買取ガイド

事故車を買取に出すか修理するかの決め手とは?かしこく売るための方法も解説

事故車を買取に出すか修理するかの決め手とは?かしこく売るための方法も解説

そのままの状態では乗れなくなってしまった事故車は、どのように対処したらよいのか分からないこともあるでしょう。なかには「修理するか、買取に出すか決められない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、事故車を直すか、買い取ってもらうかを決める判断基準や、高く売るためのコツなどを紹介します。対応後に後悔しないためにも、基本的な知識を把握しておくことは大切です。この記事を読めば、事故車の対応で損する可能性を減らせるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

事故車を売却するか修理するかの決め手は?

事故車を売却するか修理するかの決め手は?

車の損傷具合によって、売却するか修理するかで迷うことがあるかもしれません。そのようなときの判断基準になるポイントを3つ紹介します。修理費用や維持費、愛車への思い入れなどのポイントをおさえれば今後の対応を決めやすくなるでしょう。

修理費用と今後の維持費

買取依頼か修理かを決断するにあたり、修理費用と今後の維持費は重要なポイントです。仮に修理費用が100万円かかるのであれば、買取業者に出して買い替えたほうが安く済むかもしれません。

修理費用はパーツによって金額が変わります。たとえば、車の心臓ともいえるエンジンを修理するとなると、費用は高額になる傾向です。50万円以上かかることもあります。マフラーの損傷やタイヤのパンク程度であれば、買替えを考えるほどの修理費用はかからないでしょう。

これは今後の維持費でも同様のことがいえます。修理しても事故の経験があると故障しやすくなる可能性が高いので、将来的な維持費を考えると買い替えたほうが賢明な場合もあるでしょう。

思い入れの深さ

人によって車は思い出をつくったものであったり、自分の人生を変えたものであったりと、大切な存在になりえます。現存台数が少ない貴重な車種で、手に入れるのに苦労したという方もいるでしょう。思い入れが深ければ事故車でも売却を考えるのは難しいかもしれません。

そのような場合は、愛車を売却したと想定して、どのような心境になるか考えてみてはいかがでしょうか。費用面ではなく、心理面で判断するのもひとつの手段です。

修理しても下がってしまう車の価値を受け止められるか

判断を悩んでいる方のなかには、「修理して元通りにすれば、いずれ売却するときに価値が下がらない」と考える方もいるかもしれませんが、この考えは危険だといえるでしょう。事故車は見た目が元通りになっても、買取額のマイナス要因になる恐れがあるからです。

買取業者が買取額を決めるときは、見た目だけではなく修復歴もチェックします。ボディは新品同様でも修復歴があれば、今後の故障の可能性や購入者の評価を考慮し、買取額を下げるのが一般的です。

修理しても車の価値が下がることを受け止められるかどうかも、考えたいポイントでしょう。

車を修理した場合の買取額への影響

車を修理した場合の買取額への影響

修復歴がある車は買取業者の査定が厳しくなり、買取額が下がってしまう恐れがあります。では、実際に修理をすると買取額へどれほどの影響があるのでしょうか。

結論からいうと、損傷の規模で買取額は大きく変わります。売却を検討している方は、修理によるマイナス査定の影響を確認しておきましょう。

傷の程度による

買取額は、事故などによる損傷が車のどの部分に及んでいるかによって大きく変わります。「骨格部位などを修復もしくは交換したもの」は販売の際「修復歴あり」「修復歴車」などと記載されるので、買取額が大きく下がるといってよいでしょう。買取業者との売買契約においては告知義務が発生します。

日本自動車査定協会ではボンネットタイプの場合、以下のパーツでネジ止め部位を除いた部分が骨格部位とされているので、覚えておきましょう。

・ルーフパネル
・クロスメンバー
・ピラー
・インサイドパネル
・フレーム(サイドメンバー)
・ダッシュパネル
・フロア
・トランクフロア

参考:『一般財団法人日本自動車査定協会|8-2修復歴車の定義』

修理車と修復歴車の買取額の違い

修復歴車とは骨格部位を修復した車を指します。骨格部位は修復せずにそれ以外を修復した車は修理車や事故車と呼ばれるので、混同しないように注意しましょう。

修復歴車は修復歴がない車よりも20%~50%ほど買取額が落ちるともいわれています。修理車も修理したことがない車に比べれば買取額が落ちますが、修復歴車ほどではないでしょう。ほとんど目立たない傷やへこみであれば1万円~3万円程度で済むかもしれません。

買取額の査定で大きなポイントになるのは、運転に支障が出るかどうかです。骨格部分に問題が起きたことのある車は修理しても故障するリスクが高くなるので、ある程度のマイナス査定は避けられないといえるでしょう。

修理したことは査定員にばれる?

「直した過去が買取額に影響するのであれば隠しておいたほうがよい」と考える方もいるかもしれませんが、プロの目はごまかせません。修復歴や修理歴がある車は、査定のときに見抜かれるでしょう。

車を売却するときは瑕疵担保責任が課されますから、不具合などは正しく申告しなければいけません。知っていたにも関わらず申告せずにいると、あとで判明したときに賠償責任を問われる可能性もあります。また、ほかの申告なども疑われやすくなるので、改めての買取を拒否されることもあるかもしれません。

軽度な傷は査定前に修理したほうがよい?

軽度な傷は査定前に修理したほうがよい?

買取に出すことは決めたけれど、「比較的軽度な傷を少額で直せるなら修理してきれいにしたほうが買取額もあがるのでは」と悩む方もいるかもしれません。たしかにきれいな状態の車のほうが買取額は上がりやすいですが、修理費用や手間に見合うほど査定額が上がるものなのでしょうか。

ここでは、軽度な傷の修理に悩んだときの対応を紹介します。修理をする前に確認しておきましょう。

修理せずに査定するのがおすすめ

軽度な傷やへこみなら、直さずに査定に出すのがおすすめです。普通に走行していても小さな傷は車についてしまうため、その程度なら買取額のマイナス要因になることは少ないでしょう。費用や手間をかけて修理するよりも、そのまま査定を依頼したほうが効率的です。

自分で直せる程度だからと、対応する方もいるかもしれませんが、その後商品として販売できるほどの修理ができる一般の方は少ないでしょう。結局プロがやりなおすような修理ではケア商品や修理時間が無駄になってしまうので、おすすめできません。

事故車でも高く買い取ってくれる業者を探すのが◎

事故車を一生懸命修理するよりも、そのまま高く買い取ってくれる業者を探すほうが、費用や時間がかからないでしょう。

業者によっては、事故車の買取を強みにしていたり、強化していたりするところもあります。事故車に限らず、買取額が全体的に高い業者を選ぶのもひとつの手段です。複数の業者に査定を依頼して、最高値の業者に売るという方法もあります。

事故にあっても必ず査定額が下がるわけではない!

自分が原因で事故を起こしたわけではなく、相手が原因で事故に遭って車が損傷した場合、その事故による買取額の減額分を相手に請求することができます。

相手に過失がある場合は、日本自動車査定協会が発行する「事故減価額証明書」を手に入れましょう。事故減価額請求において、証拠として利用することができます。ただし、証明書は判断要素のひとつであり、そのとおりの額が買取額に反映されるとは限りません。

事故減価額証明書は、日本自動車査定協会に電話で申し込めます。指定された日時に、車検証と修理見積りのコピーを持参して車を持ち込みましょう。30分程度の査定を行い、後日証明書が送付されます。

参考:『一般財団法人日本自動車査定協会|5.事故減価額証明書を入手するには』

事故車や修理歴のある車を高値で買取してもらう方法

事故車や修理歴のある車を高値で買取してもらう方法

最後に、買取に出すことを決めた場合に少しでも高く売る方法を紹介します。ポイントをおさえれば、相場よりも高い値段でマイカーを売却できるかもしれません。

ここで紹介する4つの項目をひとつずつ確認しながら、修理が必要な車でも買取額を上げる対応を実践してみましょう。

海外流通の販路をもっている業者を選ぶ

国内だけでなく、海外での販売ルートももっている業者を選ぶのがひとつのポイントです。海外と国内では人気の車種が違うので、販売ルートが国内のみの業者よりも買取額が高くなる可能性があります。

たとえば、国内では当たり前の最新システムが搭載されていない車でも、新興国などでは高く売れることがあるでしょう。修復歴を気にしない国も多いようです。国内では人気がなくても海外で需要があれば、高い買取額が期待できるでしょう。

廃車専門業者で売却する

買取業者と一口にいっても、その種類はさまざまです。車の買取業者には廃車専門の業者があります。廃車をメインの買取商品としている業者です。

廃車専門業者は車を車両としてではなく、使えるパーツごとに販売します。部分的に損傷していても、まだ使えるパーツがあれば買い取る価値があるということです。

一般的な買取業者に査定を依頼して買取額が0円であれば、諦めずに廃車専門業者に査定を依頼してみましょう。車として販売する買取業者にとってはお金にならない車でも、廃車専門業者なら買取額をつけてくれるかもしれません。

ディーラーよりも買取専門店を選ぶ

買い替えを検討している場合、ディーラーに下取りを依頼しようと考えている方もいるかもしれません。しかし、売却額を重視するのであればディーラーよりも買取専門店がおすすめです。

ディーラーに下取りに出す場合、新車の購入が前提となり、マイカーの売却金は新車購入費に充てられます。中古車市場の需要などが反映されにくいので、売却額は相場より低くなることがあるでしょう。

一方、買取専門店は需要やオプションなどによって買取額が変動しやすい傾向にあります。そのため、下取りでは値段がつきにくい古い車でも、希少性があり需要があれば高値がつく可能性があるでしょう。複数の業者を比較することもできるので、相場より高い金額で売れる可能性もあります。結果、下取りより高く売却できる可能性が高いといえるでしょう。

一括査定がおすすめ!

複数の業者に査定を依頼するのは、愛車を高く売るためには欠かせないポイントです。しかし、業者ごとに連絡をとり、車を持ち込むのは手間がかかります。査定を検討している方には、インターネットを使って1度の情報入力で複数の業者へ依頼できる一括査定がおすすめです。

買取カービューでは事故車一括査定サービスを提供しています。登録が不要なうえに無料なので、お気軽にご利用ください。

まとめ

まとめ

事故車であるときは予想される修理の程度によって買い替えをするか、修理をするかを検討しましょう。修理が必要であっても買い取ってくれる業者も多くあります。買取業者を見極めて査定を出すとよいでしょう。

車買取・中古車の一括査定サイトである買取カービューでは、事故車の一括査定も行えます。ホームページにアクセスして、必要な情報を入力するだけで簡単です。事故車には値段がつかないと諦めずに、ぜひご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP