現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 車査定時に嘘の情報を伝えてしまったらどうなる?

査定ガイド

車査定時に嘘の情報を伝えてしまったらどうなる?

車査定時に嘘の情報を伝えてしまったらどうなる?

愛車を手放すのであれば、可能な限りの高値で売りたい。そのためには買取店の査定士に対して嘘もつく……という人間心理は理解できなくもありません。しかし査定時にユーザー側がつくさまざまな嘘は、結論から言って「百害あって一理なし」です。ぜひ、正直に対応するようにしてください。ここでは、大きなトラブルになりがちな嘘をご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

査定時に絶対ついてはいけない嘘

査定時に絶対ついてはいけない嘘

車査定で少しでも高く愛車を買い取ってもらいたいばかり、愛車について嘘をついてしまうケースがあります。しかし、車の状態や、どのように乗られてきたかという情報は、車の価値を判断するためのとても重要な要素です。また、査定士は査定のプロのため、ほとんど嘘だと見抜かれてしまい、結果的に損をするケースが多いです。そのようにならないためにも、車の査定時には、以下の情報は正しく伝えるように気をつけましょう。

    実際の車査定時によくある嘘

  1. ①車の修復歴に関する嘘
  2. ②車の走行距離の偽装

①車の修復歴に関する嘘

車査定時に一番多い嘘が「修復歴に関する嘘」。本当は修復歴があって車の骨格部分(フレーム)を修復しているのに、高額査定がほしいあまり「修復歴?ないですよ!ぜんぜんないです!」などと嘘をついてしまい、事故車・修復歴車であることを隠そうとするユーザーがたまにいます。

しかし、買取店の担当者は査定のプロであり「中古自動車査定士」の資格を持っている場合がほとんどですので、よほどのことがない限り、修復歴に関する嘘は査定の場でサクッと見抜いてしまいます。それゆえ、わざわざ嘘をつく意味がないのです。

そして、もしも査定時には修復歴があることがバレなかったとしても、後のオートオークション会場での詳細なチェックにより修復歴の存在が発覚すると、契約書の内容によって減額や返金となり、最悪の場合は契約のキャンセルとなってしまいます。このように、修復歴に関する嘘は百害あって一利なしです。

②車の走行距離の偽装

車査定では、走行距離があればあるほどその価値は下がってしまいます。そのため、車のメーターを改ざんしたり、交換したりして走行距離を偽装しようとする方もいるかもしれません

また、故意に走行距離をごまかそうとしているわけではなく、過去にメーターが故障した際に交換している場合や、中古車市場で購入した際には既にメーターが改ざんされていたという可能性もあるので注意が必要です。整備記録簿には、メーターの交換歴が記載されているため、嘘をついた後にばれてしまったらもともこもありません。

以上が、査定時に実際にあった嘘の事例です。その理由としては、以上の車の情報に関する嘘は査定額に大きく影響を与えるウソであり、査定士にすぐに見抜かれてしまう可能性が高いです。

査定士も人間ですから、嘘をつく顧客に対してはどうしても「この人はほかにも何か嘘をついてるんじゃないか?」と思ってしまいます。さらには、最終的な価格交渉の際に「このお客さんのためなら、なるべく提示額をアップするよう本部にプッシュしたい!」とは思ってもらえなくなるでしょう。したがって、査定時に愛車の情報に関する嘘をつくことは大きなリスクが伴うため、特に修復歴・走行距離に関する情報は正直に申告するようにしましょう。

他社の査定額を引き合いに出す際にも注意

他社の査定額を引き合いに出す際にも注意

車査定の際に、他社の査定額を引き合いに出す際に注意が必要です。「他社の査定額」に関する嘘(ハッタリ)もほとんど意味がないばかりか、逆効果となることがしばしばです。

高額査定を引き出したいがため、本当はA社からは50万円の査定額しか出ていないにもかかわらず「A社さんは100万円付けてくれましたよ!」と、B社に対してハッタリをカマしてしまう。……これも人間心理としてわからなくはありませんが、逆効果になってしまうことがあります。買取店の担当者というのは業者オークション価格に精通しています。それゆえ、少し他社の買取価格を高く言う程度であればバレない可能性もありますが、極端なハッタリ査定額については即座に「そりゃ絶対に嘘だな。そんな価格、この車に付くはずがない」とわかってしまいます。

その結果、「この顧客は、その程度のやり方で査定額がアップすると信じてるド素人だ」と認識されてしまいます。その後の価格交渉は、一見するとソフトモードなんですが、実はあなたにとって都合が悪いハードモードになってしまうでしょう。

相手は査定のプロですので、素人が査定でハッタリをかましてだませるような相手ではありません。他社にも査定をしてもらっていると、競合他社の影をちらつかせることは効果的に働くことが多いです。しかし、競合他社の嘘の買取価格を引き合いに出して査定額アップを狙うのは控えるようにしましょう。

その結果、「この顧客は、その程度のやり方で査定額がアップすると信じてるド素人だ」と認識されてしまいます。その後の価格交渉は、一見するとソフトモードなんですが、実はあなたにとって都合が悪いハードモードになってしまうでしょう。

相手はプロですので、もしも騙すとしたら「超完ぺきな嘘」をつかなければなりません。しかし普通はそのような嘘など構築できませんので、結論としては「正直に対応する」というのがいちばんの得策となるのです。

正攻法の一括査定で車を最高額で売ろう!

正攻法の一括査定で車を最高額で売ろう!

以上のように、車査定時に嘘をつくことはメリットよりも、ばれた際のデメリットのほうが大きいです。車査定でハッタリを言って高く売ろうとするよりも、もっと効率的で確実に車を売る方法があります。

その方法は、「買取カービューの愛車無料一括査定」です。「買取カービューの愛車無料一括査定」では、車輌情報とお客様情報の入力後、車の査定を依頼したい買取店を選択し、ワンクリックでまとめて査定依頼が可能です。各社の車買取金額を一斉に比較できるサービスがあることで、車を一番高く買い取りしてくれる車買取店を簡単に見つけることができます

買取カービューの愛車無料一括査定サービス申込画面

そしてなにより、一括査定サービスの利用は無料で、運営母体もYahoo! JAPANで車部門を担当しているカービューのため、情報の取り扱いもより安全・安心してご利用いただけます。一括査定で効率的でお得に車を売却してみてはいかがでしょうか?

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ