買取ガイド

車の買取に重要な見積書とは?確認したいポイントを解説します!

車の買取に重要な見積書とは?確認したいポイントを解説します!

車の売却の際、より高く買い取ってもらうためには、見積書の内容をしっかりと確かめることが大切です。買取査定は見積書の内容をベースに行います。この見積書に目を通していないと、知らないうちに相場より安い金額での取引に応じてしまう可能性もあるかもしれません。初めて車を売る方のなかには、見積書の見方や重要性が分からないとお悩みの方もいるでしょう。
そこでこの記事では、車買取の見積書について知りたい方のために、その特徴や大切さについてご紹介します。これを読めば初めて車を売る方でも、見積書の内容を正しく確認することで適切な取引ができるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車買取の見積書とは?

車買取の見積書とは?

車を売却する際は見積書をもらうのが一般的ですが、内容をきちんと確かめないと不利な取引に応じてしまうおそれもあります。

見積もりをチェックするメリット
・売却したい車のプラス(マイナス)ポイントが分かる
・他の買取業者と価格交渉する際にも役立つ

車を売るときに備え、見積書の内容を知っておきたい方もいるでしょう。ここからは、実際に査定したときにもらう査定書との違いを踏まえながら、見積書の特徴を説明します。

見積書の特徴

見積書とは車の想定買取額を示した書類で、見積もり額とその内訳が記してあるものです。実際の買取時も見積書の内容をベースにしながら、業者が査定を行います。売却時に大切な書類なので、車とともに販売店に持っていきましょう。

買取業者には見積書を出さないところもあります。業者側としては、なるべく好条件で買い取れるよう、他社比較や交渉材料となる情報をお客さんに与えたくないからです。車を少しでも高く売りたいなら、見積書を発行してもらえる業者を選びましょう。

査定書との違い

見積書は査定書と中身が異なるので気をつけましょう。査定書は発行時点で車を買い取った場合の金額を示した書類です。車の価値を正確に示すもので、健全な業者なら評価の根拠を項目別に示しています。

一方、見積書はあくまでも車の買取価格をおおまかに計算したもので、査定額として決まっているわけではありません。状況の変化により見積もりから金額が大きく変わる場合もあることに注意です。

車の価値を実証するための書類が査定書、いくらで売れそうか概算したものが見積書と覚えておきましょう。

車買取で見積書を確認する利点

車買取で見積書を確認する利点

車を少しでも高く売るなら、見積書の内容を細かく確かめましょう。見積書には金額の根拠が載っていることが多く、内容次第で業者の健全性や高額買取の可能性を推し量れます。

ここでは見積書の大切さを複数の観点から解説しますので、見積書をチェックする際の参考にしてみましょう。

金額の理由を知ることができる

見積書には算出された概算買取価格の根拠となる情報が記載されています。全体の金額だけでなく内訳を知ることで、今後の交渉や最終的に売却を判断するための材料になるでしょう。

同じ車の種類でもグレード、状態、オプション装備などで見積もり金額は変わります。各項目が適切に評価されているか、マイナス査定となっている要素は何か、など金額の根拠をチェックすることで、他社と比較する際も論理的な選択ができるでしょう。

万が一見積もり書に記載されている内容が不十分なら、より詳細な情報の提示を業者に求めてみるのもおすすめです。こちらにとって不利な取引にならないよう、内容は慎重にチェックしましょう。

価格交渉がしやすくなる

見積書は売却するかどうかの判断だけでなく、価格交渉の材料にも使えます。内訳に納得がいかない場合は、具体的な項目を示しながら相談してみましょう。たとえば純正パーツを装着しているにもかかわらずプラス査定となっていない場合は、パーツの評価部分が抜けていないかを業者に確認できます。

また、複数社からの見積もりを受けているなら、他社の見積書を提示してみましょう。「ほかの業者にはもっと評価してもらっている項目がある」「他社の金額より〇〇円高くしてくれたら売却を決める」など、より好条件で取引するための交渉を行いやすくなります。

業者の良し悪しを判断できる

見積書の内容から業者の質も判断できます。見積もりの段階で売り手側にとって圧倒的に不利な条件を提示してくるようなら、たとえ交渉の余地があったとしても、結果として満足のいく取引とならないかもしれません。

また業者によっては、当初の話にはなかったような条件をつけて、あとで買取額を値引きするケースもあります。見積もり額と実際の買取金額に差異がありすぎるなら、見積書を根拠にした交渉が大切です。見積書は不利な取引に応じないためのお守りにもなるといえるでしょう。

    避けたい業者の特徴
  • 他の買取業者に比べ、違和感のある高額査定を出す(後から大幅減額のおそれあり)
  • スタッフの態度が悪い(強引に買取契約を迫る、質問への回答が曖昧など)
  • 買取金額から勝手に手数料が引かれている(手数料を差し引いた金額が入金される)
  • 確認せずに修理して高額な修理代を請求する
  • 期日までに買取金額が入金されない、名義変更を行わない

車買取の見積書をもらう流れ

では、実際に車買取を依頼する際、見積書を出してもらうときの流れはどのようなものなのでしょうか。査定の申し込みから買取契約までは、大きく3つのステップに分けられます。一部の買取業者は、見積書を提示せず口頭で買取金額を伝えて済ませるところもあります。

車の買取を依頼する際は、必ず見積書を出してもらい、手数料や自動車税などの項目もきちんと確認しましょう。

  1. ①査定を依頼したい買取業者を決める
  2. ②買取業者に連絡をする
  3. ③査定についての説明を受ける
  4. ④見積もりに必要な情報を買取業者に提供する
  5. ⑤見積もり書を受け取る

見積もりをしてもらうのが査定の申し込みではありません。見積もりの内容に納得してから査定を申し込むようにしましょう。

車買取の見積書の主な項目

車買取の見積書の主な項目

ここからは、見積書に書いてある主な項目を確認していきましょう。売主の個人情報や振込銀行口座の情報、売却予定の車のタイプ、装備、ローン、見積もり額とその内訳など必要な情報が多く書いてあります。

一つひとつの項目を丁寧にチェックし、記載漏れなどの不備がないかを調べましょう。あとでトラブルにならないよう、間違いがあったらすぐに直してもらうなどの対応が大切です。

売主の情報

売主の名前、申し込み時点の住所、電話番号などの基本的な個人情報です。そのまま契約書にも使用される可能性がありますので、1文字でも間違いがあったら訂正の申し出を行いましょう。

売主と車の名義人が違う場合は、それぞれの個人情報が記載されることが一般的です。トラブルを避けるためにも、名義人の情報にも誤りがないか、あわせて目を通しておきましょう。

振込銀行口座情報

売主の銀行口座も確認しておきましょう。車の売却が決まったあとに業者が買取代金を振り込む口座なので、情報が間違っていると、お金を受け取れないというトラブルになりかねません。

銀行口座情報は支店コードや口座番号、名義表記などが間違っているケースがあります。名義人の名字と名前の間の空白など、見落としがちなポイントがあるので、実際の口座情報と照らし合わせながら確かめましょう。

車両情報

車両情報には売却予定の車のメーカー、車種、年式、走行距離などが含まれます。車体(車台)番号や型式といった、普段は目にしない情報もあり、見積もり書の確認の際には見落としがちな項目です。

車両情報に誤りがあると、その後の手続きでトラブルが発生するおそれがあります。車検証など、手元の車の書類と照らし合わせながら1文字ずつ丁寧に確かめましょう。

車両装備情報

車の装備に関する詳細情報です。エアコンやCDプレイヤーといった備えつけの部品、アルミホイールやエアロパーツなどのオプションで追加できる部品の有無を示しています。

装備しているはずの部品が「無し」となっているなどの誤りがあると、見積もり額にマイナスの影響が出ているかもしれません。業者が見落としていないか確かめましょう。

残債情報

車のローン残債に関する情報です。所有者自身のお金に関することなので目を通しておきましょう。

車は高額な買い物なので、ローンを組んで返済を月額払いにしている人も多いでしょう。ローンを完済していなくても売れる場合はありますが、残債情報のチェックは大切です。買取額をローンの一括返済に充てられるチャンスでもあるので、見落とさないように心がけましょう。

見積もり額

売却予定の車の概算買取金額です。総額だけでなく内訳も調べましょう。信頼のできる買取業者であれば車の状態や装備など、金額の根拠を細かく提示してくれます。

内訳が明示されていない場合は、金額の根拠について説明を求めてみましょう。こちらの申し出に対して業者が応じないときは要注意です。

見積もりの有効期限

見積書には有効期限があることに注意しましょう。有効期限をもとに別の業者に対する見積もり依頼や、実際の買取までのスケジュールを組むことが大切です。

有効期限を過ぎたあとに、発行した業者のもとで買取を決めても再査定や減額になることがあります。別の業者にも見積もりを依頼したいなど、どうしても有効期限までに買取を決められない場合は、期限を延ばしてもらえないか相談してみましょう。

車買取の見積書におけるチェックポイント

車買取の見積書でチェックすべきポイント

車の見積書をもらったら、重要事項に関して不自然なところがないか確かめましょう。特に自動車税、自賠責保険料、売却時にかかる手数料などは大切な要素です。ここでは、見積書で特に注意深く確かめるべきポイントを3つ紹介します。

法定費用の記載漏れはないか

自動車税や自賠責保険料などの記載漏れがないかは要チェックです。自動車税は次の1年分を前払いしますが、車を売った日の翌月分からは月割で返してもらえることがあります。自賠責保険料も同じように還付されるのが一般的です。

これらは基本的に査定額に含まれています。記載漏れがあると損をするおそれもあるので、見積もり額の内訳にあるか確かめましょう。

販売手数料が高額ではないか

手数料にも目を通しましょう。手数料は主に納車、整備などの費用や販売手数料などのことです。業者によっては手数料を高額にして見積もり額から差し引いた結果、相場よりも低い金額になっていることがあります。

販売手数料が適切かどうか見極めるためには相見積もりがおすすめです。複数の業者から見積もりをとって内訳を比較すれば、妥当な金額かどうか判断できるでしょう。

適正に算出されているか

見積もり額が内訳も含めて適正な算出されているかも確かめましょう。買取業者は車のプロですが、書類を作成する過程で計算ミスを犯す可能性もあります。

あわせて、余分な手数料が引かれていないか、リサイクル料金の還付分が含まれているかなどもチェックしましょう。間違っていれば有効期限内に問い合わせることが大切です。

車買取を成功させる見積もり確認以外のコツ

車買取を成功させる見積もり確認以外のコツ

スッキリした気持ちで車を売るにはいくつかコツがあります。買取業者の考えも想定しながら交渉を優位に進めることが大切です。複数業者からの見積もりなど、自身でできることを有効に活かし、少しでも高い金額での売却を目指しましょう。ここからは、愛車を納得できるかたちで売るためのポイントを3つ紹介します。

見積もり後の即決は避ける

相場より高い見積もり額を提示されても即決は避けましょう。見積もりはあくまで概算であり、実際の買取時に減額される可能性もあるからです。買取業者によっては、見積書になかった条件をつけて金額を下げるような悪質なケースもあります。

車を少しでも高く売るには冷静な判断が不可欠です。業者が即決を迫っても、猶予期間を設けてもらうよう交渉し、他社の見積もりとの比較検討を行う時間を作りましょう。このとき、ほかの業者から見積もりを受けていることを告げる必要はありません。

複数の業者から見積もりを受けることで、先に見積もりを出した業者より高い金額が出る可能性もあります。また、金額だけでなく、安心して任せられる業者かどうかの判断も重要でしょう。

契約後の返金請求や減額の可能性を確認しておく

車を売ったあとに業者が売却額の返金や減額を求めるケースもあります。そうしたトラブルがないように契約内容をきちんと確かめましょう。

車を売るときには業者と契約書を交わします。書類を最初から最後までチェックし、わからないことは担当者に質問するように心がけましょう。

愛車の売却後に傷や欠陥がわかったら、業者が返金要求することもあります。本当は修復歴があるのに「ない」と言うなど、重要情報に関する嘘が発覚した場合は業者側と再度交渉する必要もあるかもしれません。

このような事態にならないように、車は隅々までチェックし、修復歴などの大切な情報も正直に伝えるよう心がけましょう。

見積もりは複数の業者に依頼する

車を少しでも高く売るなら、複数の業者から見積もりを取ってもらうことが大切です。複数の見積もりを比較すれば、自身の車の買取相場を知ることができ、高額買取の可能性を上げられます。

見積もりを依頼した業者のなかから、最も高い金額を提示してくれるところを選びましょう。金額だけでなく、サービスが良質かどうかも重要なポイントです。

しかし、業者を一つひとつ調べて見積もりを依頼するのは手間がかかって大変でしょう。手軽に複数の業者に見積もりを依頼したいなら、一括査定サービスの利用がおすすめです。

carview!中古車一括査定サービスがおすすめ!

車を売却する際は、少しでも高値で車の買取をしてもらいたいものです。しかし、車の条件に合った買取業者を探し、査定を申し込むのはとても手間がかかります。そこでおすすめしたいのが、carview!中古車一括査定サービスです。

carview!中古車一括査定サービスをおすすめする理由

  • 累計500万人以上が利用しており、車一括査定サービスで一番の老舗
  • 安心のJPUC加盟店を含む300社以上の買取業者と提携
  • 査定申込フォームは最短45秒で入力完了
  • 一度で最大10社へ査定申込可能
  • まとめ

    まとめ

    車を少しでも高く売るためには、見積書のチェックが大切です。これをおろそかにしていると、買取時に不利な条件を呑んでしまうおそれもあります。見積書の内容を隅々まで確かめ、情報に不自然な点がないかを見ておきましょう。間違いや気になる箇所があった場合はすぐに問い合わせることが重要です。

    複数の業者から見積書をとって結果を比較し、良質なサービスを受けられるところを選びましょう。それが愛車を高く売る秘訣です。

    carview!車買取では300社以上と提携した一括査定サービスを提供しています。愛車の売却をご希望なら、ぜひcarview!車買取までお問い合わせください。

    利用実績450万人突破!!
    見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
    メーカー
    モデル
    年式
    走行距離(km)
    サービスの流れ
    • お見積もりを依頼
    • 買取店から電話か
      メールでご連絡
    • 査定を実施
    • 査定額を比較し
      売却先を決定

    LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

    中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

    買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

    トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

    ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

    日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

    買取カービューについて

    買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営するLINEヤフー株式会社が提供しています。LINEヤフー株式会社のカービューサービスは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

    ※1 2019年4月時点 当社調べ
    TOP