査定ガイド

車を高額査定してもらうためのポイント

車を高額査定してもらうためのポイント

車の買取を考えているけれど、「どうしたら高額査定してもらえるのだろう」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。買取に出す前のポイントをおさえておくだけで、査定額に数十万円ほどの差が出ることもあります。知識がないまま査定に出すと、損をすることがあるので気をつけましょう。
そこでこの記事では、車を高額査定してもらうためのポイントをご紹介します。この記事の内容を参考にして、高額査定を目指しましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の査定士が見ている買取のポイントとは?

車の査定士が見ている買取のポイントとは?

高額査定を目指すなら、査定士がどのようなポイントを見ているのか把握することが大切です。業者が重視しているのは、車の状態だけではありません。売る時期や依頼者の様子も大きなポイントです。具体的なポイントを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

車を売る時期

多くの業者が決算期を迎える3月は、繁忙期で車が最も売れる時期だといわれています。2月後半~3月後半は、決算期に備えて在庫を充実させている時期なので、高額査定を狙いやすいでしょう。

半期決算月前となる9月~10月も、需要が高まる時期です。ただし車の状態など、ほかにもさまざまな査定ポイントがあります。時期を気にするよりも、少しでも早く売ったほうがよいケースも多いでしょう。

車の外観と内装の様子

外観や内装の状態は、しっかりチェックされます。ボディやランプ、アンテナなどに、傷やへこみがない状態が理想です。傷ができやすい鍵穴まわりもチェックされますが、軽度であれば、査定にはほとんど影響しないでしょう。

大きな傷や破損は、数十万円のマイナスになることもあるため要注意です。なお、汚れが原因でマイナス査定になることはあまりないですが、査定士の心証はよくありません。洗車をして汚れを落とし、きれいな状態にしてから査定に出すことをおすすめします。

内装は臭いや汚れ、シートの破れなどに気をつけましょう。外観は板金塗装などで再生できますが、内装は自分では修復が難しいでしょう。なるべくきれいな状態が望ましいので、査定前に自分のできる範囲で掃除をすることをおすすめします。タバコやペットの臭いが気になる方は、換気や消臭剤で対策をしましょう。

エンジンやタイヤなどの状態

エンジンの音や動きに異常がないかのチェックもします。安全性にかかわる重要なポイントです。オイルは、定期的に交換されていると高評価でしょう。一方、オイル漏れはマイナスの対象となります。オイル漏れはボルト(コック)を締めれば改善することがありますが、慣れていない方は無理に触らないようにしましょう。

タイヤは、溝が深く残っていて状態が良好だと、プラス評価になる可能性があります。一方で、激しく摩耗していたり、傷が入ったりしていると、交換費用分がマイナスになる恐れもあるでしょう。ホイールやマフラーの汚れ、サビ、傷などもチェックされます。

車本来のスペック

人気色や、ハイスペック・ハイグレードカーだと高額査定につながりやすいでしょう。色は、一般的にホワイトやブラックの需要が高いため、ほかの色よりも査定が有利になる傾向があります。

高出力エンジンや先進安全装備を搭載していたり、燃費性能に優れていたりするハイスペック車も、中古車市場では人気です。また、同じ車種でもグレードが違うだけで、数十万円~数百万円の差が出ることもあります。

さらに、仕様変更前のほうが、仕様変更後よりも高値が期待できるでしょう。車種やメーカーによりますが、1~2年ごとにマイナーチェンジが行われ、4~6年ごとにフルモデルチェンジが行われるのが一般的です。

仕様変更が発表されると、変更前の車は旧型扱いとなるため、人気が下がってしまう恐れがあります。メーカーの動向もこまめにチェックしながら、なるべく早く売ることもポイントです。

走行距離と年式

車は長期間走行するほど劣化が進みます。そのため、走行距離が短く、年式が新しいほうが、高額査定が期待できるでしょう。

走行距離は、年間1万kmが一般的な水準とされています。この水準を上回るペースで走行している車は、査定額に影響する恐れもあるでしょう。また、走行距離が5万kmおよび10万kmという大台を超えた車は、査定額が低くなりやすい傾向にあります。

一方で、「走行距離が短ければ、年式が古くても問題ない」というわけではありません。長く走っていない車は劣化しやすく、部品がサビたり、故障しやすくなったりするからです。

走行距離が短く、新しい車が理想ですが、古い車でも評価してくれる買取業者も存在します。年季が入っていても、適切にメンテナンスをしながら丁寧に扱われた車ならば、高額査定も期待できるでしょう。

自社に車を売ってくれるかどうか

依頼者も高く売るために工夫することがありますが、査定士も自社に車を売ってもらうための駆け引きを行っています。業者は複数あるので、各社が「他社に顧客を取られたくない」という気持ちを持っていることでしょう。

そのため、一括査定などで競争相手がいる事実がはっきりしていると、価格を上げざるを得ないことがあります。他社の見積もりを提示して、うまく交渉してみましょう。

しかし、業者側の心理を逆手にとって、「競争させよう」と無理な交渉をするのはおすすめできません。担当者も人間なので、悪い印象を持つと、依頼者から高く買いたいとは思わないでしょう。

車の査定前にやらないほうがよいこと

車の査定前にやらないほうがよいこと

高額査定を狙うために行ったことが、逆効果になることもあります。車の査定前にやらないほうがよいこともあるので気をつけましょう。特に気をつけたいポイントは、傷の修理や車検前後の売却、修復歴の証拠隠滅です。損をしないために、以下の解説をぜひ参考にしてください。

傷の修理

傷があればマイナス評価になる恐れがありますが、基本的には修理をせずにそのまま査定に出しましょう。修理代のほうが高くつくことがあるからです。また、修理代を抑えるために下手に自分で直すのも、あまりおすすめできません。無理に修理したために、塗装のムラや傷が目立ってしまうと、むしろ査定額が下がることもあります。

あくまでも目安ですが、1cmほどの浅い傷であればほとんど査定に影響しないでしょう。10cmほどの傷になると、1万円程度のマイナス査定となることもあります。しかし、それを3万円かけて修理業者に直してもらっても、2万円損をするだけです。キズの修復は、コンパウンドなどで簡単に対応できる範囲にとどめておきましょう。

車検

車検に出してから売ったほうが、高く売れて得をしそうな気もしますが、車検費用ほどのリターンは期待できません。たとえば、普通車の車検を通してすぐ売った場合、車種にもよりますが、プラス7万円ほどの査定アップは期待できます。しかし、車検に10万円かかってしまうと、逆に3万円ほどの損失です。

買取業者では、提携工場などで車検を安く通すことができるため、車検の残年数をそれほど重視しないこともあります。車検の時期が迫っていたら、期限切れになる前に売るのが得策です。車検切れでも売ることはできますが、法律により公道が走れません。運送などで手間も費用もかかるので、注意しましょう。

修復歴の証拠隠滅

修復歴はプロが見ればわかるので、隠そうとすると心証を悪くします。修復歴は減額になる要因ですが、知っていて隠すことにメリットはありません。

プロの査定士は工具の使用痕も判別できるほどの審美眼を持っています。査定の際には、外観から内装まで、くまなくチェックするため、修復歴を隠し通すことは不可能に近いでしょう。後でトラブルにならないように、すべて正直に伝えるのがおすすめです。

査定・買取を受ける場合に必要な書類

査定・買取を受ける場合に必要な書類

査定・買取を依頼する前に、必要な書類を揃えましょう。事前に業者に問い合わせて、なにが必要かを確認することが第一です。しかし、用意するのに時間がかかる書類もあるでしょう。スムーズに査定・買取を受けるためには、一般的な必要書類を把握しておくと安心です。ここからは、軽自動車と普通自動車に分けて、必要書類をご紹介します。

軽自動車の場合

軽自動車では、主に以下の書類が必要です。

    軽自動車の査定時に準備しておくべき書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 当年度分の軽自動車税納税証明書
  • 振込口座情報
  • リサイクル券(もらっていない、または紛失した場合は不要)
  • 印鑑(認印可、印鑑登録証明書は不要)
  • 身分証明書(運転免許証など)

買い替えの場合は、車庫証明書類が必要になることもあります。リサイクル券以外で紛失した書類があれば、再発行をしましょう。車検証は軽自動車検査協会、自賠責保険証明書は契約先の保険会社で手続きします。軽自動車税納税証明書は、管轄の自治体の役所・役場で再発行を申請しましょう。

普通自動車の場合

普通自動車では、主に以下の書類が必要です。

    普通自動車の査定時に準備しておくべき書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 振込口座情報
  • リサイクル券(もらっていない、または紛失した場合は不要)
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 身分証明書(運転免許証など)

車検証や自賠責保険証明書などの重要な書類は、ダッシュボードに入っている可能性が高いのでチェックしてみましょう。軽自動車との違いは、認印ではなく、実印と印鑑登録証明書が必要なことです。

車検証を紛失した場合は、管轄の運輸支局で再発行の手続きをします。自動車税納税証明書の再発行は、都道府県税事務所、または運輸支局内の税事務所で申請しましょう。

車の買取査定の流れ

買取査定をする際には、以下のような手順を踏みます。

    車の買取の流れ

  1. ・一括査定などで見積もりを依頼して相場を調べる
  2. ・最も高く買い取ってくれる買取業者を選ぶ
  3. ・買取に必要な書類を用意する
  4. ・実車査定を依頼する
  5. ・買取申し込み・契約
  6. ・車の引き渡し
  7. ・入金確認

なるべく複数社に査定を依頼して比較し、高く売れそうな業者を選びましょう。複数社の査定は、一括査定が便利でおすすめです。一社に決めたら、その後の手続きは担当者に確認しながら行いましょう。

車査定のポイントサイトはトータルの買取価格で考えるとどうか

一括査定サイトを利用するなら、ポイントサイトを経由したほうがお得に感じることでしょう。しかし、必ずしもポイントサイトを経由することがお得だとは限りません。ポイントサイトで査定を依頼した場合、買取額にポイント分が含まれている可能性があります。

ポイントを優先するよりも、高く売れる業者を選ぶほうが重要です。業者により、数十万円以上の価格差が出ることがあります。

買取を考えたら、まずは一括査定を受けてみよう

一括査定はインターネットや電話から気軽に申し込みができます。依頼費用は無料で、手続きも簡単です。買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用する流れは以下の通りです。

    買取カービューの愛車無料一括査定サービスの利用の流れ

  1. ・インターネットまたは電話で申し込み
  2. ・買取カービューから確認メールが届く
  3. ・各査定会社から、2営業日以内にメールまたは電話で連絡が届く(相場情報や出張査定の案内など)

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、メーカー・モデル・年式・走行距離を選択するだけで、無料見積もりが可能です。申し込む作業は45秒ほどで完了します。条件に合う査定会社を最大8社までご紹介しますので、その中から査定を受けたい会社を何社でもお選びいただけるのが特徴です。

まとめ

まとめ

高額査定を狙うなら、査定前に洗車や車内の掃除をして、査定士の心証をよくすることも大切です。傷があった場合は、無理に修理せずにそのまま出すことをおすすめします。

車の状態を気にすることも大切なポイントですが、高く売れそうな業者を選ぶことも重要です。一括査定で複数社の査定をまとめて比較して、高額見積もりを提示してくれる業者を選びましょう。買取カービューの愛車無料一括査定サービスは全国対応で、提携加盟店は230以上あります。ぜひお気軽にご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP