現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 車を全塗装したら査定額に影響する?オールペンと査定の関係を解説!

査定ガイド

車を全塗装したら査定額に影響する?オールペンと査定の関係を解説!

車を全塗装したら査定額に影響する?オールペンと査定の関係を解説!

車の売却を考えた時、まずは査定をしてもらう必要があります。査定時によく見られるポイントは車の状態やエンジンの動作確認、内装と外装です。外装は傷やへこみも確認されますが、塗装状態もチェックされます。
では車を全塗装している場合、査定にどのような影響があるのでしょうか。本記事では、全塗装が査定時にマイナスになる理由や、反対に全塗装でもプラス査定になるケースをご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

査定額に影響すると言われている車の全塗装とは?

査定額に影響すると言われている車の全塗装とは?

車をカスタマイズすることを好むユーザーは一定数おり、車のボディを塗装するケースも多いでしょう。一部を塗装するより全塗装することで、自分好みのボディカラーに仕立てることができます。ここでは、全塗装の概要や特徴とともに、全塗装を行うメリットについても解説します。

全塗装はどんな状態のことを指すの?

車の塗装をはがして色をすべて塗り直すことを全塗装と言います。元の塗装をはがさずに、上からそのまま色を塗っていくことも可能です。全塗装は「オールペイント」とも呼ばれ、さらに「オールペン」と略されることもあります。

通常、全塗装を施した車は査定額が下がる傾向にあります。塗ってから年数が経つと、色あせや質感の変化、塗装はがれといったケースが見られるためです。

全塗装には3つの種類がある

全塗装には以下の3通りの方法があります。

・簡易オールペイント
バンパーといった車のパーツ類は外さずに、そのまま全塗装を行う。

・一般的な全塗装
ミラーやライトなど、比較的外しやすいパーツを取り外してから全塗装を行う。

・完全な全塗装
取り外せるパーツなどはできる限り外し、パーツごとに分けて全塗装を行う。

板金業者に全塗装を依頼する際は、これら3つの方法から選択します。施工業者によって費用に差がありますが、比較的安く依頼できるのは簡易オールペイントです。反対に、コストが大きくかかってしまうのは、手間がかかる完全な全塗装でしょう。

車に全塗装を施すメリット

車を全塗装することで得られるメリットには、以下のようなものがあります。

・劣化したボディ塗装を修復できる
車に乗る以上、経年劣化や色あせを避けることは困難です。ボディを塗り直すことで、新品のような見た目を取り戻すことができます。

・自分好みカラーに変更できる
塗料にはさまざまな種類があるため、自分の好きなカラーに変更できます。イメージを変えたり、購入時に選択できなかった希望カラーへ色変えしたりが可能です。

・車への愛着がより強くなる
長い間乗り続けてきた思い出がある車を、これからも乗り続けたいという思いで全塗装するというものです。車に愛着があるからこそのメリットでしょう。

全塗装された車の査定額がマイナスになりやすい理由

全塗装された車の査定額がマイナスになりやすい理由

一般的に車の査定では、全塗装された車は減額の対象です。マイナス査定の理由として、自動車メーカーと施工業者で塗装技術に差があること、買い手が付きにくいといったことが挙げられます。理由を詳しく見てみましょう。

【理由1】塗装の質に差がある

本来、車の塗装は自動車メーカーが専門的な工程で行うため、質が高いものに仕上がります。しかし、塗装を依頼する施工業者によって技術の差があるため、塗装後に年月が経つと色あせや塗った部分がはがれるなど、トラブルになるケースも考えられます。

また買取業者によっては「損傷部分を隠すために塗り直したのではないか」と疑いをかけられ、細かくチェックされるケースもあるでしょう。

【理由2】買い手が付きにくい

全塗装された中古車を購入する場合、塗装はがれや色あせに不安を覚える方も多いでしょう。純正のボディカラーにラインナップしていない場合も同様にことが言えます。このような理由から、全塗装が施された車は買い手が付きにくいとされています。

全塗装された車は査定時に「修復歴あり」として扱われるの?

全塗装された車は査定時に「修復歴あり」として扱われるの?

買取業者から査定時に聞かれるのが「修復歴の有無」です。車に修復歴があるのとないのでは、査定額が大きく変わります。大幅なカスタマイズとも言える全塗装は、修復歴に該当するのでしょうか。修復歴の定義と全塗装を関連付けて解説します。

修復歴の定義

修復歴は中古車の商品価値を決定する重大な要素です。日本自動車査定協会が定める修復歴とは、事故などによって車の骨格部分を損傷し、その損傷箇所を修理・交換した状態を指します。骨格部分は主に、フレームやダッシュパネルなどです。

一般的に、事故や災害によって損傷した車を「事故車」と呼びますが、自動車業界では「修復歴車」と呼ぶことがあります。ただし、必ずしも「事故車」=「修復歴車」というわけではありません。

全塗装は修復歴に該当しない

全塗装された車は修復歴に該当しません。全塗装は大幅な塗装を行いますが、車の骨格部分には手を加えていないためです。しかし、塗装の質に差があることや、正規の塗装ではないため劣化が進みやすいという点で、査定額が下がりやすい傾向にあります。

自動車メーカーでは、塗装がはがれにくくなる特殊な作業を行うため、劣化しにくい塗装ができるのです。施工業者の腕が良ければ純正に近い塗装が期待できますが、メーカーと業者ではやはり差が目立ち、年月が経つと劣化によって鮮明に違いが見えてきてしまいます。

全塗装における「レストア」とは

オールペイントの中には「レストア」と呼ばれる作業があります。レストアとは、その車が販売されていた時の色に戻すことです。

レストアの流れは、「1.車を検査する」「2.分解する」「3.塗装を行う」「4.再度組み直す」「5.再検査」となります。

古い車であればさびた部分や穴が開いた箇所もあり、そういった場合は塗装可能な状態に戻さなくては進められません。レストアはかなりの時間と手間がかかり、費用も高額です。また、すでに生産終了した車をレストアする際は、専門店などに依頼する必要があります。

全塗装された車がプラス査定になるケース

全塗装された車がプラス査定になるケース

全塗装された車は一般的に、査定時の評価がマイナスです。しかしスポーツカーや希少価値のある車に関しては、査定額が変わらないケースや、逆に査定がプラスになるケースもあります。ここでは、プラス査定に期待できる車を見てみましょう。

スポーツカーやカスタムカー

近年、スポーツカーは全体的に数が少なくなっており、国産車でも生産数はかなり減っています。走行性に優れたスポーツカーは流通量の少なさも影響し、高値で取引されることがほとんどです。

珍しいスポーツカーに対してオリジナルで塗装をしている場合は、査定額が上がることが期待できるでしょう。かっこ良く改造したカスタムカーの場合、さらにスタイリッシュに見えるカラーリングで塗装されていると、査定で評価されるケースも考えられます。

スポーツカーやカスタムカーを購入するユーザーはデザイン性を重視している場合もあるため、全塗装された車でも魅力に感じる方が少なくありません。

クラシックカー

クラシックカーはマニアやコレクターに根強い人気があります。クラシックカーの査定は一般車と少し異なり、歴史的な価値やそれに付随する希少性、レストアの状況などを見て査定が行われるのが特徴です。

ほとんどのクラシックカーは経年劣化の影響を受けており、元の塗装状態が悪いものも多くあります。そのため、購入時は全塗装されていることがほとんどです。質が高く状態も良い塗装であれば、高額査定を期待できるでしょう。

細部まで丁寧に塗装が施されていることが重要

全塗装された車がプラス査定になるには、車の細部まで丁寧に塗装されていなければなりません。目に入る部分のみ塗装する簡易的な全塗装では、細かく丁寧に塗装されているという評価を受けられないので、査定額アップは難しくなります。車を定期的にメンテナンスした上で美しく丁寧に塗られていれば、高額査定となる可能性もあるでしょう。

全塗装された車を少しでも高く売却するコツ

全塗装された車を少しでも高く売却するコツ

全塗装の車は、プラス査定を受けることが難しい傾向にあります。しかし、少しでも高値で売却するために工夫できることもあるので、諦めてはいけません。ここでは、売却時に意識したいポイントを4つ解説します。

中古車の需要が高まる時期に売却しよう

車の売却時期としておすすめなのが1月〜3月、または7月〜9月の期間です。この時期は進学や就職など、新生活の準備を始める人が多く、ライフスタイルの変化に合わせた車の購入者が増加します。

また、ほとんどの中古車販売業者は3月に決算期、9月に中間決算期を設定しています。各業者は決算期に合わせて売り上げを伸ばすため、1台でも多くの在庫を確保することで、必然的に車の買取価格も高くなるのです。

査定前にできるだけ車内をきれいにしよう

査定の前には車内をできるだけきれいな状態にしておきましょう。直接査定額に良い影響があるわけではないですが、車をきれいにすることで査定士の印象アップにつながります。

特に重視されるのはシートとフロアマットです。汚れが付いていたり、タバコやペットのにおいが染み込んでいたりする場合は査定の減点対象になります。また、市販の芳香剤も好き嫌いが分かれるにおいなので、無臭の消臭剤の使用がおすすめです。

純正パーツを取り外している場合は持参しよう

純正パーツはその車のメーカーが販売しているパーツで、新車を購入した時に取り付けられます。新車を買った時のみ装着されることから、中古車の査定ではプラスにつながります。

新車を購入する方の中には、元々の純正パーツを取り外して社外品のパーツに付け替えてカスタマイズする方もいるでしょう。高額査定を目指すなら、取り外した純正パーツをきちんと保管しておき、査定時に持ち込むことをおすすめします。

一括査定サービスを利用して買取価格を比較しよう

一括査定サービスとは、売却したい車の車種や基本情報を入力し申込むことで、複数の買取業者に査定依頼ができるサービスを指します。車の高価買取を目指す上では、1社に限らず複数の買取業者から見積もりを取ることが重要です。

しかし、複数社に連絡を取って足を運ぶのは手間や時間がかかるため、面倒に感じてすぐに売却してしまい、結果的に損をしてしまう場合もあるでしょう。一括査定サービスを利用すれば、わざわざ店舗に足を運ぶ必要がなくなり、スムーズに見積もりを取ることが可能です。

マイナス査定になりやすい全塗装車も、複数の買取業者と比較してもっとも高く評価してくれる買取業者で販売することで、高価買取が実現できるでしょう。

全塗装した車を売るなら買取カービューがおすすめ!

全塗装した車を売るなら買取カービューがおすすめ!

全塗装の車を売却しようと考えている方は、高額査定を狙いやすい一括査定サービスの利用がおすすめです。買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」であれば、手間なく売却手続きができるでしょう。数ある一括査定サイトの中でも、買取カービューをおすすめする2つの理由を紹介します。

最短45秒で査定の申込みが完了!

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、インターネットから査定を申込むと最短約45秒で受付が完了します。申込む際は、車のメーカーや年式といった基本的な車両情報と連絡先のみ入力すれば申込みできるため、面倒な書類の確認も必要ありません。

また、買取カービューは最大10社まで一括査定依頼が可能なので、中古車買取店に1店舗ずつ訪れることなく複数社から見積もりを得られます。自ら何店舗も買取業者を回る時間がない方におすすめのサービスです。

提携社数300社以上!愛車を評価してくれる買取業者が見つかる

通常、中古車買取業者は買取を行う車種に得意分野があります。スポーツカーや外車を専門に買い取っている買取業者や、軽自動車を高値で買い取っている買取業者などさまざまです。

買取カービューが提携している買取業者は300社以上と豊富で、大手から専門店まで幅広く提携しています。そのため、車の価値を正確に判断してくれる買取業者を見つけやすいのが大きな強みです。

まとめ

まとめ

全塗装された車は査定時にマイナス評価を受ける場合がほとんどですが、修復歴には該当しないので何らかの責任を問われることはありません。また例外的に、全塗装された車でも、珍しいスポーツカーや希少なクラシックカーであれば査定は評価されるケースもあります。全塗装の車を売却しようと考えている場合は、自身の愛車が査定アップにつながるかどうかを事前に確認した方が良いでしょう。

査定依頼する買取業者選びで迷った際は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。愛車の価値をきちんと評価してくれる優良な買取業者と出会うことができます。

写真:アフロ

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ