現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 車を査定してもらった際の上手な断り方とは?負担の少ない売却を目指そう

査定ガイド

車を査定してもらった際の上手な断り方とは?負担の少ない売却を目指そう

車を査定してもらった際の上手な断り方とは?負担の少ない売却を目指そう

車を査定してもらうと、買取業者は契約を取るために熱心に営業をしてくるため、断りづらく感じてしまう方も多いのではないでしょうか。実際、査定額に満足できなければ断る必要があります。
そこでこの記事では、査定後の買取契約を上手に断る方法について解説します。また、記事の最後には安心して利用できる一括査定サービスの紹介もあるので、ぜひ参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の査定後の上手な断り方はあるの?

車の査定後の上手な断り方はあるの?

車の査定が終わると、買取業者は契約を取るために熱心に営業をしてきます。そのため、断りづらく感じる方も多くいるでしょう。ここでは、査定後の営業を上手に断る方法を査定の種類別に解説します。

持ち込み査定の場合

契約を断りたい理由は、「査定額に納得できない」「買取店の雰囲気などから契約に気が進まない」「他の買取業者の査定額と比較してから決めたい」など、人によってさまざまです。

査定額に納得がいかず検討の余地もない場合は、「〇〇万円以上でなければ売る気はない」と明確に契約の意思がないことを伝えましょう。

直接その場で断るのが難しいと感じたら、「家族と相談してから決めたい」「これから他の買取業者にも査定依頼している」などと理由付けをした上で一旦契約を見送ることを伝えてください。後日、改めて電話で断りの連絡をすれば問題ありません。

出張査定の場合

出張査定の場合、査定員は手ぶらで帰るのを避けたいと考えているため、より熱心に契約の話を持ちだしてきます。慣れた査定員は巧みな話術で契約にこぎつけようとしますが、断る意思をしっかりと持つことが大切です。

断り方としては持ち込み査定と同様に、その場で契約する意思が無いことを伝えるか、とりあえず引き下がってもらい、後日断りの連絡をすると良いでしょう。

また、買取業者から「今契約しないとこの査定額は出せない」などと迫られても、焦って即決しないことが大切です。中には契約するまで帰らないような買取業者もいますが、とにかく「即決はできない」と伝え、引き取ってもらうようにしましょう。「今日は時間が無い」「この後仕事が入っている」などといって帰ってもらうのも一つの手段です。

車の査定後の買取を後日電話で断る方法

車の査定後の買取を後日電話で断る方法

ここでは、車の査定後の買取契約を後日電話で断る方法について説明します。断るのは申し訳ないと思う方もいるかもしれませんが、買取業者は断られることに慣れているため、あまり気にしないようにしましょう。下記を参考にすると、スムーズかつ失礼のない形で断れます。

「他の買取業者への売却を決めた」と伝える

まずは、「他の買取業者へ売却を決めてしまった」と伝える方法です。既に車の売却先が決まったユーザーに営業しても無駄だということを買取業者は理解しているので、スムーズに断れるでしょう。

中にはそれでも引き下がらず、買取金額を上乗せしようとしてくる買取業者もいますが、細かく答える義務はありません。また、「他よりも高値を付けられる」といわれることもありますが、後々理由をつけて減額される場合も考えられるため、惑わされないようにしましょう。

「家族や知人に譲る」または「乗り続ける」と伝える

自分から査定依頼をした手前、動機としては弱くなってしまいますが、「家族や知人に譲ることにした」もしくは「やっぱり乗り続けることにした」と伝える方法もあります。

この時、「今だけの価格ですよ」などと誘導されるかもしれませんが、強い意志ではっきりと断りましょう。相手に気を使って曖昧な受け答えをしてしまうと、後日営業の電話がかかってくることがありますし、買取業者とのやり取りが続いてしまいます。

「売る気はない」とはっきり伝える

電話ではっきりと「売る気はない」「現在の査定額が知りたかっただけ」と伝えるのも良いでしょう。売る気がないとわかれば、買取業者側もこれ以上営業をかけても無駄と考えます。

重要なのは毅然とした態度で断ることですが、査定に時間を使わせてしまって申し訳ないという旨も伝えておきましょう。なお、長話になってしまったり曖昧な伝え方をしてしまったりすると「まだ迷っているかも」と思われ、後々営業の電話がかかってくる場合があります。

車の買取契約後の断り方とは?

車の買取契約後の断り方とは?

車の買取契約を交わした後に、断ることは可能なのでしょうか。実は「契約中」と「契約後」では対応が変わるのです。ここでは、買取契約成立後のキャンセルの可否と、注意点について解説します。

買取契約後はキャンセルできないことがある

車の場合、買取契約後にキャンセルすることはとても困難です。その理由として、自動車は「クーリングオフ」の対象ではないことが挙げられます。そのため、本当に解約を結んで良いのかをしっかりと見極め、少しでも査定に納得ができなければ契約しないようにしましょう。

ただし、契約後のキャンセルが完全に不可能というわけではありません。依頼した買取業者やキャンセル理由、違約金発生の有無にもよりますが、契約後速やかに連絡をすればキャンセルできる可能性があります。

参考として、以下のことを念頭に置いておきましょう。
・契約中(契約書が手元にある):キャンセル可能
・契約後(契約書に押印し渡した):キャンセル不可能、もしくはキャンセルはできるが違約金が発生する場合がある

契約後のキャンセルは違約金が発生する場合がある

買取契約後のキャンセルを希望するなら、できる限り早く買取業者に連絡をしましょう。なぜなら、連絡が遅くなれば遅くなるほど買取後の工程(書類の手続きや再販の準備など)が進み、業者側に損失が出てしまうからです。

買取業者によっては、契約をした当日に清掃やメンテナンスを始める場合もあります。そうすると、キャンセル自体はできても、かかったコストを違約金として請求されるでしょう。契約キャンセル時の違約金については、契約書に明記されているはずですので事前確認が大切です。

買取契約後に減額された場合は再判断しよう

修復歴や事故歴を正しく申告して査定したのにもかかわらず、それを理由に契約後に減額されることがありますが、違約金を払わずにキャンセル可能です。こういった理由でキャンセル料を請求するのは悪質なので、もしキャンセル料を請求された場合は消費生活センターなどに相談しましょう。

基本的に買取業者は、トラブル防止のため契約後の再査定(減額)は行いません。しかし、中には査定後契約を結んだ後に修復歴やトラブルが発覚し、「減額に応じてほしい」という申し出をする業者もあります。売り手が故意に修復歴を隠していた場合は問題ですが、しっかりと申告していた場合は契約後の交渉に応じる必要はありません。契約をキャンセルし、別の買取業者への売却を検討してみましょう。

車の一括査定サービスを利用したときの断り方

車の一括査定サービスを利用したときの断り方

車の一括査定サービスを利用すると、申し込み直後に電話がかかってきます。それを断る方法としては、個別に電話で伝える他、一括査定サービスのウェブサイトから「キャンセル申請」する方法が有効です。ここでは、一括査定サービスを利用する際の注意点と、上手に利用するコツを紹介します。

電話が殺到することがある

一括査定は個別に各買取業者へ見積もり依頼をするよりも、効率的に査定を申し込める点がメリットです。その一方で、査定を依頼した買取業者の数だけ営業の電話がかかってきます。一括査定サイトに加盟している買取業者には、顧客からの査定依頼があると通知が届くようになっており、どの業者もいち早くアポを取りたいと考えているため短時間のうちに電話が殺到するのです。

一括査定サービスそのものをキャンセルすれば、買取業者からの電話はかかってきません。不安な時は、キャンセル機能がある一括査定サービスを選んで利用するのがおすすめです。

メールを活用して電話の量を減らそう

残念ながら、買取業者からの営業電話を全てなくすことは難しいのですが、申し込みの際に「メール連絡を希望」しておけば、電話の数を減らすことはできます。一括査定申し込み後の大量の営業電話や、査定結果の電話連絡を少なくしたいなら、メール連絡が選べるサイトの利用を検討してみましょう。

査定の依頼先を絞るのもおすすめ

車を高値で売却するためには、査定してもらう買取業者の数が多いほど効果的です。しかし、たくさんの買取業者に一括査定を依頼すると、それだけ多くの電話がかかってきます。

不安であれば、個人情報を渡す買取業者を選択できる一括査定サイトを利用してください。利用する際に依頼先を絞り込むことで、営業電話をかけてくる買取業者の数を減らせるでしょう。

一括査定サービスを利用するなら買取カービューがおすすめ!

一括査定サービスを利用するなら買取カービューがおすすめ!

一括査定を利用するなら、買取カービューの愛車無料一括査定サービスはいかがでしょうか。買取カービューは2000年に中古車査定仲介サービスを開始して以来、450万件と多くの方にご利用いただいています。ここでは、買取カービューがトップクラスの実績を誇る理由を紹介します。

最大10社に同時依頼が可能

買取カービューは、インターネットからの査定申込を一度するだけで、最大10社の買取店に一括査定依頼が可能です。査定依頼する買取業者の数は多い方が良いとされていますが、多すぎても対応に手間がかかります。そのため、買取カービューでは査定可能な買取業者の数を最大10社までと制限しているのです。

また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟し、連携してサービスを提供しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

愛車の価値を評価してくれる買取業者が見つけやすい

買取業者には車種によって得手不得手があります。輸入車やスポーツカーなら高値が出せる買取業者、ミニバンに強い買取業者など、どこに依頼するかによって査定額は大きく変わるでしょう。

買取カービューの提携している査定事業者数は300社以上あり、おなじみの大手から、車の販売会社、専門店まで幅広く提携しています。そのため、愛車の価値を適正に評価してくれる買取業者を見つけることが可能です。

まとめ

まとめ

車の査定が終わると、買取業者は契約を取るために熱心に営業をしてきます。しかし、査定額や買取業者の対応に納得がいかない場合は、ハッキリと契約の意思がないことを伝えることが大切です。断りづらく感じてしまう方は、今回紹介した上手に断る方法を参考にしてみてください。

また、車を高く売るために一括査定サービスが有効ですが、たくさんの営業電話がかかってくるため負担になってしまう場合もあります。負担の少ない売却がしたいと考えている方は、提携事業者数が豊富かつ依頼する買取業者を絞り込める、買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ