買取ガイド

傷やへこみは車の買取価格に影響する?少しでも高く売る方法も紹介

傷やへこみは車の買取価格に影響する?少しでも高く売る方法も紹介

車には、「細かい砂利やほこり」「洗車」「障害物への接触」など、さまざまな要因で大小の傷やへこみが発生します。修理には費用がかかるため、傷やへこみがあってもそのまま乗る方もいるでしょう。車の売却を検討する際に、ボディに付いた傷やへこみは買取価格に影響するのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、傷やへこみは車の買取価格に影響を与えるのか、さらには少しでも高く売る方法を解説します。ポイントを把握すれば、傷やへこみがあっても安心して買取に出すことが可能です。ぜひチェックしてみましょう。

へこみや傷は買取価格にどのくらい影響する?

へこみや傷は買取価格にどのくらい影響する?

ボディに傷やへこみがある車の売却時に気になることといえば、「買取価格にどのくらい影響するのか」ということでしょう。次に購入する車がある場合、傷やへこみによって減額されると、車の購入資金が減ってしまいます。

正確な資金計画を立てるためにも、どのくらいの減額になるかを把握することが重要です。傷やへこみが買取価格にどのくらい影響するのか、詳しく見ていきましょう。

サイズと傷の深さによる

傷のサイズや深さによって、どのくらいの減額になるかが変わります。主に、以下の3つの基準が査定のポイントです。基準によって、減額はどのくらいになるか把握しておきましょう。

・爪が引っかからない程度の浅い傷
爪でなぞっても引っかからない程度のごく浅い傷であれば、ほぼ減額はされないでしょう。砂利やほこり、飛び石など、ボディは常に傷が付きやすい環境にいます。車に乗っていれば、ごく浅い傷が付くのは日常的ともいえるので、減額対象とならないケースが多いといえるでしょう。

・再塗装で対応可能な浅い傷
1cm未満…ほとんど影響はない
1cm~9cm程度…1万円ほど
9cm~30cm…1万円~2万円
30cm以上…1万5,000円~4万円

・板金と再塗装が必要な深い傷
9cm~30cm程度…1万5,000円~5万円
30cm以上…2万円~8万円
パネル面積の2分の1以上…7万円~20万円

マイナス査定にならない理由

車検切れでもマイナス査定にならない理由は、買取業者にとって買取後の影響がないからです。買取業者は、買い取った車を「オークションへ出品」「店頭販売」「輸出」などで処理します。

参考:『日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕』

板金、再塗装が必要な傷は大幅な減額になる

「板金と再塗装が必要な傷」がある場合は、大幅な減額をされてしまいます。板金と再塗装が必要な傷への対応は、より専門的な知識や経験が必要です。傷やへこみを修理できる板金工場などへ修理を依頼しなくてはいけないため、その分多くの費用も発生します。

パネル面積の2分の1以上に傷がある車の多く場合は、修理ではなく部品交換対応となりがちです。買取額も大幅な減額となるので注意しましょう。

傷が見えなくても修復歴がある場合は減額になる

事故などで傷やへこみを修理したとしても、「修復歴あり」となる場合は大幅な減額となります。

修復歴ありの車は、車の骨格ともいえる「フレーム」に損傷が生じたことのある車のことです。フレームが損傷した場合、製造時とまったく同じように修復するのは困難といえます。歪みが生じたままであると、真っすぐ走らなくなったり、カーブでフラフラしたりすることもあるでしょう。

フレームは車の骨格を形成する重要パーツです。損傷があれば大幅な減額となるのを把握しておきましょう。損傷すると修復歴ありとなるパーツは、以下のようなものがあります。

    損傷すると修復歴ありとなるパーツ

  • フレーム(サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • インサイドパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア

参考:『日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕』

車の傷は修理するべき?

車の傷は修理するべき?

車に傷やへこみがあると、度合いによっては大幅な減額につながります。では、車の傷やへこみを修理してから査定に出したほうが、結果的に得をするのでしょうか。結論をいうと、費用対効果を考慮した場合、修理はせずに査定に出すほうがおすすめです。なぜ修理をしないまま査定に出したほうがよいのか、詳しくご説明します。

業者で修理:修理代が高くつく

業者に修理を依頼すると、修理費用が高くつく場合があります。たとえば、フロントドアに付いた10cm四方サイズの線傷やへこみであると、修理にかかる費用は3万5,000円~5万8,000円程度かかるでしょう。

1箇所の傷やへこみだけで高額な修理費用が発生するため、複数箇所の傷やへこみがある場合は、非常に高額な修理費用が必要です。傷やへこみの修理費用と、修理をしないまま査定に出した場合の減額額を比較すると、修理費用のほうが高くついて結果的に損をする恐れがあります。

傷やへこみがあるまま査定に出すと、見栄えが悪いと感じるかもしれません。しかし、見栄えは気にせずそのままの状態で査定に出したほうが得をすることが多いでしょう。

自力で修理:失敗のリスク

修理をすると高額な費用がかかり、修理せずに査定に出すと減額されるため、「自分で修理すればよりお得に売れる」と考える方もいるかもしれません。しかし自分で修理をするのはリスクが高いため、やめておきましょう。

数cm程度の線傷などであれば、タッチアップペンを使って自分で修理できるかもしれません。しかし、それ以上の大きい傷であると、自分で修理するのは困難でしょう。

板金塗装は、パテの埋め込みや研磨、調色などの専門的な知識や経験が問われます。板金塗装の素人が本格的な修理を行った場合、失敗する確率は高いといえるでしょう。失敗した場合はさらに査定額が下がってしまうため、自力での修理はやめておくのが賢明です。

修理よりもしっかりした買取業者を探すのが◎

傷やへこみの安い修理方法を模索するよりも、しっかりとした買取業者を探すほうがお得です。傷やへこみの度合いによる減額目安は存在しますが、実際に算出される査定額は業者によって異なります。同じ10cmの傷であっても、A社は2万円の減額であるのに対し、B社の場合は1万円の減額で済むこともあるでしょう。

自社で板金工場を備えている業者の場合、ほかの板金工場へ依頼をかけないため中間マージンを削減でき、一般的な金額よりも安く修理が可能です。傷やへこみがあっても減額が少なく、高い買取価格を提示する業者があることを把握しておきましょう。

傷ありの車を少しでも高く売る方法

傷ありの車を少しでも高く売る方法

傷やへこみがあっても減額が少なく、高く買い取ってくれる業者を探すのも重要ですが、査定前に自分で行う手間も重要です。手間をかけて査定に出せば、より高く買い取ってもらえる確率が上がるでしょう。

主な手間とは、「少しでも見た目をよくする」「車内を掃除する」「車の相場を理解する」「複数社で見積もりを取る」の4つです。

少しでも見た目をよくする

査定前に洗車や軽い研磨をしておくと、見栄えがよくなって査定士のイメージアップにつながります。

車がきれいな状態だと、「大事に乗っているから、整備もしっかりとしているだろう」という印象をもたれるでしょう。車の状態もよいと判断されやすくなり、査定全体でプラスの影響をもたらす可能性があります。

洗車傷のようなごく浅い傷であれば、カー用品店で売られている研磨剤(コンパウンド)を利用して磨くのもおすすめです。平面になって傷が目立たなくなります。

車内を掃除する

洗車をしたら、車内の掃除も忘れずに行いましょう。シートとフロアマットの汚れを落とします。シートは、市販品の専用のクリーナーで洗浄しましょう。フロアマットは、取り外して水洗いをします。その後、よく乾かしてから車内へ戻しましょう。

長年乗っていると気が付きにくい要素ですが、車内の臭いにも注意が必要です。臭いが残っていると次のユーザーが不快に感じる可能性があるため、評価が下がります。市販品の車用消臭剤を使って、消臭をしましょう。

車の相場を理解する

愛車の相場を把握しておくことで、より高く売れる可能性が高まります。買取業者の中には、相場に満たない査定額を提示する業者も存在するでしょう。相場よりも低い価格で買い取れば、その分業者の利益が増加するためです。

相場を把握しておけば、もし相場に満たない査定額を提示されたとしても、異議を伝えられます。なぜ相場に満たない価格になってしまうのか、確認してみましょう。納得がいかなければ、ほかの業者に査定を依頼することをおすすめします。

複数社で見積もりを取る

査定を依頼する場合は複数社から見積もりを取り、高額査定を提示してくれる業者を選びましょう。

基本的な査定項目はどの業者も同じですが、最終的な査定額は業者で異なります。どのくらいの販売力があるか、どういった販売ルートがあるかなどが異なるためです。「手間がかかるから」といってひとつの業者で終わらせてしまうと、高値で売れる機会を逃していることになります。

「一括査定」を利用すれば、複数店舗を回る手間がなく、複数社から簡単に見積もりを取れるのでおすすめです。買取カービューは、200社以上の買取業者と提携し、ユーザーが住んでいるエリアにあわせて最大8社の見積もりを一括で取得できます。

登録も簡単で、家にいながら最も高額査定をしてくれる業者が見つかるなど、手間がかからないのがポイントです。

傷やへこみ以外の査定に影響する要素

傷やへこみ以外の査定に影響する要素

査定に影響を与える要素は、傷やへこみだけではありません。さまざまな要素が影響し、最終的に査定額として提示されます。査定に影響を与える主な要素は、「臭いの有無」「純正パーツの欠品」「説明書などの書類の有無」「走行距離」「車自体の人気」の5つです。

ユーザーにとっては不可抗力である要素もありますが、査定前に対策できる要素もあります。十分に対策をしてから査定に出しましょう。

臭いの有無

臭いの有無は査定に影響する要素です。友人宅に伺うと、それぞれの家で臭いが異なるという経験をした方もいるのではないでしょうか。長年車に乗っていると自分では気が付きにくいですが、他人が乗車すると臭いが気になるケースもあるので注意しましょう。

特に、タバコを吸ったりペットを乗せたりしていた車は要注意です。カー用品店や通販サイトなどで、車用の消臭剤を購入できます。査定前に使用し、臭いを除去した状態で査定を依頼しましょう。

純正パーツの欠品

純正パーツがなく社外品が付いている場合は、買取額は減額される傾向にあります。中古車市場においては、社外品よりも純正品を装着した車のほうが需要が高いためです。

純正品は、「車メーカー純正」という安心感があるため、中古の状態もよいというイメージにつながります。そのため純正パーツがある場合は、査定前に純正状態に戻しておくのがおすすめです。純正パーツがあっても戻すのが難しい場合は、純正パーツも一緒に持ち込んで査定を受けましょう。

説明書などの書類の有無

説明書や定期点検記録簿など、車に関する書類がそろっていると査定はプラスに影響します。説明書は、次のユーザーにとっては重要な書類です。車で分からないことがあると、説明書を確認して解決を図るでしょう。

定期点検記録簿は、これまでに実施した整備の内容が記載されているため、車の状態のよさを証明してくれます。定期点検記録簿がないと「これまでしっかりと整備をしてきた」と伝えても、証明ができないでしょう。愛車の状態のよさをアピールする重要な書類です。

走行距離

走行距離は、買取価格を大きく左右する要素です。中古車業界では、普通車は「1年1万km」、軽自動車は「1年8,000km」が平均走行距離といわれています。平均走行距離よりも多い場合はマイナス、少ない場合はプラスとして査定額に影響を与えるのがポイントです。

平均走行距離に初年度登録年月からの経過年数を掛けると、愛車の基準となる走行距離が判明します。たとえば、初年度登録年月から5年経過した普通車に乗っている場合、基準となるのは「5年5万km」です。愛車にあてはめて確認してみましょう。

車自体の人気

車自体の人気も、買取価格に大きく影響する要素のひとつです。新車と同じように、中古車においても人気の車種が存在します。人気があれば、中古車市場の需要が高いといえるでしょう。

需要が高ければ、それに見合った供給が必要です。買取業者も、中古車市場で人気のある車を買取したいと考えるため、査定額も高額傾向になります。

新車市場で人気のある車は、そのまま中古車市場でも人気があるケースがほとんどです。新車で人気がなかったとしても生産台数が少ないレア車種などである場合は、買取価格が高いこともあります。

まとめ

まとめ

車に傷やへこみがある場合、どのくらい減額されるかは度合いによって異なります。修理をしてから査定に出すと、修理費用のほうが高くつく可能性があるため、そのまま査定に出すのがおすすめです。自分で修理したくなるかもしれませんが、失敗してさらに査定額が下がる可能性があるのでやめておきましょう。

傷やへこみがある状態で高く売るには、複数社に査定依頼をする方法がおすすめです。どのくらい減額になるかは業者ごとで異なるため、複数社の中から最も高値を付ける業者を見つけましょう。

買取カービューの一括査定を利用すれば、家にいながら最大8社まで見積もり依頼ができ、簡単に高値を付けてくれる業者が見つかります。利用実績者数は450万人を誇り、安心して利用が可能です。傷やへこみが生じた車の売却は、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

本記事について

本記事はYahoo! JAPANグループの株式会社カービューが監修しております。株式会社カービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしており、中古車買取の一括見積依頼サービスである買取カービューや、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラといったお客様のカーライフを応援するウェブサービスを運営しています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP