査定ガイド

中古車査定時にナビを取り外さないほうが良い理由とは?中古車買取の事前準備も解説!

中古車査定時にナビを取り外さないほうが良い理由とは?中古車買取の事前準備も解説!

車をより高く売るためには、事前にオプション品をチェックする必要があります。カーナビなどのオプション品が査定結果に影響を与えることがあるからです。カーナビについていえば、査定の際に取り外す必要はありません。しかし、現在車の売却を検討していて、カーナビを取り外すべきだと考えている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、カーナビを取り外さないほうが良い理由について紹介します。あわせて取りあげるのが、売却前に知っておきたいカーナビの取り扱い方法です。高額査定を目指してスムーズに準備を進めましょう。

中古車査定時にナビをそのままにしておいたほうが良い理由

中古車査定時にナビをそのままにしておいたほうが良い理由

カーナビが原因でマイナス査定になることはあるのか、と心配する必要はありません。付けたままにすることで、逆に査定額が上がることもあります。カーナビは処分せず、そのまま業者に引き渡すのが良いでしょう。事前に取り外さないほうが良い理由を詳しく説明します。

プラス査定になるカーナビもある!

査定額アップにつながるカーナビが多くあるため、取り外さないで査定に出すことがおすすめです。カーナビにはいくつかの種類があります。外付けタイプやインダッシュタイプ(埋め込み型)、メーカー品か社外品かによっても異なります。年式による違いもあるでしょう。

プラス査定につながりやすいのはインダッシュタイプのカーナビです。中でも、純正メーカーオプションナビは高い確率で高額査定が期待できます。その車種専用に開発したものが純正メーカーオプションナビといわれます。

純正メーカーオプションナビの場合、エアコン操作などが一緒に行えるものも多いため、取り外さないようにしましょう。

壊れたナビでもマイナス査定にはならないことが多い

カーナビが壊れていると、取り外したほうが良いのではと感じる方もいるでしょう。しかし、壊れたカーナビでもマイナス査定にならないことがほとんどです。

カーナビは特性上傷が付くことはよくあるため、傷が原因で査定額が下がることはあまりありません。故障していたり古くなっていたりしたら、基本的にゼロ査定になります。査定結果に影響を与えないため、わざわざ取り外す必要がありません。

ゼロ査定になりやすいのは、インダッシュ型の「ディーラーオプションナビ」や「社外ナビ」です。ディーラーオプションナビは車種が違っても同じメーカーの車なら使えます。車外ナビは車種やメーカーに関係なく搭載できるカーナビです。年式が3年以上のものであれば、一般的にゼロ査定になります。

外付けタイプのカーナビもほとんどがゼロ査定です。取り外さずに査定に出すほうが良いでしょう。

取り外した後の処分はそれなりに手間

カーナビを取り外さないほうが良いもう一つの理由は、処分が手間になるからです。取り外したカーナビは通常のごみとして処分できません。専門業者を探して処分を依頼するのは多くの手間がかかるでしょう。

カーナビを取り外すときに問題となるのは手間だけではありません。処分のための費用がかかります。自分で取り外せない場合、取り外しの工賃を払う必要もあるでしょう。手間や費用を考えると、ゼロ査定でも買取業者に引き取ってもらったほうがお得になります。

査定前にやっておきたいカーナビの準備とは?

査定前にやっておきたいカーナビの準備とは?

カーナビ自体は取り外さないで査定に出しますが、事前に済ませておきたい準備があります。内部情報を削除することです。

削除するのを忘れてしまうと個人情報が漏れてしまうかもしれません。業者や次の買い手が情報を削除する手間も生じるでしょう。ここでは、カーナビの準備で行うべき具体的な内容を取りあげます。

査定前に登録情報を消しておく

カーナビに自分や友人、知人の住所を登録している方は多くいるでしょう。電話機能が付いているカーナビであれば、電話番号や履歴の情報が残ります。残しておくと他の方に迷惑をかけることもあるため、漏れなく削除しましょう。

削除方法はカーナビによって違うため、基本的に取扱説明書に従います。特定の情報をまとめて消したり、カーナビ内のデータをすべて消す初期化機能を使ったりすると便利です。

取扱説明書がない場合や見ても消し方が分からないときは、買い取ってもらう業者に対応してもらえるか確認してみましょう。

音楽データも忘れずに削除

音楽データを保存できるカーナビであれば、忘れずにデータを削除しましょう。好きな音楽であればバックアップを取ってまた別の場所で聞きたいと思うでしょう。しかし、著作権保護の関係から、バックアップを取ることはできません。

音楽データも取扱説明書を確認しながら自分で削除しましょう。初期化することでデータをまとめて削除できる場合もあります。多くの曲を保存しているのであれば、まずは初期化できるかをチェックしましょう。自分で削除するのが難しく感じたら、こちらも業者に相談してみましょう。

でもやっぱりカーナビを取り外したい!という場合の取り外し方

でもやっぱりカーナビを取り外したい!という場合の取り外し方

外付けタイプの社外ナビを次に乗る車に取り付けたい場合など、どうしてもカーナビを取り外したいという方もいるでしょう。

業者に頼めば、一般的に多くのタイプのカーナビが取り外せます。しかし、自分で取り外せるカーナビの種類は簡単なものに限られるでしょう。それぞれのケースの特徴を紹介します。

個人で取り外しができない場合は業者に依頼

インダッシュタイプのカーナビなど、自分では取り外せないものは業者に依頼する必要があります。取り外しを受け付けているのが、機器の設置などのピットサービスを提供しているカー用品店です。

カーナビの取り外しには1時間以上かかることもあるでしょう。費用は取り付け時と同額程度で、一般的な相場は1万5,000円〜2万円です。ただし、地域や店舗によって金額に差が出るので、事前に確認したほうが良いでしょう。

外付けタイプのカーナビであれば、より安くかつ短い時間で取り外してもらえます。最短30分で取り外しを請け負っているお店もあるため、気軽に相談できるでしょう。

簡単なものであれば自分で取り外し可能

外付けタイプのカーナビなど、簡単なものはDIYで取り外しに挑戦できます。まずは配線の状況を確認しましょう。一般的に確認できるのが電源ケーブルやアンテナ用ケーブルです。

まずはシガーソケットから電源を外します。設置してあるアンテナやアンテナ用ケーブルも傷を付けないように丁寧に取り外しましょう。配線を取り除いたらカーナビ本体やベース部分を取り外して完了です。

取り外しの難易度が上がるのが、パーキングブレーキ接続ケーブルが付いているカーナビです。ダッシュボードを開けてケーブルを取り除く必要があるため、難しく感じるでしょう。インダッシュタイプのカーナビを取り外す際も、さまざまな配線をチェックしながら作業をする必要があります。少しでも不安を覚えたら業者に相談しましょう。

ナビ以外で取り外しを検討する「ETC」と査定額への影響

ナビ以外で取り外しを検討する「ETC」と査定額への影響

カーナビの他にも取り外すべきか迷うオプション品があります。高速道路での料金支払いに便利なETC車載器です。カーナビがプラス査定につながることがある一方、ETC車載器はどうなのか気になる方もいるでしょう。ETC車載器が査定結果に影響を与えるのかについて紹介します

査定額への影響はほとんどなし

ETC車載器を取り外さないで査定に出したとしても、査定額がアップすることはあまりありません。ETC車載器が壊れている状況でも、マイナス査定になることは基本的にないので安心できます。査定結果に影響を与えない理由は、ETC車載器自体の値段が安いからです。

ETC車載器を取り外さないで査定に出したとしても、査定額がアップすることはあまりありません。ETC車載器が壊れている状況でも、マイナス査定になることは基本的にないので安心できます。査定結果に影響を与えない理由は、ETC車載器自体の値段が安いからです。

取り外しができないときは「マイレージ情報」を変更する

ETC車載器を取り外さないで売却するなら、ETCマイレージサービスに登録しているマイレージ情報を変更する必要があります。ETCマイレージサービスとは、ETCカードで支払った料金に応じてポイントが付くサービスです。車載器管理番号や車両番号を登録するため、車を買い替えるとあらためて登録が必要になります。

登録情報の変更が行えるのはETCマイレージサービスのウェブサイトです。ログインしてから「登録情報変更」のページで手続きを行えます。所定の用紙をダウンロードすれば、郵送でも手続き可能です。

今後車に乗る予定がないなら、解約の手続きをしましょう。ETCマイレージサービス事務局に問い合わせて、書類を送ってもらいましょう。

高価買取を狙いたい!その他でやっておくべきこと

高価買取を狙いたい!その他でやっておくべきこと

カーナビ以外にも査定結果に影響を与える要素はいくつもあります。ここでは、高額査定につながりやすいポイントを3つ紹介します。車の売買に関する専門的な知識は必要ありません。ひとつひとつ実践するだけで高額査定を狙えます。

カーナビだけでなく車内をしっかり清掃しておく

カーナビが良い状態であることに加え、車全体をきれいにしておくことは大切です。丁寧に扱っていることが業者に伝わり、査定額が上がりやすくなります。

車内全体はもちろん、外装もきれいにしましょう。外装は洗車をしてワックスをかけると見た目が変わります。小さな傷があるなら市販の傷隠しを試せるでしょう。大きな傷がある場合、修理に出す必要はありません。できる範囲できれいにするだけで印象が変わります。

車内の小さなごみを拾い、シートに付いたシミや汚れも取りましょう。臭いがマイナス査定につながることもあるので、タバコやペットの臭いが付いているなら消臭を行います。

付属の部品やメンテナンス記録を集めておく

付属品やオプション品はプラス査定につながります。集めておきたい付属品はメーカーオプションやディーラーオプションなどの純正品です。メーカーオプションは工場で車を製造するときに取り付けるものを指します。ディーラーオプションは納車の際にディーラーが取り付けるものです。

サンルーフやレザーシート、電動スライドドアなどのメーカーオプションは人気があるため高額査定につながります。純正部品やオプションを搭載しているとしたら、査定の際にアピールしましょう。

メンテナンス記録も事前に整理できます。きちんとメンテナンスを行っていると故障のリスクが減るので、業者の評価が上がるからです。定期点検で行った内容を整備記録簿やメンテナンスノートにまとめ、査定の際に持参できます。

複数社で査定を依頼する

車の状態や付属品を整えても、1社だけの査定では査定額が安くなることがあります。1社だけの見積もり額だと、金額が高いのかどうか分からないからです。複数の業者に査定を依頼することで相場を知ることができ、より高い査定結果の業者を見つけられます。

複数の業者で査定してもらう際はそれぞれに問い合わせていると手間になるため、一括査定がおすすめです。1回の情報入力でまとめて査定を依頼できます。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスであれば、全国230社以上の業者と提携しています。1回の操作で最大8社に査定を依頼できますので、ぜひご利用ください。

まとめ

まとめ

カーナビはプラス査定につながることがあるため、取り外さないほうが良いでしょう。壊れているカーナビでもマイナス査定にはならないことが多いようです。高額査定を狙うなら、カーナビだけではなく車全体の状態を魅力的なものにしておきましょう。

簡単に高額査定を狙える方法が、買取カービューの愛車無料一括査定サービスです。居住地や車の特徴に合わせて査定の依頼先が決定できます。自分の条件に合致する業者が見つかり、より高く車を買い取ってくれるでしょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP