査定ガイド

買取額に影響あり!後付の社外パーツは査定前に外すべき?

買取額に影響あり!後付の社外パーツは査定前に外すべき?

車好きなら自慢の愛車に高価なパーツやオプションを取り付けるのは珍しいことではありません。人気のエアロパーツや有名ブランドのホイールやサスペンションキット、最新のカーナビなどなど。後付けしたパーツを合計すると、その金額は車本体と変わらなかったという方もいるでしょう。
しかし、それらのパーツやオプションが社外品だった場合、いざ愛車を売却する際に、純正パーツや純正オプションのように評価されないことがあります。どうすればあなたの愛車を高く評価してもらえるのでしょうか?

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

純正パーツ(純正オプション)の方が査定額が上がりやすい!

純正パーツ(純正オプション)の方が査定額が上がりやすい!

車のカスタマイズ用パーツや装備には、純正パーツ(純正オプション)と社外パーツ(社外オプション)の2種類があります。車のパーツや装備において、プラス査定が期待できるのは、純正品のパーツやオプションです。そんな純正パーツ・オプションとはどのようなものなのでしょうか。

純正パーツ(純正オプション)とは、愛車と同じメーカーで製造、販売されているパーツや装備のことです。つまり、純正パーツは新車購入時に装着されていたものと同じパーツです。純正オプションは、さらに2種類に分けることができます

    純正オプションの種類

  1. ①メーカーオプション
  2. ②ディーラーオプション

①メーカーオプション

メーカーオプションは新車購入時に注文し、メーカーの生産ラインで取り付けられたものです。例えば、サンルーフ・本革シートなどがメーカーオプションとして挙げられます。最近では自動ブレーキシステム等の先進安全技術もメーカーオプションとなります。メーカーオプションは、車を購入したら後から取り付けることができないため、オプションの中で最も価値が高く、査定でも高評価につながる可能性が高いです。

②ディーラーオプション

ディーラーオプションは、ディーラーで装着するオプションです。新車を購入する際のカタログである、 「オプションパーツカタログ」に掲載されており、メーカーから新車が販売店に届いてから装着するオプションです。例えば、フロアマットや純正アルミホイールや純正エアロパーツ等が挙げられます。

以上、メーカーオプションやディーラーオプションは、社外オプションと異なり、後からつけることができないため査定額アップにつながりやすいです。また、やはりメーカーによって製造されているという信頼性や、車のデザインとマッチしやすいといった点も再販する際に人気が高く、プラス査定になる理由といえます。その中でも特に、最近人気が高まってきているのがメーカーオプションである安全装備です。最近の安全装備はカメラを使用するものなど、技術がどんどん進化しています。そのため、中古車でも充実した安全装備を求める人が増えてきていて、それにともなって安全装備がついている中古車は大幅なプラス査定が期待できます

社外パーツ(社外オプション)は査定で不利

社外パーツ(社外オプション)は査定で不利

上述では、純正パーツは査定額アップにつながるとご説明しましたが、社外パーツはどうなのでしょうか?愛車へのこだわりが強く、自分好みに仕上げたい方だと、純正パーツだけでなく多くの社外パーツを装備する方も多いでしょう。しかし、一般的に社外カスタムパーツを装備した車は、装備していない純正ノーマル車と比べて買取金額が低くなるか、低くならないまでも、それらパーツの購入・取り付けにかけた費用ほど、査定額が上乗せされるわけではありません。社外パーツが純正パーツよりも査定で不利になる理由は主に3つあります。

    社外パーツが査定で不利になる理由

  1. ①純正パーツを好む人が多いから
  2. ②見た目に統一性がなくなるから
  3. ③故障や安全性に関わるから

①純正パーツを好む人が多いから

買取った車をなるべく多くのユーザーに向けた中古車として再販したい買取店にとって、趣味性の強い社外パーツが取り付けられた車は、購入者が限定されてしまうので敬遠されるか、査定を落として買取することになります。

②見た目に統一性がなくなるから

最近は社外パーツであっても強度やパーツの取り付け方に問題があることは少ないのですが、自分で取り付けたり、塗装が不十分であったりすると、せっかくのエアロパーツも見かけも悪くなっている場合があります。そのため、車の見た目に統一性がなくなり、買取査定において減点対象になることや、メーカー系の買取店では拒否される可能性もあります。

③故障や安全性に関わるから

同じく、足回りやエンジンなどに組み込まれた社外パーツは、故障や安全性にもかかわるため、たとえ走行性能がアップしていても買取を拒否されることがあります。もし買取ってもらえたとしても、社外パーツを外さなければ車検に通せないとなれば、元に戻すための費用を加味し、査定額が大幅に下がってしまいます。

査定額がアップする社外パーツはあるの?

査定額がアップする社外パーツはあるの?

社外パーツは純正パーツと比較し、買取価格が下がる傾向にあると説明してきました。しかし、社外パーツでも、車査定においてプラス評価になる可能性があります。社外パーツがプラス査定となるかどうかは、次の2つのポイントによります。

    社外パーツがプラス評価になるポイント

  1. ①車に合った社外パーツかどうか
  2. ②人気が高い社外パーツかどうか

①車に合った社外パーツかどうか

車買取業者が買取をする際に一番気にするポイントは、「再販しやすい車かどうか」という点です。もし多くの社外品でカスタムしている車であっても、その車種や用途に合っていれば、次に購入する車のお客さんが社外パーツに価値を見出してくれるかもしれません。例えば、軽自動車やファミリーカーなどの車の使用用途が通勤・通学、さらに買い物や旅行等だとすれば、たとえ高価な社外エアロパーツを装着していても価値があまりありません。一方で、スポーツカーや高級セダンなどの車種は、車の見た目を重視し、車を趣味としている方に人気で、社外品でカスタムしている方も多いです。そのため、車の見た目に合っていれば、社外パーツをプラスで評価してくれる可能性があります。

②人気が高い社外パーツかどうか

人気のあるメーカーやブランドのエアロパーツや、アルミホイール、型の新しいカーナビやオーディオ等の電飾品はプラス査定となる可能性があります。これらの人気や新しいパーツは、新規に購入すると高額なため、これらのパーツが最初から付いていることを喜ぶユーザーは大勢います。したがってパーツの価値を十分に考慮して、査定額に反映してくれるのです。

以上のように、社外パーツによってはその価値が見いだされ、プラス査定となる可能性があります。しかし、社外パーツを評価してくれるかどうかは、買取業者にとても左右されます。社外パーツが装着されていても、カスタムカーを専門に扱う買取店なら、社外品にパーツであっても高く評価してくてる傾向にあります。カスタマイズされた車を販売する業者は、同じような趣味嗜好を持ったユーザーやショップにつながりが多いので、パーツによってはその価値を加味した査定額を提示してくれるのです。カスタムカーの買取店について詳しくは、以下の記事もご参照ください。

改造車記事キャプチャ

関連記事:『改造車はどこで買い取ってもらうのがベスト?』

社外パーツは外さずそのまま査定が吉!

社外パーツは外さずそのまま査定が吉!

では、買取査定で不利やマイナス査定となる社外パーツは査定前に取り外したほうが良いのでしょうか。簡単に取り外すことができ、跡も残らない場合は純正部品に戻してもよいでしょう。しかし、そのままで買取査定に出すことをオススメします。社外パーツを外さずにそのまま査定に出すのをおススメする理由は3つあります。

    社外品パーツを査定前に外さない方が良い理由

  1. ①プラス査定となる可能性があるから
  2. ②取り外し跡や傷が残るかもしれないから
  3. ③見た目の価値が下がってしまうから

①プラス査定となる可能性があるから

上述のように、社外パーツを装備していることが思ったよりマイナスにならない場合や、パーツによってはプラス評価となる可能性もあります。

②取り外し跡や傷が残るかもしれないから

パーツを無理に外そうとすると、取り外しの跡や車体にキズがついてしまう可能性があります。特に、エアロパーツなどは取り外せば必ず跡が残り、その取り外し跡の方が査定において減点になる可能性が高いのです。

③見た目の価値が下がってしまうから

カスタムカーを所有している人の多くは、一部分だけカスタムしているのではなく、統一的にカスタムしている方が多いでしょう。他のパーツとそろえているのにも関わらず、一部のパーツだけ取り外してしまうことで、見た目の統一感がなくなってしまうのでは元も子もありません。

もう一つ、今やほとんどの車に装備されているカーナビは、純正品が高価なためにカーショップで社外品を取り付けることが多いでしょう。そのカーナビを外すのはナンセンスです。カーナビはほとんどの場合、社外品でも評価されます。カーナビを外し最初にあった蓋もない場合、大きな穴があいたままになってしまい減点は免れません。カーナビはそのままの状態で査定してもらうのがよいのです。

カスタムカーは一括査定で高額買取!

カスタムを楽しむ方は、手放す時に苦労すると言われても、愛車に手を加えます。特に社外パーツを使うのは、純正パーツよりもデザインが魅力的で、個性的でもあり、性能的にも純正パーツより優れたものがあるからです。とはいえ、長年使用したパーツは、綺麗に取り外すにも工賃がかかったり、車体以上に劣化が進んでいることもあり、部品として買い取ってもらえるとしても、それほどの高値が付くことは期待できません。それなら取り付けたままの状態で、買い取ってもらう方が良いのです。

また、カスタムカーは、買取業者によってプラス査定になったり、マイナス査定になったりすることがあります。そのため、改造車やカスタムカーを高く売りたいなら、複数の買取店に査定をしてもらって、プラスで評価してくれる買取店を見つけましょう。

「買取カービューの愛車無料一括査定」であれば、複数の買取店に一括で査定を依頼することが可能です。使い方もカンタン!車輌情報とお客様情報の入力し、車の査定を依頼したい買取店を選択すれば、ワンクリックでまとめて査定依頼が完了します!査定後は、その中から最高額で車を売却できる買取店を選択できるのです。このサービスを利用することで、買取業者の選択もスムーズに行うことができますよ!

買取カービューの愛車無料一括査定サービス申込画面

そしてなにより、一括査定サービスの利用は無料で、運営母体もYahoo! JAPANグループで車部門を担当しているカービューのため、情報の取り扱いもより安全・安心してご利用いただけます。

一括査定サービスなら、社外パーツを装備した状態であっても満足のいく買取価格を提示してもらえる可能性があります。複数の買取店に査定してもらい、あなたのカスタムカーを最高額で買い取ってもらいましょう!

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP