査定ガイド

車の査定書とは?入手方法を解説

車の査定書とは?入手方法を解説

車の査定書とは、車買取業者が中古車の価値を評価するさまざまな情報が載った書類です。しかし査定書が欲しいと思っても、買取業者で貰うことはできません。
では、車の売却前などに用意しておきたい車の査定書はどのように手に入れれば良いのでしょうか。この記事では査定書の入手方法や、発行にかかる費用を詳しく解説します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の査定書とは?

車の査定書とは?

車の査定書とは、査定を行なった業者が中古車の価値を書面で表した書類のことです。査定書には以下の項目が書かれています。

  • メーカー
  • 車名
  • グレード
  • 型式
  • 年式
  • ボディカラー
  • 車台番号
  • 走行距離
  • 車検満了日
  • 所有者(使用者)

一般的に、下段に発行した業者の名前と社判(会社印)が押されています。これらの内容で、基本となる査定額が決定されます。そのうえで、車の装備や状態などにより価格が上乗せされたり減額されたりします。

車の評価で特に重要視されるのは事故歴の有無です。フレーム回りを修復するような大きな事故に遭うと「修復歴あり」と判断され、買取価格が大きく落ちます。また、冠水歴や改造の有無なども重要となります。このようにさまざまな面でチェックされ、最終的な買取価格が決まります。

車の査定書が欲しい!買取店では発行は不可能?

基本的に、買取店で査定書の発行はしてもらえません。その理由には以下の2つが挙げられます。

1.他店と比較されたくない
基本的に、買取店は他店舗と査定内容を比較されたくありません。査定書を発行すると、顧客が簡単に他の買取店と比較できるようになるため、発行を渋るところがほとんどです。

また、車の査定額はその車に対する各買取店の考え方にあたるため、買取店側からすると外部に知られたくない情報になります。実は、高く売るために他社と競合する際にも「あそこの買取店は〇〇円で買取すると言っていた」などと気軽に伝えてほしくないのが本音です。

2.査定書から得られる情報が少ない
査定書には「車の情報」と「査定額」しか記載されていません。もちろん車の情報はどこで査定しても同じなので、買取店ごとに違う部分は「査定額」のみです。そのため、わざわざ書類を発行する必要はないと考えられているようです。

しかし、絶対に査定書が受け取れないかというと、決してそうではありません。JAAI(日本自動車査定協会)という機関であれば発行してもらえます。

車の査定書は「JAAI」で入手!欲しいときはどんなとき?

車の査定書は「JAAI」で入手!欲しいときはどんなとき?

発行に手間がかかる車の査定書は、どのような時に必要となるのでしょうか。メリットが大きければ、手間がかかっても発行しておきたいものです。

それでは、どのようなときにJAAIで入手した査定書が役に立つのか見ていきましょう。

車の価値を公正な立場から査定するJAAI

JAAI(日本自動車査定協会)は、経済産業省と国土交通省の許可のもとに設立された第三者機関です。両省の指導、監督を受け公正な立場から車の査定を行っています。

JAAIは全国に支部があるため、最寄りの支部に車を持ち込むか、査定員に来てもらう(出張査定)形で査定を受けられます。査定の時間は30分程度で、評価額が記載された「査定証」と「証明証」がもらえます。

正確な査定額とはいえ、実際に査定証に記載された金額での買取が補償される訳ではありませんので、あくまで目安価格として考えましょう。

自分の車の価値を知りたいとき

売却目的ではなく、相続などで車の財産的価値を知りたい場合にはJAAIの有料査定がおすすめです。

前述したように、JAAIは公正な立場から車の価値を証明してくれるため、相続などで車の財産的価値が知りたくなった際に法的に通用します。ちなみに、買取店の査定額は法的には通用しないので注意しましょう。

買取店の査定額が適切か知りたいとき

買取店はなるべく安く車を仕入れることで、自社の利益を増やせます。そのため低い査定額を提示するところも少なくありません。

このような際に、買取店の査定額が適切かどうかを知るため、JAAIの有料車査定が役に立ちます。JAAIは車の買取で利益を出すことを目的としておらず、公正な立場で車の価値を査定するため、適切な査定額を知れます。

しかし、買取店が出す査定額は「車両の価格」から「売却にかかる経費」などを引いています。よって、買取店とJAAIの査定額に差額が出ても、一概に買取店が足元を見ているとは言えません。

事故により車の価値が下落したとき

JAAIの有料査定は車が事故に遭ったときにも役立ちます。車をぶつけられた、またはぶつけた場合は、きれいに修理しても査定額は下がってしまうでしょう。これを車の「価格落ち」と言います。自動車保険で補償してもらえますが、事故によって査定額がどの程度下がったかを証明する必要があります。

JAAIで発行される「査定証」を保険会社に提出することで、価格落ちの信憑性を保証してもらえます。また法人が個人に事故歴のある車を売却する際などに、いくらで売却すべきかの検討材料としてもJAAIの査定が役に立ちます。

車の査定書が欲しい!査定書の発行手順は?

車の査定書が欲しい!査定書の発行手順は?

続いて、JAAIでの査定書(査定証)発行の手順を紹介します。

1.電話で査定予約をする

JAAIに査定を依頼する際は、事前に電話連絡を行いましょう。電話では、「査定場所」と「査定日時」について担当者と打ち合わせをし、日程調整を行います。

2.査定当日は必要なものを準備

査定の場所と日程が決まったら、査定時に必要なものを確認しておきましょう。当日は以下のものが必要となります。

  • 査定する車
  • 車のカギ(エンジン始動のため)
  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 整備手帳(メンテナンスノート)
  • 取扱説明書

3.査定

車の査定にかかる時間は約30分程が目安です。査定では自動車検査証の転記、内装・外装の状態、各部位の機能や装備品の点検などを行います。事故歴や改造歴がある場合は、さらに査定時間が長くなる可能性があります。

4.査定書が発行される

査定の目的が車の価格評価なら「査定証」が発行され、事故減価額等なら「証明書」が発行されます。

査定協会は中立公平な立場で中古車の評価をする第三者機関のため、商取引としての売買はしません。よって、査定額も第三者目線での公平な価格になります。ただし、あくまでも「目安価格」として考えましょう。

車の査定書が欲しい!かかる費用は?

車の査定書が欲しい!かかる費用は?

JAAIに依頼して車の査定書が欲しい場合、どれくらいの手数料がかかるのでしょうか。車種ごとに紹介します。

JAAIの査定にかかる手数料

査定料は車種や排気量によって異なります。各車種の基本料金は以下の通りです。

    【査定料一覧(消費税込)】
  • 軽自動車(600cc以下の車両):5,500円
  • 普通車(3,000cc以下の車両、0.3~2tの貨物車):7,150円
  • 普通車(3,001cc以下の車両、3t~4.5tの貨物車):9.900円
  • 大型貨物車(4.6t以上の6t車ベース、8t車ベースの貨物車):11,000円
  • 大型貨物車(10t車ベースの貨物車):11,550円
  • 小型バス(29人乗り以下):11,000円
  • 大型バス(30人乗り以上):11,550円


  • (2021年11月時点)

JAAIの査定は出張査定も可能!

JAAIは出張査定にも対応しています。その場合は出張費と、駐車料金や高速料金などの諸費用がかかります。出張査定に対応できない地域や時間帯もあるので、希望の際は事前に問い合わせて確認しましょう。

車の売却なら一括査定がおすすめ!

車の売却なら一括査定がおすすめ!

車を売る意思があり、尚且つ自分の車の相場を知りたいのであれば一括査定サイトがおすすめです。ここでは一括査定サイトのサービス内容やメリット、注意点などを紹介します。

一括査定ってどんなサービス?

一括査定とは、各サイトが提携している複数の中古車の買取専門業者に一斉に査定依頼ができるサービスのことです。車の情報と自身の個人情報を一度入力すれば、簡単かつ無料で申し込みができます。

車を高く売りたいなら複数の店で比較検討するのは必須ですが、たくさんの業者に足を運んだり、個別に依頼連絡をしたりするのは大きな手間となります。

その点、一括査定サービスなら忙しくて時間がない方でも気軽に利用でき、条件に合う提携業者を自動的に選んでもらえます。あとは提示された査定額が最も高い買取店を選べば良いのでとても簡単です。

一括査定のメリット

一括査定のおすすめポイントは主に二つあります。

一つ目は前述したように、一度の情報入力で複数の業者に査定の依頼が可能な点です。査定の依頼をするには、個人情報と車の情報を入力する必要があります。一括査定は一度に複数業者へ依頼ができるため、何度も情報入力する手間がかかりません。また、提携している買取業者が豊富なサイトであれば、ニーズの限られるような車でも高く売れる可能性があります。

二つ目は、最も高い査定をした業者に依頼できる点です。たとえば1社のみの見積もり金額では、市場での相場がわからないまま安い金額で売却してしまうかもしれません。しかし一括査定を利用して複数社の査定額を見比べれば、自分の車の相場がわかります。また、買取業者同士で競争心理が働くため、より良い条件を提示してもらいやすくなるでしょう。

一括査定をする際の注意点

続いて、一括査定を利用する際の注意点を紹介します。

・営業電話がしつこい
一括査定サイトに申し込みをすると買取業者から営業電話がかかってきます。実は「利用者のうち約70%が最初に連絡が取れた買取業者に決定する」と言われています。そのため買取業者側はいち早く営業電話をかけ、申し込み者にアポを取ろうとします。このようなことがあるため、自分が電話対応可能な範囲で業者数を決めるのがおすすめです。

・地域によっては買取業者を複数選べない
買取業者は対応可能範囲を決めているケースが多く、住んでいる地域によっては業者が少ないなどの理由で、一括査定を申し込んでも複数社へ査定依頼ができないケースがあります。そのため、利用する際は提携数の多い一括査定サイトの利用がおすすめです。

一括査定の主な流れ

専用のウェブサイトで個人情報と車の情報を入力します。必要となる車の情報は主に以下の通りです。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • グレード
  • 走行距離

入力が完了したら買取業者からの連絡を待ちます。連絡が来た中で気になった業者があれば、そこに査定依頼をします。対応が良くて査定額も高い業者を選ぶと良いでしょう。

売却する買取業者が決まれば、あとは必要書類を揃えて手続きをすればOKです。必要書類は事前にスタッフに確認しておきましょう。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスがおすすめ!

買取カービューは、2000年に中古車査定仲介サービスを開始してから、これまで450万人以上が利用し、実績は業界でもトップクラスです。また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、協会と連携して安全・安心なサービスをユーザーに提供しています。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、一度査定申し込みをするだけで最大8社の買取店に同時に一括査定依頼が可能です。8社の買取店から提示された査定額の中から、一番高い査定額を提示したお店を選べば簡単に最高値で車を売却できます。また、提携する査定事業者数は230社以上あり、おなじみの大手から、専門店まで幅広くカバーしています。

申し込みはとても簡単で、パソコン・スマホのどちらからでも利用可能です。

まとめ

まとめ

今回は査定証の入手方法について詳しく解説しました。車の現在の価値を知りたいときや買取店の査定額が適正かどうかを知りたいのであれば、JAAIの有料査定で査定書を発行してもらうのがおすすめです。同時に車の売却を考えているようであれば、より高額で売れる可能性のある一括査定サービスがおすすめです。

今回紹介したメリットや注意点も踏まえて、お得な車の売却が目指せる買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご活用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP