買取ガイド

車を買取ってもらうときの必要書類まとめ!再取得方法についても解説

車を買取ってもらうときの必要書類まとめ!再取得方法についても解説

車の買取を依頼したいときの必要書類について紹介します。車を買い替えたいのに、用意するべき必要書類が多く、混乱している方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車の買取を依頼する際の必要書類について紹介します。ケース別の対応方法もとりあげますので、自分に合った方法が見つかるでしょう。車の買取をスムーズに進められます。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の売却に必要な書類一覧

車の売却に必要な書類一覧

必要書類は、売るのが普通自動車か軽自動車かによって変わります。以下にまとめましたので、参考にしてください。

    普通自動車を売却する際に必要な書類

  • 自動車検査証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 委任状
  • 譲渡証明書

    軽自動車を売却する際に必要な書類

  • 自動車検査証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 委任状(業者による)
  • 譲渡証明書(業者による)

いずれの場合にも必須なのは、自動車検査証、自動車納税証明書、自賠責保険証明書、リサイクル券です。軽自動車を売却する場合、ハンコは実印でなくてもかまいません。委任状や譲渡証明書は業者の指示に従いましょう。

法人名義の車を売りたい場合も、基本的には上記の書類をそろえましょう。実印と印鑑登録証明書は法人名義のものを用意します。車検証の住所と現在の住所が違う場合、個人名義の車なら住民票を提示するのが一般的です。法人名義の車なら履歴事項全部証明書を用意します。

【ケース別】必要書類まとめ

【ケース別】必要書類まとめ

特別な事情によって車を売却する場合、一般的な手順とは異なる方法をとる必要があります。それぞれケース別に必要な書類を紹介します。難しいと思っても、車の売却方法が分かるようになるでしょう。紹介する手順を参考に必要書類をそろえてください。

名義人が亡くなっている場合

亡くなった方の車を売却する場合、相続を済ませて名義人を変更する必要があります。自分ひとりで車を相続する際は、亡くなった方と自分との関係を証明する戸籍謄本や除籍謄本を用意しましょう。自分の実印や印鑑証明書も必要です。車庫が変わるなら、新たな車庫証明書が必要になります。

相続協議の結果によっては、車を共同相続するケースもあるでしょう。名義変更するためには、相続する方すべてが載っている戸籍謄本や除籍謄本が必要です。相続する方全員が実印で捺印した遺産分割協議書や委任状を用意します。印鑑証明書も相続する方すべての証明書が必要です。

相続手続きが完了すれば、一般的な方法で車を売ることができます。書類をそろえて売却手続きをしましょう。

「事業用車」を買取してもらう場合

法人名義の車が事業用車の場合、追加で書類を用意する必要があります。用意するのは事業用自動車等連絡書です。事業用自動車等連絡書は事業用車を取得すると発行してもらえます。事業用車を増やしたり減らしたりするときに、それぞれ手続きが必要です。

事業用車を売却する場合、減車の手続きが必要になります。発行手続きを受け付けているのは、自分の店舗がある都道府県の運輸支局です。売却先の企業が増車手続きをする際に、減車した連絡書が必要になります。

すでに廃車になっている場合

廃車と聞くと、すでに解体された状態を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。しかし、将来的にまたその車に乗りたいと思う場合、一時抹消登録という方法を選べます。一時抹消登録の状態にある車を売却したい場合、手続きの際に受け取った書類を一緒に提出します。>

普通自動車の場合、提出するのは一時抹消登録証明書です。軽自動車なら、軽自動車検査証返納証明書や軽自動車検査証返納確認書を用意します。一時抹消登録をした際の書類は大事に取っておきましょう。

参考:『国土交通省』

参考:『軽自動車検査協会』

所有権留保の解除が終わっていない場合

ローンを組んで車を買った場合、支払いが完了するまで車の名義がディーラーやローン会社にある場合があります。この場合はローン会社にまず相談するとよいでしょう。車の所有権がローン会社のままだと、車を売却できません。所有権を移す手続きが必要です。

ローンの残金が少なければ、完済してしまうのがよいでしょう。多くの額が未払いであるなら、車を売却した場合の査定額を確認してみてください。未払い額より査定額が大きい場合、所有権を移せることがあります。

書類を紛失した場合の再取得方法

書類を紛失した場合の再取得方法

車の買取を希望する場合、多くの書類をそろえる必要が生じます。準備しているうちに、一部の書類がないことに気づくこともあるでしょう。書類を紛失したら、再取得する必要があります。

紛失した書類ごとに再取得の方法は異なります。それぞれの書類の再取得方法をまとめました。

自動車車検証を紛失した場合

普通自動車の場合、運輸支局か自動車検査登録事務所で再発行の手続きを行います。軽自動車の車検証を再発行できるのは各地域を管轄する事務所です。

使用者の印鑑や申請書、本人確認書類を用意して手続きを行いましょう。申請書は再発行の手続きを行う場所で入手できます。自動車車検証を再発行するための手数料はそれぞれ300円です。毀損した自動車車検証がある場合、一緒に提出しましょう。

手続きは代行業者などにも依頼できます。業者が用意する委任状にサインして手続きを行いましょう。

参考:『国土交通省関東運輸局』

参考:『軽自動車検査協会』

自動車納税証明書を紛失した場合

車の売却時に自動車納税証明書を提出することは、法律上の義務ではありません。紛失に気づいたら、まず中古車買取業者に相談してみるとよいでしょう。クレジットカード払いの場合、証明書をもらえないケースもあるからです。無料で再発行の手続きを行っている業者もあります。

万が一自動車税を支払っていない場合は、延滞金が発生します。納付期限の翌日から1か月間は2.6%の延滞金です。それ以降は8.9%の延滞金を支払う必要があります。

参考:『東京都主税局』

自賠責保険証を紛失した場合

自賠責保険証は常に車で保管する必要のある書類です。売却時に紛失が分かった場合、再発行の手続きを取る必要があります。再発行の手続きを依頼できるのは、加入した保険会社です。自賠責保険を提供している会社はいくつもあります。自分が加入した保険会社に問い合わせましょう。

再発行の手順として、電話で問い合わせたり実際に営業店へ訪問したりします。印鑑や本人確認書類が必要になるので、一緒に持っていきましょう。保険証の再交付申請書に記入して手続きを行います。

リサイクル券を紛失した場合

自動車のリサイクルや処分の費用を負担するのがリサイクル券です。リサイクル券はなくしたら再発行できません。しかし、自動車リサイクルシステムというサイトで代わりとなる証明書を印刷できます。

印刷する際には車検証を用意しましょう。車台番号や登録番号でリサイクル料金の支払い状況をチェックできます。表示結果をPDFファイルで出力できるので便利です。出力したファイルを印刷し、リサイクル券として提出できます。

印鑑登録証明書や実印を紛失した場合

印鑑登録証明書自体は印鑑登録証があれば再発行できます。しかし、実印や印鑑登録証がなくなった場合、再登録が必要です。まず現在有効な印鑑登録を廃止します。実印や印鑑登録証が悪用されないように、速やかに手続きを行うのがよいでしょう。

廃止手続きが完了したら、あらためて印鑑登録をしなおします。なくなったのが印鑑登録証だけで実印は手元にあるという場合は、トラブルが起きるリスクを減らすために別の印鑑を登録するのが賢明です。

ナンバープレートを紛失・破損した場合

車の売却時にはナンバープレートを付けて引き渡すのが一般的です。ナンバープレートがなくなったり破損したりした場合、顛末書の作成が必要になります。顛末書の提出先は運輸支局か自動車検査登録事務所です。

まず警察署に行ってナンバープレートがなくなったことや破損したことを伝えましょう。届け出に応じて警察署が証明書を発行してくれることもあります。証明書の発行がない場合、受理番号などをメモしておきましょう。受理番号や車台番号などの情報を顛末書に記入して完了です。

車を売る3つの方法と高値がつくポイント

車を売る3つの方法と高値がつくポイント

せっかくいくつもの書類をそろえたなら、できるだけ高い値段で車を売りたいと思うのではないでしょうか。車を売る3つの方法とそれぞれの特徴を紹介します。それぞれの方法を比較することで、自分に合った売買方法が見つかるでしょう。

【高額査定アリ】中古車販売業者での買取

さまざまなメーカーの中古車を幅広く扱うのが中古車販売業者です。高い値段で車が売れるチャンスがあります。とにかく高く売りたいならば、まずは中古車販売業者に相談するとよいでしょう。

買取の流れとしては、まずはインターネット上で査定を行っている業者に査定依頼をしましょう。現在は、インターネット上で査定を行っている業者がほとんどです。査定結果を見て気に入った業者に出張査定や店舗での査定を依頼できます。査定金額に納得できたら、必要書類を提出して売買契約を交わしましょう。車を引き渡し、後日入金を確認します。

【査定額低め】ディーラーでの下取り

ディーラーで下取りを依頼した場合と、中古車買取業者に査定を依頼した場合では、ディーラーのほうが査定額を低めに提示されるケースが多くあります。下取りは、ディーラーで別の車を買うことを条件に今の車を査定してもらい、その購入金額から差し引いてもらう方法です。

交渉の仕方によっては下取り額がアップする場合もあります。ただ、ディーラーは新車の販売をメインとしているので、本来つけるはずの割引の部分を抑えるなどして全体のバランスを取ることもあります。

すでにディーラーで車を買う予定があるなら、下取りを選ぶ人も多いかもしれません。ただ、少しでも高く車を売りたいなら、より高く売れる業者を探すのもよい方法です。

【査定額は相手次第】個人間売買

近年ではインターネットなどを通して、比較的簡単に車の個人間売買ができるようになりました。良心的なユーザーも一定数いるため、よい評判を聞くこともあるでしょう。しかし、トラブルが多く危険が伴うのも個人間売買です。車の売買経験がない方にはおすすめできません。

手続きが面倒なのも個人間売買の特徴です。契約書の作成や手続きを自分で行う必要があります。書類や手続きが少しでも漏れているとトラブルにつながり、余計な時間やお金が発生することもあります。

高く車を売るためのポイント

車を高く売るためには、売るタイミングが重要です。一般的に1月~3月や9月~10月は比較的高く売れます。車のニーズが増えるので、業者としても多くの車をそろえておきたいからです。走行距離が5万kmや10万kmを超えるまえに売るのもよいでしょう。

また、純正オプション品も魅力的なポイントです。純正品だと分かっているものはしっかり伝えるとよいでしょう。定期的に点検やメンテナンスを行っている場合、点検記録を見せられます。業者によっては買取金額をアップしてくれるでしょう。

傷が付いていると査定額が下がることがあります。小さな傷で消せるものがあれば、査定前に直したほうがいいでしょう。車をきれいにして、査定員の印象アップを狙いましょう。

まとめ

まとめ

車を売る際には自動車検査証やリサイクル券など、たくさんの書類が必要です。なくした場合は再発行するべきものもあります。また、より高く売るためには、中古車業者で高額査定をねらうとよいでしょう。

少しでも高く車を売りたいなら、買取カービューをぜひご利用ください。複数の業者の査定を一括で依頼できます。査定方法は簡単で、費用も無料です。満足のいく価格で車を売却できるか、まずは愛車の相場を下記よりチェックしてみてください。きっと驚きの査定額が導き出されるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP