現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 10万キロ越えの中古車の買取相場は?走行距離以外の査定ポイントも解説

査定ガイド

10万キロ越えの中古車の買取相場は?走行距離以外の査定ポイントも解説

10万キロ越えの中古車の買取相場は?走行距離以外の査定ポイントも解説

車は10万km超えで売れなくなる、と言われた経験のある方もいるのではないでしょうか。多走行車は故障リスクが高く、走行性能に問題があるケースも多いことが理由です。しかし、現在は考え方が少し変わってきており、10万km超えの車でも買取されている実績が増えています。
この記事では、10万km越えの中古車の買取相場について解説します。車の買取相場は、走行距離以外のポイントも関係してくるため、この機会にどのような点が査定で重要視されるのかを整理してみましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

10万キロを超えた中古車は売れるの?

10万キロを超えた中古車は売れるの?

10万kmが車の寿命だと考えてしまい、買取に出すのを諦める方もいるでしょう。中古車は10万kmを超えると故障のリスクが高まるのは事実です。ただ近年では状態が良ければ、中古車として再販したり、部品を取り出して再販したりしてくれる買取業者が増えています。

ここでは10万kmを超えた中古車が売れる理由について解説しますので、愛車の売却を検討する際の参考にしてみてください。

10万キロ超えでも車の寿命ではない

10万km越えの車は、ショックアブソーバーやウォーターポンプ、オルタネーターなどが消耗しているため、車の交換のタイミングとしては最適です。ただし、これが車の寿命とイコールではない点に注意しましょう。

上記のような部品を交換し、車検や点検をしっかりと受けてメンテナンスが行き届いている車であれば、10万km越えでも寿命を迎えるとは限りません。また、現在の車は耐久性が優れているので、状態の良い車であれば買取業者も価値を認めてくれるでしょう。

部品の交換時期を迎える

10万kmに達すると、エンジンの補機類や足回りの部品が交換時期を迎えます。一例と費用の目安は以下の通りです。車種や使用する部品、整備工場が設定する工賃などで変動する点はご了承ください。

  • オルタネーター:2万円~5万円
  • A/Cコンプレッサー:3万円~
  • ラジエーター:2万円~5万円
  • タイミングベルト:2万円~5万円
  • イグニッションコイル:3万円~5万円

買取の価値は3パターンある

10万km越えの中古車は、3つの理由から買取してもらえます。まず、走行性能に問題がない中古車は再販できるため買取可能です。特に海外への販路がある買取業者を選べば、日本で需要が低い車でも高価買取してもらえるケースも珍しくありません。

また、車両本体が再販できなくても、部品やパーツが評価されたり、鉄くずにして資源としての価値を評価してもらえたりします。高値が付くこともあるので10万km越えの中古車でもまずは買取業者に査定依頼をしてみましょう。

10万キロ以上走った中古車の買取相場に影響する項目とは?

10万キロ以上走った中古車の買取相場に影響する項目とは?

10万km以上走った車の査定額が必ずしも下がるわけではなく、走行距離以外にも査定額に影響する項目があります。走行距離と密接な関係にある年式をはじめ、それ以外にもいくつかある項目を整理しておきましょう。ここでは10万km以上走った中古車の買取相場に影響する項目について解説します。

車の年式

車の買取相場に大きく影響する要素の一つとして、「年式」があります。車両の経年劣化の度合いを判断できるため、年式と走行距離の関係性は非常に重要です。

たとえば、10万km以上走った車であっても高年式(年式が新しい)であれば、査定額が上がる可能性があります。反対に低年式(年式が古い)の車を買取してもらうなら、10万kmに到達する前に売却した方がより高い査定額になるでしょう。10万kmの車を買取してもらう場合は、年式の確認をしておくことをおすすめします。

内装・外装の状態は問題ないか

車の買取相場には内装や外装の状態も加味されますが、いずれも状態が良ければ査定に有利です。内装は、きれいに清掃されていたり車内のにおいが無臭に近かったりすれば、基本的に減額されにくくなります。

外装は、車種やグレード、修復歴、人気のあるボディカラーなのかといった点がポイントです。特に白や黒といったボディカラーは人気が高いため比例して査定額が上がりやすく、傷やへこみのない車であればなおさら高い査定額になります。

タイヤがどれくらい消耗しているか

10万km以上走行している車の場合は、タイヤの消耗具合も気になるポイントです。特にタイヤの溝の深さが1.6mm未満だと「スリップサイン」が出てしまうため、車検に出しても通りません。

スリップサインが出るとタイヤの交換が必要となるので、その分費用がかかることが予測され、査定では減額の対象となります。中古車の買取相場はタイヤの状態も影響するので、傷や変形している箇所がないか、タイヤ表面の状態を事前に確認しておくと良いでしょう。

車検の残り期間がどれくらいか

中古車の買取相場には車検の残り期間も影響します。車検の残り期間が長いほどプラス査定され、特に1年以上車検期間を残していれば大幅な査定額アップも期待できるでしょう。

一方で車検切れが近い場合は、プラス査定になりません。JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の車検残加点によると、4か月以上車検期間が残っていなければ加点対象とならないのです。あらかじめ車検証や車検シールを見て残りの車検期間を確認しておきましょう。

純正オプションがあるか

純正オプションは任意で車に取り付けられる装備品のことで、メーカーオプションは購入後に取り付けができない装備品のことです。後付けが原則不可なので、メーカーオプションは高く評価されやすい傾向にあります。サンルーフやルーフレール、安全機能などがメーカーオプションです。

その他、社外品でもディーラーオプションであるカーオーディオなど、査定時に有利となるオプションも存在します。純正オプションを中心に、どのような装備が高価買取されているのか事前に確認してみましょう。

10万キロ以上走った中古車を相場よりも高く売るコツとは?

10万キロ以上走った中古車を相場よりも高く売るコツとは?

10万km以上走った中古車の買取では、車にとって重要な走行性能以外に、外観などの状態までくまなく確認されるでしょう。査定額を少しでも高くしたい場合は、査定士が実際の査定でチェックするポイントを押さえておくと有利になります。

ここでは、10万km以上走った中古車を相場よりも高く売るコツについて解説しますので、査定依頼前に確認してみてください。

1. 車を可能な範囲できれいにする

車がきれいな状態であれば、これまで大切に使用されてきたという印象を与えられます。洗車や内窓の拭き掃除などを中心に行うだけでも、査定に与える印象は大きく変わるでしょう。

また、車内にはペットやたばこのにおいが残りやすいので注意が必要です。においがきつい場合は、車内の換気や無香料の消臭剤を使用して、次のオーナーが気持ちよく使えるように配慮するようにしましょう。

2. 社外品で査定額アップが狙えることも

査定では社外品よりも純正オプションの方がより高く評価されますが、それはほとんどの車に付いている標準装備品の場合に限ります。一方で社外品の中には、プラス査定が狙える可能性がある装備も存在し、以下のような特徴があります。

・車の見た目を損なわない装備であるか
・高額でかつ人気の高い装備であるか

10万km以上走った愛車に、このような社外品を取り付けている場合は、査定士に対して積極的にアピールしてみましょう。

3.整備点検記録簿は忘れずに!

10万km以上走った車は、その安全性能に問題がないことを証明する必要があります。整備点検記録簿があれば、車検時の法定点検の記録もすぐに分かるので、査定士が車を買取する際の判断材料として役立つでしょう。

整備点検記録簿はメーカー保証書と一緒に、メンテナンスノートとして保管しているケースが多くなっています。万が一紛失した際は、メンテナンス不足の車と思われるかもしれないので、高価買取を目指す方は必ず揃えてから査定に臨みましょう。

10万キロ超えの中古車は店舗選びで相場よりも高く売ろう!

10万キロ超えの中古車は店舗選びで相場よりも高く売ろう!

10万km越えの中古車の買取査定額をさらに高くしたい場合は、買取店選びに注力しましょう。査定額は店舗ごとに異なるため、最高額での買取を実現するには、複数の買取店の見積りを集めて比較する工程が欠かせません。ここでは10万km越えの中古車を相場より高く売る方法について解説します。

査定額重視なら下取りではなく買取へ

車の買取で査定額を重視するなら、下取りよりも買取の方がおすすめです。ディーラーの下取り車種は特定のメーカーが中心ですが、買取では車種や年式に関わらず買取してくれるのが利点です。

また、人気の高いオプションやオークションからの在庫の仕入れで浮いた費用も、買取価格に反映してくれるでしょう。買取業者は再販以外の選択肢も豊富に持っているので、10万km越えの車を高く売るなら、まずは買取業者への査定依頼をするのがおすすめです。

買取業者間の査定額を比較しよう

車の買取で査定額を上げるには、相見積もりを取ることがポイントです。1社しか見積りを依頼しなかった場合、提示された査定額が適切なのか分からず、査定額が最高額かの見当も付きません。

その点、複数の買取業者の査定額を比較できれば、買取業者間の査定額も競わすこともでき、高価買取も実現しやすくなるのでおすすめです。

10万キロ超えの中古車は一括査定で高価買取を目指そう

10万キロ超えの中古車は一括査定で高価買取を目指そう

相見積もりは車の高価買取のセオリーですが、各買取業者に個別に連絡する必要があり、多忙な方には難しいでしょう。しかし、他にも相見積もりが取れる手段はあるので、ご安心ください。

ここでは、10万km越えの中古車の高価買取が目指せる一括査定サービスの特徴を紹介し、carview!中古車一括査定サービスの強みについて解説します。

一括査定サービスなら手軽に比較ができる

忙しいけど愛車を高く売りたい場合には、一括査定サービスの利用がおすすめです。一括査定サービスなら、複数店舗の見積もりを取る時間がない方でも、手軽に相見積もりを取れます。一回の情報入力を行うだけで複数買取業者の査定依頼ができ、各社の査定後、より高い査定額を提示してくれる買取業者を選ぶだけです。

CARVIEW!中古車一括査定サービスなら、車両情報の入力がたったの4項目(メーカー、モデル、年式、走行距離)で最短45秒と、簡単に査定依頼が可能です。

carview!車買取なら豊富な業者から比較できる

carview!車買取には査定依頼可能な買取業者が300社以上存在し、その中から最大10社までの見積り比較ができます。受け取った見積りの中から、最終的に査定を受ける会社も選択できるので、高価買取してくれる買取業者をスムーズに探すことが可能です。

10万km越えの中古車の買取なら、大手買取や車の販売店、専門店といった豊富な買取業者から比較できる、carview!中古車一括査定サービスをご利用してみてください。

まとめ

まとめ

10万km以上走った車も以前までと比べると、再販したり、部品やパーツ、資源として買取したりと、さまざまな目的で価格が付けられるケースが増えてきています。高額査定を狙うなら、下取りではなく中古車買取業者による買取を検討してみてください。

そして、10万km以上走った中古車を少しでも高く買取してもらうなら、一括査定サービスの利用がおすすめです。特にcarview!中古車一括査定サービスなら、最大10社の見積りが比較でき、最高額での売却先もすぐに見つかるので、この機会にぜひ試してみてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ