買取ガイド

車の買取は一括査定がおススメ!高額査定のコツ

車の買取は一括査定がおススメ!高額査定のコツ

車を売る場合は、下取りや買取などの方法があります。車の売却を決めたら、どのような方法で売るのかを決めなくてはいけません。効率よく高額査定が期待できる方法として、一括査定での買取が注目を集めています。一括査定で買取をするとどのようなメリットがあるのか、分からないという方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、一括査定での買取がおすすめの理由や、高額査定のコツについて解説します。記事を読んでポイントを把握することにより、高値で売却ができるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を主に売る方法は2つ

車を主に売る方法は2つ

車を売却する際の方法は、「下取りに出す」「買取店で売る」の2つが主な方法です。どちらも車を売却するという点では同じですが、それぞれで売却に至るまでのプロセスが異なります。さらに、車を売却する先の業者もそれぞれで異なるため、似て非なるものといえるでしょう。各売却方法はどのようなものか、詳しく解説します。

下取りに出す

下取りとは車を次の車の購入場所に売却をして、新しい車を購入する際に売却した金額を差し引く方法です。所有している車は購入先に引き渡すので、同じ業者で売却と購入が済みます。下取り価格は、各業者の下取り基本価格をもとにして決められるのが特徴です。新しく車を購入しない場合は、下取りとはなりません。

買取店で売る

買取とは、中古車専門店や買取業者などに車を売却して、現金化することを指します。下取りのように新しい車を購入する業者に引き渡すのではなく、売却する業者を自分で選べるのが特徴です。買取価格は、中古車オークションでの相場を基準とすることが多く、車の状態やオプション品の有無などのさまざまな要素で決定します。

買取と下取りの違い

買取と下取りの違い

買取は中古車専門店や買取業者への売却、下取りは新しい車を購入する業者への引き渡しです。それぞれで異なる売却方法であるため、メリットやデメリットも大きく異なります。実際に売却する前にきちんと把握しておき、どちらのほうがよりメリットを受けられるか考えてみましょう。

買取のメリット・デメリット

買取の大きなメリットは、査定額が高くなりやすいことです。多くの買取業者は、車の買取をメイン業務としています。中古車市場に熟知した査定士がおり、いくつもの中古車を査定しているのでノウハウも豊富といえるでしょう。そのため、中古車市場の評価を最大限に考慮した価格を付けられるのが特徴です。

また複数の店舗を回って、最も高額査定をした買取業者に売却できるのもメリットといえます。売却後に現金を受け取れるため、新しい車を購入する以外にもさまざまな用途に使えるでしょう。

社外パーツが付いている場合、人気のパーツであると査定額がプラスにつながる可能性があります。多くの社外パーツを装着している方におすすめです。

買取のデメリットとしては、店舗を回る手間がかかることが挙げられます。より高額査定を狙うと、どうしても複数の店舗を回ることになるでしょう。新しい車を購入する場合は、納車日と売却日が合わずに、一定期間車がない生活をするかもしれません。買取は手間がかかりますが、より高額査定を目指す方におすすめです。

下取りのメリット・デメリット

下取りのメリットは、手間がかかりにくいことです。新しい車を購入する業者で売却手続きができるため、ひとつの店舗で売却と購入が済ませられます。

現在所有している車の引き渡しは、新しい車の納車日に合わせて行えるので、車がない期間の発生を防げるのもポイントです。通勤や買い物の足がなくなって困ることもありません。低年式の車や走行距離が多少多くても、一定価格で下取りしてくれるのもメリットのひとつです。

デメリットとしては、相場よりも安くなる恐れがあることが挙げられます。多くの下取りをしている業者のメイン業務は車を売ることなので、買取に力を入れているわけではないでしょう。市場価値を最大限に反映しきれない可能性があります。

買取専門業者ではないため、社外パーツなどのプラス査定が期待できない点もデメリットです。高価なスピーカーやオーディオを装着していても、査定額にはほぼ影響を与えられないと考えておきましょう。

買取と比較して、査定額が不明瞭なこともあります。新しい車の値引き額と、下取りした車の査定額を一緒にしてしまうことが多く、どのくらいの価値が付いたのか分からないこともあるので注意しましょう。

車を高く売るなら「買取」がおススメ

車を高く売るなら「買取」がおススメ

車を高く売るのであれば、下取りよりも買取がおすすめです。買取は、下取りよりも手間はかかりますが、高額査定を期待できます。売却後に新しい車を購入する場合など、少しでも購入資金を増やせれば、より上級グレードの車を買えるかもしれません。ここからは、買取がおすすめの理由を詳しくご紹介します。

下取りの査定額はわかりづらい

買取がおすすめの理由として、下取りの場合は査定額が分かりにくいことが挙げられます。下取りの場合、現在所有している車の価格分が新車から差し引かれますが、査定額と値引き額が合計されてしまうケースがほとんどです。

そのため、「下取り価格が高いな」と感じても、新車の値引き額が含まれているからかもしれません。下取り価格が高いと感じた場合は、買取業者でも査定を依頼して、どのくらいの査定額が提示されるのか確認しましょう。買取に出したほうが、下取り価格よりも高額査定になる場合もあります。

下取りは、手間をかけずに売却できるのが大きなメリットです。しかし、査定額が不明瞭であるため、より高く売却したい方は注意しましょう。

買取のほうが査定額が高くつく

下取りよりも、買取のほうが査定額は高い傾向にあります。下取りを行う業者の本業は、車を買うことではなく売ることです。買取業者は車の買取をメイン業務としており、車の買取に対する熱意や気合が違うといえるでしょう。

豊富な知識やノウハウを有したプロは、年式や走行距離などのデータだけではなく、人気や評判などの細かい部分までを総合的に判断して査定額を出します。中古車市場の傾向やトレンドなども熟知していることなどから、最大限の評価で高額査定につながるでしょう。

一括査定でより高く売れる業者がわかる

買取でより高く売りたいのであれば、一括査定を利用しましょう。一括査定とは、インターネット上で「車種」「グレード」「年式」「走行距離」などの車両情報と個人情報を登録するだけで、一度に複数社の査定結果を見られるサービスです。

買取は高額査定になるのが大きな魅力ですが、複数の店舗を回って高値を付ける業者を探すのが手間だと感じる方もいるのではないでしょうか。多忙な場合は、なかなか時間が作れないこともあるでしょう。

車の価値は常に変動しており、経過年数や走行距離が多くなれば、それだけ価値も低下します。売却を決めたら、なるべく早く行動に移すことが重要です。

一括査定であれば、家にいながら簡単に複数社へ見積もり依頼を出せるので、手間やかかる時間を最小限におさえられるでしょう。多忙な方でも、最も高額査定を出す業者を簡単に見つけられるのがポイントです。

車の買取で査定されるポイント

車の買取で査定されるポイント

車を査定に出す際に、「車のどこを見られるのか気になる」という方もいるのではないでしょうか。査定士は、車のさまざまな部分を確認して査定額を算出します。

査定士が確認する部分は、主に「年式や走行距離」「外装や内装」「社外パーツ」「エンジン」の4つです。業者が異なっても、基本的に確認する場所は同じでしょう。それぞれの部分について詳しく解説します。

年式や走行距離

年式や走行距離は、査定額に大きく影響を与えるポイントです。年式が新しい高年式の車であれば、査定額は高くなります。新しい技術で製造されていること、経年劣化による故障リスクが少ないことなどから、中古車市場での需要が高いためです。

初年度登録から年数が経過している低年式車であると、査定額は低くなる傾向があります。最新技術ではないこと、経年劣化によって故障リスクが高いことなどが理由です。低年式の場合でも生産量が少なく希少価値の高い車などであると、高値が付くケースもあります。

走行距離は、普通車であれば「1年1万キロメートル」、軽自動車であれば「1年8,000キロメートル」が平均的な数値です。平均値を超えた走行距離であると、査定額は低くなる傾向にあります。平均値を下回っている場合は、プラス査定として評価を期待できるときもあるでしょう。

外装や内装

外装や内装の状態も査定額に影響するポイントです。車のカラーは、新車や中古車で人気のある「ブラック」「ホワイト」「シルバー」などであると、査定額は高くなるでしょう。

ボディに傷やへこみがある場合は、傷の程度に応じて査定額は低くなります。ヘッドランプやテールランプの欠けや割れなども、重要なチェックポイントです。

シートやフロアマットの内装汚れがひどい場合も、査定額は低くなります。ペットのにおいや、おしっこの染みなどがあると査定額は大きく下がるでしょう。車内でタバコを吸っていた場合はタバコのにおいの有無も確認されるため、査定前に消臭しておくことをおすすめします。

社外パーツ

買取の場合、社外パーツが装着されているとプラス査定につながるケースがあります。社外パーツとは、「ホイール」「カーナビ」「マフラー」「エアロパーツ」などで、車メーカー以外のメーカーが販売しているパーツです。一般的に中古車市場では純正パーツの装着車の需要が高い傾向にありますが、社外パーツが付いた車を求めるユーザーも存在します。

社外パーツを装着した車にも需要があること、社外パーツは純正品よりも高価であるケースもあることなどを考慮すると、査定額のプラスを期待できます。ただし、車検に対応していないマフラーやエアロパーツなどが装着されていた場合は、マイナス査定になる可能性があるので注意しましょう。

エンジン

エンジンは、車の本質である「走る」ことに関係する部分であるため、査定額に大きく影響を与えます。

エンジンを始動させてみて、「カタカタ」や「キュルキュル」などといった異音が聞こえる場合、どこかが不調である可能性が高いといえるでしょう。修理費用が発生するため、マイナス査定につながります。ほかにもオイル漏れがないか、スパークプラグの焼け具合は正常かなどがチェックポイントです。

エンジンのオーバーホールをしている場合、査定士に申告をすると査定額が上がる場合もあります。エンジンのメンテナンスをしていることで、故障リスクが低くなり安心できるためです。

より車を高く売るためのコツ

より車を高く売るためのコツ

買取を選択すれば高額査定が期待できますが、さらに一手間をかければより高額査定を狙えるでしょう。査定に出す前にしておくとよいコツは、「車をできる範囲できれいにする」「カスタマイズは戻せる範囲で戻す」「より高額に売れるタイミングで売る」の3つです。手間はかかりますが、その分だけ高額になる期待ができるでしょう。

車をできる範囲できれいにする

査定に出す前には、車の汚れをできる範囲できれいにしておくことが重要です。洗車や車内清掃を行いましょう。車がきれいであると、査定士のイメージがよくなります。「大切に乗ってきた車」「整備がしっかりといき届いている車」という印象を与えられるので、査定額アップにつながる方法として有効です。

洗車は、ホイールやタイヤの洗浄も行いましょう。車内はシートやフロアマットの汚れをきれいに掃除します。においが気になる場合は、車用の消臭剤を使用するのがおすすめです。

カスタマイズは戻せる範囲で戻す

ウイングやエアロパーツなどのカスタマイズを施した車は、純正の状態に戻せるようであれば戻しておきましょう。カスタマイズ車を求めるユーザーは一定数いるものの、中古車市場においては純正状態の車のほうが需要が高い傾向にあります。

カスタマイズカー専門店であれば高い評価をしてもらえるかもしれませんが、通常の買取業者であると、派手なカスタマイズはマイナス評価にもなりかねません。

ただし、無理に取り外そうとしたことで傷が付き、マイナス査定要素を作ってしまうことも考えられるでしょう。パーツは無理に取り外さないことが重要です。

より高額に売れるタイミングで売る

車の売却価格は、1年を通して一定ではありません。売却する時期によっては、ほかの時期よりも高い査定額になる場合があります。

高く売れやすい時期は、1月~3月と9月~10月です。2つの時期は会社の決算期であることがポイントとなり、高額査定が期待できます。会社の決算期になると、売上増加のために決算キャンペーンを行う業者もあるでしょう。ユーザーは決算キャンペーンで安くなる時期を狙うため、新車や中古車の需要が高まります。

爆発的に増える需要に対応するためには、十分な供給量が必要です。多くの業者は、在庫を確保するために普段よりも割高の価格を提示してでも買取を行います。その結果、ほかの時期よりも高額で売却できるでしょう。

車の買取相場をチェック

車の買取相場をチェック

下取りと買取でどちらが高額査定になりやすいのか、より高値につながるコツが分かったところで、実際に車の買取相場をチェックしましょう。ここでは、買取査定の申し込み数が多い人気の車種や、メーカーごとの主要な車のおおよその買取相場をご紹介します。早速チェックしてみましょう。

人気の車種

2020年1月において、車買取査定の申し込み数が多い5車種は、1位から順番に「プリウス」「フィット」「ムーヴ」「セレナ」「ワゴンR」です。それぞれの買取相場価格の平均値を以下にまとめたので、参考にしてみてください。

・プリウス
使用年数…8年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…86万円

・フィット
使用年数…10年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…26万2,000円

・ムーヴ
使用年数…11年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…20万6,000円

・セレナ
使用年数…10年
走行距離…9万5,001km~10万km
査定価格…51万7,000円

・ワゴンR
使用年数…11年
走行距離…8万1km~8万5,000km
査定価格…19万3,000円

メーカー

ここではメーカーごとの主要車種の、平均買取相場をご紹介します。以下にまとめたので、ご覧ください。

・トヨタ
車種名…アクア
使用年数…5年
走行距離…5万5,001km~6万km
査定価格…98万1,000円

・ホンダ
車種名…ステップワゴン
使用年数…12年
走行距離…10万1km~11万km
査定価格…41万2,000円

・日産
車種名…ノート
使用年数…8年
走行距離…6万1km~6万5,000km
査定価格…27万4,000円

・マツダ
車種名…デミオ
使用年数…8年
走行距離…6万5,001km~7万km
査定価格…24万8,000円

・スバル
車種名…フォレスター
使用年数…8年
走行距離…7万1km~7万5,000km
査定価格…66万9,000円

・三菱
車種名…デリカD:5
使用年数…8年
走行距離…8万5,001km~9万km
査定価格…135万円

・スズキ
車種名…ジムニー
使用年数…14年
走行距離…9万1km~9万5,000km
査定価格…34万3,000円

・ダイハツ
車種名…タント
使用年数…9年
走行距離…7万5,001km~8万km
査定価格…31万7,000円

まとめ

まとめ

車を売却する方法として下取りと買取の2つがありますが、より高額査定を目指すのであれば買取がおすすめです。

買取の場合、高値がつきやすいのがメリットといえます。しかし複数の店舗を回るために、手間がかかるでしょう。そういった買取における労力を解決できるのが「一括査定」です。一括査定であれば、車両情報と個人情報を入力するだけで複数の業者に査定依頼ができます。最も高額査定を提示している業者をすぐに見つけられるでしょう。

買取カービューでは利用実績が450万人を突破しており、簡単に安心に一括査定サービスを利用できます。入力はわずか1分で済み、お住まいのエリアに適した最高8社の買取業者に一括で査定依頼を送ることが可能です。車を売却する際は、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP