現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 中古車の見積もり時に値引きをしてもらう方法は?交渉のコツを解説!

査定ガイド

中古車の見積もり時に値引きをしてもらう方法は?交渉のコツを解説!

中古車の見積もり時に値引きをしてもらう方法は?交渉のコツを解説!

中古車は新車と比べて購入費用を押さえられるのが特徴で、急な購入の場合でも費用を工面しやすいのがメリットです。では中古車の見積もり時に、さらに値引きをしてもらうことは可能なのでしょうか。
この記事では、中古車の見積もり時に値引きをしてもらう方法から、交渉のコツまで解説します。後半では車のお得な乗り換え方法も紹介するので、中古車を少しでもお得に購入したい方は参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車の見積もりで値引き交渉は可能?

中古車の見積もりで値引き交渉は可能?

中古車購入では、新車と比べると金額こそ減るものの値引き交渉が可能です。なかでも「長期在庫車」「利益を出しやすい車」「在庫量が多い車種」が狙い目です。

長期在庫車であればボディカラーが重要で、購入者が比較的限定される赤や青、黄色などが値引きされやすい傾向にあります。人気が高くて価格設定も高めな「SUV」「ミニバン」など、利益を出しやすい車も値引き交渉しやすいでしょう。他にも、「登録済み未使用車」「低走行・高年式車」も狙い目です。

中古車の値引き交渉を狙うのであれば、上記のような車種がおすすめですが、販売員・中古車販売店によっては、値引き交渉を受け付けてもらえないこともあるので気を付けましょう。

中古車の見積もり時に値引きをしてもらうコツ

中古車の見積もり時に値引きをしてもらうコツ

中古車購入では、車種によっては値引き交渉が進めやすい場合があります。しかし、他にも競合他社を引き合いに出したり、サービスを無料にしてもらう交渉をしたりすることで、値引きをしてもらえるケースがあるのです。ここでは、中古車の見積もり時に値引きをしてもらう交渉術について解説します。

競合他社を引き合いに出す

他の店舗でも購入を検討している旨を伝えれば、値引き交渉に進展する場合もあるでしょう。購入車種に差がない新車購入では効果的ですが、中古車購入ではデメリットがあります。

それは、値引きや本体価格を重視するあまり、状態の良くない車を勧められるケースがあるからです。あくまで他社と悩んでいることを伝えながらも、希望の中古車が買えるように交渉を進めることがポイントになります。

オプション装備の値引き交渉を行う

中古車の購入先が大手販売店やメーカー直系の場合、購入時にオプション装備を付けることもあるでしょう。オプション品は「仕入れ値=売り値」ではないので、交渉の余地があります。

例えば、カーナビやオーディオ、ETC、シートカバー、フロアマットなどです。これらの一部では取り付け費用が発生するので、工賃を含めた交渉を行っても良いでしょう。値引き額は定価の1割程度が目安です。

決算期を狙う

一般的にディーラーや中古車販売店には、販売台数のノルマが課せられています。決算期が近づいてくると販売台数を増やす必要があるので、値引き交渉に応じてくれる可能性が高くなるでしょう。

特にメーカーの決算期である2~3月、在庫を抱えやすい大型連休明けは値引き交渉しやすい時期とされています。他にも、「ボーナス商戦が始まる前」「車の年式が古くなる年明け」を狙った交渉もおすすめです。

購入予算の上限を伝える

そもそも値引き交渉を前提にしていると、値引きできなければその場での購入が難しくなります。そうした場合は、率直に購入予算の上限を伝えることが大切です。「予算内であれば確実に購入できる」というアピールをした上で値引きをお願いすれば、交渉に応じてもらえるケースもあるでしょう。

補修や部品交換を無料にできないか交渉する

なかなか値引き交渉に応じてもらえない場合は、各種サービス料金を無料にできないか相談してみましょう。例えば、ボディ補修や部品交換などです。気になるボディの傷があれば、買うことを前提に補修対応してくれる場合があります。

また、エンジンオイル、タイヤ、バッテリー、フィルター類の交換も無料で対応してくれるかもしれません。中古車販売店にとって大きな出費を伴わないサービスであれば、応じてくれるケースがあるでしょう。

中古車の状態によって諸費用カットを検討する

受け取った見積もり書の内容を見返すことで、値引き交渉につながる場合があります。見積もり書には、「登録費用」「納車整備費用」「車庫証明取得費用」「保証費用」「清掃費用」など、複数の項目が記載されています。

例えば、登録費用や整備費用などの諸費用をカットできるか、中古車の状態を見て検討しても良いでしょう。しかし、自分で手続きできる車庫証明以外のカットを嫌う販売店もあるので、強引な値引き交渉は避けたほうが無難です。

中古車見積もり時の値引き額の目安

中古車見積もり時の値引き額の目安

ボディタイプ別に値引き可能額の目安を確認してみましょう。ここでは車のタイプを「SUV」「セダン・ステーションワゴン」「ミニバン・ワンボックス」「コンパクトカー」「軽自動車」に分けて解説します。

SUV

SUVは野性的でかつスタイリッシュな見た目から人気が高いタイプです。「都会向け」「悪路走行も可能な本格派」など、そのラインナップは豊富にあります。

車体価格の値引き目安は、おおよそ15%程度とされています。これは見込み利益を確保しているためで、場合によっては大幅な値引きが可能な車種もあるでしょう。

仮に本体価格が400万円だとすると、おおよそ60万円分の値引きが入り、340万円程で購入できる可能性があります。

セダン・ステーションワゴン

セダンやステーションワゴンは高級車が多い部類になるので、利益率が2~3割と多く見込まれています。そのため、車体価格における値引き目安も10%程度が限界です。

近年ではSUVやミニバンのシェアが高くなっており、セダンやステーションワゴンの市場は低迷しています。不人気だからこそ中古車として狙う価値は十分にあるでしょう。

ミニバン・ワンボックス

ミニバンは乗降性能を高めた大人数で乗れるファミリー向けタイプです。ボディが大きいLサイズの高級ミニバンでは、新車価格が400万円台になるのも珍しくありません。

そんなミニバン・ワンボックスは、車体価格の15%程度の値引きに期待できます。元々ミニバンはファミリーカーとしての人気も高く、販売店もそれを見越した価格設定を行っているのです。

コンパクトカー

コンパクトカーは街中の走行に向いている運転性の高さが大きな特徴のボディタイプです。軽自動車と同様に「若者向けのメインカー」「夫婦向けのセカンドカー」として購入されるケースが多くなっています。

コンパクトカーの値引き目安は3%程度です。利益率が確保しづらいことが影響しており、値引き額が低くなっています。

軽自動車

軽自動車といえば、背が高く車内も広々としたボディタイプが人気です。普通車よりも税金が安いことからセカンドカーとして購入するケースもあり、中古車でも需要が高くなっています。

しかし、軽自動車の値引き目安は、3%程度とコンパクトカー同様に低水準です。これは軽自動車が利益の少ないボディタイプであることが関係していると考えられます。

中古車の値引きが難しい場合は乗り換えを検討しよう!

中古車購入では値引き交渉に応じてもらえないケースも考えられるので、その際は車の乗り換えも検討してみましょう。仮に今乗っている車が高く売れれば、次に乗る車の購入資金に充てられます。

愛車を少しでも高く売るのであれば、複数の買取業者に見積もりを依頼して比較検討することが重要です。

現在所有している車を高く売るコツ

現在所有している車を高く売るコツ

車を高く売るには査定額のアップを狙うことが大切です。ここからは、大切に乗ってきた愛車を高く売るためのポイントをご紹介します。車の売却におすすめの時期や査定を受ける際のコツなど、さまざまな角度から確認してみましょう。

所有している車の買取相場を調べる

まずは愛車の買取相場を調べます。適切な相場価格を知っておくことで、安く売却してしまうリスクを軽減できるでしょう。買取カービューのウェブサイトでも、各メーカーの買取相場をチェックできます。気になる方は以下のリンクをご利用ください。

買取カービュー:『車の買取相場について調べる』

売るタイミングを考える

車の買取相場は一定ではありません。時期によっては金額が大幅に上下するケースもあるので、売るタイミングも重要なポイントです。

特に3月が決算月になる買取業者では1〜2月を買取強化月間にすることが多いので、積極的に買取してくれる傾向があります。反対に3月を過ぎると仕入れが一旦落ち着くと覚えておきましょう

競合他社を同じ時間に呼んで同時に査定をしてもらう

車の買取業者に出張査定を依頼する場合、あえて競合店同士を同じ時間帯に呼ぶという方法です。他社の見積もり額を意識した査定額に期待できます。

より高い金額を提示してくれるほうに売るという意思を伝えておき、後は買取業者間の動向を見守りましょう。特に、需要が高くて状態が良い車を売却する際に効果的です。

売ると決めたら早めに行動する

車を乗り続けると走行距離が伸びたり、部品が消耗したり、メンテナンスが必要になったりします。そのため、車の価値は日々下がっていくのです。

一般的には「高年式車」「低走行車」のほうが高値で売れるので、売りたいと思ったタイミングがあれば早めに行動するのをおすすめします。また、車のフルモデルチェンジが行われると、前期モデルの価値が下がることも注意が必要です。

車をきれいな状態にしておく

車を売る際には、きれいな状態で査定士にチェックしてもらうことも大切です。洗車やワックスがけで査定額が上がることはありませんが、車内の清掃やごみ捨てなどはマナーとして行っておきましょう。

ペットやタバコのにおいは残りやすいので、無香料の消臭剤や重曹を使用して、可能な限り無臭にします。においに関しては査定額に影響するので、念入りに行うことをおすすめします。

一括査定サービスを利用する

車を高く売るには、買取業者の見積もりを複数取る「相見積もり」が必須です。1社だけの見積もりでは適切価格か分からないので、3社以上から見積もりを取ることをおすすめします。

一括査定サービスを利用すれば、1度の申し込みで複数の見積もりが取れます。中古車買取店に1社ずつ連絡したり、査定を受けたりする手間を省けます。

買取カービューの一括査定サービスを利用して高額査定を目指そう!

一括査定サービスを活用するなら、買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」がおすすめです。300社以上の買取業者と提携しており、車の販売店から専門店まで幅広く探すことできます。見積もりは最大10社まで同時に依頼できるので、最高額での売却も可能です。

JPUC(一般社団法人 日本自動車購入協会)加盟店なので、車の売却に不慣れな方でも安心です。利用実績は450万人を突破しました。見積もりはもちろん無料なので、お気軽にご利用ください。

まとめ

まとめ

中古車の購入時は、ボディタイプや交渉次第で値引きをしてもらえます。しかし、値引き交渉そのものは確実性がないので、車を乗り換えるのも一つの手段です。

今乗っている車を高く売りたい方は、ぜひ買取カービューを利用ください。中古車の値引き以外に意識を向けることで、お得に新しい車へ乗り換えることができるでしょう。

写真:アフロ

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ