買取ガイド

車の買取で傷や凹みは査定額に影響する!具体的な査定基準とは?

車の買取で傷や凹みは査定額に影響する!具体的な査定基準とは?

初めて車を売る時は、分からないことが多く、ちょっとしたことでも不安になってしまいます。特に、「傷と凹みがどれほど価格に影響するのか分からない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車を売る時に知っておきたい査定の基準や注意点などについて解説していきます。基本的な知識をおさえておけば、安心して取引できるでしょう。この記事を読めば、車の下取りについての理解が深まります。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の買取で傷や凹みは査定額に影響する?

車の買取で傷や凹みは査定額に影響する?

車を評価してもらう時に気になるのが、ついてしまった傷や凹みです。運転中の事故や災害などで加わった傷や凹みは、最終的な価格に影響するのでしょうか。ここでは、ボディの見た目は購入額を左右するのかどうかについて解説していきます。これから愛車の売却を検討中の方は、今のうちにチェックしておきましょう。

小さく浅い傷や凹みはマイナス査定にならない

「どんな小さな傷でも査定額が下がる原因になるのではないか」と心配する方もいますが、小さく浅い傷や凹みであればマイナス要因にはならないことがほとんどです。ここでいう「小さな傷」というのは、1cm~2cmほどのサイズで1mm未満の深さのことを指します。

運転していれば、ちょっとした傷がついてしまうのは仕方ないことです。このレベルであれば、専門業者も価格を下げるほどのことはしないでしょう。一見するとボディのビジュアルもほとんど変わらないので、心配する必要はありません。

深めの傷はマイナス査定になる

小さく浅い傷であればマイナスの影響は受けないと説明しましたが、サイズによっては価格低下の原因になるので注意しましょう。なぜなら、深い傷の場合は、手前にあるクリア層まで損傷している可能性が高いからです。この状況では、再塗装などの修復が必要になります。

再塗装や修復が求められるのであれば、その分の料金が買取価格に影響するでしょう。ただしプライスダウンになりますが、買取はされるのでその点は安心です。

深めの凹みありもマイナス査定の対象

傷ではなく、凹みがある時も値段が下がることを覚悟しなければなりません。大きな傷と同様に、深めの凹みは塗装や塗装以外の修理も必要になるためです。場合によっては、傷よりも買取価格がダウンしてしまう可能性があります。

このことから分かるように、改めて修復が必要になる規模の大きな傷や凹みは、見積もり額を左右してしまいます。こういったことが起こらないように、ドライブ時にはボディをきれいに保つよう意識することが大切です。

具体的な車買取時の査定基準

具体的な車買取時の査定基準

実際に車を売るとなると、どのようにして買取価格が決められているのか気になるのではないでしょうか。具体的な査定基準を知っておくと、納得した状態で引き取りを依頼できるかもしれません。ここでは、車を評価する時の具体的な方法を紹介していきます。ちなみに、具体的なチェック方法は業者によっても変わるので、その点は注意しておきましょう。

車の査定基準

車の買取価格を決める時は、さまざまな項目をプロが確認します。それぞれの項目を把握することが大切です。チェックされる項目には次のようなものがあります。

・車種
・年式
・走行距離
・内装や外装

これら4つのポイントは、査定の基本と言えるでしょう。たとえば、車種についてですが、人気のモデルであれば値段は高くなり、人気がなければ安く売られることになります。年式は希少なモデルでない限り古ければ古いほどプライスダウンするので、早めに査定を依頼することが大切です。

走行距離や内装、外装なども細かく見られます。走行距離が通常より長ければ、価格は下がる可能性があるので理解しておきましょう。内装は見た目のきれいさだけではなく、ニオイなどもチェックされます。他にも、グレードやボディカラーなども重要な要素です。需要が高い車は価格も高くなり、需要が低い車は強気な値段で売ることができません。

傷や凹みの査定基準

中古車を査定する時は、「一般財団法人 日本車査定協会」という団体が出しているガイドラインが利用されます。車の査定は減点方式で行われるのが基本です。悪い点があれば、そのたびに持ち点が減っていきます。凹みの大きさの分類は次の3つです。

・小
・大
・要交換

ここに、ボンネットやフロントドアなど部位の要素が加わります。たとえば、「リヤドアで大きな凹みがあれば50点」といった具合です。傷や凹みは約5種類に分類され、0点~150点のうちで点数が引かれていきます。業者にもよりますが、1点の目安は1,000円程度です。もし全く点数が引かれなかった時は、加点されることもあります。

専門家によって細かなニュアンスは変わりますが、一つひとつ丁寧にチェックされていき、最終的な価格が決まるシステムです。

修復歴も査定額には大きく影響する

修復歴も査定額には大きく影響する

ドライブでのちょっとしたミスや災害などによってボディに傷がつくと、修復が必要です。修復した車には「修復歴」が加えられます。修復歴は、買取の減額原因になるので注意しましょう。ここでは、修復したことがある車の買取価格への影響や、正しい申告方法について紹介していきます。

修復歴車とは?

「修復歴車」とはどのような車を指すのでしょうか。このように呼ばれるものは、交通事故や災害などで車の骨格部分が損傷したことのある車です。骨格部分が損傷した場合は修理の有無に関わらず、商品価値の下落が見込まれることから「修復歴車」の分類に入ります。

ちょっとした直しであっても、プロの評価によっては修復した過去があると判断されるかもしれません。修復の規模はあまり関係ないと言えるでしょう。こういった車は、「事故車」とも呼ばれます。

修復歴のある車は大きく減額される

「損傷したことはあるけれど修復で新品同様になったから問題ない」と考える方は少なくありません。しかし修復歴のある車は、その時の見た目に関係なく減額される可能性があるので、覚えておきましょう。

骨格部分が傷ついた車は見た目はきれいだとしても、そのあとのドライブでトラブルが発生する確率が高くなります。そのため、専門業者であっても買取をしてくれないケースもあるでしょう。または、引き取ってはくれても金額が相場よりも大幅に安いことがあります。

修復歴があることは隠さない

「プライスダウンするなら過去のトラブルは隠した方が良いのでは」と考えるかもしれませんが、これまでの経緯を隠すことはやめましょう。なぜなら、隠したあとに修復歴が発覚すると、賠償金を請求される恐れもあるからです。

また、プロの目にかかると完璧に元通りのように見える車でも、これまでの修理歴に気づかれてしまいます。1度気づかれるとさらに疑われてしまい、結果的に見積もり額のダウンに繋がりかねません。事故ではないにせよ、一度でも修復した経歴があれば正直に申告するようにしましょう。

車の買取前に傷や凹みは修理すべき?

車の買取前に傷や凹みは修理すべき?

傷や凹みがあると、買取価格に影響してしまうことを説明してきました。そこで多くの方が思いつくのが、査定前の修理です。専門家に見せる前に、車を修理しておくのはベストな手段と言えるのでしょうか。車を直しておくことで損をするのか得をするのか、今のうちに把握しておきましょう。

修理しても損をする場合がある

結論からいうと、あらかじめ直しておくと損をする恐れがあります。そのため、強くおすすめできる手段ではありません。なぜ強くおすすめできないかというと、車の修理にも費用がかかるからです。

自分で部品や用具などを全て準備できるのであれば別かもしれませんが、基本的に車を直すためには予算が不可欠です。そのまま下取りすると10万円の減額で済むはずが、先に修復しておくことで10万円以上かかってしまっては、本末転倒と言えるでしょう。

専門店舗によっては独自の工場があり、通常よりも低価格で修理できることがあります。そのため状況によっては、平均的な修理代金よりも少ない減額で車を引き取ってもらうことが可能です。

自分で傷を修理する場合の注意点とは?

車体の傷は、パテで埋めることにより修理前よりも目立たなくすることができます。ペイントペン・タッチアップペンと呼ばれる商品は、浅い小さな傷に塗料を塗布することで目立たなくさせる道具です。色の種類が豊富なので実際の車のボディカラーに似たものを選ぶことができる点がメリットと言えます。

しかし、傷やへこみを自分で直すことはおすすめできません。どんなにきれいに直せても、プロの目はごまかせないからです。素人が修理した場合、どうしてもムラなどが出てしまいます。下手に修理をする事で修復部位を拡大してしまい、マイナス査定になる場合がありますので、注意しましょう。

減額より高く売れる方法を考えたほうが良い

プライスダウンを恐れるのではなく、いかに少しでも高く売れるかを考えるようにしましょう。少しでも高く愛車を売るための方法は、さまざまです。たとえば、複数の業者に依頼して、見積もりを比較してみてはいかがでしょうか。そうすれば、もっとも高く買い取ってくれるお店を見つけられるでしょう。

また、あらかじめ掃除をしておいたり、購入時に付属していた部品を揃えたりといった方法もあります。このように、ちょっとした工夫でも平均的な相場より高く売却できるかもしれません。

凹みや傷がある車をより高く売るためのポイント

凹みや傷がある車をより高く売るためのポイント

これまで使ってきた車を売るのであれば、少しでも満足できる価格で引き渡したいのではないでしょうか。ここでは、凹みや傷がある車をより高く売るためのポイントについて紹介していきます。ここで紹介されている4つの項目を、プロに見てもらう前にチェックしておきましょう。条件を満たせば、不満のない結果が得られるかもしれません。

できる範囲できれいにする

中古品は、どのようなアイテムであってもきれいな状態で損することはありません。車も同様で、できる範囲できれいにしておくことは重要な行為です。きれいにするためには、次のような実践方法があります。

  • 掃除をする
  • 洗車をする
  • 改造車はできる範囲で元に戻す

こういったことを意識しておくと、専門家にチェックしてもらう時も減点が低くなるでしょう。些細な注意点かもしれませんが、満足できる取引には欠かせない要素と言えます。

高く売れる時期に売る

実は時期によって平均的な値段で売れる時と、平均よりも高い価格で売れる時期があります。タイミングを見極めることで、より納得の行く取引ができるでしょう。

車が高く売れるタイミングは、購入する方が増加する時期の少し前です。店舗には新生活がスタートする前の3月と、引っ越しが増える9月にお客さまが多く来店します。そのため、3月と9月の少し前である1月~2月や7月~8月は、在庫を揃えるベストタイミングと言えるでしょう。ベストタイミングを狙うだけで、予想以上の金額がもらえるかもしれません。

一括査定で高く売れる業者を見つける

マンガやゲームなどの中古品を売る時は、複数の店舗を回って、より高く売れる場所を探す方も多くいるでしょう。これは車も同じです。複数の専門業者に見積もりを出してもらうことで、より高く売れるお店を見つけることができます。

このように聞くと、複数の業者に車を見てもらうために一つひとつの店舗を回る方もいるかもしれません。しかしそれでは効率が悪く、多大な時間と労力がかかってしまいます。

いくつかの店舗に見積もりを出してもらいたい時は「一括査定」がおすすめです。一括査定とは、車の情報を入力すると、同時に多数の店舗に見積もりを出してもらえるシステムを指します。この方法であれば時間や労力をかけずに、自分の希望に合ったお店を簡単に見つけられるでしょう。

車の凹み以外の査定額に影響する要素

車の凹み以外の査定額に影響する要素

車の査定額は、凹みだけで変動するわけではなく、他にも重要視される項目があります。特に難しいポイントではなく、今から自分で査定額アップのためにできることもあります。査定の際の主なチェック項目を見てみましょう。

純正品の有無

車を売る際に、メーカー純正のオプションパーツが査定額アップの大きなアピールとなることがあります。理由としては、メーカー純正のオプション品は後付けできないことが多いからです。

さらにメーカーオプションやディーラーオプションは、新車の時だけしか取り付けできないものがあるため、取り付けてある車は希少価値が上がる傾向にあります。

車種にマッチする安心感、デザインや機能の統一性などから、純正品は非常に信頼性が高いことも査定額アップに繋がる理由です。

車内の清潔さと臭い

車内の掃除や臭い対策は、今からでも行っておきましょう。車を清潔にしておくことで、査定士に「車を大切に扱っている」という良い印象を与えられます。車の内部にあるごみは取り除き、掃除機も併用して細かいごみにまで気を配っておくのがおすすめです。

また、タバコやペットの臭い対策もしておくと良いでしょう。これらは、査定の際に基準とされる「日本自動車査定協会」の査定項目にもあり、車内が汚い状態の場合に減額される可能性が高くなります。思わぬ減額を避けるため、査定前にしっかり掃除しておくことをおすすめです。

車の年式と走行距離

車の査定額に大きな影響を与えるのが、年式と走行距離です。年式は新しいほど査定額が高くなる傾向があり、走行距離は1年につき1万kmが適正と言われています。以上の2点が極端に多い場合は、マイナス査定になることがあるので注意が必要です。

5万km、10万kmのボーダーラインを超えているかどうかも査定額に大きな影響を与えます。車を高値で売りたい場合は、走行距離が大台を超えてしまう前に早めに売却した方が良いでしょう。

ボディカラーと外装オプション

ボディカラーや外装オプションも査定額を決める上で大事な項目です。ボディカラーは、需要により評価が左右されます。ホワイト・ブラックなど人気のあるカラーであれば、査定額にプラスとなるでしょう。反面、ボディカラーが不人気色である場合は、査定額が低くなりやすい傾向があります。

エアロやスポイラーなどのオプション装備がついている場合は、積極的に査定士へアピールしましょう。査定業者によっては大きな加点項目になる可能性があります。

一括査定なら信頼と実績の買取カービューにお任せを!

一括査定なら信頼と実績の買取カービューにお任せを!

大切に乗ってきた愛車を売るなら、信頼できる業者に任せたいものです。一括査定サービスも信頼できるサイトを選びましょう。一括査定サービスを使うなら、買取カービューをおすすめします。買取カービュー3つのおすすめポイントをご紹介します。

JPUC加盟で安全・安心のサービスを提供

買取カービューは、2000年に中古車査定仲介サービスを開始し、これまで450万人以上に利用されています。また、買取カービューはJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟していて、協会と連携し安全・安心なサービスを提供することに努めていることが特徴です。

愛車の売却時に「より高く売却したい」とお考えの際は、はじめての方でも安心して利用できる、買取カービューをぜひご検討ください。

全国230社以上の豊富な提携優良店から選べる

買取カービューが提携する査定事業者数は230社、全国に対応している優良店が数多くあります。コマーシャルでお馴染みの大手買取店から、車の販売会社、専門店などと幅広く提携しているため、豊富な買取店の中から、お好きなお店を選ぶことが可能です。

1度の入力で最大8社に一括査定依頼ができる

買取カービューは一度の査定申込で、最大8社の買取店へ同時に一括査定依頼ができます。そのため、1店舗ずつ訪問して回る必要はありません。査定するお店の数が多ければ、より高い査定額を出してくれたお店での売却が可能です。

比較のための時間を短縮しつつ、効率良く高額買取を期待できるので、お店選びに悩んでる方は一括査定サービスを利用してみてください。

まとめ

まとめ

ここまで車の傷や凹みについての評価の考え方や、引き取りを依頼する時の注意点などについて説明してきました。基本知識さえあれば、初めてで不安な査定も安心して依頼できるのではないでしょうか。

これから売却を予定している方は、「買取カービュー」の愛車無料一括査定サービスがおすすめです。業界トップクラスの実績があり、同時見積もりでは面倒な手間もかかりません。公式サイトから24時間いつでも利用できるので、気になる方はぜひお試しください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP