現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 中古車の相場は年式で決まる?高値で売却するためのコツも紹介

査定ガイド

中古車の相場は年式で決まる?高値で売却するためのコツも紹介

中古車の相場は年式で決まる?高値で売却するためのコツも紹介

中古車の買取価格と年式にはどのような関係があるのでしょうか。車の買取査定には、「年式」と「走行距離」のバランスが大きく関わっているのです。
この記事では、車の年式が買取価格に与える影響や年式が古い車を売却するコツ、買取相場の調べ方などを紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車の年式と買取相場のポイント

中古車の年式と買取相場のポイント

中古車の買取査定時には「年式」と「走行距離」が大きく影響します。売却する時だけではなく、中古車を購入する時にも年式は重視されるので、一般的に車の年式がどのような指標とされているのかを確認しておくといいでしょう。はじめに、中古車における年式の考え方と、査定額への影響を解説します。

中古車における年式の考え方

年式と呼ばれるものは「製造日」と「登録日」の2つです。製造日は文字通り車両が完成した日を指します。登録日は車両が新車登録された日、つまり「初度登録年月日」のことです。一般的には「登録日」が「年式」として考えられています。

車の買取査定において、年式はとても重要な指標です。中古車の査定基準には「走行距離」と「年式」の項目があり、それによって大体の査定価格が決められます。

年式が新しい車ほど査定額は高くなる傾向にあり、年数が経つにつれて査定額は下落していく仕組みです。また、走行距離は「1年=1万km」を目安に、それより多いか少ないかで評価されます。

買取査定額には年式と走行距離が大きく影響

走行距離が長く、年式が古い車の査定額は低くなる傾向にあります。例えば「年式が新しいのに走行距離が多い車」は、短期間で平均以上の距離を走り、部品が消耗していると判断されるでしょう。

「年式が古いのに走行距離が短い車」も査定額が下がる傾向にあります。理由としては、長期間走行していないとみなされるからです。長期間走行していない車は、エンジン故障のリスクが高く、不動車になりやすいのです。
このように、車を売却する際には「年式と走行距離のバランス」が大切となります。

年式以外で買取査定額に影響するもの

年式以外だと、以下の要素も中古車の買取査定額に影響します。

1.車のモデル、グレード
車は現行モデルが最も高く売れ、モデルチェンジ後の「型落ち」と呼ばれるモデルは現行モデルに比べると買取価格が下がります。

2.ボディカラー
車は黒・白・パールホワイトがとくに人気のカラーとされ、プラス査定につながりやすくなります。

3.オプション
メーカーやディーラーの純正オプションが付いている場合は、プラス査定につながります。

4.事故歴や傷
事故歴や傷のある車は買取価格が安くなります。とくに車の骨格部位を修理または交換するような損傷を受け、「修復歴あり」と判断されてしまった車両は査定額が大きく下がるので注意が必要です。

5.車内の汚れ・におい
煙草のにおいやペットのにおい、強すぎる芳香剤のにおいなどもマイナス要素です。

6.地域ごとの車種の需要差
4WD車は降雪地域で人気があります。このように特定の地域での需要が高く、高額査定が狙える車種は、地域密着型の買取業者の利用を検討すると良いでしょう。

また、コロナ禍の影響は中古車買取市場にも出ています。外出自粛や収入の減少により新車の販売台数は減少傾向にありますが、中古車の販売台数と価格は上昇傾向にあります。密を避ける生活での日常の移動手段として、安価で購入できる中古車のニーズが高まったことが理由でしょう。

【実例】年式や走行距離が中古車買取相場に与える影響

前述したように、車の買取査定には年式と走行距離のバランスがとても重要な要素となります。ここでは、年式と比例した走行距離別に査定額への影響を見ていきましょう。

中古車市場では走行距離「1万km」「3万km」「5万km」「10万km」が目安とされています。

・走行距離1万km
走行距離は「1年=1万km」を目安に、それより多いか少ないかが評価基準です。1年で1万km以上走っている場合は査定額が下がり、それ以下の場合はプラス査定になる可能性があります。

・走行距離3万km
年式が3年、走行距離が3万km以下の車はまだまだ新しく、中古車としての需要も高い状態です。モデルチェンジ前の場合は高額査定も狙えるでしょう。

・走行距離5万km
中古車市場で5万km以上走った車は「多走行車」といわれます。買取価格は下がる傾向にありますが、中古車としてはまだ需要もあるでしょう。査定では走行距離以外も見られるため、一概に5万km以上走っているから査定額が大幅に下がるわけではありませんが、なるべく超える前に売却するのが賢明です。

・走行距離10万km
一般的に、走行距離10万kmは車の寿命でもあるとされています。10万kmを超えて走った車は「過走行車」と呼ばれます。査定額はかなり低くなるか、0円査定になってしまう場合があるため、買取ってくれる業者を慎重に探す必要があるでしょう。

【Q&A】中古車の年式と買取相場に関する疑問

【Q&A】中古車の年式と買取相場に関する疑問

続いて、中古車の年式と買取相場に関連したよくある疑問を解説します。これから車を売却しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.買取相場はどのようにして調べられる?

買取相場を調べるには、以下のような方法があります。

1.中古車販売店の査定相場から調べる
「匿名でおおよその査定相場が知りたい」という場合は、中古車販売店の査定相場を見ることで大体の相場が把握できます。ただし、同じ車種でも車両の状態によって査定額は大きく異なるため、あくまでも金額は目安として考えておきましょう。

2.メーカーサイトの下取りシミュレーションを参考にする
こちらは車をディーラーの下取りに出し、同時に新車を購入することも視野に入れている方におすすめの方法です。同メーカーの車に乗り換えを検討している場合は、買取査定よりも高くなる可能性があります。

3.一括査定サイトを利用する
一括査定サイトとは、一度の情報入力で複数の買取業者に査定依頼が可能なサービスを提供しているウェブサイトです。一括査定サイトから申し込むことで、最高値を提示した買取業者に車を売却できます。

申し込みと同時に相場価格も把握できるため、不当な値段で交渉される心配もありません。ディーラーの下取りに出すよりも、高く売れる傾向があります。ただし、上記の方法はいずれも概算しか分かりません。正確な査定額を知りたいのであれば、実車の査定が必要です。

Q.買取業者で値段が付かない車はどうしたら良い?

過走行車や不動車などの場合、ディーラーに持ち込むと「下取り対象外」とされ、値段が付かないどころか、廃車費用がかかってしまうこともあります。そのような時は中古車買取業者を利用しましょう。値段が付いたり、廃車費用なしで引き取ってもらえたりする可能性があります。

近年の車は性能が上がっており、走行距離が10万kmを超えていても問題なく走れる車も多くなってきました。海外では日本車の需要が高く、過走行車であっても買い手が付きやすい傾向があります。そのため、海外に販路を持つ買取業者を選ぶのがおすすめです。

買取業者で買取不可能だった場合、「廃車買取業者」の利用を検討しましょう。廃車買取業者では車を解体して出たパーツや鉄くずに値段を付けてくれます。また、廃車費用もかからないことがほとんどです。

Q.メーター交換や巻き戻しは意味がある?

メーター交換や巻き戻しによる査定額への影響は、記録簿の有無によります。記録簿があり、メーター交換の記録がしっかりと記載されている場合、「メーター交換車」としてプラス査定につながります。

記録簿がなく、メーターの改ざんが発覚した場合は、査定額がマイナスされる場合があり、さらに契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)を問われることがあるので注意が必要です。なお、近年の車はメーターがデジタル化され、改ざんできません。

Q.査定後から引き渡しまでの間に車を走行するとどうなる?

走行距離は「初年度登録からの年数×1万km」という基準で査定額に反映されます。車両の引き渡しまでに走行距離が増えてしまうと、買取金額と釣り合わなくなり、最悪の場合査定額が下がってしまうでしょう。

査定が終わったら、できるだけ長距離の走行は避けた方が賢明です。日常生活を送る上でどうしても走行しなければならない時は、その旨を査定員に忘れずに申告しましょう。

Q.年式と保険はどのように関係する?

自動車保険の特約の一種に、「車両保険」があります。「車が損傷した」「落書きされた」「盗難に遭った」場合に、補償してくれる保険です。

車両保険の保険金は乗り手側が設定するのではなく、車両の時価で上限が決められています。車両の価値は時間が経過するほど下がっていきますので、「年式が古い車の時価は低い」ということです。そのため、車両保険に入っていてもほとんど保険金が出ないケースもあります。

年式があまりにも古い車は時価もゼロに近く、車両保険に加入できないこともあるので注意しましょう。

Q.年式と税金はどのように関係する?

年式が古くなると、車に関連した税金の負担額が増えます。古い車は新しい車に比べて環境対策が施されていないことが理由です。

年式が影響を与える税金に「自動車税」があり、毎年4月1日時点の車の所有者に支払い義務が発生するため、忘れずに支払いをしましょう。自動車税は、車が初度登録されてから13年経過した時点で増税されます。普通自動車は15%、軽自動車は20%と大幅な増税です。

また、ディーゼル車の場合は11年経過した時点で15%の増税対象になります。ガソリン車に比べて増税までの期間が短いので注意しましょう。

「自動車重量税」も年式が影響を与える税金です。自動車重量税は初度登録から「13年」と「18年」の2段階で増税されます。古い車を大切に乗り続けるのは素敵なことですが、どうしても維持費の負担が大きくなってしまうため、年式が古くなる前に手放すことも検討しましょう。

年式が気になる中古車を買取に出す際のコツ

年式が気になる中古車を買取に出す際のコツ

年式の古い車を買取に出す際のコツを紹介します。少しでも愛車を高く売却するために、以下の点に気を付けましょう。

まずは買取相場を調べる

査定を受ける前に、売却する車種の買取相場を調べておきましょう。事前に買取相場を知っておかないと、提示された査定額が高いのか安いのかが分かりません。査定員の言葉を鵜呑みにすると、相場よりも安い値段で買取られてしまう場合もあります。

事前に相場価格を知っておくことで、提示された査定額が妥当かどうか判断可能です。提示された査定額が相場よりも安かった場合は、理由を聞いてみましょう。また、相場価格を把握しておくと値上げ交渉の材料にもなります。

メンテナンスノートもそろえておく

メンテナンスノートは、メーカー保証書と定期点検記録簿がセットになったものです。車検や任意の点検を受けた際の内容が詳細に記録されています。

メンテナンスノートでは消耗品の交換、走行距離、整備状況などの確認が可能です。査定士はメンテナンスノートを見ながら車の状態を確認します。メンテナンスノートはプラス査定につながる他、「しっかりとメンテナンスをしている」というアピールにも有効です。

売却に適した時期を逃さないようにする

車の買取価格は季節や車種ごとのタイミングによっても変動します。フルモデルチェンジ前に売却すれば高額査定が狙えますし、車検前や自動車税課税前に売却すれば出費を避けることができます。

車には買取価格が高くなる時期があることも覚えておきましょう。狙い目は、1〜3月、7〜9月の少し前です。これらの時期は就職や転職、引っ越しなどの新生活に向けて、中古車を購入する層が増えます。

多くの中古車買取業者は3月に決算期、9月に中間決算期を設定しており、売り上げを伸ばすために少しでも多くの在庫を確保したいと考えるのです。そのため、他の時期に比べて買取価格が高くなりやすい傾向にあります。

査定額アップポイントはもれなく伝える

メーカーやディーラーの純正オプションが付いている場合、査定時にアピールすることで、プラス査定になる可能性があります。以下は、プラス評価されやすいオプションの例です。

  • 純正カーナビ
  • エアロパーツ
  • バックモニター
  • サイドモニター
  • サンルーフ
  • ホイール
  • レザーシート(状態による)
  • シートヒーター
  • 電動スライドドア
  • 自動ブレーキ機能
  • 車線逸脱警告システム

オプション内容が分からない場合は、メーカーのカタログや説明書をチェックしましょう。準グレード以外の場合は、グレード名を伝えておくとプラス査定に有効です。
車をカスタマイズして社外品のオプションを取り付けている場合は、取り外した純正オプションも持参しましょう。

気になる不具合などは正直に申告する

査定額が落ちるのを懸念して、故意に不具合や事故歴などを隠すことは絶対にやめましょう。不具合を隠したまま買取契約すれば、車の売り主に伴う契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)を問われ、損害賠償の請求にまで発展してしまうケースもあります。

修復歴のような大きな損傷でなく、少しぶつけてしまった・こすってしまったという些細なことでも、申告しておくと安心です。

契約後のトラブル回避のために、JPUC加盟店(適正買取店)を選んで査定してもらいましょう。これは消費者保護のための基準や要件をクリアした買取業者のみを「一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)」が認定する制度です。JPUC加盟店であれば安心して利用することができるでしょう。

複数の買取業者から査定額を比べる

市場原理により買取業者同士で金額を競わせることで、その時点での最高値を狙えます。金額を重視するなら、なるべく多くの買取業者の査定額を比較すると良いでしょう。

他の買取業者の査定額を提示して「これより高額になるなら売りたい」と交渉をするのも有効です。その際、実際の査定額を提示するのも良いですが、10〜20%程度上乗せした金額を伝えることをおすすめします。
ただし、上乗せ金額が高すぎると怪しまれてしまうため、相場を把握した上で金額を設定しましょう。

中古車一括査定サービスを利用する

一括査定サービスは、売りたい車の情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の買取業者に同時に査定依頼ができるサービスです。前述したように、車を少しでも高く売るためには複数業者の査定額を比較することが重要とされています。

しかし、個人で一つひとつの買取業者に依頼を申し込むのは多くの時間と手間がかかるため、忙しい方には不向きです。一括査定サービスを利用すればその手間が省け、効率的に相見積もりが取れますし、相場を把握できます。

愛車の買取相場が気になったら買取カービューがおすすめ

愛車の買取相場が気になったら買取カービューがおすすめ

年式や車の状態を問わず、中古車を売るなら買取カービューの愛車無料一括査定サービスがおすすめです。ここでは、数ある一括査定サービスの中から買取カービューをおすすめする理由を紹介します。

老舗ならではの信頼と提携社数の多さが強み

買取カービューは、中古車査定仲介サービスを開始してからこれまでに450万人以上が利用しており、業界でもトップクラスの実績を誇ります。JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟し、協会と連携した安全・安心なサービスが強みです。

通常、買取業者には車種の得手不得手があります。「外車なら高値で買取できる業者」「スポーツカーなら高値で買取できる業者」など、買取業者によって査定額は大きく変わります。そのため、売却したい車に合った買取業者を選ぶことが大切なのです。

買取カービューの提携している査定事業者数は300社以上あり、大手買取店から専門店まで多岐にわたっているため、あなたにぴったりな買取業者が見つかるでしょう。

対応する車種は多岐にわたる

買取カービューでは、通常の中古車買取だけでなく不動車や商用車(バス・トラック・建設機械)にも対応しています。事故や災害によって動かなくなってしまった車の売却先を探せます。

使えるパーツを取り出し海外などで販売する他、修理して再販できる状態の車は予想外の高値が付く可能性もあります。買取カービューの「商用車買取」では、豊富な提携会社でトラック・バス・建機など、さまざまな車の査定が可能です。複数台まとめての査定依頼もできるのもメリットです。

まとめ

まとめ

中古車の買取査定額には、「年式」と「走行距離」が大きく影響します。走行距離が長くて年式が古い車の査定額は低くなる傾向にありますが、「年式が新しいのに走行距離が多い車」や「年式が古いのに走行距離が短い車」も査定額が下がることがあるので注意しましょう。

年式が古くなると、車に関する税金の負担額が増えてしまいます。高い維持費がかかるなら、乗り換えも検討してみましょう。愛車を売る際はぜひ、買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご活用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ