現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 中古の軽自動車の相場はどれくらい?高く売却する方法も併せて解説!

査定ガイド

中古の軽自動車の相場はどれくらい?高く売却する方法も併せて解説!

中古の軽自動車の相場はどれくらい?高く売却する方法も併せて解説!

中古の軽自動車を売却するにあたって、どれくらいの値段で買い取られるのか気になる方は多いでしょう。軽自動車は、中古車市場でも人気の高いジャンルです。売却するうえで、買取相場を知っておくと交渉を有利に進められるかもしれません。
この記事では、中古の軽自動車の買取相場について解説し、中古の軽自動車を高く売却するにはどうしたら良いのか紹介します。軽自動車の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

軽自動車の中古車の買取相場はどれくらい?

軽自動車の中古車の買取相場はどれくらい?

軽自動車は、新車に限らず中古車市場でも人気が高い車のタイプです。ここからは、中古の軽自動車の人気が高い理由と買取傾向、買取相場の調べ方などをご紹介します。

中古の軽自動車は人気が高い

中古市場の軽自動車は、値段が普通車に比べて安い点と、昔の軽自動車と比べて走行性能や安全性能が向上している点が人気の理由です。他にも車の規格が普通車に比べてコンパクトなので小回りが利くという点から、狭い路地や駐車場などでも使い勝手が良いために人気があります。

また維持費も、普通車と比べると大幅に抑えられる点がメリットです。したがって中古の軽自動車は、なるべくお金をかけずに使い勝手の良い車が欲しいという購入者のイメージに合った車と言えるでしょう。

買取傾向は良好

中古の軽自動車は仕入れてから売れるまでの期間が短く、普通車に比べて値崩れしにくいのが特徴です。そのため、走行距離が多かったり年式が古かったりしても買取業者からの需要があり、普通車と比べて買取をされやすい傾向にあります。

また、最近の軽自動車は性能が向上していることから、壊れにくくなっている点も買取をされやすい理由の一つです。

買取相場を調べてみよう

買取相場を調べる方法は、

  1. 1.メーカーのホームページでシミュレーションをする
  2. 2.インターネットで調べる
  3. 3.販売価格から概算する
  4. 4.複数の業者に査定を依頼する

の4つです。

1については、新車購入を前提として、今の車がいくらで下取りしてもらえるか参考価格が分かります。メーカーによっては、そのメーカー以外の車でも大まかな金額が分かるので、下取り価格が知りたい場合に利用するのも良いでしょう。

2は、車の基本情報(車種、年式、走行距離、メーカーなど)を入力すると、大まかな買取金額が分かります。手間がかからず、すぐに分かるのがメリットです。

3は、販売価格から20~30万円マイナスすると大まかな買取金額が分かります。

4は、複数の買取業者に査定依頼をし、提示された金額から買取相場が分かるという方法です。以上の4つの方法から自分が利用しやすい方法で買取相場を調べると良いでしょう。

軽自動車の中古車の買取相場はどう決まるの?

軽自動車の中古車の買取相場はどう決まるの?

中古の軽自動車の買取相場を決める時に、ポイントとなる項目は一つではありません。ここでは、主にポイントとなる車種やグレード、走行距離の状態、オプションの状況の3つをご紹介します。自分の車がどれかに当てはまっていると、査定時にアピール材料となるのでぜひ参考にしてみてください。

車種やグレード

買取相場を決める時に車種やグレードは大切な要素の一つです。グレードの高い車はオプションが充実していることが多く、特に純正エアロパーツが搭載されている上級モデルが高く買い取られます。また、人気車種や珍しい車などは中古車でも欲しがる方が多いのでこちらも高値が付きやすいようです。

あまりない例ですが、人気車種で納期が遅い場合、同車種の中古価格が新車の価格を上回ることもあります。そのような中古車は悪路走行やスポーツ走行を想定して販売されているのが特徴で、高値で買取られる傾向にあります。

走行距離

年式が古くても走行距離が少なければ買いたいと思う購入者がいることから、古い車でも走行距離が少なめだと高値が付くこともあります。

ただし、注意しておきたいのが車は1年で1万km走るのが一般的とされているということです。たとえば、10年前に車を購入しているのに走行距離が3万kmと極端に少ない場合は、査定額が下がると言われています。放置車両だった可能性があるのと、シビアコンディションで使用されていた可能性があるためです。

オプションの状況

中古の軽自動車を選ぶ時に、なるべくオプションが充実している車を選ぶ方が多いため、純正オプションが多く搭載されている車だと高値が付きやすい傾向にあります。社外品でカスタムしている場合は、人気のパーツだとプラス査定に繋がるかもしれません。査定先によって変わる要素です。

もし車をカスタムしているなら、カスタム車の買取を専門にしている買取店に査定を依頼すればカスタムパーツを評価してもらえることがあります。しかし、一般的には純正オプションの方が高評価になりやすいので、カスタム車は一般的な買取店で評価されにくいのが現状です。

軽自動車の中古車を相場よりも高額で売るコツ

軽自動車の中古車を相場よりも高額で売るコツ

軽自動車の中古車を高く売るためには、「売却する時期を意識する」「車をきれいにする」「課税前に手放す」「複数の買取店の査定額を比較する」などさまざまなポイントがあります。高額査定を目指すために、ここから紹介するポイントを参考に査定を依頼すると良いでしょう。

需要の高い時期に手放す

車の買取相場は、1年を通して常に一定というわけではありません。特に1~2月・7~8月が新生活の準備やボーナス期と重なることから需要が高まるので、高値が付きやすくなっています。

買取店側の事情としては、決算期(3月・9月)に車を用意しておきたいという考えがあるため、普段の査定額より高めの査定額を付けてくれるのです。車を手放す時期がちょうど需要期であれば、その時期を逃さないようにしましょう。

清掃を行い見栄えを良くしておく

査定を依頼する時に外装や内装がきれいだと、査定士から良い印象を持たれやすい傾向があります。洗車や清掃をして、外装と内装のどちらもきれいにしておくと査定額が上がるでしょう。

また、車内のにおいも査定士がチェックするポイントです。特にタバコのにおいは重要視されていて、禁煙車と喫煙車を分けて再販売するほどです。タバコのにおいが取れない場合は、喫煙車として売却するしかありません。タバコ以外のにおいがする場合は消臭剤などを使ってにおいを消し、査定額が下がらないようにしましょう。

課税前に手放す

軽自動車は、毎年4月1日を基準に軽自動車税が課税されます。この軽自動車税は1年分を前払いする必要があり、4月になってから車を売却してしまうと軽自動車税を余計に支払うことになってしまうので注意が必要です。

普通車も同様に4月1日に自動車税が課税されますが、普通車には月割りで還付してくれる制度があります。しかし、軽自動車には還付がないので大きく損をしてしまうのです。そのため、軽自動車を売却するなら4月になる前に売却した方が良いでしょう。3月ギリギリだと混み合っているため、早めに行動することをおすすめします。

複数の買取店を比較する

高額買取を目指すなら、複数の買取業者に査定を依頼する方法がおすすめです。車の査定はどの買取店も同じような金額になるわけではなく、買取店ごとに経営方針や仕入れたい車種が違うために査定額にばらつきが出ます。

そのため、複数の買取店に査定を依頼して査定額を比較することで高額査定につながるのです。相見積もりを取って、複数社を競合させることで買取価格を通常より引き上げられる可能性があります。

軽自動車を中古車買取業者に売る時の流れ

軽自動車を中古車買取業者に売る時の流れ

軽自動車を中古車買取業者に売る時、必要書類を準備してから査定依頼をした方がスムーズに売却手続きが進むでしょう。ここからは、軽自動車を売却するために必要な書類と売却する手順についてご紹介します。初めて車を買取業者に売却するという方はぜひ参考にしてください。

軽自動車を売却するために必要な書類

軽自動車を売却するために必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車税の納税証明書
  • リサイクル券

また、売却の契約をするために印鑑と振込口座情報も準備しておきましょう。これらを揃えてから査定依頼をすると、車を本気で売りたいというアピール材料になりますし、なにより売却手続きがスムーズに進むのでおすすめです。

軽自動車を売却する手順

軽自動車を売却する手順は以下の通りです。

  1. 1.査定を依頼する
  2. 2.査定を受ける
  3. 3.契約書を記入する
  4. 4.入金の確認

1は、買取店に直接行って査定依頼する方法と、ウェブサイトで査定依頼する方法があります。買取店に直接行く方法だとやや手間がかかるので、忙しい方はウェブサイトで査定依頼をしても良いでしょう。

2は、買取店で査定を受ける方法と、出張査定をしてもらう方法があります。査定自体はおおむね30分程度で終わるでしょう。

3は、契約書に署名や捺印をして、担当者の指示を受けながら手続きをすれば完了です。契約書の内容にはしっかり目を通したうえで、サインするようにしましょう。

最後に、買取店に車を引き渡したのちに準備しておいた口座に入金されているかの確認をしましょう。買取店によって入金までかかる日数が違うので、契約前に確認しておくと安心です。

買取カービューで軽自動車を中古車相場よりも高価を目指そう!

買取カービューで軽自動車を中古車相場よりも高価を目指そう!

中古車の売却方法や業者探しで悩んでいる方は、買取カービューで軽自動車の買取相場を確認し、そこから見積もりを依頼する方法がおすすめです。ここからは、買取カービューの愛車無料一括査定サービスが軽自動車の高値売却に向いている理由をご紹介します。

買取相場を見てみよう

買取カービューなら車種やメーカーを指定して現在どのくらいの値段で査定されているのかが分かります。たとえば、ホンダ N-BOXなら査定相場が84.0~116.0万円、年式が2017年/平成29年、走行距離が20,000㎞(2022年3月11日現在)です。この査定相場を基に査定を依頼すると、買取業者から買い叩かれるような事態を避けられるでしょう。

ただし、所有している車の状態によっては査定相場よりも実際の査定額が下がる場合もあるので、あくまで参考として考えておいてください。

見積もりを依頼してみよう

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、一度に最大10社まで査定依頼が可能です。これまでの利用実績は450万人以上に利用されていて、中古車買取サービスの業界ではトップクラスの実績を誇ります。

また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟している点もポイントです。JPUCでは、加盟する買取店に対しガイドラインを制定しており、車を売りたいという方に安心して手続きをしてもらえるよう取り組んでいます。そのため、JPUCに加盟している買取カービューなら安心して車の売却手続きが可能です。

まとめ

まとめ

軽自動車は人気が高く、買取の傾向も良好です。性能も上がっており、安全装備も充実してきました。買取相場は、車種や走行距離、オプション品の装着の有無などにより変動しますが、高値で売却するためのコツを押さえることで、納得のいく査定額を目指せるでしょう。

少しでも高値を引き出すために、まずは買取カービューで買取相場を調べてみてください。そのうえで買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用していただくと、相場以上の価格を引き出せる可能性が高まります。申し込みもウェブから最短45秒で可能です。ぜひご利用してみてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ