現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 査定ガイド > 10年落ちの中古車買取相場を調べよう!高く売れるケースや高価買取のコツ

査定ガイド

10年落ちの中古車買取相場を調べよう!高く売れるケースや高価買取のコツ

10年落ちの中古車買取相場を調べよう!高く売れるケースや高価買取のコツ

10年落ちの中古車は、以前は売れないイメージが強くありました。しかし近年の車は、車種やメンテナンス次第で10年落ちの車でもまだまだ走れるケースが多く、場合によっては売却時に高値を提示してくれる買取業者も存在します。
この記事では、10年落ちの中古車買取相場の特徴や再販方法による違いなどを紹介しながら、高価買取のコツも解説します。ぜひご覧ください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

10年落ちの中古車の買取相場は低いの?

10年落ちの中古車の買取相場は低いの?

一般的に10年落ちの中古車は走行距離が多く、部品の消耗も激しいので買取額が低くなることが予想されます。しかし、中古車の買取相場は年式だけで決まるわけではないので、10年落ちの中古車の買取額が必ずしも低いとは限りません。ここでは、10年落ちの中古車の買取相場が低いのかどうかを解説します。

買取はできる

10年落ちの車でも価値が見込めるため、買取してくれることがほとんどです。一昔前までは、10年10万kmの車であれば消耗部品の交換時期とも重なるので、故障のリスクを回避する理由で買取が避けられていました。近年では自動車の製造・整備技術が格段に向上して状態の良い中古車が増えたことで、買取業者の評価も変化したのです。

また、海外では10万キロ越えの車でも走行しているため、海外向けの販路を持つ買取業者からは低年式の中古車でも需要があります。10年落ちの中古車でも、まずは買取依頼してみましょう。

車の状態や種類で相場は変わる

10年落ちの中古車は年式に注目してしまいますが、実際の中古車の買取相場は中古車の状態や車種で変わります。10年落ちの車でも、状態が良かったり、人気車種だったりすれば高値で取引されるのです。

また、国産車は性能が良く、海外での評価も高いので、買取を行ってくれる業者がほとんどです。低走行車や需要の高い中古車であれば、思わぬ高値が付くケースも見受けられます。まずは愛車の買取相場を調べてみましょう。

10年落ちの中古車の買取相場は再販方法で変わる

10年落ちの中古車の買取相場は再販方法で変わる

10年落ちの中古車でも買取してもらえるケースが増えたのは、買取業者側がさまざまな再販方法を確立したからです。車の走行性能に問題がなければ国内外問わず再販されますが、部品やパーツが評価される可能性もある点は見逃せません。ここでは10年落ちの中古車の買取相場について、再販方法の違いを解説します。

中古車として再販される場合

特に国内のオークションサイトに出品できる買取業者なら、状態の良い中古車や人気メーカーの車種に関しては高く評価してくれるでしょう。

仮に低年式で人気が下がっている車であっても、低価格帯の中古車を購入する層が一定数存在することから、0円査定になるケースはまれなので、まずは査定依頼してみてください。

パーツとして再販される場合

10年落ちの中古車は、メンテナンスが不十分で走行不能なケースもあります。「不動車=廃車」と考えてしまいがちですが、買取に出しても値が付く場合があることを覚えておきましょう。

買取業者の中には、まだ使えると判断した部品やパーツを評価してくれるケースもあります。タイヤやバッテリーなどが再販できれば買取業者側は利益を得られるので、買取対応してくれるのです。廃車費用が数万円かかるケースもあるので、すぐに廃車にすることを選択せず、まずは買取査定してもらうのが得策でしょう。

海外で再版される場合

たとえ国内で売れにくい車でも、海外で高く売れるケースは多数存在します。日本車は高品質で壊れにくいとされていますが、さらに下記の特徴を持った車種は高価買取が見込まれるでしょう。

  • 走破性の高い四輪駆動車
  • 沢山の人や荷物を積載できる車
  • 先進技術が搭載されていない車

中古車買取業者の中でも、海外への流通経路を持っている場合は、国内で売れない中古車も買取してくれます。海外で人気の高い中古車に該当する場合は、海外へ再販してくれる中古車買取業者へ買取を依頼してみましょう。

下取りと買取なら10年落ち中古車の相場が高いのはどっち?

下取りと買取なら10年落ち中古車の相場が高いのはどっち?

10年落ちの中古車は車種や車の状態次第では、高価買取をしてもらえることがあります。しかし、中古車の売却にはディーラーの下取りという選択肢もあり、どちらの相場がより高いか知りたい方もいるでしょう。

ここでは10年落ちの中古車を売却するなら、下取りと買取のどちらが高いのか、それぞれの特徴を比較しながら解説します。

車の買い換え前提なら下取りも検討しよう

新車への買い替えを前提としている場合なら、ディーラーの下取りがおすすめです。旧車と新車が同じタイミングで引き換えとなり、手続きも最短で完結できることが大きなメリットです。

しかし、車の下取りは買取よりも査定額が低くなりやすく、売却額を現金では受け取れない点を把握しておいてください。10年落ちの中古車は通常よりも査定額が下がりやすい傾向にあるので、少しでも買取額を高くしたい場合は下取りに出すのを避けた方が良いでしょう。

査定額で選ぶなら断然買取がおすすめ

査定額で売却先を決めるなら、下取りよりも買取の方がおすすめです。下取りでは基本的に相場以上の買取額は付きませんが、買取の場合は違います。

特に買取後の販路を豊富に持っている買取業者であれば、高額査定を引き出しやすいでしょう。また、中古車の買取なら年式・走行距離・モデルを問わず、査定基準以外の項目もしっかり反映させた買取価格が期待できます。10年落ちの中古車は下取りよりも先に買取査定に出す方が良いでしょう。

10年落ちの中古車で買取相場が高いのはどんな車なの?

10年落ちの中古車で買取相場が高いのはどんな車なの?

10年落ちの中古車は買取してもらえますが、車種や状態によっては買取額が大きく跳ね上がる可能性もあります。では、どのような特徴のある中古車が市場で高値取引されているのでしょうか。

ここでは10年落ちの中古車の中でも、特に買取相場の高い車の特徴を6つに分けて解説します。高価買取を狙う方は確認してみましょう。

人気の高い車

中古車市場の人気車種は、10年落ちであっても市場価値が下がりにくい特徴があります。また、通常の車ではモデルチェンジ後に大きく価格が下がる傾向にありますが、人気車種に関しては影響をあまり受けません。

ヴィンテージモデルの中古車であれば、古くても買いたいという一定の需要があります。他にも、年数の経過で逆に相場が上がる「日産GT-R」のような、根強い人気のある車種が存在することも覚えておきましょう。

走行距離が短い車

10年落ちでも、走行距離が短い中古車なら買取相場は高いでしょう。走行距離の目安は1年1万km程度とされているので、10年落ちなら10万km未満の走行距離の車は高値が付きやすいのです。劣化が少なく、まだまだ走行できると判断されれば、査定額アップも期待できます。

ただし、走行距離が短くても車が長期にわたり眠ったままのケースは注意しましょう。この場合は、放置車のため不具合を抱えていることもあり、買取価格は下がることがあります。

フルモデルチェンジされる前の車

車のモデルチェンジは、マイナーチェンジとフルモデルチェンジの2種類があります。特に買取相場に大きな影響を与えるのは後者の場合です。

前者は、装備や外装デザインの部分的な変更のみなので、最新モデルとしての価値を保ちやすく、買取額も安定します。一方で後者は、最新モデルが売り出されるので、中古車市場にある旧型車は買取価格が下がる傾向にあるのです。なるべく4~6年周期で行われるフルモデルチェンジ前の売却を意識しましょう。

車両状態の良い車

10年落ちの中古車は故障しやすいので、車両状態の良さをアピールできれば買取額が上がります。メンテナンスが施されていることが分かれば、車を大切に乗ってきたことも伝わるでしょう。ボディなどの目に見える箇所だけでなく、エンジンや足回りなど車の機能面に関わる部分までしっかりと整備されていれば、高評価に繋がります。

また、車そのものに修復歴がないことも大切な要素です。修復歴があると、大きなマイナス査定となってしまいます。査定では、修復歴の有無が非常に重要視されているため、事故や災害などによる修理履歴がなければ、伝えておくと良いでしょう。

希少性の高い車

中古車の中には希少性の高い車種も存在します。中古車としての需要こそ高いものの、市場に出回る絶対数が少ないことから、価値が高騰しているのです。

特に「生産を終えている車種」や「元々の生産数が少ない車種」に対する需要は高いままですが、数が少ないので探しにくい現状があります。

買取業者にとっても、希少性の高い中古車を取り扱えるかどうかは重要です。該当する車種をお持ちの方は、ぜひ買取査定に出してみてください。

海外需要の高い車

海外輸出を専門に行っている車買取店もあり、中には独自の販売ルートとして中南米やアフリカへ輸出を行っている買取業者も存在します。海外需要の高い車を対象に買取してくれるので、愛車が海外で人気の車種なら高価買取が期待できるでしょう。

先述しましたが、中古車に関する日本と海外の基準は異なります。国内で0円査定される車でも、諦めずに1円でも高く買取してくれる専門の買取業者を探してみましょう。

10年落ちした中古車の買取相場を高くする手段はあるの?

10年落ちした中古車の買取相場を高くする手段はあるの?

10年落ちでも高く売れる中古車の特徴を紹介しましたが、愛車が仮に該当しない場合でも、意識すれば買取額が変わるコツがあるのでご安心ください。それぞれ必要な書類やポイントがあるので、一つずつ確認して買取額アップを目指しましょう。ここでは10年落ちした中古車の買取額を高くする手段について解説します。

売り時を逃さない

買取業者の繁忙期である「1~3月」「7~9月」を狙うのがおすすめです。進学や就職を機に新車購入や車の買い換えが増え、買取業者も在庫確保に向けていつもより高めの価格で買取してくれます。

ただし、車の価値が日々低下することに変わりないので売り時を逃さないことも重要です。売却時期が、上記の繁忙期に当てはまる場合は早めに行動し、過ぎてしまった場合でも早めに査定を受けてみてください。

車はきれいな状態にしておく

きれいな車は査定士の心証が良くなるので、洗車や車内清掃をできる範囲で行ってから査定を受けるのが良いでしょう。また、ペットやたばこの臭いはマイナス査定に繋がるため、消臭スプレーや消臭剤を使ったり、換気を行ったりして、できるだけ無臭に近い状態にしておいてください。

査定士だけでなく次のオーナーが気持ち良く乗れるような状態で買取に出すことを意識してみると良いでしょう。

純正品を必ず準備しておく

社外品よりも純正品への評価が高いので、カスタムしている場合は忘れずに純正品を用意してから査定を受けましょう。ただし社外品にも一部例外があり、下記の装備はプラス査定になる可能性があります。

・人気のブランドのパーツ
・新しく高性能なオーディオやナビ

事前に自分の所持しているパーツの価値を確認しておくことをおすすめします。

10年落ちした中古車の買取相場を調べるならcarview!車買取へ!

10年落ちした中古車の買取相場を調べるならcarview!車買取へ!

10年落ちした中古車を、高価買取してくれる買取業者は確かに存在しますが、一番高い買取先を探すのが面倒に感じる方もいるでしょう。また、多忙な方は車の売却に手が回らない場合も十分にあります。

ここでは、10年落ちした中古車でも簡単に高値売却が期待できる「carview!中古車一括査定サービス」について紹介します。

一括査定なら店舗ごとの違いがわかる

一括査定サービスは車の高価買取のポイントとなる方法ですが、店舗ごとの違いが分かりやすいのも大きな特徴です。一括査定サービスの特徴は下記の通りです。

  • 1度に複数買取業者に依頼できる
  • 複数の買取業者を自分で回る手間が省ける
  • 査定額を照らし合わせてから売却先を決められる

中古車の査定額は買取店によって異なり、10年落ちの中古車であれば0円から数十万円といった差が生まれるケースもあり得ます。査定額の相場もすぐに把握でき、なおかつ最適な買取店がすぐに分かるのでおすすめです。

条件に合った店舗に買取を依頼しよう

carview!車買取は、大手から専門店まで豊富な300社以上の買取業者と提携して査定を行っているので、それぞれの会社の強みを活かした比較が可能です。

また、carview!中古車一括査定サービスでは、一度に最大10社まで見積り依頼ができ、その中から実際の査定を受ける会社を選択可能です。ぜひ愛車を一番高く評価してくれる買取業者を探してみましょう。

まとめ

まとめ

10年落ちの中古車と一括りにしても、買取相場は車種や状態によってもそれぞれ異なるので、愛車の実際の価値は査定で確認してみましょう。

一括査定サービスなら、簡単な情報入力で複数買取業者の見積りを比較でき、一番高く買取してくれる買取業者が見つかります。特にあなたの愛車を高く評価してくれる買取業者を探すなら、carview!中古車一括査定サービスがおすすめです。10年落ちの中古車の売却を検討されている方は、気軽にお申し込みください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ