現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 中古車査定における高価買取のテクニックとは?注意点と併せて解説!

査定ガイド

中古車査定における高価買取のテクニックとは?注意点と併せて解説!

中古車査定における高価買取のテクニックとは?注意点と併せて解説!

中古車の買取依頼を検討されている方の中には、どこへ売りに出しても査定額は同じと考えている方もいるのではないでしょうか。買取業者ごとに得意とする車種や状態があり、査定額は一律ではありません。そのため、売却する車と相性の良い買取業者に依頼することが高価買取のコツです。
今回の記事では、中古車の買取査定の仕組みや、高価買取を狙えるコツを解説します。中古車買取を検討されている方はぜひご一読ください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車の買取査定を受けてみよう!

中古車の買取査定を受けてみよう!

中古車を買取に出す際は、その車にどれほどの価値があるか査定を受けることになるでしょう。まず中古車を手放す方法について解説します。どの方法が向いているかは、ユーザーの目的や重視する要素によって変わるため、買取先選びは重要です。違いを押さえて、納得のいく買取が行えるようにしていきましょう。

査定額は一律ではない

中古車の査定額は、一律ではありません。同じ車を売りに出すのにしても、どこと売買契約を交わすかで金額は異なります。

中古車を売る方法は主に3種類あります。
・ディーラーへの下取り
・中古車買取業者ヘの買取
・個人売買を利用する

JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)は中古車査定基準を定めており、これを基準に中古車の査定が行われます。しかし、中古車査定基準はあくまでも「基準」でしかなく、買取業者はその基準だけで価値を判断しているわけではありません。高額査定を受けるためには、愛車と相性の良い売却先を選ぶことが重要なのです。

金額重視なら買取査定

買取金額を重視して中古車を売りたい場合、中古車買取業者への「買取」が良いでしょう。買取業者ごとに特徴があり、強みとしている車のジャンルがあります。愛車と相性の良い買取業者に買取に出すと、適正な価値を付けてくれやすいのです。

また、複数の買取業者の査定額を比べる(相見積もりを取る)ことで、買取業者間で金額を競わせることができ高価買取を狙えます。下取りに比べれば多少手間はかかるものの、金額を重視している方に向いている方法でしょう。

【中古車の査定テクニック】売る時のポイント5選

【中古車の査定テクニック】売る時のポイント5選

中古車の買取査定を受ける際、いくつかのポイントを押さえることで査定額が上がる可能性があります。せっかく愛車を売るのであれば、少しでも高値で売りたいですよね。今回は知っておいて損はしない5つのポイントを解説していきます。査定を受ける前にぜひチェックしてみてください。

最新の中古車買取相場を調べておく

車買取を決めたならば、まずは最新の中古車買取の相場を調べておきましょう。売りに出そうとしている車の相場を知っていれば、「査定員に対して売却への本気度を伝えられる」「交渉で不利になることを防げる」といったメリットを得られます。

買取交渉に焦りや不安は禁物です。あらかじめ知識を備えておくことで、余裕を持って査定員と対応することも可能です。ただし、買取相場や他社の査定額と比べて高すぎる査定額を提示してくる買取業者には注意しましょう。契約後に理由を付けて減額をせまるケースが発生しているので、勢いで契約しない方が賢明です。

より高値を狙える売り時を逃さない

冒頭でも挙げたように、中古車買取相場は1年の中でも波があります。売り時としておすすめなのは1~2月、7~8月です。この時期は中古車購入需要の高まりや買取業者の決算時期に重なります。

上記以外にも、車のモデルチェンジが行われる前や車検前、走行距離が大台(3万km、5万km、7万km)に達する前などが売却のタイミングに向いています。

売り時がある一方で、買取相場が下がる時期も存在します。自動車税の課税直後の4月や、他のイベントに重なる年末がその一例です。高値が狙える売り時を逃さないよう、早めの行動が大切だといえます。

気になる箇所があっても修理しない

事故や何らかの理由で、車に傷が生じてしまうこともあるでしょう。買取査定を受けるとなれば「修理してから査定を受けた方が良いのではないか」と考える方もいるかもしれません。しかし、修理費以上に査定額がアップすることは見込めにくいのが現状です。

車の修理は難易度が高く、自分で行った場合かえって状態を悪化させるリスクもあります。気になる箇所があっても修理せず、そのまま査定を受ける方が無難です。査定を受ける際は、後のトラブルを防ぐためにも不具合や故障など、把握しているものは正直に申告するようにしてください。

オプション装備と付属品を揃えておく

中古車の査定はメーカーの「純正パーツ」の方が好まれます。もし購入後にカスタムして別のパーツに交換している場合、交換費用をかけて元に戻す必要はありませんが、純正パーツも用意しておきましょう。

またメンテナンスノート(取扱説明書+定期点検記録簿)も、車のメンテナンス履歴を証明するために揃えておきたいものの一つです。中古車として購入した車で、もし購入当初から付属していなかった場合は、査定員にその旨を伝えるようにしましょう。

契約書は慎重に確認する

買取査定を受けたら、まずは口頭で査定金額が伝えられるでしょう。この時点で査定員は即決(その場で売却意思を伝えること)を求めてくる場合もあります。即決は、リスク面を考慮するとおすすめできません。詳細を把握しないまま契約してしまい、後からキャンセルを申し出た場合、トラブルとなるケースが少なくありません。

買取を検討する上できちんと見積書を作成してもらい、各種手数料(諸費用)の妥当性、自動車税還付の取理扱いなどを書面できちんと確認してください。分からない点は買取業者に説明を求め、契約を急がないことをおすすめします。

【中古車の査定テクニック】売る時の注意点

【中古車の査定テクニック】売る時の注意点

査定額アップを狙えるポイントがある一方で、車を売る時に注意しなければならない点もあります。注意点を知らないままではトラブルに発展しかねません。要所を押さえた上で、契約を慎重に行うことをおすすめします。知識があることで防げるトラブルもあるので、紹介する注意点もしっかりとチェックしておくと良いでしょう。

悪徳業者の特徴を知っておく

残念ながら、買取業者の中には悪徳業者が存在しているのも事実です。悪徳な買取業者と契約を交わしてしまい、トラブルに発展してしまったケースも報告されています。

悪徳業者の特徴は以下の通りです。

  • 売買契約に関連して説明が不明瞭
  • スタッフの態度が横柄
  • 相場や他社に比べあきらかな高額査定
  • 車の引き渡しや契約を急ぐ
  • 売買契約はクーリングオフ可能と説明してくる

売買に関連して気になることは質問し、納得した上で契約を交わすようにしてください。もし何らかのトラブルとなった場合、国民生活センターやJPUC(一般社団法人 日本自動車購入協会)の車売却消費者相談室に、速やかに相談することをおすすめします。

虚偽の申告は行わない

査定時を含め、一連の売買に関して虚偽の申告を行わないことが鉄則です。車の売り主側には契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)が伴います。情報を正確に伝える必要があるのです。

他社の提示額を偽ることや、聞かれたことに虚偽の申告を行うのを控えるだけでなく、不具合などの不利な情報も主体的に提供するようにしましょう。もし誤った情報を伝えてしまった事に気づいた場合、速やかにその旨を連絡するようにしてください。

複数の買取店を比較する

高額買取を目指すなら、複数の買取業者に査定を依頼する方法がおすすめです。車の査定はどの買取店も同じような金額になるわけではなく、買取店ごとに経営方針や仕入れたい車種が違うために査定額にばらつきが出ます。

参考 債務不履行(契約不適合責任(旧法:瑕疵担保責任))
https://www.jucda.or.jp/soudan/kisochishiki/05.html

ローン残債に注意

基本的にローン残債(ローンの支払い途中)の場合、ローンを完済して名義変更可能な状態にしてからでなければ車は売れません。ローンの返済方法はさまざまです。買取業者に残債がある旨を伝えれば、相談に乗ってもらえるでしょう。

ローン残債ありの車については以下の記事も参考にしてください。

参考 ローン支払い途中の車だけど、今売るべき?損をしない売却方法!
https://carview.yahoo.co.jp/kaitori/article/%E5%A3%B2%E5%8D%B4/merits-and-demerits-of-selling-a-car-with-loan/

【中古車の査定テクニック】引き渡しまでの流れ

【中古車の査定テクニック】引き渡しまでの流れ

ここでは中古車買取の一連の流れを紹介し、査定時のチェック項目について触れていきます。買取依頼から引き渡しまでの全体像を把握しておくことで、よりスムーズに対応できるでしょう。不明点が出てきた場合、買取業者に尋ねて納得した上で交渉を進めるようにしてください。

中古車買取の流れについて

一般的な中古車買取の流れは以下の通りです。

  1. 1.買取先を選定する
  2. 2.買取査定を受ける
  3. 3.売買契約に伴う書類を揃え売買契約を交わす
  4. 4.車両を引き渡す
  5. 5.入金を確認する

車の付属品などを準備し、あらかじめ売買契約の必要書類を揃えておくと、よりスムーズに取引を進められます。自動車検査証や自賠責保険証など、売買契約に必要な書類は以下の記事も参考にしてください。

査定時にチェックされる場所について

中古車の買取査定でチェックされる要素は多岐にわたります。査定額を左右する要素として、主に以下の10個が挙げられます。傷やへこみがある車でも、査定員の心証も考慮し査定前は掃除や換気をして清潔感を出せるようにしましょう。

    査定時の10個のポイント
  • 内装のコンディション
  • 外装のコンディション
  • エンジン周り
  • タイヤ周り
  • カーナビやオーディオ装備
  • 修復歴の有無や事故歴
  • 純正パーツや付属品が揃っているか
  • 走行距離
  • 年式
  • ボディカラー

契約後から引き渡しまでの間の走行について

査定後は、なるべく走行距離を増やさないようにしましょう。走行距離に関しては「初年度登録からの年数×1万km」の基準で査定金額が計算されます。査定から引き渡しまでの期間中に走行距離が増えた場合、買取額が変化してしまうこともあるので注意が必要です。

日常的に使う車の場合、車を引き渡す時期や売却の希望時期を伝えた上で査定をしてもらうことをおすすめします。 この他にも、一度提示された査定額から買取額が下がらない買取業者を選ぶのも方法の一つです。

中古車の査定ならcarview!中古車一括査定サービス!

中古車の査定ならcarview!中古車一括査定サービス!

買取業者の数は多いため、どこへ中古車を売りに出したら良いか迷ってしまう方もいるでしょう。そこでおすすめなのが、売りたい中古車やユーザーの条件に合った買取業者に一括で査定を申し込める「中古車一括査定サービス」です。ここでは、carview!中古車一括査定サービスの魅力について解説していきます。

【老舗】豊富なサービス利用実績

carview!中古車一括査定サービスは、中古車一括査定サービスで一番の老舗です。2000年のサービス開始以来、累計500万人以上の利用実績を誇ります。豊富な利用実績は、多くの車ユーザーからの信頼の証です。

carview!車買取の同サイトでは、中古車一括査定サービスだけではなく車ユーザーに役立つ情報が多数掲載されています。実際に利用した方からのクチコミ情報も得られるので、参考にしてみるのも良いでしょう。

安心のJPUC加盟店を含む多様な提携先

中古車売買に伴って少なからずトラブルが発生しており、前述のような悪徳買取業者が存在するのも事実です。このような買取業者を見分ける方法の一つとして、JPUC加盟店(JPUC適正買取店)の買取業者を選ぶ方法があります。(※JPUC=一般社団法人日本自動車購入協会)

carview!車買取は2022年3月現在、全国各地の300社以上と提携しています。中古車売買において、買取業者探しは重要な要素です。carview!車買取であれば、安心して取引が行える買取業者を見つけやすいでしょう。

まとめ

まとめ

今回の記事では買取先ごとの特徴に始まり、中古車査定を受ける際に知っておくと高額査定を狙えるポイントや買取に伴う注意点を中心に解説してきました。高値で手放したい場合は、中古車買取業者による買取がおすすめです。さらに一括査定サービスを利用することで、より納得のいく価格に近づけられるでしょう。

carview!中古車一括査定サービスならば、45秒ほどで査定申し込みが可能です。専用フォームへ簡単な情報入力を行うだけで、一度に最大10社まで査定を申し込めます。carview!車買取で、愛車にピッタリな買取業者を探してみましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ