査定ガイド

傷やへこみのある車はどれくらい減点・減額される?高く売るためのコツを紹介

傷やへこみのある車はどれくらい減点・減額される?高く売るためのコツを紹介

愛車を中古車として売却する場合は、査定に出して値段をつけてもらいます。傷やへこみが多いほどマイナス査定にも影響しやすくなりますが、「実際にはどれくらい減額されるのか知らない」という方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、傷やへこみのある車を査定に出した際の減点や減額の基準について詳しく解説します。高く売るためのコツを知ることで高価買取の実現も期待できるでしょう。傷以外に重要な査定項目もご紹介します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

傷やへこみがある車の査定基準は5つ

傷やへこみがある車の査定基準は5つ

中古車買取業者やディーラーが車を査定する際には、日本自動車査定協会が定めた基準をもとに価格を決めるケースがほとんどです。具体的には以下のような項目と減点数の段階が設けられています。

    車の傷や凹みの減点基準

  • 外板に交換跡や塗り替え跡がある:10点減点
  • カードサイズ未満の傷がある:10点減点
  • カードサイズ以上A4サイズ未満の傷がある:20点減点
  • A4サイズ以上のへこみがある:50点減点

このように、傷やへこみがある場所と大きさによって減点数を決める仕組みです。交換が必要な状態であれば、さらに減点数が多くなる可能性も考慮しておきましょう。ボディが無傷で減点される要素がない場合には、20点または40点のプラス査定が適用されます。

参考:『中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕』

傷やへこみの減点・減額はどれくらい?

傷やへこみの減点・減額はどれくらい?

査定の際にどれくらい減点されるかは、傷の大きさやへこみの深さによって異なります。小さな傷であれば査定額に影響しないといわれていますが、業者の判断でマイナス査定になる可能性も考慮しなければなりません。日本自動車査定協会の基準がすべてでないことを理解しておきましょう。減点・減額の条件と内容について解説します。

小さな傷やへこみの場合

1cmに満たない小さな傷やへこみは、査定額に影響しないケースがほとんどです。走行中の飛び石によって付いたような傷であればマイナス査定は懸念しなくてもよいでしょう。運転を続けるうえで避けることが難しいためです。

コンパウンドを使い、傷を磨いて目立たなくするのも有益な方法といえます。傷によっては完全に消えないものもありますが、きれいな状態にできるとマイナス査定を避けるために役立つでしょう。

マイナス査定にならない傷やへこみを指摘する業者は、良心的でないという判断もできます。どの中古車でも見られるような些細な傷を理由に減額された場合は、他の業者にも傷について相談してみましょう。

10cm前後の傷がある場合

傷の大きさが10cm前後であれば、場所によって目立つ可能性もあります。手のひらほどのサイズであるため人によっては「小さい」と認識するかもしれませんが、減点されにくい傷に比べるとマイナス査定に反映されるケースが多いといえるでしょう。

具体的には、10点~20点の減点が目安です。金額でいうと1万円~2万円の範囲と考えられます。減点される数字に大きな差はありませんが、金額は本来のリセールバリューがどれくらいかによって変動する点を理解しなければなりません。

傷が目立つ場所にあったり深かったりする場合は、基準よりも多く減点される可能性があります。最終的な減点数は業者の判断にゆだねられるため、明確にしたい方は査定項目の内容と詳しくチェックしてみるのもおすすめです。

深い傷がある場合

A4サイズ(21cm×29.7cm)よりも広範囲にわたるへこみや、深い傷がある車は大幅なマイナス査定が見込まれます。表面を研磨するだけでは修理が難しく、きれいな状態に戻せないと判断されるためです。

ボディのパーツ自体に交換の必要がある場合は、さらに減点数が大きくなるでしょう。ドアやバンパーといった重要なパーツは、とくに高額な交換費用を要します。金額にして10万円程度のマイナス査定は想定しなければなりません。

パーツの価格は車種によって変動します。日本での流通が少ない外車や古いモデルは、部品の購入費用を考慮するため減額される数字も大きくなりやすいといえるでしょう。見た目だけではなく、修理や交換に必要なコストも査定額に影響します。

傷やへこみ以外に重要な査定項目

傷やへこみ以外に重要な査定項目

少しでも高い価格で売却するためには、マイナス要素以外の査定項目に注目することが大切です。傷やへこみ以外に魅力的なポイントがあれば、想像以上の高価買取も期待できます。査定の基本的なチェック項目を把握して、アピールできるものがある場合は積極的に交渉を行いましょう。傷やへこみの他に重要な項目を4つご紹介します。

走行距離

日本では「これまで運転した距離が長いほど価値が下がる」という考え方が一般的です。とくに走行距離10万kmを超えた中古車は、リセールバリューに影響しやすいといわれています。1年1万kmが平均的な距離ですが、長年乗り続けた車でも走行距離が短い場合はプラス査定も期待できるでしょう。

ただし、走行距離が短ければ高く売れるというものではありません。極端に走行距離が短い中古車は、エンジンや足回りにダメージが起きている可能性がある点も理解しておきましょう。

車の年式・モデル

車の年式は、2005年式・2020年式というかたちで呼ばれます。新車登録から10年が経過したものを「10年落ち」といった言葉でも表しますが、年式が古いほど中古車としての価値が下がりやすいといえるでしょう。

年式に加え、車のボディタイプや車種も重要な要素のひとつです。人気のある車種ほど中古車を求めるユーザーも多くなる傾向にあるため、人気モデルは高い相場を維持できます。とくにフルモデルチェンジを終えていない現行モデルは、旧モデルに比べて高額な査定額を実現できるでしょう。

車のカラー

車種によって複数のボディカラーが展開されていますが、人気の傾向があるのはブラック・ホワイトといった定番カラーです。好みを極端に分けにくいのが理由のひとつといえます。

新車購入時にオプションとして特別カラーを選択した場合は、標準カラーに比べて高価な金額で買い取ってもらえるかもしれません。査定額は新車価格によって変動しますが、ボディカラーの人気度や珍しさにも左右されるためです。

タイヤ・ホイール

走行性能に影響するタイヤやホイールも重要な査定項目です。運転中の摩擦で劣化するタイヤの状態は査定額にほとんど影響がなく、タイヤ・ホイールそのものに何を用いているかがチェックされます。新車購入時に装備される純正品であれば、よい印象を与えられるでしょう。

メーカーから販売されているもの以外に、社外品を装備するユーザーも多く見られます。見た目が派手なものや高価なパーツもありますが、社外品のまま査定に出すとマイナス査定につながるかもしれません。パーツ単体ではなく、純正品かどうかが基準になる点を理解しておきましょう。

傷やへこみがある車を高く売るためのコツ3選

傷やへこみがある車を高く売るためのコツ3選

傷やへこみによってよくない印象を与えそうな中古車でも、コツをおさえることで大幅な減点を避けられます。大きな傷は無理に修理せず、業者にも正直に伝えたうえで見てもらいましょう。大金を費やして修理するよりも業者と信頼関係を築くことが大切です。ここからは、傷やへこみがある車を高額で売るためのコツを3つご紹介します。

修理には出さない

マイナス査定が免れないほどの傷やへこみがある車を査定に出す場合は、「事前に修理をしてから見てもらいたい」と考える方もいるでしょう。可能であれば少しでもきれいな状態で引き渡したいものですが、業者に依頼するほどの大きな傷は修復しないほうがよいケースもあります。

高額なお金を費やして修理を行った場合、高く買い取ってもらっても損をする結果になる可能性があるためです。売却して得た金額よりも修理費用が高ければ元も子もありません。修理によるプラス査定は期待できますが、同時に赤字となるリスクも把握しておきましょう。

修理を諦めきれない方は、修理に必要な費用と査定額を両方見積もりするのもひとつの方法です。2つを比較して、自分にとって満足な結果が期待できる選択をしましょう。

自力で傷を直そうとしない

車用の修理道具をそろえると、業者に依頼せず自分で修理を済ませられます。簡単な作業であれば修理することでプラス査定も見込めますが、「このままではマイナス査定になるから」という理由だけで手を加えるのは賢明といえません。

無理に修理を行うと、かえって傷を増やすリスクがあります。場合によっては取り除けない傷が広範囲に拡大し、修理前よりも減点数を増やす結果になるかもしれません。手を加えると復元できない可能性も高いため、挑戦したい修理でもこらえたほうがよいでしょう。

周囲に車関係の仕事をしている方や、修理に詳しい方がいる場合はアドバイスを求めてみるのも有益な方法といえます。ただし、状態が悪くなるリスクをふまえたうえで実行しましょう。

傷やへこみは正直に伝える

査定額に影響するような傷やへこみは、ユーザー自ら業者に伝えなければなりません。査定を終えて売却したあとに問題が発覚した場合、ユーザーの責任として減額や返金を求められる可能性があるためです。

目立たない場所にある傷であっても共有する必要があります。小さな傷を一つひとつ提示する義務はありませんが、自分が把握しているものはなるべく漏れがないよう伝えたほうがよいでしょう。

伝えるかどうか迷うような傷やへこみがある場合は伝えておくのがおすすめです。のちにトラブルへ発展するリスクを避けるだけではなく、業者からユーザーへの信頼感を高めるきっかけにもなります。伝え忘れが不安な方は、あらかじめメモにピックアップして査定時に提示してもよいでしょう。

傷やへこみがある車を高く買い取ってもらう方法

傷やへこみがある車を高く買い取ってもらう方法

マイナス査定の要素が複数ある中古車でも、査定前に洗車や清掃を行うことで高価買取が期待できます。大幅な加点につながるものではありませんが、大切に扱っていることをアピールすることで交渉も有利に進められるでしょう。一括査定サービスを活用して、お得な取引が実現できそうな業者を選ぶことも大切です。

洗車や車内清掃をする

中古車買取業者に車を見てもらう日程が決まったあとは、査定前のタイミングで洗車や車内清掃を行いましょう。これまで載せていた荷物やチャイルドシートなど、携帯が必要なもの以外は取り除いておくのがおすすめです。

車の清掃でプラス査定に直結するわけではありませんが、業者が抱く印象はよくなります。「日常的に丁寧な扱い方をしていた」とアピールするきっかけになるためです。なるべく時間をかけて清掃し、査定日まで状態を変えないように心がけましょう。

汚れやゴミなど目に見えるもの以外に、タバコやペットのにおいも軽減できるとより好印象です。査定額を上げるためではなく、マイナス査定を軽減して信頼してもらうために有効な作業といえます。

一括査定を利用する

買取業者とユーザーがお互い満足な取引を進めるためには、安心して査定を任せられる業者を見つけなければなりません。売却が初めての方にとってはつまずきやすい段階ですが、一括査定を活用するとスムーズに決められるでしょう。

一括査定は、複数の買取業者から希望の店舗を選択して査定申し込みができるシステムです。ウェブサイトから一度に依頼できるため、時間に余裕がない方にも便利な方法といえます。

安心・安全なサービスを求めている方は、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご活用ください。全国各地230社以上の買取業者と提携しているため、地方から車を売りたい方も好みの業者を見つけられるでしょう。ビッグモーターやカーチスなど大手業者も多数そろっています。

まとめ

まとめ

中古車の買取業者はさまざまな部分をチェックして査定額を決めますが、ボディの傷やへこみもそのなかのひとつです。へこみの面積が大きく傷が深いほど減点数も多くなります。きれいな状態の中古車に比べると価値は低いものの、申告を怠らず丁寧な手入れを心がけることで大幅な減額の回避につながるでしょう。

買取カービューでは、230社を超える買取業者と提携した一括査定サービスを提供しています。出張査定を実施する業者も多数そろっているため、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP