査定ガイド

車のドア交換は査定にどの程度影響する?おすすめの売却方法も紹介!

車のドア交換は査定にどの程度影響する?おすすめの売却方法も紹介!

事故やいたずらなどでドアに傷やへこみがついた時は、ドアの修理や交換をすることがほとんどです。ドア交換をした車を売却する時、査定額にどの程度影響するのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。
この記事では、ドア交換と査定額の関係を詳しくご紹介します。売却する前にチェックしておけばドア交換を行っているとどの程度減額されるのか、傷やへこみがある場合は修理した方が良いのかどうかの確認をしてみてください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ドア交換のみで済めば査定への影響は大きくない

ドア交換のみで済めば査定への影響は大きくない

ドア交換は車の走行性能に大きく影響する修理内容ではないため、大きく減額されることは少ないようです。また、ドアの交換や修理のみでは修復歴車にならないことも覚えておきましょう。

基本的に大きく減額はされないものの、ドア交換が査定額への影響がまったくないわけではありません。ドア交換や修理の内容と査定額の関係については後述するので、きちんと確認しておきましょう。

査定員が重視する「修復歴」の有無

査定員が重視する「修復歴」の有無

査定額に大きく影響する重要なポイントは修復歴の有無です。査定員は修復歴の有無を強く意識して査定を行います。修復歴があると、数十万円減額されることもあるので注意が必要です。

ここでは修復歴の定義とどのような車が修復歴車になるのかをご紹介します。車を売却する前に、一通りチェックしておきましょう。

修復歴の定義とは

修復歴車の定義は「車のフレーム部分を損傷し、交換・修理した車」です。具体的には以下の部分を損傷・交換・修理していると修復歴車になります。

    修復歴車となる車の交換・修理箇所

  • フレーム (サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア

修復歴車の基準は一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)によって統一されているため、どこの買取業者で査定を受けても共通です。これらの部分に損傷を受けている場合、一部の例外を除き交換や修理を行っていなくても修復歴車になるので注意しましょう。

ドア交換のみでは修復歴車にならない

車のドアは、修復歴車の統一基準における「骨格(フレーム)」には該当しないため、交換や修理をしていても修復歴車にはなりません。ただし、事故などでピラーに損傷を受けて、ドア交換と同時にピラーの修理をしている場合は修復歴車とみなされるでしょう。

ルーフパネルやフロアも損傷を受けていると修復歴車になります。ドアのみが損傷を受けて交換・修理した場合は修復歴車にならないと覚えておきましょう。この知識があれば査定員との交渉材料になります。適正な査定を受けるために正しい意味を理解しておくと良いでしょう。

修復歴車になる事故の例

修復歴車になるような事故の例は以下の通りです。

・交差点で側方から走ってきた車が自分の運転する車の側面に衝突し、ドア交換とピラーの修復をした
・信号待ちで一時停止している時に後方から追突され、リアバンパーとトランクフロアが損傷した
・車が横転してルーフパネルが損傷した
・カーブを曲がりきれずに車線を逸脱し、木に衝突してボンネットとクロスメンバーが損傷した

事故を起こした車が修復歴車になるのかどうかがわからない場合は、参考にしてみましょう。

車のフレームにダメージを受けたかどうかが重要なので、事故を起こした時はフレームの状態を確認することが必要です。わずかな傷やへこみ・曲がりであっても、車のフレーム部分に損傷があれば修復歴車になるので注意しましょう。

修復歴・事故歴・修理歴の違い

車の状態を示す言葉には「事故歴」「修復歴」「修理歴」などがあり、違いが分かりにくいこともあるでしょう。意味の違いは以下の通りです。

・修復歴
後述する車の骨格(フレーム)部分の損傷がある車。修理済か否かを問わない。中古車販売の際、修復歴は表示義務あり。「車両検査表」によって修復の詳細情報を調べられる。

・事故歴
買取業者などが分かりやすく車ユーザーへ説明する際に、修復歴と同じ意味で「事故歴」と使うことがある。自動車業界では本来使われない言葉。

・修理歴
骨格(フレーム)部分以外の損傷・修理をしたことがある車。例としてボディのへこみや傷、バンパーの破損など。中古車販売の際、修理歴の表示義務はない。

ドア交換が査定に与える影響とは

ドア交換が査定に与える影響とは

修復歴の要件に当てはまらなくても、ドア交換や修理が査定額に影響しないわけではありません。一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が公開している査定基準によると、ドア交換や修理(板金修理)をしていると減額対象になります。)をしていると減額対象になります。修理箇所のサイズによって減額幅が異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

参考: 『中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕 日本自動車査定協会』

10万円前後の減額はありえる

ドア交換をした車を査定に出す場合、査定額が10万円前後減額される可能性があります。交換をしていなくても、ドアに大きな傷や凹みがついている場合は、同程度の減額になることがあるので注意しましょう。

ドア交換や修理は一律で10万円前後の減額になるわけではなく、傷や凹みの大きさによって減額幅は異なります。具体的な減額幅については後述するので、あわせて確認しておきましょう。

板金修理した場合は大きさによって減額が違う

ドアを板金修理した場合は、修理範囲の大きさによって減額幅が異なります。日本自動車査定協会(JAAI)の査定基準によると、カードサイズ未満のものは「小」、カードサイズからA4程度までは「中」、A4程度からパネルの半分までは「大」という区分です。

修理範囲がパネルの半分程度を超えると「要交換」という扱いになるため、さらに大きく減額されるでしょう。修理範囲の大きさと具体的な減額幅は以下の通りです。

・カードサイズ程度:3万円前後
・A4サイズ程度:5万円前後
・パネルの半分以上:7万円前後

ドアに傷や凹みがある場合は大きさをチェックし、どの程度の減額になるかを確認しておくことをおすすめします。

ドア交換+修復歴車となった場合の減額は?

ドア交換に加え、ピラーの修理も行い「修復歴車」に該当する場合の減額についても見ていきましょう。修復歴車になると通常の板金修理以上に大きく減額されます。

具体的な減額幅は軽自動車の場合で20万円程度、普通車の場合は30万円~50万円になるでしょう。ドア交換のみで済んだ場合は10万円程度の減額であることを考えると、修復歴の有無で査定額にかなりの差が出ることがわかります。

前のオーナーが修復歴を隠していた場合

中古車として購入した車を買取に出すケースでは、以前のオーナーが修復歴を隠していた事実が査定時に発覚することもあります。自ら修復歴を隠したわけではなくても、隠ぺい行為と見なされかねないため慎重な対応が必要です。

まずは車を購入した中古車販売店に状況を連絡し、消費者契約法による「不実告知」に基づいて契約の取り消し(返金)に対応してもらえるよう交渉してください。事実の発覚から1年間、契約から5年間で時効となりますが、できる限り手を打つことをおすすめします。

ドア交換せず買取に出すという選択も

損傷の程度次第では、ドア交換に10万円以上の修理費がかかることもあります。査定で「要交換」と判断された場合に10万円程度の減額になることを考えると、ドア交換が必要な車はそのまま売った方がお得になることが多いでしょう。

すでにドア交換をしている車の場合は仕方ないものの、まだ手を入れていない場合は交換せずに査定に出すことをおすすめします。

年式が古い車に乗っている場合は特に注意が必要です。ドア交換に10万円以上のコストをかけて乗り続けるよりも、買い替えた方がお得になる可能性があります。古い車に乗っている場合は修理せずに買取業者に売却し、新しい車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ドア交換など損傷のある車が査定を受けるコツ

ドア交換など損傷のある車が査定を受けるコツ

ここからは、ドア交換が必要な車を高く買い取ってもらうために押さえておきたいポイントを5つ見ていきましょう。これから紹介するポイントを意識して買取に出すと、より高値で売却できる可能性があります。

ドア交換に伴う査定の減額は避けられないものですが、それ以外の部分でどのようにプラス査定を引き出すかが重要といえるでしょう。

事故車専門の買取業者に売却する

ドアに大きな傷がある車や修復歴車を売却する時は、事故車や廃車専門の買取業者がおすすめです。

このような買取業者は、一般的な中古車販売ルート以外に、パーツ単位で販売するルートや日本国外に輸出するルートを確保しています。

このような業者であれば、ドア交換が必要な車や修復歴車であってもさまざまなルートを駆使して取引できるため、通常の買取業者より高値をつけてくれることが期待できるでしょう。

修理箇所を素直に伝える

修理した車は減額されるからといって、どのような修理を行ったかを買取業者に伝えないのはおすすめできません。修理箇所を伝えなくても査定時に見抜かれることが多いため、きちんと伝えていないと買取業者からの心証が悪くなるでしょう。

車の売り主側には、売りに出す車の状態を正確に申告する告知義務と未申告の不具合の修理費や損害賠償責任を負う契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)が伴います。

買取業者側が用意する売買契約書にも、売り主は車の状態を正確に申告する義務があると明示されていることがほとんどです。査定を受ける際はドア交換をはじめとする修理の有無だけでなく、他の部位の状態についてもきちんと伝えておきましょう。

プラス査定につながる点をアピールする

査定額のマイナス要素を挙げてきましたが、プラス査定につながる要素もJAAI基準で定められています。査定員が短い時間で全ての情報を把握できるとは限りませんので、査定時にはできる限りアピールするようにしましょう。

    プラス査定につながる点
  • 車検が4か月以上残っている
  • ボディカラーが白(特にパール加工)、黒、シルバー、限定カラー
  • 安全装置(ABS、クルーズコントロールなど)が搭載されている
  • サンルーフや本革シートなど後付けできない装備品
  • タイヤ4本ともアルミホイールが装着されている
  • ワンオーナー(新車の時からオーナーが変わっていない)
  • 定期点検記録簿や各種取扱説明書が揃っている

清掃・洗車をしてできるだけきれいにする

査定に出す前は、洗車や車内の清掃を一通り済ませておくのがおすすめです。きれいな状態にすることで「大切に乗っていた車」という印象を与えられるため、査定額が上がりやすい傾向にあります。

洗車をする時は、車の隅々まで傷を付けないように慎重に洗うようにしてください。車体の下やタイヤ周辺などの汚れが溜まりやすい場所もきれいにしておくことが重要です。洗車後はボディにワックスをかけておくと良いでしょう。

車内は落ちているゴミやホコリなどを取り除き、シートやステアリング、ダッシュボードなどを拭きます。シミ抜きなどのコストがかかる清掃をする必要はありません。できる限りお金をかけずに、自分でできる範囲で車をきれいにしましょう。

高く売れやすい時期に売る

車は決算期直前の1月~2月もしくは7月~8月に売却するのがおすすめです。これらの時期には需要期に備えて在庫を確保するために、買取業者が車の買取に力を入れるので、他の時期に比べて査定額が上がりやすくなります。

すぐに手放さなければならない理由などがなく、売却の時期を選べる場合は、このような普段以上に高額査定の可能性がある時期を狙うのがおすすめです。

下取りよりも買取、さらに一括査定がおすすめ

車を売却する方法には、次の車を購入するディーラーに引き取ってもらう「下取り」と、買取業者に売却する「買取」の2種類があります。下取りは価格が安くなりやすいので、できるだけ高値を希望する場合は買取を選ぶことをおすすめします。

買取を依頼する時は一括査定サービスを利用して、より高く買い取ってくれる買取業者を探すことも大切です。

ドア交換が必要な車や修復歴車を高く買い取ってくれる業者を探している方は、ぜひ買取カービューの事故車一括査定サービスをご利用ください。パーツとして販売する経路を確保している業者や日本国外への輸出を得意とする業者が参加しているため、修復歴車でも高値での買取が期待できます。

修理が必要な車も買取カービューの査定がおすすめ!

修理が必要な車も買取カービューの査定がおすすめ!

数ある一括査定サービスの中でも、2000年よりサービスを提供している老舗中古車一括査定サービスである買取カービューは特におすすめです。買取カービューには以下のような特徴が挙げられます。

仮に事故車でも大丈夫!2種類の一括査定サービス

買取カービューが提供している中古車一括査定サービスは、車の状態に応じて2種類の中から選択できます。1つ目は一般的な中古車一括査定サービスである「愛車無料一括査定サービス」です。2つ目は不動車を中心とした「事故車一括査定サービス」で、傷のある車や修理を行った車も買取対象として扱ってくれます。どのような状態の中古車でも、より高価買取を狙える買取店を効率的に探せる点が強みです。

対応車種も幅広く、普通自動車や軽自動車だけでなく、商用車のバスやトラック、フォークリフトなどの建設機械にまで対応しています。

全国300社以上!豊富な提携先

買取カービューが誇る愛車無料一括査定サービスでは、ユーザーや売りたい車の状態に合った最大8社の優良買取業者へ一括して査定を申し込み可能です。CMなどでおなじみの大手買取業者から、地域密着の小規模店、SUVや軽自動車、輸入車などの各種専門店まで300社以上と提携しています。

JPUC加盟店や適正買取店とも多数提携しており、安心して中古車の買取依頼を行えるでしょう。いくつかの買取業者の査定額をじっくりと比較して選べるため、買取金額を重視される方にもおすすめです。

まとめ

まとめ

事故やいたずら、災害などでドアに損傷を受けたり交換したりした場合でも、フレーム部分にダメージがなければ、査定額は大きく減額されないことが多いといえます。

未交換・未修理の場合は、査定前に修理すると減額分より多くのコストがかかる可能性があるため、そのまま売却することをおすすめします。

車をより高値で売却するためには、できるだけ高値を付けてくれる買取業者を探すことが重要です。愛車の状態に適した買取業者を効率良く探すためには、一括査定サービスを利用するのが良いでしょう。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスには、300社以上の買取業者が参加しているため、愛車を少しでも高額査定してほしいと考えている方におすすめです。また買取カービューでは、事故車一括査定サービスも提供しています。不動車や修復歴車の場合は、ぜひこちらもご検討ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP