買取ガイド

後悔のない車の買取を!ホンダの人気車種と買取価格を左右する要因

後悔のない車の買取を!ホンダの人気車種と買取価格を左右する要因

ホンダは、日本のみならず海外でも高い人気を誇る車メーカーです。中古車市場で出回る数も増えていますが「どのくらいの価格で買い取ってもらえるのか知りたい」という方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、人気の10車種をピックアップしてスペックや中古車販売価格をご紹介します。売却を検討中の方は、中古車市場の相場も把握しておくことも大切です。買取価格をリサーチする方法や、高価買取につなげるコツもご案内します。愛車を満足する形で手放すカギを見つけられるでしょう。

買取に出す前に知っておきたい!ホンダの人気車種10選

買取に出す前に知っておきたい!ホンダの人気車種10選

ホンダの車を所有している方は、中古車がどのくらいの価格帯で販売されているか把握しておきましょう。売却する際に相場を知るきっかけにもなり、買取契約の依頼先が決めやすくなるためです。ここからは、ホンダのなかでも高い人気を集める10車種について基本スペック・特徴・中古車価格相場を詳しくご紹介します。なお、相場価格は2020年1月現在のデータとなります。

フリード

フリード

メカスペースを最小限に抑え、ドライバーと同乗者がくつろげる広い空間を実現したのがフリード(FREED)です。ベースモデルは3列シートの6人乗りですが、オプションで7人乗りにも設定できます。

燃費性能も向上しているため、送り迎えが必要な子育て世代にも優しいモデルといえるでしょう。以下は「HYBRID G Honda SENSING(FF)」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長4,265mm×全幅1,695mm×全高1,710mm
・車両重量 1,410kg
・総排気量 1.496L
・乗車定員 6人
・燃費消費率(JC08モード) 28.0km/L

中古車市場での平均価格は135万円となっています。年式の古い中古車では13万円台から販売されているため、買取価格も変動しやすいと考えたほうがよいでしょう。

参考:『ホンダ フリード の中古車』

ステップワゴン

ステップワゴン

ステップワゴン(STEP WGN)は、ホンダ車のミニバンのなかでも人気のあるモデルです。ハイブリッドシステムに「e:HEV」を採用したことで、パワフルかつスムーズな走行性能を実現しました。

最大8人乗りに対応したシート設計も魅力的で、普段5人以上でドライブするシーンが多いユーザーからも人気を集めています。以下はベースグレード「G Honda SENSING(FF)」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長4,690mm×全幅1,695mm×全高1,840mm
・車両重量 1,660kg
・総排気量 1.496L
・乗車定員 7人
・燃費消費率(JC08モード) 15.8km/L

中古車市場の相場では、2005年式のモデルが10万円以下、2019年式が約400万円となっています。

参考:『ホンダ ステップワゴン の中古車』

オデッセイ

オデッセイ

オデッセイ(ODYSSEY)は、2020年1月時点のホンダ製ミニバンでトップクラスのラグジュアリーを誇るモデルです。「走るラウンジ」をテーマに、頭上から足もとまで圧迫感のない広い空に設計されました。

ほとんどのグレードで8人乗りにアップグレード可能な点も、人気の理由といえるでしょう。以下は「HYBRID Honda SENSING」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長4,840mm×全幅1,820mm×全高1,695mm
・車両重量 1,860kg
・総排気量 1,993cc
・乗車定員 7人
・・燃費消費率(JC08モード) 26.0km/L

中古車市場での販売価格は、2005年式が約15万円、2020年式が420万円~460万円となっています。

参考:『ホンダ オデッセイ の中古車』

フィット

フィット

フィット(FIT)は、ベースグレードの新車価格が145万5,300円と比較的手に入れやすいコンパクトカーです。リーズナブルながら安全運転支援システムも搭載しているため、車に乗る機会が少ない方から通勤で利用する方まで幅広く利用しやすいモデルといえるでしょう。以下は、ハイブリッド車の「L Honda SENSING」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長3,990mm×全幅1,695mm×全高1,525mm
・車両重量 1,150kg
・総排気量 1,496cc
・乗車定員 5人
・燃費消費率(JC08モード) 34km/L

中古車市場では、平均92万円の価格で販売されています。ハイブリッドモデルは人気が高いため、高価買取も期待できるでしょう。

参考:『ホンダ フィット の中古車』

ヴェゼル

ヴェゼル

2019年、国産車のSUVでトップレベルの販売台数を突破したモデルがヴェゼル(VESEL)です。ラグジュアリーな雰囲気にこだわったシートデザインに加え、ロングドライブを想定したパワートレインがSUVならではの楽しみを増幅させるでしょう。以下はガソリン車「G Honda SENSING(4WD)」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長4,330mm×全幅1,770mm×全高1,605mm
・車両重量 1,270kg
・総排気量 1,496cc
・乗車定員 5人
・燃費消費率(JC08モード) 19.6km/L

中古車市場では、平均196万7,000円の価格で販売されています。人気モデルのため、ハイブリッド車や年式の新しいものは高価買取にもつながりやすいといえるでしょう。

参考:『ホンダ ヴェゼル の中古車』

N-BOX

N-BOX

N-BOXは、軽自動車の中でもとくに多くのユーザーから人気を集めているモデルです。小柄なボディのなかにはアイデアが詰まっており、ライフスタイルに合わせやすいよう配慮されています。

スライドシートで配置を自由に変えられるため、小さい子どもを連れてドライブする方から「買いものだけに利用したい」という方まで対応しやすい設計といえるでしょう。以下はベンチシート仕様「G Honda SENSING(FF)」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790mm
・車両重量 890kg
・総排気量 658cc
・乗車定員 4人
・燃費消費率(JC08モード) 27km/L

中古車市場では2012年式が55万円前後、2019年式が240万円~280万円の価格帯で販売されています。

参考:『ホンダ N-BOX の中古車』

ライフ

ライフ

ライフ(LIFE)は、Nシリーズの登場後2014年に新車販売を終了した軽自動車です。駆動方式にはFFと4WDの2パターンを展開し、トランスミッションは4速ATを採用しています。ミニバンタイプの軽トールワゴンとなっているため、軽自動車にゆとりある空間を求める方に人気を集めたモデルです。基本スペックもチェックしておきましょう。

・ボディサイズ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,610mm
・車両重量 810kg
・総排気量 658cc
・乗車定員 4人
・燃費消費率(JC08モード)19.4km/L

生産終了モデルですが、2012年モデルは50万円以上の価格帯で販売されているものもあります。生産されていないからこそ、生まれる需要もあるでしょう。このような場合は、交渉するチャンスです。

参考:『ホンダ ライフ の中古車』

ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンをベースモデルとし、走行性能とインテリア性を高めたモデルがステップワゴン スパーダ(SPADA)です。高級感あふれる黒基調のカラーデザインが特徴的で、ワンランク上の上質な空間を実現しています。以下は「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長4,760mm×全幅1,695mm×全高1,840mm
・車両重量 1,820kg
・総排気量 1,993cc
・乗車定員 7人
・燃費消費率(JC08モード) 25.0km/L

中古車試乗での平均価格は146万円となっています。同じ年式のステップワゴンと比較すると、買取価格も高くなりやすいといえるでしょう。

参考:『ホンダ ステップワゴン の中古車』

バモス

バモス

バモス(Vamos)は、1970年代に初代モデルとして発表されました。1999年に2代目が発売され、以降フルモデルチェンジを行わないまま2018年に生産を終了しています。ワンボックスタイプの軽自動車であるため、ラゲッジスペースの広さを求める方にも魅力的なモデルといえるでしょう。以下はベースモデル(FR)の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,755mm
・車両重量 1,000kg
・総排気量 656cc
・乗車定員 4人
・燃費消費率(JC08モード) 15.0km/L

中古車市場では、平均36万円の価格で販売されています。生産終了直前のモデルであれば100万円以上の販売価格です。「生産されていない」付加価値がつく車種であるといえるでしょう。

参考:『ホンダ バモス の中古車』

N-BOXカスタム

N-BOXカスタム

N-BOXのボディデザインやパーツを一部変更し、シーケンシャルウインカーを搭載したN-BOXカスタムを発表しました。一般的な軽自動車とは差別化されたインテリアが特徴的で、機能とデザインにこだわるユーザーからも高い人気を集めています。以下はベンチシート仕様「L Honda SENSING(FF)」の基本スペックです。

・ボディサイズ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790mm
・車両重量 900kg
・総排気量 658cc
・乗車定員 4人
・燃費消費率(JC08モード) 27.0km/L

中古車価格はN-BOXに比べて高額な傾向にあり、古い年式でも50万円以上で販売されています。

参考:『ホンダ N-BOX の中古車』

ホンダの車の買取相場を左右する要素

ホンダの車の買取相場を左右する要素

中古車を買取に出す際は、さまざまな要素が買取価格を決めるという点を理解しなければなりません。長年乗り続けた車であれば汚れや傷も目立ちやすくなるため、少しでも高価買取につながるようにポイントをおさえておきましょう。車の買取相場を左右するといわれる6つの要素をご紹介します。

手入れが行き届いているかどうか

「オーナーが丁寧に扱っていたかどうか」は、重要なポイントです。新しいユーザーの購買意欲に影響するため、清潔保持と丁寧な運転は日ごろから意識しましょう。雑な運転を続けると消耗部品の劣化が早まり、年式にかかわらずマイナス査定につながる可能性もあります。

査定前に清掃・洗車することも大切ですが、汚れの蓄積を避けられるよう心がけるのも有益です。車内でタバコを吸う方は、なるべくにおいが気にならないよう対処したほうがよいでしょう。

モデルチェンジの有無

中古車市場では、モデルチェンジの前後でリセールバリューが変動するといわれています。フルモデルチェンジが行われるとデザイン・機能とも大幅に変更されるため、「現行モデルの中古車が欲しい」と考えるユーザーが多いためです。

フルモデルチェンジのタイミングを予測するのは困難ですが、売却を予定している方は公式サイトや情報雑誌でリサーチしてみましょう。現在の所有車が現行モデルであれば、新たな情報が入る前に売却するのもおすすめです。

純正パーツの有無

車の購入時に純正パーツやメーカーオプションを装備した場合は、プラス査定が期待できます。特にあとづけができないメーカーオプションは人気が高いため、査定時にアピールしておきましょう。

カーナビなどの純正パーツを外している方は、パーツ単体で提出するのも有益な方法です。もとの状態に戻して売却しても問題ありませんが、時間の消費を考慮するとそのまま査定を依頼したほうがよいでしょう。

修正や事故歴

過去に事故などで骨格部分の修理を行った場合は、「修復歴あり」または「事故歴あり」といったかたちで販売されます。事故車のリセールバリューは大きく下がるため、マイナス査定の可能性も考慮しておきましょう。

骨格部分の修理でなくとも、目立つ傷やへこみはよい印象を与えません。ただし、傷があることを隠したまま売却するとトラブルに発展することもあります。マイナス査定につながることがわかっていても、漏れなく伝えることが大切です。

走行距離

ホンダをはじめとする日本メーカーの車は、走行距離がリセールバリューに大きく影響します。5万km、10万km、15万kmと段階ごとに価値が下がりやすくなる点を理解しておきましょう。

たとえば、5年間乗り続けた車の走行距離が10万kmを超えていた場合、一般的な5年落ち車よりも買取価格が下がりやすいといえます。1年間に1万km走行が平均とされているためです。反対に、年式が古くとも走行距離が短い車であれば、相場より高く買い取ってもらえるかもしれません。

何年落ちか

新車登録から再販売されるまでの経過年数によっても買取価格が左右します。新しい車のほうがコンディションも良好な傾向にあり、古くなるほど劣化が進むためです。

「10年落ちの車は故障が増える」などともいわれますが、10年以上経過した車がすべてハイリスクなわけではありません。生産を終了した人気モデルや珍しい車であれば、古くとも高い価値がつくケースもあります。年式のみで左右されるものではないことを認識しておきましょう。

ホンダの車で高価買取を狙うためには?

傷ありの車を少しでも高く売る方法

ホンダの車を少しでも高く売るには、中古車市場の現状を把握することが大切です。近い将来価値が上がる可能性はあるのか、売却するエリアで需要はあるのかといった点も注目したいポイントといえます。満足な取引を行うためにも、売却時のコツをつかんでおきましょう。

中古車の価格から想定する

中古車買取業者は、ユーザーから買い取った金額と再販売で得た金額の差額によって利益を得ています。したがって、再販売価格を上回る金額で買い取るケースはほとんどありません。

この仕組みを利用して、中古車市場での販売価格をリサーチします。売りたい車の再販売価格が100万円であった場合、買取価格は最高でも90万円程度でしょう。装備品やグレードによって変動しますが、複数の業者を調べることにより買取価格を想定できます。

所有している車の生産状況をチェック

メーカーが生産終了を発表した車は、中古車市場での需要が高まる傾向にあります。新車で手に入らないものを求めるユーザーが増えるためです。とくに販売期間が短い人気モデルは、生産終了後長期間にわたって高価買取が望めるでしょう。

一方、生産数が増加しているモデルのリセールバリューは下がりやすくなります。新車の購入者が多いほど中古車の台数も増えるため、メーカーの生産状況は定期的にチェックするとよいでしょう。

地域ごとの需要を把握すること

モデルの人気・不人気には全国的な傾向があるものの、エリアを絞ると需要の度合いが異なります。車の売却を考えている地域内でどのような需要があるのか把握することも、高価買取につなげるための方法です。

「需要を把握しづらい」という方は、買取業者の営業所を利用して高価買取を狙いましょう。全国展開している店舗であれば、エリアに限られることなく全国的な人気傾向をもとに査定を受けられます。

買取するなら便利な買取カービューで一括査定!

買取相場を把握する作業に加え、取引の依頼先を決めるのは容易ではありません。とくにはじめての方は「何を基準に選べばよいかわからない」と感じることもあるでしょう。そのようなときには、オンラインの一括査定サービスを活用するのがおすすめです。

買取カービューでは、BIGMOTOR・CARCHS・ユーポスなど多数の大手買取業者に一括査定を依頼できます。無料出張査定サービスも利用可能なため、時間に余裕がない方でも気軽にご利用ください。

まとめ

まとめ

国内外から人気を集めるホンダは、2020年1月現在でも高性能なモデルを販売し続けています。中古車市場で需要の高いモデルも多いため、高価買取も期待できるでしょう。買取価格を予想するには、中古車販売価格をチェックするのも有益な方法です。

売却先の業者選びに悩んでいる方は、ぜひこの機会に買取カービューの愛車無料一括査定サービスサービスをご活用ください。地域密着型の専門業者から大手買取業者まで、条件に合わせて選びやすい環境が整っています。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

本記事について

本記事はYahoo! JAPANグループの株式会社カービューが監修しております。株式会社カービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしており、中古車買取の一括見積依頼サービスである買取カービューや、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラといったお客様のカーライフを応援するウェブサービスを運営しています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP