現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 10年落ちの車でも買取してもらえる?査定額を上げるためのコツも紹介

買取ガイド

10年落ちの車でも買取してもらえる?査定額を上げるためのコツも紹介

10年落ちの車でも買取してもらえる?査定額を上げるためのコツも紹介

10年落ちの車の買取を検討していて、「売れるのか」「寿命なのでは」と不安を感じている方もいるのではないでしょうか。10年落ちであっても車には価値があり、買取してくれる業者は存在します。1人で適切な買取業者を探すのは困難ですが、一括査定を使えば手間をかけずに最高額で買取してもらえる可能性があります。
そこでこの記事では、10年落ちの車の価値や買取方法についてご紹介します。10年落ちの車を高値で売る方法をチェックしてみましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

10年落ちの車でも買取は可能!

10年落ちの車でも買取は可能!

10年落ちの車は新車に比べれば価値は下がりますが、走行できる限りは中古車として再販が可能です。買取を求める業者は存在し、車によっては高額査定になることもあります。

また、走行不可能な車であったとしても、部品やパーツには価値があることにも着目しましょう。ここでは、10年落ちの車が買取可能な理由を説明します。

国産車は海外で需要が高い

海外において日本車は「頑丈で故障しにくい」とされ、高い需要があります。日本では車検などで定期的に車のメンテナンスを行っていることも要因でしょう。また、日本国内では走行距離が10万kmを超えた車は「価値が低い」と判断されますが、海外ではあまり走行距離を気にしない傾向にあるのです。

中古車買取業者の中には、海外への輸出を専門にしているところも存在します。特に中南米やアフリカなどでは日本車の人気が高く、国内では値段が付かないような車も、高値で売却できるでしょう。

部品・パーツとしての価値がある

手持ちの10年落ちの車が「不動車」や「事故車」であったとしても、生きている部品やパーツを取り外せば商品として再販が可能です。

車を鉄材として見た場合でも、1〜2万円程度の価値はあります。不動車や事故車を専門に買取する業者もあるため、どのような状態の車でもお金に換えられる可能性はあると考えましょう。年式が古いだけでなく走行不能に近い状態でも、価値がゼロということはほぼありません。

車によっては高額査定になることも

一般的に、車のメーカー保証は長くとも10年程度となっています。これはエンジンのイグニッションやバルブ開閉に関わるタイミングベルトなど、走行に不可欠な消耗部品の交換時期がおおよそ10年であることが大きな理由です。

この時期に入った車は、メンテナンスにかける費用や走行時のリスクが増大すると考えられます。需要は落ちてしまいますが、「古くても安い車」といったニーズもあることを考えてみましょう。買取業者やドライバーにはさまざまなニーズがあるため、車種や状態によっては高額査定となる場合もあります。

10年落ちの車を売る際は下取り・買取で差がある?

10年落ちの車を売る際は下取り・買取で差がある?

車の売却は「ディーラーの下取りに出す」「中古車買取業者を利用する」といった選択肢があります。どこに売却するかによって、値段に大きく差が出るため、下取りと買取のメリット・デメリットをそれぞれ把握した上で依頼するようにしましょう。

下取りの特徴

下取りはディーラーで車を売却するのと同時に新車を購入します。売却と購入のタイミングを調整する必要がなく手続きを同時進行できるため、手間がかからないことがメリットです。

ただし、下取りは買取に比べて売却額が低くなる傾向にあります。下取りした車を自社で販売する場合は、管理やメンテナンスの費用が下取り価格から引かれてしまうのです。また、下取りで売却した車の売上金は自動的に新車購入費に充てられるため、自由に使えない点もデメリットといえます。

買取の特徴

買取業者で売却するメリットは、高額査定を引き出しやすいことです。一般的に、買取業者は中古車を販売するためのルートを確立しています。そのため、車種や年式、走行距離に関わらず、最大限の査定をしてくれるでしょう。

ただし、高額査定を引き出すためには複数の買取業者で査定してもらい、査定額を比較することが重要です。また、ディーラーの下取りに比べると必要書類などの手続きが複雑に感じる方もいるでしょう。

低年式の車ほど買取がお得

下取りと買取とにはそれぞれメリット・デメリットがありますが、10年落ちの車で高額査定を狙うなら買取がおすすめです。下取りには年式・距離などで決まった査定基準があるため、低年式の車は不利になりやすい傾向があります。また、新車販売がメインのディーラーは海外への販売ルートを持っていないため、低年式の国産車の価値を評価できません。

一方、買取業者では年式や走行距離といった査定基準以外の部分も買取価格に反映されることがあります。人気の装備が付いていればプラス査定になることもあるため、10年落ちの車は買取に出す方がお得です。

10年落ちの車でも高価買取に期待できるケース

10年落ちの車でも高価買取に期待できるケース

ここまでは10年落ちの車にも価値があることを解説しましたが、特にどのような車なら高評価となるのでしょうか。買取業者は基本的に再販を目的としているため、中古車市場のニーズが高い車ほど高額査定が期待できます。ここでは、10年落ちの車の中でも高額査定が付きやすい車の特徴を見ていきましょう。

走行距離が短い

車は走れば走るほど部品が消耗し、劣化していきます。走行距離が長い車ほど部品の劣化が激しく、部品の交換時期が早まると考えられるでしょう。走行距離は1年間で1万km程度を平均と考えるのが一般的です。平均してこれより少ない走行距離なら、劣化が少なく「平均より長く走れる車」として価値が高まります。

一方で、倉庫に長年置きっぱなしにしていたような「寝かせすぎた車」は、可動部に問題がある可能性が高く、低評価となるかもしれません。

車体の状態が良好

車の骨格や基礎に修復歴があるような「事故車」は評価が低く、サビや汚れがひどい車も低評価を受けます。査定を受ける際には査定士が数十分間で車の全体をチェックしますが、全体といっても「見える部分だけ」です。

この見える部分をきれいに見せることで、全体として状態の良い車であることをアピールできます。修復歴がないことや、メンテナンスが行き届いている車は高評価です。

修復歴がなく目立つ傷もないなら、車の見えない部分に大きなダメージはないことが想像できます。10年落ちでもメンテナンスがしっかりできている車は、「丁寧に乗っている」「まだ走れる」といったアピールにもなり、高評価につながります。

人気のある車種

10年落ちの車は、最新の年式の車よりデザインが古くて売れなさそうに見えるかもしれません。車は定期的に、デザインや機能を時代のスタンダードに合わせる「モデルチェンジ」を行います。基本的にはモデルチェンジのたびに古いモデルの車は価値が下がっていきますが、人気の車種の場合はそこまで大きく下がりません。

なぜかというと、人気の車種であれば「多少古くても同じ車種」がほしいというニーズがあるからです。中でも、ヴィンテージモデルとしての価値があるモデルなら高評価となるでしょう。

車種によっては「根強いファン」がついています。スポーツタイプの車を例に挙げると、日産のスカイラインGT-R・トヨタの80スープラ・ホンダの初代NSXなどです。これはレアなケースですが、経年でむしろ相場が上がる場合もあるのです。

フルモデルチェンジされていない車種

車のモデルチェンジには、「マイナーチェンジ」と「フルモデルチェンジ」の2種類があります。マイナーチェンジは、見た目や機能は大きく変えずに、不具合の改修や微細なデザインの変更を行う形です。

これに対してフルモデルチェンジでは、デザインや機能を時代に合わせて一新します。同じ車種とは思えないほどデザインが変わることもあり、フルモデルチェンジは大きく需要が変わるタイミングです。

車種のイメージが最新モデルの仕様に切り替わってしまうと、古いモデルの需要は落ち込みます。フルモデルチェンジを行っていない車なら、同じ車種として認識しやすく、価値が保ちやすいといえるでしょう。

生産数が少ない車種

人気の車種は、生産数が多く中古車市場での流通量も多くなっています。こういった車種は「多数の方から需要がある」タイプですが、「需要はあっても流通量が少ない」車種も高評価です。

すでに生産終了している車種や生産数が少ない車種の中には、ファンがいたりニッチな需要があったりするにもかかわらず、中古車市場では見つかりにくいものもあります。

このような車種は希少性があるため高評価です。例えば、上述のスカイラインGT-Rが好例で、前オーナーのカスタマイズも価値のひとつとして評価できます。なお、改造車を専門に扱う買取業者では、通常では低評価になる点がむしろ高評価になりうることもポイントです。

そもそも車の寿命はどのくらい?

そもそも車の寿命はどのくらい?

10年落ちの車だとしても、性質によっては高額買取が期待できます。長年乗った後だと「10年落ちは寿命では」という不安は残ってしまうかもしれませんが、高価買取を諦めてしまう前に、まずは車の寿命についてしっかり理解しましょう。ここでは、車の寿命を平均使用年数と走行距離という2つの視点から解説します。

平均使用年数は約13年

公道を走っている車を見ていて、10年落ち程度の車は意外に多いと思ったことはないでしょうか。日本における乗用車の平均使用年数は増加傾向にあります。一般財団法人自動車検査登録情報協会の調査によると、令和2年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は13.51年でした。

こちらはあくまでも平均であり、もっと長く乗っている方もいます。国産車は耐久性が高く車検制度も整っているため、酷使しなければ10年程度の使用はめずらしくありません。もちろんメンテナンスは必要ですが、10年落ちだから寿命と考えることはないでしょう。

平均使用年数が13年前後である理由として、新車の購入から13年目で自動車税・自動車重量税が上がることが考えられます。自動車税は、4月1日時点の車両所有者が毎年支払う義務のある税金で、13年以降から15%も増税されるため、負担額が大きくなります。

自動車重量税は、新車を購入した時の「新規検査時」と、2年ごとの「車検時」に支払う必要があり、こちらも新規検査から13年経つと増税されます。

走行距離は15万kmが目安

新車を購入した際に付いてくるメーカー保証は、長くとも走行距離にして10万km程度です。これは走行に不可欠なアクセルやブレーキなどの耐久性が、10万km程度なら保証できるという意味でもあります。

10万kmを超えると部品の耐久性が限界を迎える可能性が高いと考えられますが、すぐに壊れるともかぎりません。車をどれだけ酷使するかによるものの、走行距離にして15万km程度を廃車の目安と考えるのが一般的です。

10年落ちの車でも買取額を上げるためのコツ

10年落ちの車でも買取額を上げるためのコツ

10年落ちの車はまだ寿命を迎えておらず、中古車市場でのニーズもあります。車の性質によって高額査定が期待できるかどうかは変わってきますが、買取を求める業者は存在すると考えましょう。ここでは、どのような性質の車であっても査定額のアップに効果的なポイントについて解説します。

アピールポイントをまとめておく

実際に査定を受ける際には、査定士が数十分程度で車のチェックを行います。あらかじめ決まっている査定項目を確認していきますが、査定に響く「加点ポイント」を見逃すかもしれません。

例えば、アラウンドビューモニターやドライブレコーダー、エアバッグなどのオプション装備です。これらは車の価値を高める装備であるため、自分から査定士に「これも付いていますよ」とアピールできるように情報をまとめておきましょう。

日頃からこまめにメンテナンスしておく

10年落ちと聞くと、いかにも古い車というイメージを抱くかもしれません。実際に、長く乗っている車は状態もそれなりに悪いだろうと査定士は考えます。

ここで重要なのは、こまめにメンテナンスを行って「10年落ちとは思えない」状態で査定を受けることです。定期点検を受けているなら「定期点検整備記録簿」を準備し、ボディコーティングをしている場合はそこもアピールしましょう。査定を受ける前には、足回りの清掃や内装のクリーニングもしておくと良いでしょう。

修復歴は正直に伝える

ドアの凹みや塗装を直したり、バンパーを交換したりした経験があるかもしれません。これらの軽微な修理や交換については、修理跡あるいは交換跡と判断されます。修理跡や交換跡は査定に大きく響きませんが、「修復歴」となると話は別です。

車体の骨格や基礎を修理、交換したことがあるなら、査定士に正直に伝えましょう。きれいに直っていても、相手は査定のプロです。いずれは気付くことであり、隠すような方は信用ならないとして査定の目が厳しくなるかもしれません。

一括査定サービスを利用する

一括査定サービスは入力した情報を基に買取比較サイト側がベストな買取業者の候補を提案し、一度に複数の業者へ査定依頼ができるシステムです。一つひとつの買取業者に依頼する手間がかからず、査定額が比較できる点もメリットです。

一括査定サイトに登録している買取業者は、大手の中古車販売店から輸出や不動車に特化した専門店までいろいろあります。提携業者数が多い一括査定サイトを利用すれば、10年落ちの車を買取ってくれる買取業者を探しやすくなるでしょう。

10年落ちの車を売るなら全国ネットワークのcarview!車買取で!

10年落ちの車を売るなら全国ネットワークのcarview!車買取で!

以前は車の査定といえばディーラーでの下取りが一般的でした。下取り金額に満足できない場合に買取業者を利用するようになり、近年では買取業者に車を売るケースも増えてきています。ここでは数ある一括査定サービスの中で、carview!車買取をおすすめする理由をご紹介します。

carview!中古車一括査定サービスなら愛車をお得に売却できる

carview!中古車一括査定サービスは、ウェブサイトからの査定申込を一度するだけで、最大10社のさまざまな買取業者に一括査定依頼が可能です。提携事業者数は300社以上あり、大手から専門店まで幅広くカバーしています。10年落ちの車にも価値を見出してくれる買取業者がきっと見つかるでしょう。

また、carview!車買取はJPUCに加盟しているため、協会と連携して安全・安心なサービスをユーザーに提供しています。車の買取に不慣れな方でも安心してご利用ください。

値段が付かない車は「事故車一括査定サービス」がおすすめ

年式が古くなりすぎた車や不動車は、carview!車買取の事故車一括査定サービスの利用がおすすめです。事故車買取を行う業者の多くは、車から部分的に使えるパーツを見つけて解体し、それらの再利用を行っています。そのため、予想以上の高値で買取してもらえる可能性もあるのです。

まとめ

まとめ

10年落ちの車については、「寿命なのではないか」「廃車にするしかないのか」といった心配があるかもしれません。しかし、10年落ちであろうと車には価値があるため、買取を求める業者も存在します。

適切な買取業者を1人で探すのは困難ですが、carview!中古車一括査定サービスを使えば悩みは解決できるでしょう。10年落ちの車を賢く売却するなら、ぜひcarview!車買取をご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ