買取ガイド

車の買取と下取りはどっちがお得?違いを把握しよう!

車の買取と下取りはどっちがお得?違いを把握しよう!

乗らなくなった車を手放すとき、買取と下取りのどちらを選ぶか迷う方もいるのではないでしょうか。取引の手順や内容は異なりますが、実際に経験がない場合、違いが分からずに困ることもあるかもしれません。
そこでこの記事では、車の買取と下取りの違いを踏まえて、どちらがお得かご紹介します。買取と下取りのメリット・デメリットも解説するので、自分に合った方法が選べるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

そもそも車の買取と下取りの違いは?

そもそも車の買取と下取りの違いは?

車を売却する代表的な方法に「買取」と「下取り」があります。どちらも愛車を手放す方法に変わりありませんが、取引する相手が違います。「買取」は買取業者、「下取り」は自動車メーカーのディーラーです。ほかにも、還元方法や条件にさまざまな違いがあります。ここでは、「買取」と「下取り」の違いを確認しましょう。

「買取」は売却して現金化すること

買取とは、車を中古車の専門店に売却して現金化することをいいます。手にした現金は使い道が決まっていないため、何に使っても問題ありません。

中には、車検切れの車や故障した車を買い取ってくれる業者も存在します。廃車にする費用や修理にかかる費用を考えると、査定額が安くても買取してもらったほうがお得なケースもあります。「どうせ買い取ってもらえないだろう」と決めつけずに、まずは査定を依頼してみましょう。持ち込みだけでなく、出張買取サービスを行っている業者もあります。

「下取り」は買い替える車と引き換え

下取りとは、車の買い替えを前提とした売却方法で、買い取るのは購入する車のメーカーのディーラーです。ただし、下取りで発生した引取金額分のお金は現金化されません。

下取りの場合、次の車の購入金額から引取金額分を値引きする形で還元する仕組みです。つまり、下取りで発生したお金の使い道は車の購入資金に限定されます。

車の買取の流れ

車の買取の流れ

車の買取を依頼すると決めたら、売却に向けた準備を始めましょう。買取が完了するまでには、必要な書類を揃える、査定をする、契約・引き渡しを行う、買取金額が入金されるといった流れがあります。ここでは、車の買取の流れについて普通乗用車を例に挙げてご紹介します。

1.必要書類を揃える

査定してもらう前に、まずは必要書類を揃えましょう。必要なのは、車検証、自賠責保険証書、自動車税納税証明書、印鑑証明書、実印、リサイクル券、住民票です。住民票は、印鑑証明書に記載されている住所と異なる場合のみ準備しましょう。

必要書類を紛失した場合、次の方法で再発行できます。車検証は車を購入した店で委任状や理由状を提出すれば再発行可能です。ただし、所定の手数料がかかります。自賠責保険証書は、保険会社に再発行を依頼しましょう。自動車税納税証明書は陸運局、自動車税管理事務所、各都道府県の税務署で手続きします。印鑑、車検証、本人確認書類が必要です。

2.査定

次に査定を申し込みましょう。持ち込みだけでなく出張査定を行っている業者も数多く存在します。複数の業者に査定を依頼する際には日程調節をうまく行いましょう。

また、業者によっては夜の時間帯でも査定可能な場合があります。「すぐに査定してほしいけれど日中は仕事で対応するのが難しい」という方は、夜間査定の可否もチェックするとよいでしょう。査定価格に対して値上げ交渉する場合、希望金額を提示するとスムーズに交渉が進みます。

3.契約・引き渡し

査定価格に納得したら、いよいよ契約に移ります。必要書類を提出し、契約書に署名して押印すれば契約は終わります。その際、業者と話し合って車を引き渡す日を決めましょう。

引き渡し日までに車内に忘れ物がないかチェックします。また、ナビをつけている方は履歴に残っている自宅の住所や電話番号を削除して、個人情報が漏れないように注意しましょう。

4.支払い

車の引き渡しが済んだら、業者からの入金を待ちます。買取金額の支払い方法は現金もしくは口座振込です。口座振込の場合、準備が整い次第、契約時に指定した口座に買取金額が振り込まれます。

引き渡しから支払いまでの期間は業者によってさまざまです。気になる方は契約時に入金日の目安を聞いておくとよいでしょう。中には2営業日程度で入金してくれる業者もありますが、すべてが早いとは限りません。1日でも早くお金が手元に欲しい方は入金までの期間をあらかじめチェックしておくと安心です。

車の下取りの流れ

車の下取りの流れ

自動車メーカーのディーラーに車の下取りを依頼すると決めたら、手続きの準備を始めます。車の下取りは、購入する車を決める、査定・引き渡しをする、必要書類を揃える、契約するという流れです。ここでは、車の下取りの流れについて普通自動車を例に挙げてご紹介します。

1.購入する車を決める

下取りは車の買い替えが条件の売却方法なので、まずは購入する車を決めます。ただし、下取りの査定額を期待して高額なローンを組むと、生活にゆとりがなくなる恐れがあります。毎月の収入や将来設計を考えながら、無理のない範囲で購入できる車を選びましょう。

2.査定・引き渡し

購入する車が決まったら、自動車メーカーのディーラーに査定を依頼します。今乗っている車の査定額は、新しい車を購入するときに値引きされます。金額に納得できない場合、査定額を引き上げてもらえないか交渉しましょう。新たに購入する車に対しても値引き交渉は可能です。

ディーラーや契約によって引き渡しのタイミングは異なります。査定の後すぐに引き渡す場合もあれば、納車と同時に行う場合もあります。いずれの場合も引き渡しまでに「荷物の取り出し」「車内の掃除」「ガソリンを減らす」の3点は済ませましょう。

3.必要書類を揃える

車の下取り時に必要な書類を揃えましょう。車検証、自賠責保険証書、自動車税納税証明書、印鑑証明書、実印、リサイクル券、住民票が必要です。ただし、住民票は印鑑証明書に記載された住所が実際と異なる場合のみ準備すれば問題ありません。2回以上転居した方は住民票の除票も必要です。

4.契約

下取り価格や新車の値引き交渉が成立したら最後のステップとなる契約です。契約後、ディーラーにもよりますが、納車よりも引き渡しが先に行われるケースがあります。

納車までの間、車がないと不便な方もいるでしょう。その場合、代車を用意してくれるディーラーもあるので確認することをおすすめします。代車の用意が難しい場合には、引き渡しを納車と同時にできないか相談してみましょう。

買取のメリット・デメリット

買取のメリット・デメリット

車の買取にはメリットとデメリットがそれぞれ存在します。車の状態や人気といった条件によっては買取価格が高くなるのが代表的なメリットです。一方、相場が変動しやすく引き渡し日が確実でないと実際の買取価格に変更が生じるのはデメリットといえるでしょう。ここでは、買取のメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

車を買取してもらうメリットとは

まずは車を買取してもらうメリットから見ていきましょう。「バックカメラやナビのような人気装備がついている」「修復歴がない」といった車の状態によっては高値で買い取ってもらえる可能性が高いのがメリットのひとつです。また、輸入車を売却するときはその分野に力を入れている業者に依頼すると、高く買取してもらえるケースがあります。

特に中古車市場で人気の車種の場合、下取りよりはるかに高い査定額がつくことも珍しくありません。インターネットの一括査定サービスに申し込めば、一度に複数の業者に査定してもらえるので車の情報を入力する手間が省けます。査定額を比較して、最も高く買い取ってくれる業者を選べるのもメリットです。

また、新車の購入代金から値引きされる下取りとは違い、買取の場合は現金を受け取れます。急な出費や手元に現金を確保したいときには買取を選ぶのがおすすめです。

車を買取してもらうデメリット

買取を依頼する場合、複数の業者を比較して1円でも高く買い取ってもらえるところを探す方がほとんどだと思いますが、その分労力と時間がかかります。

また、車の買取相場は中古車のオークション相場を基準にするため、変動しやすいのが特徴です。売却の日時が正確に決まっていないと、査定額と実際の買取金額に差が出やすいので注意しましょう。ほかにも、年式が古い車、長距離を走行した車は査定額が低くなる傾向があります。

車を売却してから新たに購入した車が家に届くまで、期間があく場合があるのもデメリットです。代車を貸し出すサービスを行っている業者もあるので、買取業者を選ぶ際には代車サービスの有無もチェックするとよいでしょう。

車の下取りのメリット・デメリット

車の下取りのメリット・デメリット

下取りにもメリットとデメリットがあります。納車と引き渡しが同じタイミングだと乗り換えがスムーズなのはメリットといえるでしょう。一方、車の状態に関わらずプラス査定が難しいことは大きなデメリットです。ここでは、下取りのメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

車を下取りしてもらうメリットとは

ディーラーや契約にもよりますが、下取りは車の納品と引き渡しが同時にできるので、スムーズに乗り換えられるのがメリットといえるでしょう。先に引き渡しをする場合でも、ほとんどのディーラーでは代車を用意してくれるので安心です。車が手元にない期間がなく、納車まで元の車に乗り続けられます。

また、買取と違い、年式が古い車でも価格がつきやすいのも特徴です。下取りを強化している期間もあるので、少しでも高く下取りをしてもらいたい方はディーラーのキャンペーンを日ごろからチェックすることをおすすめします。

車を下取りしてもらうデメリットとは

下取り価格は買取価格に比べて低く設定されています。そのため、買取業者から提示された金額よりも下取り価格のほうが高くなることはほとんどありません。

車の装備がよいからといってプラス査定されることもほとんどないでしょう。装備のよさを高く評価してもらいたい、できるだけ高く売りたいという方は、買取業者に依頼することをおすすめします。

気を付けたいのが車の下取りを行っていないディーラーの存在です。一部の自動車メーカーや小規模店舗では下取りを行っていません。車の下取りを検討している方は、希望の店舗で下取りは可能か事前に確認しましょう。

車の買取と下取りどっちがいいの?

車の買取と下取りどっちがいいの?

車の買取と下取りのメリット・デメリットをそれぞれ見てきましたが、結局どちらを選べばよいのでしょうか。どんな車をどのように売りたいかによって適切な売却方法は異なります。ここでは、買取と下取りのどちらを選べばよいか迷っている方に向けて、選択する基準について解説します。

できるだけ高く売りたいなら買取へ

今乗っている車をできるだけ高く売りたいなら買取がおすすめです。買取の場合、基準が細かく設定されているので、プラス査定が期待できます。特に中古車市場で人気の車種や状態がよい車は、査定額に反映される場合が多いでしょう。

買取は流通経路が完成されているため、流通コストがさほどかかりません。その分、利益が生まれやすく結果的に下取りよりも高い金額での買取が可能です。この値段なら即決といった具体的な金額がある方は、査定後に業者に伝えてみるとよいでしょう。

価格のつきにくい車なら下取りがおすすめ

次に買う車が決まっていて、今の車が古い場合には下取りを依頼するのがおすすめです。ディーラーでは、年式、走行距離といった車の状態や車種に関係なく下取りしてくれます。廃車にかかる費用を考えると、買取では価格のつかない車は下取りに出したほうがお得といえるでしょう。

ディーラーとしては、廃車にする費用が発生しても自分のメーカーの車を購入してもらいたいという気持ちがあります。査定額0円の車の下取りは特別な例であることも頭に入れておきましょう。

どちらにせよ車の価値が知りたいなら買取カービュー!

買取と下取りどちらにするか決めかねている方は、ぜひ買取カービューをご利用ください。買取カービューでは、今乗っている車の買取の相場を調べられます。買取と下取りどちらで売却するにしても、愛車の価値の目安が分かるので便利です。

買取カービューなら、車のメーカーと車種を絞るだけで簡単に買取価格や査定相場が分かります。必要な情報を入力するだけで、査定提携200社以上の中からマッチする最大8社の業者を比較でき便利です。利用者実績は450万人を達成し、業界トップクラスを記録しているため、信頼度も高くなっています。

また、事故車(不動車)や商用車(バス・トラック)の無料見積もりも可能です。愛車を一番高く売りたい方、買取を依頼する前に複数の業者を比較したいという方はぜひ買取カービュー愛車無料一括査定サービスをチェックしてみてください。

まとめ

まとめ

車の売却方法としてメジャーな買取と下取りには、それぞれメリットとデメリットがあります。手続きや流れも異なり、お金の還元方法だけを見ても、使い道が自由で現金をスピーディーに手にできる買取と、新車の購入資金として使う下取りはまったく違います。

自分の車にどのくらいの価値があるか知るためには、買取カービューをご検討ください。最大8社に一括査定が依頼できるので、手間をかけることなく買取価格や査定相場を調べられます。愛車を一番高く買ってくれる業者を簡単無料で探してみましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP