現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車の買取時に影響する査定のポイントや高く売るためのコツとは?

買取ガイド

車の買取時に影響する査定のポイントや高く売るためのコツとは?

車の買取時に影響する査定のポイントや高く売るためのコツとは?

車を売る場合、多くの方が「より高く売りたい」と思うでしょう。高く売却できれば、新しい車の購入資金が増え、より上級のグレードを買えるかもしれません。しかし、どのような要素が査定に影響し、どうすれば高く売れるのかが分からないという方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車の買取時に影響する査定ポイントや、高く売るためのポイントについて解説します。ポイントを理解することで、より高値で売却できる可能性が高まります。ぜひチェックしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るのは買取がよい理由

車を売るのは買取がよい理由

車の売却方法には、主に「買取」と「下取り」の2種類があります。2種類あるなかでも、買取で売却するほうがおすすめです。両方とも車を手放すという行為は同じですが、売却までのプロセスや目的が異なります。ここでは買取と下取りの違いや、買取のメリットやデメリットを解説します。買取で売ることのよさを把握しましょう。

下取りとの違い

下取りと買取では、業者の目的が異なります。下取りの場合、業者の目的は新車を購入してもらうことです。下取り車の査定額分を、新車から差し引いてユーザーに販売します。買取の場合、業者の目的は車の買取にあります。買い取った車を再販して、利益を得る仕組みです。

下取りの場合、下取り車の査定額と新車の値引き額を合算することが多いため、純粋な下取り額が分かりづらいといったデメリットがあります。買取であれば査定額が明確に分かるため、納得したうえでの売却が可能です。詳しくは後述しますが、下取りよりも買取のほうが、より高額査定になりやすいといった特徴があります。

買取のメリット・デメリット

買取のメリットのひとつは、査定額が高くなりやすいことです。下取りの場合、業者のメイン業務は車を販売することにあります。買取の場合、メイン業務は車の買取です。買取にかける熱意があり、豊富なノウハウや知識を有しているでしょう。中古車市場の状況も熟知しているため、車の市場価値を最大限に考慮しているのがポイントです。

複数の業者に査定を出せるため、そのなかから最も高額査定を提示した業者に売却ができます。売却後には現金になるため、次の車の購入資金や、旅行資金にするなどの自由な使い方が可能です。社外パーツが付いていたとしても、社外パーツに詳しい査定士がいるケースが多いため、価値があればプラス査定につながることがあります。

デメリットは、複数の店舗を回って査定を依頼する場合、手間がかかりがちなことです。多忙であると、なかなか売却できないこともあるでしょう。新しい車の納車日と、現在所有している車の売却日が合わないと、車のない期間が発生するのもデメリットのひとつです。

車の買取時で査定額に影響するポイント

車の買取時で査定額に影響するポイント

車を売却する際に、「どの部分が査定に影響するのか」と気になる方もいるのではないでしょうか。車の査定に影響するポイントは、主に「年式」「走行距離」「内装」「外装」の4つです。

4つのポイントを査定士がチェックし、最終的な査定額を算出します。どれかひとつの要素だけではなく、すべての要素が良好であることが高額査定のポイントです。

年式

高年式の車と低年式の車では、車の評価は大きく変わります。高年式とは、初年度登録からそれほど年月が経過していない車のことです。初回車検を受ける前の車を指す場合もあります。

製造されてからあまり年月が経過していないことから、新しいテクノロジーの採用や、故障リスクが低いために中古車市場でも人気が高いのが特徴です。そのため、高年式の車は高額査定を期待できるでしょう。

低年式とは、初年度登録から比較的長い年月が経過した車のことを指します。経年劣化による故障リスクの高さが懸念され、中古車市場での需要は低いのが特徴です。そのため、査定額は低くなるでしょう。

走行距離

走行距離は、中古車業界においての「平均走行距離」を超えているかいないかが重要です。普通車の場合は「1年1万km」、軽自動車の場合は「1年8,000km」が平均的な走行距離といわれています。

平均的な走行距離を超えている場合の査定額はマイナス、下回っている場合の査定額はプラスになるでしょう。3万km、5万km、10万kmを超える前に売却すると、より高値が付きやすくなるのもポイントです。

内装

内装はシートやフロアマットの汚れだけではなく、においも査定に影響を与えます。シートやフロアマットは、洗えば落ちるような軽度の汚れであれば、査定前に洗えば問題ないでしょう。しかし、洗っても取れないような汚れやシミが生じている場合は、マイナス査定につながります。

においも重要なポイントです。特に、ペットを乗せていたりタバコを吸ったりしていた場合は注意しましょう。においが染みついている車であると、次のユーザーから敬遠されてしまいます。車用の消臭剤を利用して、においを消しておきましょう。

外装

ボディに傷やへこみがある場合は、マイナス査定になります。微細な傷であれば、タッチアップペンなどを用いて自分で修復するのもよいでしょう。

大きな傷やへこみの場合、板金修理を依頼すると高額な費用が発生する恐れがあります。査定時の減額よりも修理費用のほうが高くなるケースがあるので、修理をするのではなくそのまま査定に出しましょう。

汚れは、査定に出す前に洗車をするのがおすすめです。車がきれいな状態であれば、「大切に乗っているから整備もしっかりとしている」というイメージを査定士がもち、査定額アップにつながります。

またボディカラーによって、査定額は変わります。新車や中古車の購入時に人気のある「ホワイト」「ブラック」「シルバー」などの色であれば、査定額にプラスの影響を与えるでしょう。

より高く車を売るためのポイント

より高く車を売るためのポイント

売却の方法として買取は高額査定が期待できます。さらに車を高く売るためのポイントがあるので、把握しておきましょう。より高く車を売るためのポイントは、「一括査定に出す」「より高く売れるタイミングに売る」「車はきれいに元の状態に近づける」の3つです。どれも難しいことではないので、ぜひ実践してみましょう。

一括査定に出す

一括査定に出すと、簡単に高額査定が期待できる業者が分かります。そのため買取で売却をする際は、一括査定を利用するのがおすすめです。

通常の買取では、最も高額査定を提示する業者を探すために、複数の店舗を回らなくてはいけません。手間がかかってしまうため、多忙な方であるとなかなか行動に移せないでしょう。

一括査定は、車両情報やユーザーの情報などを登録するだけで、簡単に複数の業者からの査定結果を把握できます。24時間いつでも登録ができるのもポイントです。最も高値を提示している業者がすぐに分かるので、楽に高値での売却ができます。自分の足で複数の店舗を回る必要がなく、手間がかからないのが魅力といえるでしょう。

より高く売れるタイミングに売る

1年を通じて、車の買取価格は一定ではありません。時期によっては査定額が高くなる可能性があるので、タイミングを見計らって売却をしましょう。

査定額が高くなりやすい時期は、1月~3月と9月~10月です。1月~3月は会社の決算期、9月~10月は中間決算期であることが、査定額が高くなりやすい理由といえるでしょう。

決算期に入ると、多くの業者は1台でも車を売ろうと決算キャンペーンを行います。ユーザーは決算キャンペーンで車が安くなるタイミングを狙って購入するため、新車や中古車を問わずに爆発的に需要が高まる時期です。

高い需要に応えるためには見合った供給が必要となるため、普段より少し割高でも多くの車を買い取ろうとします。そのため、1月~3月と9月~10月は、高額査定が期待できるという仕組みです。

車はきれいに元の状態に近づける

査定に出す前に新車時の状態に近づけておくと、査定がプラスに働きやすくなります。中古車市場において需要が高いのは、純正パーツが付いた車です。純正の安心感があるため、社外パーツ装着車よりも人気は高くなります。社外パーツを装着している場合は、純正パーツに戻しておきましょう。

整備記録が書かれたメンテナンスノートがあれば、車の状態が正確に分かるため、よりプラス査定につながります。グローブボックス内に保管されているか、査定前に確認をしておきましょう。

車の買取相場をチェック

車の買取相場をチェック

査定額に影響を与えるポイントや、より高く売るためのポイントを把握できたら、実際の買取相場のチェックをしましょう。ここからは、特に人気の車種と各メーカーの主要な車種の買取相場をご紹介します。ボディの傷やへこみなどを考慮して、似た条件の車の買取相場をチェックすれば、愛車のおおよその買取価格が分かるでしょう。

買取相場サイトを利用する

買取相場サイトを使えば、愛車の査定価格が比較的簡単に想定できます。車種や年式、走行距離などの必要事項を入力すれば見積もりできるサイトがほとんですが、サイトによってはオプションパーツや修復歴の有無を問うこともあるので、正直に答えましょう。

人気の車種

ここでは、買取査定の申し込み数が多い、人気の5車種の買取相場の平均値をご紹介します。以下にまとめたので、ご覧ください。なお、査定価格は2020年1月21日時点のデータとなります。

・プリウス
使用年数…8年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…86万円

・セレナ
使用年数…10年
走行距離…9万5,001km~10万km
査定価格…51万7,000円

・ワゴンR
使用年数…11年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…19万3,000円

・フィット
使用年数…10年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…26万2,000円

・ムーヴ
使用年数…11年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…20万6,000円

メーカー

ここでは、各メーカーの主要な車種の買取相場平均値をご紹介します。以下に詳細をまとめたので、ぜひ参考にしてください。なお、査定価格は2020年1月21日時点のデータとなります。

・トヨタ
車種名…アクア
使用年数…5年
走行距離…5万5,001km~6万km
査定価格…98万1,000円

・ホンダ
車種名…ヴェゼル
使用年数…4年
走行距離…4万1km~4万5,000km
査定価格…152万6,000円

・日産
車種名…エクストレイル
使用年数…8年
走行距離…7万5,001km~8万km
査定価格…74万5,000円

・マツダ
車種名…CX-5
使用年数…4年
走行距離…5万5,001km~6万km
査定価格…140万7,000円

・三菱
車種名…アウトランダー
使用年数…10年
走行距離…9万1km~9万5,000km
査定価格…75万2,000円

・スズキ
車種名…スイフト
使用年数…8年
走行距離…7万5,001km~8万km
査定価格…31万5,000円

・ダイハツ
車種名…タント
使用年数…9年
走行距離…7万5,001km~8万km
査定価格…31万7,000円

車の買取で気になるQ&A

車の買取で気になるQ&A

車の売却は、頻繁に行うものとはいえません。1台の車を長く乗り続ける方であれば、10年に1度という方もいるでしょう。そのため、売却に関して分からないことがある方もいるのではないでしょうか。ここでは、車の買取でよくある質問に対しての回答をご紹介します。参考にして、スムーズに売却手続きを進めましょう。

車検切れでも売れる?

車検が切れていても、車は売れます。車を買取したあとに業者が車検をする費用分を車の販売価格に含められるからです。

車検が切れているからといって、売却のためだけに車検を通す必要はありません。査定額にプラスされる額よりも、車検費用のほうが大きくなってしまう可能性があります。

車検切れの場合は、そのままでは公道を走れません。そのため、査定の方法は出張査定です。ある程度買取業者の日程に合わせる必要もあるので注意しましょう。

ローンが残っている車は売れる?

ローンの支払い額が残っていても、売れる可能性はあるといえるでしょう。残ったローンを車の査定額から支払う方法があります。ローンの残債よりも、車を売却して得られる額のほうが多ければ、売却時のお金でローンを一括返済できるでしょう。

車を売るときは何が必要?

車を売るときは、さまざまな書類が必要です。売却間近になってからそろえようとすると、紛失して見当たらなかったり、用意するのに時間がかかったりするでしょう。以下に必要書類をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    車を売却する際の必要書類

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書(発行後1か月以内のもの、軽自動車の場合は不要)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 実印(軽自動車の場合は認印可)
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 住民票

自動車検査証を紛失した場合、普通自動車はナンバーを管轄する運輸支局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で再発行ができます。自賠責保険証明書は、紛失時は契約している保険会社に連絡をしましょう。

自動車税納税証明書は、普通自動車であれば都道府県税事務所や、運輸支局場内の自動車税管理事務所で再発行ができます。軽自動車の場合は、市区町村の窓口で再発行が可能です。リサイクル券を紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページで、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すればリサイクル券の代わりとして使用できます。

まとめ

まとめ

車を売却する際には、「年式」「走行距離」「内装」「外装」などのポイントが査定額に影響します。年式や走行距離などはユーザーにとって不可抗力な要素ですが、買取を利用して高く売るためのポイントをおさえれば、高額査定が期待できるでしょう。

買取で売却する場合は、一括査定の利用がおすすめです。ネットで車両情報やユーザー情報を入力するだけで、手間なく簡単に複数社に見積もり依頼ができ、最も高額査定を提示している業者が見つかります。

carview!車買取は、利用実績者数が500万人を突破しています。車両情報を入力するだけで、お客様がお住まいのエリアに合わせて一度に最大10社への査定依頼が可能です。楽に最も高額査定を提示している業者が見つかり、高値で売却ができます。車の売却は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ