査定ガイド

車の査定に必要なものまとめ!書類や手続きも完全網羅

車の査定に必要なものまとめ!書類や手続きも完全網羅

中古車の買取で査定を受ける際には、必要な書類が複数あります。査定後の買取手続きではさらに多くの書類を用意しなければなりません。スムーズな取引につなげる要素でもあるため、書類について詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、査定や手続きの際に準備が必要な書類を徹底的にご紹介します。手続きの流れもあわせてチェックしておくことで、実際の取引に役立てられるでしょう。査定前に済ませておくべきポイントも解説します。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の査定に必要なもの一覧

車の査定に必要なもの一覧

車の査定時に必要な書類は、車検証と自賠責保険証の2つです。普通自動車と軽自動車ともに同様ですが、買取手続きで必要な書類は異なります。不備があると契約が進められない可能性もあるため、提出日までにそろえられるよう準備をしておきましょう。車の査定・売却・名義変更などで必要な書類について詳しく解説します。

普通自動車の査定時

査定依頼時に必要なものは車検証・自賠責保険証の2つのみです。これら以外に求められるケースはほとんどありません。いずれも車内で保管している方が多く見られますが、念のため確認しておくと安心です。

車検切れの車を査定に出す場合は、車検証が有効期限切れでも問題ありません。書類自体は必要になるため、すぐに出せるよう備えておきましょう。

自賠責保険は、車を所有するすべてのユーザーに義務付けられている保険です。紛失して「どこに加入しているか忘れた」という方は、車を購入した店舗に問い合わせて確認しましょう。紛失した場合は、加入している保険会社で再発行の手続きを申請しなければなりません。

軽自動車の査定時

軽自動車を査定に出す場合も、必要なものは普通自動車と同様です。車検証と自賠責保険証の2つを準備して申し込みます。査定時に必要な条件は普通自動車と同じことがほとんどであると考えてよいでしょう。

車検の有効期限が切れた状態でも査定は可能ですが、公道を走行できないため業者に来てもらわなければなりません。出張査定サービスの有無も確認してから申し込めるよう準備を進めましょう。

自賠責保険は、軽自動車のユーザーにも加入が義務付けられています。支払いが滞っている場合は早急に手続きを行い、期限内の保険証を受け取りましょう。査定に必要な書類の準備が終わったあとは、あわせて売却手続き用の書類もそろえはじめるのがおすすめです。

売却時や名義変更時

査定後の商談が成立すると、正式な買取手続きに進みます。車の持ち主がユーザーから業者へ変わるため、名義変更手続きを兼ねて公的な書類を多数用意しなければなりません。

    車の買取手続きに必要な書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 振込口座の情報
  • 実印(軽自動車は不要)
  • 印鑑証明書(軽自動車は不要)

譲渡証明書や委任状といった書類も手続きにかかわりますが、これらは業者が用意するケースが一般的です。譲渡証明書は、ユーザーが車を手放すことを同意した旨を証明します。委任状は、ユーザーが業者に名義変更手続きを任せた旨を示す書類です。

また、軽自動車を売却する場合は認印でも問題ありません。車の購入後に住所を変更した方は、上記に加えて住民票も提出しましょう。

書類を紛失した場合の再発行方法

提出する書類の紛失に気付いた場合、なるべく早く再発行の手続きを進めます。適切な機関で申請しなければならないため、以下の書類と再発行場所を把握しておきましょう。

・車検証:登録手続きを行った陸運局
・自賠責保険証:加入している保険会社
・自動車税納税証明書:管轄の都道府県税務署

自賠責保険証と納税証明書の再発行にかかる手数料は無料です。再発行のためには本人確認書類を求められるケースもあるため、備えたうえで申請したほうがよいでしょう。

車検証を再発行する手続きでは料金が発生します。申請書類・発行手数料の2つです。書類の記入方法や手続きについての疑問は陸運局で詳しく教えてもらえるため、不安な方は直接聞きながら進めても問題ありません。査定を依頼した店舗に相談するのもひとつの方法です。

車の査定前にやっておくべきこと

車の査定前にやっておくべきこと

査定から買取までスムーズに進めるためには、所有者を確認したりエンジンの動作を確かめたりといった作業が重要といえます。場合によっては売却できないこともあるため、ローンを組んでいる方や長期間運転していない方は入念にチェックしましょう。車の査定を申し込む前にやっておきたいことを3つご紹介します。

所有者の確認

「車の所有権が誰にあるか」は車検証に記載されています。所有者欄が自分以外の名前になっている場合、スムーズに売却手続きを進められません。ローンを組んでいる方は特に、自分の名前であるかどうか確認しておきましょう。

ローンの返済が終わっていない場合は、所有者名がローン会社やディーラーになっている可能性があります。完済した時点で名義変更を行うケースがほとんどですが、自分以外の名前が記載されたまま変更していないかもしれません。

完済済みであれば変更が可能なため、所有者となっている会社に連絡をして手続きをはじめましょう。返済中の状態でも、ローンを組み直すことによって売却が可能になることもあります。

エンジンがかかるかを確認

出張査定・持ち込み査定を問わず、エンジンが正常にかかるかどうかチェックしておきましょう。長期間乗っていない場合は、バッテリーが上がって始動できない可能性があるためです。店舗まで車を持ち込む予定の方は、査定日までに対処しなければなりません。

寒暖差が激しい時期や地域によっては、ひと晩置いただけでもバッテリーに影響することがあります。エンジンがかからない状態では、査定項目を満たせず適切な価格に反映できないかもしれません。「どうしても始動しない」という場合は、査定前に業者へ問い合わせて相談しましょう。

車内の荷物を片付ける

査定項目には、ボディの傷や足回りの他に内観の状態もあります。汚れが目立ったり不潔な印象を受けたりすると査定額に影響するかもしれません。車内はなるべくきれいな状態を意識し、査定前に洗車と清掃を済ませておきましょう。

きれいな車内がプラス査定に大きく影響するわけではありません。しかし、きれいなほど「普段から丁寧に使っている」と印象付けられます。のちの価格交渉で成功率を上げる効果にもつながるため、小さなゴミも見逃さないよう隅々まで手入れすることが大切です。車内でタバコを吸う方は消臭対策も行っておきましょう。

車の売却時に必要な自動車保険手続きは?

車の売却時に必要な自動車保険手続きは?

車の任意保険は、売却と同時に解約や中断の手続きを進めなければなりません。自賠責保険とは違い、ユーザーの意思で加入するかどうか決められる保険です。新しい車の購入予定によって手続きも異なるため、長期的な予定を見据えたうえで適切に対応しましょう。自動車保険(任意保険)の手続きについて解説します。

車を手放す場合

「売却後は車に乗らない」と予定している方に必要な手続きは、任意保険の解約です。任意保険は、車を所有するユーザーではなく車本体が対象となっています。売却手続きを終えても保険会社が自動的に解約してくれるものではありません。

売却後も解約していない状態が続くと、これまでと同様に保険料を支払うことになります。車を持たずに保険料を納める結果になるため、売却後はすぐに手続きできるよう心がけましょう。

「数年後にまた車を購入したい」という方は、解約ではなく中断手続きを行う選択肢があります。保険会社に中断希望の旨を伝えると中断証明書がもらえるため、次に加入するまで大切に保管しましょう。中断証明書の有効期限は保険会社により異なりますが、期限内であればこれまでの等級を引き継いだ状態で再度保険に加入できます。

新しい車に乗り換える場合

車を売却したあとすぐに新しい車を手に入れる場合は、車両入れ替えの手続きが必要です。次に乗る車の購入を決定したうえで保険会社に問い合わせましょう。入れ替えを済ませるには新しい車の車検証を要するためです。

車両入れ替えでは、所有者名がユーザー自身でなくとも可能とするケースもあります。すべての保険会社に当てはまるものではありませんが、車検証の記載内容がわかる状態になった時点で手続きを進めてもよいでしょう。

ただし、売却予定の車と購入した車を同時に加入させることはできません。保険の対象となるのはどちらか1台です。2台所有する期間がある場合は、運転頻度が高い車で加入したほうが賢明といえます。

覚えておきたい!車の購入時に必要なもの

覚えておきたい!車の購入時に必要なもの

売却と同じタイミングで購入も検討している方は、購入手続きで必要な書類も把握しておくと安心です。売却手続きに比べると数が少なく用意も簡単ですが、個人間で取引する場合は複数の書類をそろえなければなりません。手続きが滞らないよう、事前にチェックしてポイントをおさえておきましょう。購入時に必要なものを解説します。

販売店で車を購入する場合

正規ディーラーや中古車販売店など、店舗から車を購入する場合は印鑑・印鑑証明書の2つが必要です。軽自動車は認印でも問題ありません。軽自動車に必要なものはひとつのみであるため、売却時に比べると準備も進めやすいでしょう。

普通自動車に必要な印鑑証明書は、市区町村の役所で発行してもらいます。申請を受け付ける時間が限られているため、なるべく早く手続きができると安心です。印鑑と証明書の内容が一致しているか確認してから提出しましょう。

手続きを進めるうえでは車庫証明書も必要ですが、業者に代行を依頼することが可能です。自賠責保険証や委任状といった書類も業者がそろえます。不安な方は店舗に行った際や商談時に、書類に関する情報を収集しましょう。

個人売買で車を購入する場合

個人間で売買取引を行う場合は、業者がそろえてくれる書類をすべて準備しなければなりません。具体的には以下のとおりです。

    個人売買で車を購入する場合に必要な書類

  • 印鑑(双方)
  • 印鑑証明書(双方)
  • 譲渡証明書(相手)
  • 車検証(相手)
  • 自賠責保険証(相手)
  • 自動車税納税証明書(相手)
  • リサイクル券(相手)
  • 車庫証明書(自分)

ひとつでも漏れると正常に手続きできない可能性があるため、確認しながら着実に進めていきましょう。

購入に必要な上記の書類以外に、名義変更手続きも済ませる必要があります。売り手・買い手が一緒に手続きを行わない場合は委任状も提出しなければなりません。店舗での購入に比べて複雑なため、トラブルに発展しないよう慎重に進めることが大切です。

車の買取手続きの流れ

車の買取手続きの流れ

愛車を無事に売却するまで、大きく分けて5つのステップがあります。まずは売却する業者を選び、査定を受けなければなりません。最初から最後まで重要な作業が続くため、大まかな流れを把握して満足できる取引を実現しましょう。ここからは、買取手続きの一般的な流れを一段階ずつ詳しく解説します。

1.買取業者を選ぶ

買取契約を結ぶ業者選びは、金額にも影響する重要な要素です。自宅からアクセスしやすいエリアに絞ったうえで候補を挙げ、気になる業者へ査定を依頼しましょう。査定はひとつに限定するのではなく、複数の業者に依頼するのがおすすめです。

複数の業者に依頼することで自分に合った依頼先を見つけやすくなります。価格交渉にも役立つため、条件に合う店舗をピックアップしておきましょう。オンラインの一括査定を利用すると、ウェブサイトから複数の店舗へ申し込みができます。買取業者選びに悩んでいる方は、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご活用ください。

2.査定を受ける

依頼したい業者の候補が決まったあとは、日程を調整して査定を受けます。車検証と自賠責保険証を準備しておきましょう。「なるべく早く手放したい」と考えている方は、この段階で売却に必要な書類準備をはじめるのがおすすめです。

査定には、一般的に30分~1時間を要します。査定後は商談に進むケースも多いため、余裕がある時間帯を選んだほうがよいでしょう。価格に納得できない場合は断っても問題ありません。複数の査定額を比較して、最終的にひとつの業者を決定します。

3.売買契約をする

商談を重ねたうえで納得できる金額が出たら、売却に同意して契約を交わします。契約書にサインする前に、査定額の詳しい内訳や契約書の内容を確認しなければなりません。不明点がある場合はすべて解消します。契約後のトラブルを避けるためにも重要なポイントです。

契約時には「車をいつ引き渡すか」「買取金額をいつ入金するか」といった項目も決定します。契約書に記載されるケースがほとんどですが、記載がない場合は別途メモに残しておきましょう。

4.車を引き渡す

契約の際に決めた日程に車を引き渡します。業者が確認して問題がなければ、必要な作業は終了です。業者はさらに詳しいチェックを行い、事務的な手続きを進めます。

査定時に共有していない傷や修復歴が発覚した場合、契約の取り消しや減額を要求されるかもしれません。共有済みであれば問題ありませんが、隠していた場合はユーザーの責任となります。結果的に損をすることになるため、車の状態は正しく伝えましょう。契約後から引き渡しまでのあいだに起きた事故や傷も共有しなければなりません。

5.入金の確認をする

車のチェックと手続きが滞りなく進むと、契約書に記載された日付どおりに買取金額が振り込まれます。当日中に指定口座を確認し、金額に相違がないか確かめましょう。

振り込みが確認できない場合は早急に業者へ問い合わせます。口座情報自体が間違っている可能性もあるため、再度情報をそろえて相談できると安心です。金額に相違がある場合は、理由をたずねて適切な対処を求めましょう。

まとめ

まとめ

車の査定を依頼する際は、普通自動車・軽自動車ともに車検証と自賠責保険証を提出しなければなりません。売却手続きに進むとさらに多くの書類が必要になるため、すぐに契約できるよう早めにそろえておきましょう。

高額で買い取ってもらうためには、複数の業者を比較して候補を絞るのがコツです。時短効果も期待できる一括査定を活用して、少しでも有益な取引につなげていきましょう。愛車の売却を予定している方は、ぜひこの機会に買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP