査定ガイド

中古車査定に走行距離はどう影響する?より高値で売るコツも紹介!

中古車査定に走行距離はどう影響する?より高値で売るコツも紹介!

中古車を査定に出す時に気になるのが走行距離です。走行距離が多すぎると価値が下がってしまうのはご存じかと思いますが、逆に少なすぎても価値が下がるケースがあることもご存じでしょうか。中古車を査定に出す時は、年式と走行距離が釣り合う状態であることが大切です。
この記事では、中古車の査定と走行距離がどのように関係してくるのかをご紹介します。査定額を上げるポイントについても解説しますので、中古車を査定に出す予定のある方はぜひご覧ください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の走行距離は査定に影響するの?

車の走行距離は査定に影響するの?

中古車の走行距離は査定に影響します。多すぎても少なすぎても査定額が下がる原因となるため、年式と走行距離が釣り合う状態にすることが大切です。ここからは、そもそも走行距離とはなんなのか、走行距離が査定にどのように影響するのか関係性について解説します。

走行距離とは?

走行距離とは、車の査定時に重要になる項目の一つで、一般的に10万kmが一つの節目とされています。車の価値を計るために使用され、10万km以外にも、3万、5万、7万kmなど査定金額が変化するとされる節目の走行距離があります。

この走行距離は車のオドメーターで確認可能です。オドメーターはリセット不可能で、車が完成してから現在に至るまでの総走行距離が分かる仕組みになっています。他にも、リセット可能なトリップメーターというものがあり、現在地から目的地までの距離を測る目的で使われることが多い機能です。

走行距離と査定の関係性

一般的に車は1年で1万km程度の走行距離が目安とされていて、1万kmを超えると査定時に減点される場合があります。なお、軽自動車の場合は1年で8,000kmが目安です。車は3万km、5万km、10万kmを基準に査定額が下がるとされていて、5万kmを超えると「多走行車」、10万kmを超えると「過走行車」と呼ばれます。

査定で価値が下がる車の走行距離の目安とは?

査定で価値が下がる車の走行距離の目安とは?

査定額が下がる傾向が強くなる走行距離の目安は、5万km、10万kmを超える場合です。ここからは、どれくらいの年式・走行距離の車が高く査定されやすいのか、また、5万kmや10万kmを超えるとなぜ価値が下がりやすいのかについて解説します。

5万kmを超える場合

中古車を買う方から人気なのが5年落ち・5万km以下の中古車です。そのため、それ以上の車になってしまうと需要が下がり、比例して査定額が下がります。5万km以上の走行距離があるというのは、ある程度の長距離を走っている証拠になり、購入者に与える印象が悪くなる傾向があるのです。

印象以外にも、長距離を走ったことにより不具合が発生する恐れがあるため、5万kmを超えてくると査定額が下がってしまうのです。

10万kmを超える場合

車は10万kmを超えてしまうと「寿命」とされ、車種によってはほとんど価値が付かなくなってしまいます。買取業者に査定を依頼しても、高い値段が付くことは少ないでしょう。10万kmを超えるとエンジン周辺機器や足回りの部品など、高額な修理が発生する可能性が高まっており、乗り続けるには維持費がかかるためです。

しかし、海外に販路を持っている買取業者であれば10万km超えの中古車であっても買い取ってくれる可能性があります。買取業者以外に、ディーラーに下取りを依頼する方法もありますが、値段が付かないことも多く、廃車にするにも手数料がかかるのでおすすめできません。

車の査定額に影響する走行距離以外の要素

車の査定額に影響する走行距離以外の要素

走行距離の他にも、年式や修復歴の有無などさまざまな要素が影響して中古車の査定額が決まります。ここからは走行距離以外の要素について解説しますので、どのような車が高額査定となるのか、またどのような車がマイナス査定を受けるのかをチェックしてみてください。

年式

車は1年間に1万km走っているのが適切な走行距離とされていて、1万kmで1年落ち相当の価値と考えられています。そのため、10年間で走行距離が5万kmと途中で放置されていたり、2年間に5万km走り多走行だったりすると、査定額が下がることになります。

また、新車購入してから13年経過すると自動車税や重量税の負担が増え、長期間の使用により部品の交換なども必要になるので、査定に大きく影響します。年式が新しいから高く査定されるのではなく、年式と走行距離が釣り合っている状態が高額査定のポイントとなることを覚えておきましょう。

修復歴の有無

修復歴のある車は、自動車の骨格部分に大きな損傷があったか、骨格部分を修理した車のことです。骨格部分を損傷してしまうと査定額が下がってしまうことは避けられません。

修復歴があることで査定額が0円になってしまったり、廃車にせざるを得なくなったりします。修復歴のある中古車は査定額が少額でも、価格が付けば御の字と考えておいた方が良いでしょう。

車の人気度

中古車を査定に出す時、その中古車が人気車種なら高額査定を期待できます。もし年式が古い車だったとしても市場で価値があれば、他の車と比較して高値が付きやすい傾向にあるのです。

ジャンルを挙げると、ステーションワゴン・ミニバン・SUVなどが人気となっています。これらのジャンルは性能や使い勝手の良い車種が多く、さらにハイブリッド車であれば維持費が比較的安く済むため人気です。

車のコンディション

査定をする上で、車のコンディションも重要なポイントです。外装に傷やへこみが少なくきれいな状態だったり、内装に純正オプションが搭載されていたりするとプラス査定になりやすい傾向にあります。

ただし、ボディの大きめのキズやへこみ、色褪せなどはマイナスポイントです。内装でも損傷やたばこ・ペットのにおいがあると買取額は下がってしまいます。

エンジンルームにおいては、オイル漏れや水漏れがないか、オイル交換は定期的にされているかなどが見られるでしょう。このように、車のコンディションは査定において重要な項目なのです。

走行距離が多い車の査定額を上げる6つのポイント

走行距離が多い車の査定額を上げる6つのポイント

既に1年で1万km以上走っていたり、5万kmや10万km以上走っていたりすると査定額が下がるとお伝えしてきました。しかし、現時点で走行距離が多くても車を売却する時はなるべく高く売りたいと思う方が多いでしょう。そこでここからは、中古車の査定額を少しでも上げるコツについて解説します。

まずは買取相場をリサーチする

査定前に愛車の買取相場を調べておくと業者との交渉材料になります。逆に買取相場を調べておかないと、相場よりも安い値段で買い叩かることになるかもしれません。また、買取相場を把握しておくと、車を本気で売りたいと思っていると印象付けることもできます。

なお、査定額が相場より低かったとしても、車の色やオプション装備といった愛車の魅力をアピールすることで相場価格に近づけることも可能です。

車の売り時を逃さない

中古車の買取相場は常に一定というわけではなく、時期によって変化します。中古車の需要が高まりや買取業者の決算期などが重なる1~3月、7~9月が売り時です。高額査定を狙うなら売り時を逃さないようにしましょう。

他にも、自動車税の課税前や愛車のモデルチェンジ前などの時期に車を買い取ってもらうのも効果的です。また逆に、何かと出費がかさむ年末や、自動車税が課税されてすぐの4月は買取相場が低くなってしまいます。

メーター交換時は記録簿を用意する

メーター交換時に記録簿を取っておかないと査定に影響してしまいます。記録簿があればメーター交換車として買い取られますが、なければメーター改ざん車として扱われることがあるので注意が必要です。中古車の売買において走行距離は重要な指標なので、正確な情報でないと、査定では不利となります。

なお、最近の車のメーターはデジタル化されているので改ざんはほぼ不可能ですが、アナログの車だと改ざんが可能です。アナログの車のメーターを交換する時は、なおさら記録簿を用意した方が良いでしょう。

付属品一式やオプションを揃えておく

査定時までには、車を購入した時に付属していたスペアキーや車の取扱説明書、メンテナンスノートなどを準備しておきましょう。また、車をカスタムしている方に関しては、カスタムパーツは基本的に評価されにくいため、純正パーツも揃えておくことをおすすめします。

車両状態の良い車

ただし、交換費用に対して査定額がプラスにならないことが多いため、査定前に純正パーツに交換する必要はありません。

カーナビや自動ブレーキなどのオプション装備があると高額査定されやすいので、査定士にアピールするようにしましょう。

中古車一括査定を行う

中古車一括査定サービスは、一度の申し込みで複数の買取業者に査定が依頼できるサービスです。実際に店舗で査定を依頼しようとすると複数の店舗を回るのに手間がかかってしまいますが、一括査定サービスならその手間が大幅に省けます。

また、提携している買取店が多いほど、愛車に価値を見出してくれる店舗を見つけやすく、高額査定になりやすい点も中古車一括査定サービスのメリットです。

修理はせずにそのまま査定を受ける

もし、車が傷付いていたり凹んでいたりしてもそのままの状態で査定に出すことをおすすめします。なぜなら、修理したとしても、修理にかかった費用以上に査定額が上がることはあまり見込めないためです。

海外需要の高い車

海外輸出を専門に行っている車買取店もあり、中には独自の販売ルートとして中南米やアフリカへ輸出を行っている買取業者も存在します。海外需要の高い車を対象に買取してくれるので、愛車が海外で人気の車種なら高価買取が期待できるでしょう。

自分で修理すれば費用を抑えて高額査定になるのではと思うかもしれませんが、仕上がりが不自然になってしまう恐れがあるのでやめておきましょう。査定前は、洗車をしたり内装を掃除したりしてなるべくきれいな状態にしておくだけで十分だといえます。

車の買取査定で走行距離に関わる注意点とは?

車の買取査定で走行距離に関わる注意点とは?

車の査定を受けることは、多くの方がそう頻繁に経験しないでしょう。注意点を把握しておくことはとても重要です。たとえば、査定してから車両を引き渡すまでは、車を慎重に扱わなければなりません。また、低走行車でもメンテナンスが重要です。ここでは、これらの理由について解説します。

査定後はなるべく走行距離を増やさない

査定後に納得できたら買取となりますが、この査定後から買取までの間はなるべく車を利用しないようにした方が良いでしょう。なぜなら、買取までに走行距離が増えすぎると査定額に影響する場合があるからです。

また、査定後から買取までの間に車を利用して事故を起こしてしまうと査定額の減額や最悪の場合は買取拒否されることも考えられます。以上の点から、査定時の金額を維持して買い取ってもらうために、なるべく走行距離を増やさない方が良いと言えるのです。

低走行車もしっかりメンテナンスしておく

低走行車でもメンテナンスをしていないと、査定でマイナスの影響を与えることがあります。使用状況によって、エンジンにダメージを負っていることがあるためです。実は自動車のエンジンは、1回の走行で走る距離が少ないと、エンジンオイルの劣化が早まってしまいます。したがって、買い物程度の使用でも、定期的なオイル交換が必須なのです。

また、低走行車の中で長期放置されているケースも、査定額は下がってしまいます。ゴム部品の硬化や塗装の劣化、ボディの腐食などを招いている事があるためです。少なくとも1週間に1回は30分程度走らせたほうが良いでしょう。このように、低走行車でもメンテナンスを定期的に行うことをおすすめします。

走行距離の査定への影響が気になる車はcarview!車買取を活用しよう!

走行距離の査定への影響が気になる車はcarview!車買取を活用しよう!

もし、所有している車が過走行車や低走行車で、査定額への影響が気になる場合はcarview!車買取の利用をおすすめします。ここからは、carview!中古車一括査定サービスを利用するメリットについて解説します。高値での売却を見込めるので、ぜひご覧ください。

一番の老舗で豊富な利用実績

carview!車買取は、業界の中で最も早く中古車一括査定サービスを開始した老舗であり、利用実績も500万人以上と豊富です。また、carview!中古車一括査定サービスを利用する際に個人情報を入力する必要がありますが、個人情報の取り扱いについてもしっかり明記しているため安心して利用できます。

他にもJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しており、協会と連携することで、ユーザーが中古車を安心して取引できるよう取り組んでいます。

幅広い提携先

2022年現在、carview!車買取はJPUC加盟店や適正買取店などと提携をしており、その数は300社以上です。提携先の買取店は、大手の買取業者から地域密着型の買取業者までさまざまあり、あなたの車の買取を得意としている買取業者が見つかるでしょう。

carview!中古車一括査定サービスでは、1度に最大10社へ査定のお申し込みができます。また、申し込み方法も簡単で、車両情報は「年式」「モデル」「走行距離」「メーカー」の4つを入力するだけです。無料なので、気軽に利用してみてください。

まとめ

まとめ

今回は車の走行距離が査定にどんな影響をおよぼすのかについてご紹介しました。過走行車や過少走行車など、走行距離が多すぎても少なすぎても査定額が下がる原因となってしまいます。そのような場合は、前述した6つのポイントを参考に査定の準備をして、その上で一括査定サービスを利用すると良いでしょう。

納得できる査定額を導き出すために、carview!中古車一括査定サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。手間は最小限で、高額査定を見込めます。ぜひ気軽にお申し込みください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営するLINEヤフー株式会社が提供しています。LINEヤフー株式会社のカービューサービスは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP