現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車の買取方法は何がおすすめ?高額査定を狙うなら買取業者へ依頼を

買取ガイド

車の買取方法は何がおすすめ?高額査定を狙うなら買取業者へ依頼を

車の買取方法は何がおすすめ?高額査定を狙うなら買取業者へ依頼を

車を売却する方法はひとつではありません。大きく分けて、「買取」「下取り」「個人売買」の3つの方法があります。いざ車を売却しようとする際、どの方法を利用すればお得であるのか分からない、という方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車の買取方法3つの流れや、お得な買取方法をひとつずつご紹介します。買取方法を把握すれば、愛車をより高く売れるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の買取方法は主に3通り

車の買取方法は主に3通り

車の買取方法は主に3つに分けられます。自分が求める条件に合うか検討し、最善の売却を目指しましょう。それぞれの買取方法について詳しくご紹介しますので、強みや特徴を押さえておきましょう。

買取

中古車の販売・買取を行う業者に、車を買取してもらう方法です。車の売却がメインの目的となり、買取業者にとっても在庫確保の機会となるので、高値の査定が付きやすい傾向にあります。

査定時は車の状態だけでなく、需要にあわせた中古車市場の動向も含めて、総合的に判断し見積もりを提示することが特徴です。車をできるだけ高く売りたいと考えている方におすすめと言えます。

また買取は、車を店舗に持ち込む「持ち込み査定」と、査定士を指定場所に呼ぶ「出張査定」の2つの査定方法があるので、都合に合う方を選ぶことが可能です。

下取り

下取りは、ディーラーで新車を購入する時に、今まで乗っていた車を引き取ってもらう方法です。査定はそのままディーラーが行い、名義変更の手続きなども代行してくれるため、買取業者を探すなどの手間がかかりません。

しかし、買取業者や個人への売却に比較すると、下取りの価格は低くなることがほとんどです。査定額が低いのは、新車購入時の値引きに車の買取額が充てられるという理由があります。

個人売買

個人間で車の売買を行うことが個人売買です。中間マージンがなく、高値での売却が期待できるため、信頼できる売却相手がいるならばおすすめの売却方法と言えます。

フリマアプリやオークションサイトを利用することで気軽に取引できますが、個人間での取引はトラブルについても自分で対処が必要です。さらに、名義変更や税金関係の手続きも自分で行わなければならず、個人情報も相手に渡す必要があります。

車の買取方法ごとの注意点

車の買取方法ごとの注意点

「買取」「下取り」「個人売買」と3つの買取方法にはそれぞれ特徴があり、メリットもデメリットも存在します。自分にとって条件の良い買取方法を選ぶことが大切ですが、その際に注意しておきたいポイントがあります。

買取を依頼する場合

買取業者の選定や査定の立ち合いが必要なため、比較的時間がかかります。また、査定金額の有効期限があるため、早めの決断が必要です。新車の納車日がかなり先になると代車サービスが利用できずレンタカーの手続きが必要になる場合があります。手続きの書類準備なども、ある程度は自分で行わなければなりません。

手間を惜しまず、少しでも高い値段で売却したい、下取りで価格が付かない古い車を売却したいと考えている方に、買取依頼は向いています。しかし、時間をあまりかけずに売却したい方には不向きでしょう。

下取りを依頼する場合

買取業者への売却や個人間の売買と比較すると、下取り価格は低い傾向にあります。メインの目的が新車の購入であるため、下取り額が新車購入時の値引きに充てられる点などが理由として挙げられます。人気の装備や純正オプションが付属していても、プラス査定は期待できず、中古車の買取相場もあまり反映されません。

また、ディーラーの下取りに出す車が他社製だった場合、下取り価格はさらに下がってしまう可能性があるので、車とディーラーが同一の会社であることを前もって確認しましょう。

個人売買を行う場合

専門の業者を間に挟まないため、買取相場が不正確だったり、手続きの面でトラブルが起きる可能性があります。特に、名義変更の手続きをきちんと行わないと車の所有者が自分のままになってしまうので、事故が発生した場合の責任や、納税義務が課されるといった問題に注意が必要です。

そのため、売買契約に関しては、細かい点まで慎重に確認し合う必要があります。不手際やトラブルがあった際の対処法をあらかじめ確認し、契約書を作成しておくと安心です。

車を高値で売るなら「業者による買取」方法がおすすめ!

新車の購入を伴わない、手続きの面で不安を持ちたくない、なるべく高値で売却したいといった気持ちがあるならば、「買取」による売却がおすすめです。買取の場合、車種や純正オプションの有無などで査定が上がるため、状態が良い車であれば高値が期待できます。

さらに、中古車買取業者の中には一括査定サービスを行っているところもあります。一括査定とは、売却したい車の車種や走行距離といった情報を、査定に必要な個人情報と一緒に入力することで、複数の買取業者に査定依頼ができるサービスです。

一括査定サービスを利用することで、複数の買取業者の中から最も高値で買い取ってくれる買取業者を見つけられるというメリットがあります。

買取業者による車買取の流れ

買取業者による車買取の流れ

買取の手順を前もって知っておくと安心です。ここでは、車を買い取ってもらう際の準備や手続きについて、4つの項目に分けて解説します。買取はそれほど難しいものではありません。買取の流れを把握し、スムーズな買取を行いましょう。

1.買取業者の選定

まずは車を売却する買取業者を選びます。自分が希望する額の買取価格を提示してくれそうな買取業者を選ぶことが重要です。ウェブサイトなどでおおよその査定額やクチコミの確認などを行い、信頼できる業者を選びましょう。買取相場を公開している買取業者は、買取価格の信頼性があるので安心です。

また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)の「適正買取店認定制度」に合格している買取業者は、中古車売買に関する厳しい要件をクリアしているのでおすすめです。

2.必要書類の準備

普通自動車と軽自動車で、必要となる書類に違いがあるので注意しましょう。必要書類は車検証や自賠責保険証明書、車別の納税証明書、リサイクル券、振込口座の情報になります。普通車なら加えて印鑑登録証明書と実印、軽自動車であれば認印が必要です。譲渡証明書や委任状は買取店側で用意してくれます。

書類によっては紛失時の再発行に時間を要するので、先に用意しておくと手続きがスムーズです。分からないところは担当者に確認し、指示に従って書類を用意しましょう。

3.査定と交渉

ある程度買取業者の選定ができたら、実際に査定をしてもらいましょう。査定時には愛車の状態を詳細かつ嘘偽りなく伝えられるとスムーズに進み、後々問題にもなりません。査定結果が希望と合わない場合は、その場で即決せず検討してみたり、いくらまで出せるのかを尋ねてみるなど交渉を行うのも良いでしょう。

また、査定方法には持ち込み査定と出張査定があるので、買取店に確認したうえで自分に合う方を選びましょう。

4.契約と入金

査定結果に納得できたら、買取店の指示に従い契約を結び、入金を待ちましょう。書類などに不備がなければ、その後の手続きは買取業者が行います。車に忘れ物がないか、ドライブレコーダーやオーディオ内の情報を忘れていないか、カーナビの個人情報は削除したか、といった点に注意して車を引き渡します。

入金には2営業日~3営業日から1週間程度かかる場合もあるので、入金日はあらかじめ買取業者に聞いておきましょう。

車の買取査定額を上げる方法

車の買取査定額を上げる方法

一括査定を利用すれば高額査定が期待できますが、査定前に一手間加えると、さらなる高値を期待できるでしょう。車の買取査定額を上げる方法は6つあり、どれも難しいことではありません。実施した場合としなかった場合では、買取価格に大きな差が生じる可能性があります。くわしく解説するので、ぜひ実践してみましょう。

モデルチェンジ前に査定に出すこと

モデルチェンジ前に査定に出すことで、査定額が下がるのを防げます。モデルチェンジをした場合、新型車に人気が集まるのがほとんどです。旧型車を売却して新型車を購入しようとするユーザーが増えるため、モデルチェンジが行われると旧型車が一気に中古車市場へと流れ込みます。

中古車市場に旧型車が一気に流れ込むと発生するのが、「供給過多」です。需要よりも供給量が増えすぎてしまい、結果的に買取相場が下がります。アンテナを張っておき、モデルチェンジの情報を早めにキャッチしましょう。

小さな傷は直さないこと

小さな傷があっても、下手に修理をしないことが査定の評価につながります。小さな傷があると「自分で修理できそう」と感じて、修理をしたくなる方もいるでしょう。しかし、板金塗装のプロでないと完全に目立たなくさせるのは困難です。

小さな傷を隠すアイテムとして、「タッチアップペイント」があります。愛車のカラーと同色のペンを塗るだけで傷が消えますが、ただ塗って放置しただけでは修理跡が残るでしょう。塗布前にコンパウンドや耐水ペーパーで研磨したり、脱脂したりさまざまなことをしなくてはいけません。

未経験の方が自分で修理をすると、いかにも傷を隠したような跡になってしまうでしょう。逆に査定額が下がってしまう可能性が高まるため、手を加えずにそのままの状態で査定に出す方が賢明です。

車の清掃を行うこと

査定前に清掃をしておくことで、査定額が上がる可能性があります。車がきれいであると、査定士の車に対するイメージがアップするでしょう。大事に乗っていたと感じられる車であれば、整備もしっかりしていると感じ、査定額がアップする要素となりえます。

洗車だけではなく、車内の掃除も行いましょう。シートやフロアマットの汚れは、市販のシートクリーナーを使用して除去します。臭いも査定のポイントであるため、車用の消臭剤を使用して臭いを除去しましょう。

純正パーツを揃えること

中古車市場においては、社外パーツ装着車よりも純正パーツ装着車の方が需要は高い傾向にあります。純正パーツが装着されていた方がプラス査定になりやすいため、純正パーツを揃えることが重要です。

社外パーツが装着されている場合、戻せるようであれば純正パーツへと戻しましょう。もし戻すのが難しい場合は、無理に戻すと傷を付けてしまい、査定が下がってしまう恐れがあります。戻すのが難しかったら、査定時に純正パーツも持参して、純正パーツがあることをアピールしましょう。

車検切れ前に査定に出すこと

車は車検が切れる前に売却をするのがベターです。車検の残り期間が長ければ、査定額も上がると考える方もいるのではないでしょうか。しかし、車検の取得費用と車検の取得による査定の増額分を比較すると、車検費用の方が高く付くかもしれません。普通車であれば、車検費用で10万円ほどかかる場合があります。

車検の残り期間が長いだけで10万円のプラス査定にはなりにくいため、費用対効果を考慮すると、車検を新たに取らずに車検期限前に売却するのがおすすめです。

決算期のタイミングを狙うこと

決算期のタイミングを狙って査定依頼をすると、高額査定を提示してくれる場合があります。決算期で高額査定が出やすいのは1月~3月の本決算と、9月~10月の中間決算の時期です。

決算期になると、少しでも車を販売したいディーラーの多くは「決算キャンペーン」を行います。ユーザーも決算キャンペーンを狙って訪れるため、新車や中古車を問わず一気に需要が高くなるでしょう。

高い需要に応えるためには、多くの供給量が必要です。普段より割高であっても買い取ろうとするため、決算期は高値が付きやすくなります。

車の買取査定額をより上げるなら一括査定という方法も

実際に買取店を訪れて車を売却しようとすると、複数の店舗を回って査定額を比べる必要があるため時間がかかります。一括査定を利用すれば、手間や時間をかけることなく複数社に査定依頼をし、一番高い買取業者に売却できます。さらに一括査定は、パソコンやスマートフォンなどでいつでも簡単に見積もりが可能です。

申し込みで入力する内容は、車種や走行距離などの情報と査定に必要な個人情報だけなので、時間をかけずに査定依頼ができます。複数社からの査定結果を確認し、高額査定を提示してくれる買取業者が見つけやすくなるため、一括査定サービスの利用はおすすめです。

carview!中古車一括査定サービスで自分に合った業者を見つけよう!

求める条件に合う買取業者を見つけるには、carview!中古車一括査定サービスの利用がおすすめです。carview!中古車一括査定サービスの特徴として、提携している買取業者の数は300社以上にのぼり、その中から一度に最大10社の買取業者に見積もりを依頼できます。

また、carview!車買取はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟し、適正買取店として認定されています。carview!車買取を利用することで、安心して高額査定を提示してくれる買取業者を見つけられるでしょう。

まとめ

まとめ

車を売却する際は、3つある買取方法の中で自分に合った種類を選びましょう。一括査定は、一度登録すれば複数社からのアポイントメントや査定結果がくるので、自分から多くの買取業者に連絡を取る必要がありません。

手間なく高値を付けてくれる買取業者が見つかりやすいので、買取方法の中では特にお得な方法です。買取の流れや査定額アップのコツを押さえて、スムーズな買取を行いましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ