現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 中古車の査定表とは?記載項目や見方と査定相場の調べ方

査定ガイド

中古車の査定表とは?記載項目や見方と査定相場の調べ方

中古車の査定表とは?記載項目や見方と査定相場の調べ方

中古車の買取において「査定表」という書類があるのをご存じでしょうか。査定表は査定額を決める上でとても重要な書類です。買取業者間でも、査定表を元に取引が行われています。
この記事では、査定表の役割や記載項目、記号の見方などを分かりやすく解説します。加えて、プラス査定につながるコツも紹介しますので、これから車を売却しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車の買取には査定表がある!

中古車の買取には査定表がある!

中古車の買取において「査定表」という書類が存在し、とても重要な役割を担っています。査定時に使用され、車の状態をチェックし記録することが可能です。ここでははじめに、査定表の用途や記載項目などの基本的な部分を解説しますので、ぜひ目を通してみてください。

中古車査定表ってどんなもの?

「中古車査定表」は、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が実施する「中古自動車査定士技能検定」に合格したプロの査定士が中古車を査定し、その結果を記したものです。査定表には車の状態が細かく記載されています。

査定表を作成するタイミングは、中古車を取り扱う業者が買取を行う時や、「オートオークション」に中古車を出品する時です。特にオートオークションの場合は必ず査定表が添付されています。内装や外装などの基本的な情報や、傷や腐食の詳細な情報まで記載されているため、中古車販売店やディーラーが仕入れを行う際の参考になるのです。

どんなことが記載されているの?

買取店やオークション団体によって使用する査定表のフォーマットは多少異なりますが、基本的な項目は同じです。大まかに分類すると、車両情報、評価、車両図、コメント欄に分けられます。

主な評価項目は、「総合評価」「外装評価」「内装評価」「修復歴の有無」となっています。項目ごとに評価基準があり、車の状態を記録できる形式です。とくに外観については、車両図に書き込むことで細かくチェックできるようになっています。それぞれの評価項目の詳しい内容については後述するので、ぜひ参考にしてみてください。

査定表を作成する理由とは?

中古車はさまざまな状態の商品が流通しており、中にはパーツ交換が必要な中古車や、修復歴がある中古車も存在します。「状態の良い中古車だと思って高額で購入したら事故車だった」といったケースは避けたいところです。

そのため中古車販売店やディーラーでは、中古車の買取判断や価格設定を正しく行うことが重要となります。そこで役に立つのが査定表です。査定表はJAAIによる明確な基準の基に作成されるため、見れば車の状態が正確に分かります。また、査定表があることで実車を見なくても車両の状態を把握できるため、中古車の取引において重要な判断材料とされているのです。

中古車の査定表に記載される評価点の違い

中古車の査定表に記載される評価点の違い

査定表には数字とアルファベットで「評価点」が記載されています。一見難しそうに感じるかもしれませんが、基本が分かれば内容を把握することはとても簡単です。それでは、評価点の基準や見方について紹介します。

総合評価点の基準

査定表にはさまざまな数字や記号が記入されています。その中でも特に重要となるのが、用紙上部にある「総合点」の欄です。ここに記されている点数により、車に深刻な問題があるか否かが判断できるようになっています。

評価点は高いものから順番に「S」「6」「5」「4.5」「4」「3.5」「3」「2」「1」「RA」「R」「×」で表されます。Sは新車と同レベルという最高評価です。一方、2点以下の車はかなり低品質であることが予想され、RA以下は修復歴車も多くなります。よほどその車種にこだわりがある、といったケース以外は手を出さない方が無難です。

中古車市場では、評価点4.5以上が優良な車とされています。一つの目安として覚えておくと良いでしょう。

内装評価点の基準

「内装評価点」は中古車の内装に対する状態レベルを評価したものを指します。高いものから順番に「S」「A」「B」「C」「D」「E」の6段階で記載されており、Sは新車と同レベル、逆にEは相当な修理費用がかかってしまうといったケースがほとんどです。内装評価点は車内のシミや汚れ、においなども評価の対象となります。

評価点の基準は以下の通りです。

  • S:新車と同レベル
  • A:修理不要・修理の必要性が低い小さな傷
  • B:傷みがあるが簡単な修理で済む
  • C:傷みがあり修理が必要
  • D:傷みがあり大がかりな修理が必要(部品の交換が必要な場合、異臭がある場合など)
  • E:全体にわたり大がかりな修理が必要

外装評価点の基準

「外装評価点」は中古車の外装に対する状態レベルを評価したものです。査定表のフォーマットによっては、外装評価点が記載されていないケースもあります。外装の傷や凹みを評価対象として「A」「B」「C」「D」「E」の5段階で記載されています。

評価点の基準は以下の通りです。

  • A:修理不要・修理の必要性が低い小さな傷
  • B:傷みがあるが簡単な修理で済む
  • C:傷みがあり修理が必要
  • D:傷みがあり大がかりな修理が必要
  • E:全体にわたり大がかりな修理が必要

中古車の査定表は車両図で外装の詳細な状態が分かる

中古車の査定表は車両図で外装の詳細な状態が分かる

外装の状態は、査定表の「車両図」を見ることでより詳しく把握することが可能です。ここでは車両図とはどういったものなのか、また車両図に使われている記号の意味を解説します。

中古車査定における車両図とは?

中古車査定表の「車両図」とは、傷や凹み、変色といった不具合の状態やその大きさを記載したものです。たとえば、「外装の評価点がB」となっていても、具体的にどこに問題があってB評価なのかは分かりません。そこで車両図を見て「どうしてこの評価点になったのか」を確認します。

車両図は外装評価点をさらに詳細に表したものと考えると、分かりやすくなるでしょう。次に紹介する「記号」が分かっていれば直感的に判断できます。

車両図に記載されている記号の意味

車両図の記号は、アルファベットと数字が組み合わされた形です。不具合の状態がアルファベット、不具合の深刻度が数字になります。オークション団体や買取業者によって記号や内容が若干異なることもありますが、おおむね同じです。記載されている記号の意味については以下を参考にしてみてください。

  • A:傷
  • C:腐食
  • E:えくぼ
  • S:錆
  • U:凹凸、ずれ
  • W:補修痕
  • X:部品の交換が必要
  • XX:部品の交換済み
  • Y:割れ、ビス穴

中古車の査定相場を調べよう

中古車の査定相場を調べよう

中古車を購入する際はもちろん、買取に出す際にも、事前に査定相場を調べることはとても重要です。ここでは、中古車の査定相場を調べる方法と、査定額アップにつながるポイントを紹介します。

査定額はどうやって決まっているの?

中古車の査定額には、車種・グレード・ボディカラー・年式・市場トレンド・走行距離・季節・地域など、さまざまな要因が関わってきます。査定士がこれらの項目を細かくチェックし、相場価格と車の状態を比較して最終的な査定額が決定されるのです。

たとえば、白・黒・シルバーなどの人気が高いボディカラーの車は、パステル系や原色系などの人気が低いカラーの車と比較すると、プラス査定になりやすい傾向があります。地域的な需要の例を挙げると、SUVなどは暖かい地域では需要が低い傾向にありますが、豪雪地帯では需要が高いため、比例して他の地域よりも査定相場が高くなるのです。

査定相場を調べる方法

査定相場を調べる手段は、以下の3つの方法があります。

1.インターネットで調べる
一番手軽な方法ですが、調べた結果はあくまでも「おおよその目安」であることを考慮する必要があります。

2.実際に店舗で査定してもらう
査定士が詳しく状態をチェックし、適正な価格を提示してくれるでしょう。ただし、複数の店舗に査定を依頼して回るのは手間と時間がかかります。

3.一括査定サービスを利用する
一括査定サービスとは、一度の申し込みで複数の買取業者に査定依頼ができるサービスです。自宅にいながら相見積もりを取れるのと同時に、相場価格も把握できるのが大きなメリットといえます。

査定額をアップするポイント

ここでは、査定額アップにつながるポイントをいくつか紹介します。これから車を売ろうと考えている方はぜひ参考にしてください。

1.中古車需要が高まる時期に売る
1~3月または7〜9月は、中古車が高く売れやすい時期とされています。春は新生活に向けて、夏はボーナスや転勤をきっかけに車を購入する層が増えるからです。買取業者はこの需要に応えるため、在庫を多く確保したいと考えます。したがって、他の時期よりも査定額が上がりやすいでしょう。

2.査定前に車をきれいにする
車をきれいにすれば必ず査定額が上がるというわけではありませんが、査定士に好印象を与えます。査定前には洗車し、車内も掃除機掛けや換気・消臭をしておきましょう。

3.純正オプションをアピールする
メーカーやディーラーの純正品オプションは後付けができないため、付いていれば査定額アップにつながります。社外品を後付けしている場合は、取り外した純正品を持参するようにしましょう。

4.メンテナンスノートを用意する
メンテナンスノートは、「点検整備記録簿」と「メーカーの保証書」がセットになったものです。メンテナンスノートを見れば今までの整備状況が確認できる上に、しっかりとメンテナンスされているという証明にもなります。中古車のコンディション確認に役立つため、査定額アップにつながる書類です。

carview!中古車一括査定サービスで高価買取を目指そう!

carview!中古車一括査定サービスで高価買取を目指そう!

carview!車買取は、これまでに約500万人以上が利用し、確かな実績があります。また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、協会と連携してサービスを提供しているため、査定の基準や相場がよく分からないという方でも安心して利用可能です。ここでは、carview!中古車一括査定サービスのメリットを紹介します。

複数の査定業者を比較できる

carview!中古車一括査定サービスは、手軽に複数社の査定額が比較可能です。一括査定サービスを利用することで、買取業者に競争心理が働き、より高い査定額を引き出せる可能性があります。

carview!車買取では、一度の申し込みで最大10社の買取店に一括査定依頼が可能です。提示された査定額の中から一番高い査定額を提示した買取店を選べば、簡単に最高値で愛車を売却できるでしょう。

幅広い車両状態に対応している

carview!車買取の提携している査定事業者数は300社以上あり、おなじみの大手から専門店まで幅広く網羅している点も強みです。

通常の車両だけでなく、事故車や不動車の買取に対応している業者もいます。事故や災害で動かなくなった車は、廃車にするしかないと思う方も多いかもしれません。しかし、廃車の手続きには手間と費用が思った以上にかかります。carview!車買取の「事故車一括査定サービス」を使うことで、不動車にも驚くような値段が付くこともあるでしょう。

さらに、carview!車買取はトラック・バス・建機買取などの商用車買取にも対応しています。不要な車両の処分に困っている方は、carview!車買取でお得に車を売却しましょう。

まとめ

まとめ

中古車の買取査定において「査定表」はとても重要な役目を担っている書類です。評価基準や記号の意味を知ることで、車の状態を正しく把握できます。また、車を少しでも高く売りたいなら、事前に査定相場を調べることと、複数の買取業者に査定依頼を出して相見積もりを取ることがとても重要です。

carview!中古車一括査定サービスを利用すれば、初心者の方でも簡単に高価買取が目指せます。愛車の売却を考えている方は、ぜひcarview!車買取で相見積もりを取ることを検討してみてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ