば、売却と購入の手続きが一度で済みます。新車を購入するのが前提の方法で、下取り価格は新車購入の金額に充てられます。

・国産ディーラーに下取りに出す
外車から国産車に乗り換える場合、国産ディーラーに下取りに出すのも一つの方法です。ただし、国産車ディーラーのスタッフは輸入車に詳しくない場合が多い傾向にあります。外車の価値を正しく判断できず、低めの査定額となってしまう可能性があるので注意しましょう。

買取に出す場合

外車を買取に出す場合は、以下の方法があります。

・輸入車(外車)専門の買取店で売却する
買取店の中には輸入車専門の店舗があります。外車全般に詳しく豊富な販売ルートを持っており、自社で整備工場を持っている大手買取店も存在します。高額買取に期待ができる方法です。

・一般の買取専門店で売却する
大手買取店の中には、輸入車の買取に力を入れているところもあります。輸入車を積極的に取り扱っている店舗や、グループ内で輸入車販売店を持つ店舗を探しましょう。輸入車に強い買取店なら、高額査定が期待できます。

外車の買取価格を左右する要因

外車の買取価格を左右する要因

査定の基準には、「日本自動車査定協会」によって定められた「標準状態」があります。この標準状態より上か下かで買取価格は変化します。

たとえば、タイヤは1.6mmの残り溝が標準基準です。それ以下しか溝が残っていなければマイナス査定となります。このような要素に加えて、車種の人気具合や買取業者の在庫状況なども買取価格に影響します。ここでは、外車の買取価格に影響する要因を探っていきましょう。

参考: 一般財団法人 日本自動車査定協会 東京都支所

走行距離

走行距離は査定標準のひとつです。年式ごとに「標準走行キロ」が標準状態として設定されています。査定をうける車の走行距離が標準走行キロより多いか少ないかが判断基準です。おおまかな方法ですが、初年度登録からの年数×1万kmを基準とできます。それより走行距離が多ければ金額が下がり、少なければ金額が上がると考えられます。

年数がほとんど経過していない状態で走行距離も短い外車がある場合は、この機会に売却を検討してみてはいかがでしょうか。

傷やへこみなどのダメージ

査定の標準状態では、外装・内装ともに無傷であることと定めています。つまり年式・車種・グレードに関係なく外装や内装にひとつでも傷やへこみがあれば、買取価格は下がるのです。

では、「傷やへこみがある場合、査定の前に修理をしておいた方がよいのか」と考える方もいるでしょう。答えは、傷やへこみの程度によります。修理した方がよい場合もあれば、そうでない場合もあります。

目立ない程度の小さな傷であれば、コンパウンドやタッチペンで修理するとよいでしょう。査定の際、見た目もきれいになり印象もよくなります。

一方で、板金修理が必要なほどの傷やへこみであれば、修理コストと査定でアップする金額を比較しましょう。多くの場合、板金修理の方が金額は高くなるため修理しないまま査定に出すほうがお得です。

故障の有無

査定の標準基準の中には、事故による修理歴や、改造工作のないことという点も含まれています。事故による修理歴は査定額が下がる要因です。車のフレーム部分を修復しているものは、修理歴ありとみなされます。車のフレーム部分を修復する必要のある事故となると、かなり大きな事故を起こしたと考えられるため、買取価格は下がるでしょう。

改造工作をしてドレスアップされた車も買取価格が下がる傾向にあります。中古車市場では、改造車よりもノーマルな車のほうが売りやすいからです。

車自体の人気

人気のある車であれば、買取価格が上がることもあります。以下のような外車は中古車市場で人気です。

・BMW3シリーズセダン
・メルセデス・ベンツCクラスステーションワゴン
・フォルクスワーゲンゴルフ
・アウディQ5
・BMWミニ MINI
・ボルボXC60シリーズ

外車・国産車を問わずSUVは人気です。そのため、MINIクロスオーバーやメルセデス・ベンツGLEクラスなどの人気のSUVも予想以上の買取価格になる可能性があります。

在庫状況

買取業者や中古車販売店が在庫を維持したい、増やしたいと思っている時期に査定に出せば買取価格が上がる可能性があります。

一般的に、3月・9月は新生活を迎える準備の一環として車を買おうという方が増える時期です。その時期の前から、買取業者や中古車販売店は在庫を確保しようと動き出します。もし不要な車があるならば、3月・9月の前の時期に査定を依頼することで、通常の時期よりも高い買取価格が期待できます。

外車の買取額を上げる装備

外車の買取額を上げる装備

買取価格を左右するのは走行距離や修理歴の有無、人気の車種かどうかだけではなく、装備品の有無も大きく影響します。なぜなら、外車を購入する方には「フルオプション」にこだわる方も多くいるからです。

たとえば、カーナビなどディーラーオプションの装備より後付けができないメーカーオプションがついているほうが買取価格は高くなります。ここでは、どのようなオプションパーツが買取価格アップにつながるのかを見ていきましょう。

カーナビ

外車の純正カーナビは、国産車のカーナビのような規格サイズに該当しないことがあります。また最近では、エアコン操作や走行モードの設定などができるなど、車の機能の一部といえるものも増えてきました。

たとえば、スポーツタイプの外車の場合は、温度やターボのブースト圧などスポーツ走行時に必要な情報も表示され、後付けメーターがいりません。市販のカーナビは、ここまでの機能を備えていないものがほとんどです。そのため、高機能で使いやすい純正品のカーナビがついている場合は買取価格がアップします。

オーディオ

外車・国産を問わず、オーディオ自体がない場合は部品のひとつが欠品となるため買取価格は下がります。

オーディオ自体は、買取価格に大きな影響を与えるわけではありません。しかし、高級外車には何十万円相当のナビゲーションシステムと連動したオーディオシステムが装備されていることもあります。こうした装備品がついていれば買取価格のアップが期待できます。

また査定の基準でも、5年以内のオーディオであれば買取価格のアップにつながるとされています。しかし、それを超えてしまうと買取価格には影響しません。

サンルーフ

サンルーフやムーンルーフなどが装備されていると買取価格アップにつながります。後付けできないという点や、開放感が味わえるなど人気高いオプションだからです。多くの場合、新車のオプションで10万円~20万円程度の価格となります。売却の際には、サンルーフがあるだけで10万円以上の査定額アップにつながるケースもあります。

本革シート

高級外車では標準装備となっていることが多い本革シートも、高額査定につながります。本革シートは後付けできないことだけでなく、本革シート自体が高級感をアップさせる効果があるので商品価値が上がります。

さらに、シートヒーター・電動リクライニング・アームレストなどとシートはセットになっています。このようなインテリアにより高級感を味わえるという点も高価買取となるポイントです。もちろんシートに擦れや汚れ、穴があいていれば、減点となるため買取価格は下がります。しかし、状態がよければ高価買取が期待できるでしょう。

外車買取業者の探し方

外車買取業者の探し方

「外車は高く売れない」と一般的には考えられていますが、ポイントを押さえれば相場以上の値段で買取してもらうことも可能です。ここでは、信頼できる外車買取業者を探すためのポイントを4つご紹介します。

家から行きやすい場所にあるかどうか

ネットで一括査定などを利用すれば、自分の車がどの程度の価格なのかは把握できます。しかし、車を実際に査定してもらわなければ本当の価格は分かりません。

的確な価格を知るためには、車を店舗に持ち込むか、査定士に出張査定を依頼することになります。また、手続きなどのために業者へ足を運ぶこともあるかもしれません。そのため、家からアクセスしやすい買取業者をピックアップしましょう。

買取業者の中には、全国展開しているチェーン店もあります。利便性なども含めて、自分に合った業者を選択することが重要です。

全国から買取を受け付けているか

査定依頼を考えている買取業者が全国から買取を受け付けているかどうかもポイントです。全国規模で買取を行っていれば、中古車市場の新しい情報を仕入れることができ、それを提示額に反映できます。

さらに買取だけでなく、全国規模で中古車販売も行っている場合は購入した車をすぐに販売できるため、在庫管理コストがかかりません。回転率も良好なため、売り手側が満足する価格を提示してもらいやすいでしょう。買取業者の規模も判断材料のひとつです。

業者の評判をチェック

自分で店舗を訪問する、クチコミサイトを利用するなど気になる業者の評判をチェックしましょう。クチコミには、利用した買取業者の担当者や査定士の対応の仕方、どの業者が一番高い金額を提示してくれたなど参考になる情報が多くあります。

買取業者の得意分野はそれぞれです。軽自動車の買取を得意としている、スポーツタイプの車に強い、外車専門に買取をしているなどが挙げられます。どの業者が外車の買取に強く、高額買取してくれるのかを判断しましょう。

取り扱っているメーカーをチェック

中古車買取業者や販売業者の中には、特定のメーカーのみを扱っているところがあります。依頼したい業者が自分の車のメーカーを取り扱っているかどうかもチェックしましょう。

日本にある外車のうち半数以上は「メルセデス・ベンツ」「アウディ」「BMW」などのドイツ車であると言われています。そのため、中古車の買取業者や販売業者の中には、これらのメーカーのみを取り扱うところもあります。時間を無駄にしないためにも、まずは自分の車を買取ってくれる業者をピックアップすることが大切です。

外車をはじめ車の買取において必要な書類

外車をはじめ車の買取において必要な書類

査定をしてもらい買取価格に納得できたなら車を売却します。外車を含め車の売却には多くの書類が必要です。売却の契約をする前には、自分で用意する書類と業者側が用意する書類があります。どのような書類が必要になるのかを把握しておきましょう。

業者が用意する書類

車を売却する際に、業者側が用意する書類は以下の2点です。

・委任状
・譲渡証明書

委任状は車の売却後、次の新しいオーナーが名義変更手続きをする際に必要な書類です。前所有者が委任状に氏名・住所を記載し、実印を押す必要があります。業者は前所有者の代わりに手続きをするため、前所有者の委任状が必要になります。

譲渡証明書は、今の車のオーナーが新しいオーナーに車を譲渡したことを証明するための書類です。譲渡証明書には車の車体番号、所有者の住所・氏名を記載し実印を押します。これら2つの書類は基本的には業者が用意するものです。

車の所有者が用意する書類

普通自動車と軽自動車では用意する書類に少し違いがあります。普通自動車を売却する際に必要な書類は、以下のとおりです。

    普通自動車を売却する際に必要な書類

  • 印鑑登録証明書
  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券

さらに、委任状や譲渡証明書には押印する必要があるため、実印を忘れないようにしましょう。また、自動車検査証に記載されている住所と現住所が一致しない場合は、現住所を証明するための証拠として住民票の提出が必要です。結婚などの理由で車検証の名前と違う名前になっている場合は、戸籍謄本を準備しましょう。

車買取業者に外車の買取を依頼する流れ

車買取業者に外車の買取を依頼する流れ

ここでは、実際に車を買取査定してもらい売却するまでの流れを、簡単に取り上げていきます。事前に流れを把握しておけば、スムーズに対応できるでしょう。まずどのようなことからはじめればよいのか、そしてどのようなことに注意すればよいのかを見ていきましょう。

業者への問い合わせ

まず、買取を依頼できそうな業者に問い合わせをすることからはじめましょう。外車を初めて買取査定に出す場合は、どの買取業者を選べばよいのか迷うこともあるでしょう。怪しい業者に騙されないためにも、買取基準がきちんとした大手の業者に依頼することがおすすめです。

さらに、買取査定の前に、自分の車の相場を調べておくこともおすすめです。ネットの中古車相場表や一括査定、出張無料査定などを利用して基準となる金額を把握しておきましょう。

車の査定

業者が決まれば、次は査定依頼です。車の査定には、「店舗に車を持ち込む場合」と「査定士の出張サービス」による査定の2つがあります。

いずれの場合でも、査定をしてもらうときは査定士と会話することも大切です。今までの車の定期点検やメンテナンスの方法・普段の車の使い方・修理歴の有無など、車を大切に扱ってきたことを伝えましょう。

注意すべき点は、査定前に希望金額を伝えないようにすることです。あなたの車にそれ以上の価値があった場合でも、希望額を言ってしまえばその範囲内でとどめる可能性があるからです。

車の売却

査定により提示された金額に納得したなら、次は書類を揃えて売却の契約をします。契約の際には、車の引き渡し日と売却金の入金日・その方法を必ず確認しましょう。

車の引き渡し日は、即日から1週間以内が目安です。その間に車に傷が付くと問題になることもあるため、引き渡し日までは売却予定の車には乗らないようにしましょう。

車の買取で外車を高く売るポイント

車の買取で外車を高く売るポイント

ここからは、外車を高く売るためのポイントを見ていきましょう。

・相場を知る
・外車専門店で売る
・一括査定を利用する

これら3つのどのような点に外車を高く売るポイントが隠れているのか解説していきます。愛車を少しでも高く査定してもらうためにぜひ実践してみてください。

外車の買取相場を調べる

自動車ディーラーや買取業者へ査定を依頼する前に、自分の車の相場を知ることが大切です。相場を知ることでディーラーや買取業者の提示した査定額が適正かどうかを判断できます。

外車の買取相場も、国産車と同じく基本的にはネットで調べられます。買取店のウェブサイトで価格表を確認する、複数の買取店の買取実績から予測する、などの方法があります。車の買取店には得意不得意があるため「外車(輸入車)を専門としている買取店」を参考にするのが良いでしょう。

しかし、詳しい使用状況やオプション装備などを考慮した買取価格は、実際に車を見て査定してもらわないと分かりません。自分で調べた相場価格はあくまで参考程度であると考えておきましょう。

外車専門店で売る

買取専門店の目的は、買取った車を転売することです。転売するためのノウハウと販路も持っています。外車専門の中古車買取店や販売専門店も、在庫を確保するために買取査定に力を入れています。

こうした理由から、一般的に自動車ディーラーへ下取りに出すよりも、買取専門店に買取ってもらう方が買取価格は高くなると言われています。外車専門店に査定を依頼すれば、店側の得意な分野であり、また新規顧客を獲得できる可能性から満足できる買取価格を提示してくれるかもしれません。

一括査定を利用する

複数の買取業者から見積もりをとることも買取価格を上げるひとつの方法です。複数の見積もりをとれば、その中から一番高値で売却できる買取業者を選択できます。

また、オンラインで利用できる一括査定を利用すれば、わざわざ店舗を訪問しなくても必要な車の情報を入力するだけで複数の買取業者から見積もりがとれます。

carview!中古車一括査定サービスで高価買取を目指す

carview!車買取は2000年に中古車査定仲介サービスを開始してから、これまで500万人以上が利用しています。JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しており、協会と連携して常に安全・安心なサービスをユーザーに提供することを心掛けています。

carview!車買取では1度で最大10社に一括査定依頼が可能なので、さまざまな買取店の査定額を比較し選択できます。提携業者数は300社以上あり、おなじみの大手の買取店から専門店まで幅広くカバーしているため、外車が得意な業者も見つかりやすいでしょう。

まとめ

まとめ

購入からメンテナンスまでお金をかけてきた外車に乗っている方は、できるだけ高値で売りたいと思うでしょう。買取価格は車の状態や装備に左右されますが、外車は国産車と勝手が違う場合もあります。そのため外車を売却したい場合は、専門性のある業者を利用して適正価格をチェックしましょう。

車の売却を検討しているのであれば、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご活用ください。複数の買取業者と比較することで、愛車の高価買取につながる可能性があります。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ