現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 車の査定にタイヤの状態は影響する?査定時のポイントも併せて解説!

査定ガイド

車の査定にタイヤの状態は影響する?査定時のポイントも併せて解説!

車の査定にタイヤの状態は影響する?査定時のポイントも併せて解説!

車の査定時に車本体以外で影響するものは何か、気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では査定時に関係するパーツの中から、タイヤをピックアップして解説します。タイヤの査定基準と、プラス要素・マイナス要素について把握できるでしょう。
今使用しているタイヤはもちろん、スペアタイヤやスタッドレスタイヤ、ホイールについても査定と絡めて解説するので、売却前にぜひ参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

タイヤの状態は車の買取査定に影響する?

タイヤの状態は車の買取査定に影響する?

タイヤは消耗していることに気付きやすいパーツのため、査定時の評価が気になる方も多いでしょう。消耗している状態で査定するより、外しておくべきなのではと心配される方もいます。ここでは、タイヤがどの程度査定に影響するかについて紹介しますので、査定に出す前の参考にしてください。

タイヤの状態はほとんど影響しない

結論から述べると、タイヤの状態は車の査定にほとんど影響しません。普通に使用していた状態であれば、特に問題ないでしょう。ただし、タイヤに傷やピンチカットなどが見られる場合、走行に危険がおよぶ場合があるため注意してください。

この状態であれば査定前に使用すること自体が危険なので、査定がなくとも交換しておきましょう。また査定士はタイヤの溝の深さを見るので、どのくらいすり減っているかの確認をおすすめします。

タイヤなしは査定に影響する

状態が悪いタイヤを付けたままだとマイナス査定になりかねないため、査定時に外しておこうと考える方もいるでしょう。しかしタイヤのない車では走行ができないため、価値が著しく低下します。

タイヤなしの車両は、状態が悪いタイヤを付けている車両よりも減点される場合がほとんどのため、タイヤは付けたまま査定に出すようにしましょう。

車のタイヤの査定基準は決まっているの?

車のタイヤの査定基準は決まっているの?

タイヤは車の査定にほとんど影響しませんが、具体的に基準があるのでしょうか。ここでは、査定基準の目安について紹介します。査定士が査定を行う基準を知ることができれば、事前に自分でもおおよその見当は付けられるでしょう。

タイヤの査定基準の目安

査定基準は、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)によって定められており、査定士はこの基準のもと、タイヤ1本ごとに査定を行っています。

    【タイヤの査定基準】
  1. 1.スペアスタイヤが標準装備の車種の場合、スペアタイヤもそろっているか
  2. 2.タイヤの査定基準は、JAAIの定める表を準用する
  3. 3.ランフラットタイヤ(パンクしても一定距離走行可能なタイヤ)車に通常タイヤが装備されていないか
  4. 4.タイヤ修理キットがそろっているか
  5. 5.タイヤやホイールが保安基準に触れていないか
  6. 6.ひび割れや亀裂などがないか
  7. 7.ホイール径の端数は切り上げ扱いとする(例:12.5インチは13インチとする)

また使用しているタイヤがその車両に対し正規なものかどうか、ドア付近に貼られている「タイヤ表示ラベル」と照合して確認します。

サイズでプラス査定になる場合もある

車の査定の際、タイヤは溝だけでなく大きさもチェック対象です。大きいタイヤほどプラス査定になりますが、査定士は使用しているタイヤが車両に適しているかも見ています。あまりに大きすぎて保安基準に通らないようなタイヤの場合、改造車としてマイナス査定になることもあるので注意が必要です。

また、プラス査定になるのは、どの大きさでも5mm以上の溝が残っている場合のみとされています。

プラス査定になる車のタイヤはあるの?

プラス査定になる車のタイヤはあるの?

通常走行に使っているタイヤとは別に、スペアタイヤやスタッドレスタイヤを所有している方も多いでしょう。スペアタイヤやスタッドレスタイヤは、プラス査定になるのでしょうか。ここでは、ケースごとにプラス査定になるかどうかを解説し、タイヤを用意しておくべきかどうかも紹介します。

スタッドレスタイヤはプラス査定になる?

スタッドレスタイヤは普通のタイヤより購入時の値段が高いこともあり、プラス査定になるのではと考える方もいます。しかし基本的に査定時にはスタッドレスタイヤも普通のタイヤとして判断され、特にプラス査定にはなりません。ノーマルタイヤを使用している際に査定をする場合、付属品としてスタッドレスタイヤを用意しても同様です。

さらに50%以上使用しプラットホームサインが出ているスタッドレスタイヤは、マイナス査定になることもあるので注意しましょう。

スペアタイヤは用意しておくべき?

車の査定時スペアタイヤは安全のため備えられているものと認識されます。そのためプラス査定にはなりません。しかし標準装備としてスペアタイヤが付いている車種であれば、査定時にスペアタイヤがないと減点される場合があります。

スペアタイヤが標準装備でない車種は、代わりにパンク修理キットが搭載されていますが、こちらも揃っていないとマイナス査定になる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

マイナス査定に影響する車のタイヤの状態とは?

マイナス査定に影響する車のタイヤの状態とは?

タイヤは車の査定にほとんど影響しないと先述しましたが、場合によってはマイナス査定になることがあります。どのような状態の時マイナス査定とされるのでしょうか。ここではタイヤの溝とホイールの傷について解説します。

スリップサイン

スリップサインとは、タイヤの溝が1.6mm以下になってしまった時に出てくるものです。どこか一か所でもスリップサインが出た場合は、タイヤの使用限界になるため使用不可と法律で定められています。そのためスリップサインが出ているタイヤは、買取業者がユーザーから買取後に交換しなければ中古車として再販ができません。

車の査定時スリップサインが出ているタイヤを装着していた場合、この手間と費用がかかる分マイナス査定となります。

ホイールの傷

アルミホイールの傷は、浅い傷であれば査定にほとんど影響しません。目安としては、傷をなでた時爪に引っかかるかどうかです。爪に引っかかるほどの深い傷になると、マイナス査定とされます。ホイールカバーも同様で、破損や塗装の剥がれがあると減点対象です。

車のドレスアップとしてホイールのインチアップやデザイン変更は定番ですが、規格が異なると交換が必要になりマイナス査定とされるため注意してください。

車の査定を受ける前にできるタイヤの準備はあるの?

車の査定を受ける前にできるタイヤの準備はあるの?

タイヤはあまり査定に影響しないとはいえ、マイナス査定とプラス査定になるポイントはあります。査定を受ける前に、タイヤ交換をしておく必要はあるのでしょうか。良かれと思った事がかえって損をすることにつながらないよう、事前にチェックしておきましょう。

タイヤ交換の必要性

査定前にタイヤをチェックしてみたらスリップサインが出ていたり、ひび割れや亀裂が見つかったりすることもあります。その場合査定前に交換しておいた方が、査定額を下げずに済むのではと悩むか方もいるでしょう。

しかしタイヤは1本ごとに査定されるため、一つひとつの影響はそこまで大きくなく、プラス査定になっても高額なものではありません。むしろ新品に交換することで生じる費用の方が大きくなり、損をしてしまう可能性もあります。プラス査定にするためだけにタイヤを交換することはおすすめできません。

純正タイヤがあれば用意しておこう

中古車を購入する方は、純正パーツを好むと言われています。そのため、タイヤも純正品の評価が高めです。社外品に交換する際は純正品もきちんと保管しておき、査定時に用意するようにしましょう。

また車の査定において純正品以外のタイヤはほとんど評価されませんが、ブランド品など高価なタイヤを持っている場合、タイヤのみ売却すると高値が付く可能性はあります。タイヤも高値で売りたいのであれば車の査定とタイヤの査定を分けて、タイヤ買取専門店などに持ち込むことも一つの手です。

プラス査定を狙うならタイヤ以外の車のパーツも確認しよう

プラス査定を狙うならタイヤ以外の車のパーツも確認しよう

少しでもプラス査定につながるものがあれば、査定士にアピールするのがおすすめです。タイヤの他にもプラス査定になるパーツをいくつか紹介します。売却予定の車に、見落としていたアピールポイントがないか確認してみてください。

純正パーツ

中古車市場では純正パーツの人気が高い傾向にあります。純正品の方が故障のリスクは少なく、見た目に統一感もあると考えられるためです。もし購入後に純正品を外してカスタム交換を行っていたのであれば、査定時に純正品も併せて用意しておきましょう。工賃のことを考えると、査定のためだけに純正品へ交換し直す必要はありません。

カーナビ

カーナビがついている車は中古車としても需要があります。カーナビに関しては純正品以外でも評価が期待できます。カーナビについてもJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が基準を定めています。

しかし地図は日々変化するため、あまり古いものだと情報も古く価値が低くなってしまいます。JAAIの基準だと、6年以上経過しているとそこまでプラス査定にはなりません。

オプション装備

純正オプションには種類があり、メーカーオプションとディーラーオプションの2つです。この内、新車購入時しか取り付けのできないメーカーオプション装備はプラス査定につながります。

たとえばサンルーフ付きやシートのレザー仕様、電動スライドドアなどは人気の高い追加オプションです。JAAIの査定基準でも大きな加点が設定されています。その他近年は自動ブレーキ・誤発進抑制・車線逸脱警報など先進安全技術や、バックモニター・サイドモニターもプラス査定につながるでしょう。

車を少しでも高く売りたいなら一括査定サービスを試してみよう!

車を少しでも高く売りたいなら一括査定サービスを試してみよう!

車を少しでも高く売却したいと考えるなら、一括査定サービスの利用がおすすめです。一括査定サービスで複数の買取業者から査定を受けると、高価買取が期待できます。ココでは一括査定サービスのメリットと、 carview!中古車一括査定サービスについて解説します。

一括査定サービスなら自分に合った店舗を探せる

中古車を売却するなら、一括査定サービスを利用してみましょう。買取業者は多いため、自分の車をどこで売れば良いのか決めきれない方もいます。買取業者によっては得意分野が異なるため、売却予定車とニーズがマッチしているか見極めることが大切なポイントです。

そこで一括査定サービスを利用すると、複数の買取業者に査定依頼する手間も省ける上、自分の車に合った納得できる買取業者を探せます。また、査定額を競合させることで査定額のアップも目指せるでしょう。

carview!中古車一括査定サービスなら選択肢の幅が広がる

carview!中古車一括査定サービスは提携社数が300社以上あるため、地域密着の専門店から大手買取業者まで、自分の車に合った納得できる買取業者を探せます。

carview!中古車一括査定サービスの査定申し込みはとても簡単で、ウェブサイトから最大10社同時に一括査定依頼ができます。その中から自分の車に合いそうな取引先を選びましょう。忙しいけど査定額も妥協したくないという方は、ぜひ carview!中古車一括査定サービスを利用してみてください。

まとめ

まとめ

今回の記事では、車の査定時にタイヤが与える影響について解説してきました。基本的に、保安基準内であれば大きく減額されることはありません。安全に直結するといえるパーツなので、長持ちさせるためにも定期的にメンテナンスしてみてください。マイナス査定を避けられるでしょう。

車を少しでも高値で売却したい場合は、carview!中古車一括査定サービスを利用してみてください。手間を掛けずに、納得できる売却先を見つけられるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ